※ 今日の一言 ※ '18年秋バリを終えて帰国していますが滞在中パソコンを開くのを怠けていた為一旦ダイジェストを記録してから個別記録に進みたいと思います。


タグ:North Bali ( 65 ) タグの人気記事
Top▲ |
2018年 08月 26日
Jembatan Tukad Bangkungで待ち合わせ @ Pelaga, Badung ('18年6月)
d0368045_3184239.jpg
多分リピーターさんの中には「いつか○○ですごしてみたい」とか「機会があれば
△△にいってみたいな」とか、「タイミングが合えば□□の頃に滞在したいな」など
それぞれ「なるほどなー」と思えるバリ滞在中の野望や目標がある人も多いと思います。
かくいう私も 長年の野望のようなものはあるんですが その内容が他の人からすれば
「なにそのしょーもない案件」って感じの個人的趣味趣向のことばかり。
っていうか、今やそれに向かって行動を起こすことはめちゃイージーなのに
結局決行のタイミングがつかめずに行きそびれてるという状態のものが多かったんです。
その中でも クルンクンの大きな橋から見えるウンダ川のダムみたいになってるところの
川遊びは20年以上前から通るたびに「あそこでマンディーしてる人楽しそうやな」と
指をくわえて見ていたんですが、近年では降りる道もできて観光地にすらなっとるw
近年ではケメちゃんと「いつかあそこで待ち合わせして遊ぼうぜ!」って言ってますが
近くを通過する機会が多いゆえにいつでも行けそうな気がしてまだ実現はしていません。

それと同様、12年位前にプラガの村に橋が出来て話題になった時に「渡りたいよね~
でも建築技術信用してないから早いうちに渡らなきゃ崩壊が怖いよね~」などと
失礼なことを言いながらも わざわざそこを経由して行きたいような目的地も思いつかず
気づいたら10年以上経ってたんですが この春、帰国数日前に急遽思いついて「あの橋を
渡りに行こう!」と思ったんです。丁度 K子さんに渡す預かりものがあったので
帰国までに会えなくてもむっちゃんに託すという手はあったんですが K子さんに話すと
「じゃー私もロビナからプラガを目指す」ってw そこで預かりものを渡すこと決定。
その後はそれぞれ別の目的地に向けて移動するのですが、お互いの最終目的地を思うと
どえらい遠回りでの待ち合わせ場所。それでもそういう無駄な思い付きは大好物だし
結果的にこの道中の景色もすばらしくてとても快適な長距離バイク徘徊日になったので
Jembatan Tukad Bangkungで待ち合わせした時のことを記録しておこうと思います。


12年前に一時期話題になった「あの橋」でK子さんと待ち合わせでーす
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-08-26 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 05月 12日
’18年 春バリ・その3 ~ロビナで居候weekにお義母様も巻き込むぞ編~
d0368045_16205579.jpg
ごきげんよう~。現地到着から2週間過ぎたら毎回恒例なのがVOAの延長手続き。
普通はデンパサールやジンバランのイミグレで手続きする人が多いんでしょうが
私の拠点はアメッド・カランガセム。つまり、管轄はシガラジャのイミグレになるわけで
まぁそれでも住所はなんとでもなるから南で手続きすりゃ~いいものの
ここんとこシガラジャのイミグレにばかり通っているのは、シガラジャのイミグレが
人が少なくて手続きが早いこと(DPSなら中2日ずつかかる行程が中1日ずつで済む)と
なんつーてもロビナにK子さんが住んでるから期間中は居候して一緒に遊べるという特典w

で、今回も「23日申請、25日写真とインタビュー、27日受け取りのプランで行くよー」
と前もってK子さんにアポをとっといたんですけど、なんと19日からはるららお義母様が
ソロでバリ入り。26日の深夜にご主人が到着されるまで単独でウブドにおられるとな。
もちろん、私もパスポートが戻ってきたらすぐウブドへ飛ぶつもりだったんですけど
それまでにイミグレの手続きの合間を縫って、K子さん号でウブドへ出向き
ご主人が合流される直前の数日間、お義母様をロビナに拉致しようと思いつく。
丁度、共通の知り合いのKBさんがウブド郊外に建てたおうちに「泊まりにおいでー」
と言われていたのでウブドではこの機会にK子さんと私はKBさん宅に1泊することにして
お義母様も「今回はウブドとチャングーしか行かないからいつもいかない場所に
行ってみたい」と拉致られる作戦にノリノリで、ついでにW子さんにワンピースの仕立ても
注文したいとか、プムトランまでドライブして丘の上のレストランでランチがしたいとか
ロビナ滞在中のちょっとした目標もたったので、いつもと同じようでいて一味違う北滞在。

お義母様を迎えに行った時に過ごしたウブドでの4/23のお昼から4/24のお昼までの
諸々は、改めて次のウブドトピで記述するとして、本日はウブドへ向かう直前までの
イミグレでの大事件と、24日にウブドを出てから移動中も含む北部で過ごした数日間を
ざざっと記録しておこうと思います。いやぁ~とにかくこの期間、食った食った。


とにかく某事件の事は残しておきたいので長くなりますw
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-05-12 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 04月 08日
Krisna Funtastic Landで夜遊び @ Lovina ('17年4月)
d0368045_824584.jpg
'18年の春バリがまさに今始まろうとしているのに、本日も約1年前のロビナでの話です。
直前トピで書いたように、もともと予定していた日には急遽シガラジャのパサールマラム
行くことになり1日決行が伸びましたが 「今日こそは新しい遊園地に行くぞー!」と
はりきってKNちゃんを誘いに行ったら、KNちゃん塾があるし今寝てるってwww
で、結局またまたK子さんとアラフィフ2名で繰り出した先がKrisna Funtastic Land
ちなみに、FANTASTIC ではなく FUNTASTICという綴りなんですw
’16年の秋にまだ工事中だった時、退役飛行機を見に行ったあの場所(※これな※)ですが
営業時間が夕方4時からなので、前夜のパサールマラムに続き2夜連続の夜遊びなのですw

パサールマラムの方の遊園地設備はいわゆる昭和の香りがぷんぷんの原始的な遊具で
それがアジアのローカルな賑わいも含めてバリらしくてなかなか味わい深かったので
個人的にはボロい移動遊園地の方が心揺さぶられる魅力物件ではあるのですが
こちらは出来て新しいこともあってなかなか現代的なルックスのアトラクションが
揃っていて(安全基準に関しては信用しきれない怖さはありますが)昨夜との違いや
ギャップがおもしろかったので自分メモとして記録しておこうと思います。


Krisna Funtastic LandはこんなにFantastic
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-04-08 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 04月 06日
Singaraja di Hatiku な Pasar Malam に行ってみた @ Singaraja ('17年4月)
d0368045_765860.jpg
'17年4月のロビナ居候中のこと。'16年秋に工事現場を見に行った遊園地が開業して
毎日夕方から開いてるとのことだったので、アラフィフ2人で行くのはどうよ?と思い
ご近所のW子さんちの娘KNちゃん(中学生)を連れて行くテイで行こうぜ!って
意気揚々とKNちゃんを誘いに行ったら、W子さんいわく「今日はお友達とシガラジャの
パサールマラムに行ったよ」って。その時期はシガラジャで大きなイベントが開催中で
えーなにそれー?じゃーうちらーもそっちにも行ってみたいwww って
アラフィフ2人で急遽繰り出すことになったシガラジャの大規模パサールマラム。
何の祭りかは知らんけどシガラジャの毎年恒例の町祭り的なものの流れみたい。
W子さんのアドバイスによると車だと駐車場困るからバイクで行くのがベター
とのことで、バイク2人乗りでK子さんと一緒にロビナから向かうことになりましてん。

私の運転なのですが 場所分からないので後ろのK子さんに逐一「そこ右折!」とか
言われながらキャッキャと向かっている道中、同じ目的地らしいバイクの人たちが
めっちゃたくさんいたので最後の方は「あの集団の後つけていったら着くよな」
って感じで無事に到着。エリア入り口で通行料を払い、警備員や車両誘導の人に
従って道端に駐輪したら 周囲は日本でいう初詣か夏祭りか?といった雰囲気で
何の前知識もなく行った私にとっては、中に入ってその規模にビックリ。
兼ねてから各所でタイミングが合えば開催されている移動遊園地に行って
しょぼい(だがしかし違う意味で怖い)乗り物に乗ってみたかったんですけど、
確かに乗り物自体は古びていて原始的だけど、イベント事体のスケールが大きくて
私が求めていたあのしょぼい移動遊園地とは違うwwと驚くやら楽しいやら。
調子に乗って夕食は会場内でローカルなものをたべたりしてかなり満喫したので
本日はその夜の様子を自分メモとして記録しておこうと思います。


ロビナからシガラジャまで 健全な夜遊びwに繰り出しますよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-04-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 04月 04日
Warung Nasi Pecel Bu Lina @ Singaraja ('17年9月)
d0368045_6393692.jpg
直前トピで一旦'16年と'17年のロビナ界隈で食べたローカル飯をまとめましたが
'17年9月の居候期にK子さんに連れて行ってもらったワルンがとても美味しかった上に
半年前のことなので他の記憶よりも思い出せる内容も多め、という気紛れな理由から
このワルンのことはまとめトピには含まずに単独のトピで残しておこうと思います。

K子さんがシガラジャにあるジムの会員になっておられて、去年の9月は里帰り(日本)
から戻って月の終盤から北欧の妹さんのところにお手伝いに行くまでの3週間ほどしか
バリに居られる期間がなかった上に、その短い期間の中で私とギリメノに行ったり
アメッドにも遊びに来る予定があったりでロビナに居るのが2週間ほどなのに
月間利用の料金を払ってしまったから、元を取るために行ける日は毎日通う!と
宣言されており、私の居候中も毎日シガラジャまでジム通いされていたんです。
私もついていってトレーニング中は階下の系列カフェでネットつないでジュース休憩を
していたんですが、そのジムの近くにK子さんお薦めのおいしいワルンがあるとの事。
だったらトレーニング終わったらそこで食べて帰ろうよ~と俄然盛り上がる2人。
つまり、このワルンがあるのはロビナではなくシガラジャなんですけど
このお店も「売り切れたら閉店」という"人気ワルンあるある"なメソッドらしく
午後の訪問は博打なので、トレーニングが終わったら猛ダッシュで向かいましたの。


K子さんのジム通いの帰り。人気ワルンに連れてってもらったよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-04-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 04月 02日
ロビナでローカルご飯いろいろ ('16年&'17年)
d0368045_624550.jpg
ロビナのK子さんちに遊びに行く時は、私が北部エリア事情に疎いこともあって
特にどのお店へ行きたいとか何をしたいかとかの目的は持たずに行くのですが
ローカル料理が苦手なA(OJI)様が同時期にロビナ滞在中だったりすると
期間中の食事はウエスタンやカフェめしや中華に近いものになったりします。
私自身も「お出かけモード」なのでアメッドに居ても食べれるようなもの(どこの
レストランに行ってもメニューにあるようなインドネシアンメニュー)は避ける傾向に
ありましたが、よく考えるとアメッドって(最近は増えたけど)他の地域と比べて
ローカルのナシチャンプルのワルンとか惣菜屋さん的なものが少ないんですよ。
もともとインドネシア料理はあまり好きな方ではないんですが、ローカルな美味しい
ナシバリやナシチャンはたまーに食べたくなるので ウブドや南部に行った時に
その手のおいしいワルンも多いからローカルものはその時に食べようと思ってるんですが
よく考えたら南部やウブドではカフェとかウエスタンのレベルが高くなっているので
東からのお出かけ中はどうしてもそっちの誘惑の方が勝ってしまって胃が足りないw

・・・・ってことはロビナ滞在中こそ 中途半端にウエスタンメニューに傾くよりも
ローカル系に照準を絞った方が個人的な 「いろいろ食べたい欲」を満たせるのでは
ないかと気付いた近年。幸い、ロビナでの私の案内人はローカルご飯大好きK子さん。
とはいえ 私はサテカンビンもシオバッも嫌いだしバビグリンもルジャもパダン料理も
いまいち好きじゃないから、食べるものは限られてくるんだけどw
ちうわけで、本日は'16年春&秋 '17年春&秋の4期におけるロビナ居候期間の中から
写真が残ってる分だけですが、ローカル系の食事記録をしておこうと思います。


'16年&'17年。ロビナ訪問時のローカルご飯を一旦まとめておきまーす
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-04-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 03月 31日
ロビナで夕陽を見に行く @ Pantai Penimbangan, Jl. Yeh Mumbul ('17年9月)
d0368045_574414.jpg
2つ前のトピで、ロビナの浜からの夕陽をみがてらSpiceへ夕食に出かけた時の記録を
しましたが、過ごした時間は楽しかったしお店の雰囲気も良かったんだけど
残念ながらその日の夕陽のコンディションはイマイチだったもんだから
実はその翌日も別のビーチ沿いのカフェレストランへ夕陽を見にいってるんです。
でもその時も、直前にお買い物してたら現場に着いた時は既に太陽が沈んだ後。
その後、'16年秋や'17年春にもロビナには泊りで遊びに行ってるんですけど
結局夕暮れ時はK子さんちでダラダラしてるのが楽しくて、いつも気づいたら夜w

'17年秋の居候期間中は、K子さんも夏の帰省(日本)から9月頭に戻ったばかりなのに
またこの月末にはノルウェーの妹さんのところに約1か月間行かなきゃいけなくて
ただでさえバリに居る期間が短い中でやるべきこと山積み状態の大忙しな期間。
それなのに直前に2人でギリメノに遊びに行ったりもした(※これな※)ので、
私もロビナではシガラジャのイミグレ通い以外はゆっくり過ごそうと思っていて
いつもの居候期間中以上にあえてなーんにも予定をいれずにダラダラしてましたw
そんな中、「1日ぐらい夕陽でもみにいっとくか!」とK子さんがドライブがてら
連れて行ってくれた場所は K子さんが昔からお気に入りの夕陽スポットだそうで。
「現在は大きなレストランバーみたいなものが建って中途半端に派手な感じにも
なってるけど、以前はもっとのどかな海岸線って感じで風情があったんだよ~」って。
ちうわけで、本日はその場所からのサンセットと夕景鑑賞の備忘録です。


’17年9月。北部滞在中に久々に夕陽を見に行った自分メモでーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-03-31 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 03月 29日
Buda Bakery & Resto @ Lovina ('16年春&'17年秋)
d0368045_4304622.jpg
時系列豪無視なので時間軸を行ったり来たりしますが、'16年春以降からずっと
後回しにしてきた各時期でのロビナ滞在中の個別記録。本日は'16年春(※この時※)
と'17年秋(※この時※)に行ったBuda Bakery & Restoの個人的備忘録を。

K子さんから聞いた話によりますと、こちらのベーカリーレストランは
かつてダマイでベーカリー部門を任されていたご夫婦が2012年に開業されたそうで
アットホームな雰囲気の中で洗練された西洋料理も食べれるってことで
K子さんやK子さんのお友達の在住外国人からはかなり人気があったのですが
あまり観光客には馴染みがないかもしれないなー、もったいないなーなんて思って
いたら、さっき某有名口コミサイトを見てみたらロビナでかなりの上位やんw
海からも遠いしあんなにわかりにくい場所にあるのにこの評判の良さは すげーな。


'16年春はお昼に、'17年秋は夜に行ってみた記録をまとめてどうぞ~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-03-29 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 03月 27日
Spice Beach Clubでサンセット鑑賞&ディナー @ Lovina ('16年4月)
d0368045_320592.jpg
ここ2年間のロビナ滞在時の思い出えとせとら。本日は約2年前の自分メモですが
過去記事内でバリ滞在中に日記的ダイジェストとしてUPしたこの部分のお話。
帰国後の個別記録を後回しにしているうちに'16年春バリ期間中の写真データを入れた
フラッシュドライブが行方不明につき PC内に残っている一部のデータを活用して
私がK子さんちに転がり込んでいた同時期に ロビナのRumah Cantikに滞在されていた
A(OJI)様と、A(OJI)様のお気に入りのSpice Beach Clubへ行った時の備忘録をば。

この日、夕陽の時間に間に合うようにスパイスに向かい 海辺で乾杯をしつつ
そこからロビナ在住のSueさんを呼び出して 日が暮れてからもビーチベッドで
うだうだしている勢いのままレストランへ移動して4時間ぐらい飲み食いに明け暮れた
'16年4月某日の北の海辺でのひとときを、頼りない記憶を辿りながら思い出してみます。


ロビナでのA(OJI)様のお気に入り@スパイスビーチクラブ へ行きますよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-03-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2018年 03月 25日
Cafe Greco のでっかいナポレオンパイ と ケーキに関する余談少々 @ Lovina ('17年5月)
d0368045_223341.jpg
'17年4月のVOA延長手続きの際にJl.Singaraja - SeriritをK子さんちに向かって
バイクを進ませていた時にメインストリート道沿いでひときわ目をひいたカフェが
'17年3月にオープンしたこちらのCafe Greco。丁度場所もダマイの方へ向かう道との
変形交差点になった斜向かいあたり(センゴールの正面)なので、信号停止中にも
目に留まる。外観を見ると大通り沿いのファミレスって感じで バリの風情はないけど
「ここならちゃんとしたコーヒーが飲めそうで、甘いものもありそう!」と想像できて
屋内席の冷房が効いてそうな感じは 炎天下をバイクでやって来た身にとっては魅力的。
(ちうてもわしゃタバコ休憩優先なので禁煙と思われる屋内席は考えられないんだけどw)

K子さん宅についてこのカフェの話をしていると、K子さんいわく「スプーンさんの
ケーキも置いてる!」とのこと。ご近所のKNちゃんがここでエクレアか何かを買ったら
お菓子の下に敷いてるシートにムッシュスプーンって書いてあったんだとさ。
ロビナでスプーンさんの商品が入手できるんだったら、ケーキよりもクロワッサン
食べたいんですけどぉーwとか言いたい放題いいつつ、4月のロビナ居候期間(※これ※)
には機会がなかったので、K子さんママンの渡航中に急遽インドからアンまでもが
K子さん宅に襲撃していた5月下旬のある日。うちのおっさんがイエサニ方面へ行く
用事があり、ついでにK子さん宅まで日帰りで遊びに行ったので (※この終盤な!※)
その時にK子さん達への手土産を買いがてら Cafe Grecoに寄ってみましたの。


カフェグレコのケーキの記録を中心に ロビナでのスイーツの自分メモです
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-03-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback