人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 ※ 今日の一言 ※ '22年4月にやっと国境を超えてきたお。'19年の個別記録もまだなのにまた新たに残しておきたい事柄が増えたので脳内のメモリーがパンク寸前でござる。

<< ’18年版 Waroeng S...

Rasta Bar から見るア... >>
2019年 03月 30日
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed ('18年10月)
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_123373.jpg
直前トピのRasta Barはアメッドエリア内 Tukad Seのオンザビーチにありますが
同じ村内でそこから約450m東に進んだ車道沿いにThe Cup Restoというカフェがあります。
'16年のオープン当時はThe Cup Coffee Shop & Cafeという名前だったはずなんですが
いつの間にか店名がThe Cup Restoに変わったようで店内も少し改装されています。
現在ヨガフロアーになっている3階にあたるルーフトップフロアーからの眺めが良くて
アグン山も塩田も海も見えて、そこでもカフェ利用ができるという点は今も健在です。
※The Cup Coffee Shop & Cafeの時の過去記事は⇒ こちら

で、前回むっちゃん達とお茶休憩に行ったときは雲が多くてアグン山が見えなかったので
いつかアグン山が見える天気の日の夕陽の時間に行けるといいなーと思いつつも
タイミングを逃しまくっていた中、'18年10月下旬の夕方にふらりと再訪してみました。
その日はアグン山周辺には雲が多くてくっきりとお山の形が見えるようなコンディション
ではなくマジックアワーまで長居するほどの時間の余裕もありませんでしたが、その時に
The Cupから見たアグン山に太陽が沈んでいく様子やお店の諸々を記録しておきます。




以前は、1階部分はカフェではなく 2階とその上のルーフトップがカフェでしたが
改装後は1階が主なカフェ&レストのフロアーになっています
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_143880.jpg
1階の一番奥にオーダー&お会計のカウンターがあるのでずんずん奥に進んでみました
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_17863.jpg
カフェカウンター内では陽気なスタッフがお出迎え
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_172028.jpg
1階の客席はこんな感じです。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_173873.jpg
カウンターでメニューを見ていると、丁度チェックインされるお客さんが到着され
カフェの玄関口で他のスタッフと会話の後、客室の方に案内されている感じだったので
もしかしたら宿も併設なのかも??(宿の方は興味がなかったので未確認ですが。)

で、「席は1階だけ??前みたいに上に行ってもいいの??」と聞くと「屋上も使えるよ」
とのことだったので、ルーフトップのフロアーまでのぼってみました。

17:00前。西陽がさしこむ屋上階 以前よりカフェ席は減ってヨガスタジオができてるw
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_175675.jpg
海に向かって左下は塩田です。それにしても塩田の面積狭くなったなー。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1101847.jpg
で、肝心のアグン山方面。また雲だらけ&逆光でアグン山がよく見えねーよ!(泣)
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_181841.jpg
本来ならばこのグレイの点線の所にアグン山がバーンと見えるんだけどなー。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_17131848.jpg
以前は2階部分にドリンク用キッチンとパントリーがあってカフェとしての
メインフロアーが屋上っぽかったのに、現在は1階がカフェのメインフロアーで
2階は何もなくがらーんとしていてその先に屋上があるので2階から上はスタッフも
用事があるときしか来ない放置状態。その分ゆっくりできるっちゃーできるんだけど。
この時このフロアーは貸切状態で席は選び放題だったので、最初に座ってた場所に
西日が射しこんでくると別の陰になってる席・・と勝手に移動しまくりました。

このフロアにスタッフが常駐ではないので一気にオーダーしております
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_183198.jpg
中身忘れたけどジュース
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_184718.jpg
カフェラテ ちょっとミルキー目だけど普通に美味しかったです
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_19641.jpg
何か甘いものも、と思ってワッフル
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_191918.jpg
このワッフルがまさに田舎クオリティ―でねちゃっとしてて なんかめっちゃ不思議w
地元の子供達とかには好評かもしれず、自分の好みではないだけなのであえて旨いマズイは
明記しませんがこのワッフルに関しては もうオーダーすることはないと思いますw

アメッドにも色々とお店が増えたとはいえまだまだコーヒーやスイーツのクオリティに
関しては期待できる店が少なすぎるので、そんな中ちゃんと業務用のマシーンがあって
美味しいコーヒーを提供しようと努めている部分はありがたいなーと思います。

そうこうしているうちに 17:30 アグン山が見えてきた!
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1104286.jpg
ここから450m程アグン山寄りで海沿いのラスタバーから見た直前トピの夕陽
5月末だったので太陽が沈む位置がかなり右端(海寄り)だったけど、10月下旬の太陽は
この場所から見てアグン山の頂上よりもちょっと右の高い位置に隠れてしまうので
この時期にアメッドで太陽が見えなくなってしまう時間がかなり早いんです。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_111760.jpg
ちなみに9月前半頃はお山のてっぺんよりも少し右側の位置に沈んでいくので
太陽の昇る位置や沈む位置の変化で滞在中の月日の流れを実感しておる次第です。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_11572.jpg
17:35にはもうこんな感じ。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1153223.jpg
これぐらいになるとやっとフロア全体が日陰になっております。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1112271.jpg
今はヨガフロアーとしての利用価値の方に重きをおいてるんでしょうが
それにしてもこの屋上部分、もうちょっと寛げるカフェ空間にすればいいのにー
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1114949.jpg
17:40にはもう太陽がアグン山に隠れてしまいました。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1165767.jpg
太陽が山の後ろに隠れてしまったら、アグン山のシルエットがくっきり浮き上がってきます
その後、山から後光が射してくるからその光の美しさを愛でるのもオツなもんです。
The Cup Resto (Coffee Shop) から夕陽を見る @ Tukad Se, Amed (\'18年10月)_d0368045_1171926.jpg
西海岸の海辺の人が海の向こうに沈んでいく夕陽を見る時間まであと30分ちょい。
その後だんだん空の色が変わっていくまで待っていたらあと40分以上あるので
これ以上ここに居るのも退屈だし、この日はむっちゃんとこのお客さんと会う為に
Jelekukへ向かわねばならなかったので17:45頃にはお店から退散。

それにしても、数年前と比べて観光客が増えて人通りが多くなったこのエリアで
ふらっと通りすがりにコーヒーが飲めるカフェという位置づけなら1階をメインにするのは
それはそれで良いのだろうけど、せっかくルーフトップからはアグン山も海も見えるのに
屋上部分のカフェスペースが殺風景すぎるのが非常に惜しいと思うわけで・・・・。
今思えば、ヨガスタジオになってるってことはこの日はクラスを開催していなかっただけで
もしかしたらサンセットの時間とサンライズの時間はこのフロアーはヨガクラスなどを
やっていて、1日の間で屋上でカフェ利用できない時間帯があるのかもしれないけど
いつかアグン山がくっきり見えるような日のサンセットタイムにマジックアワーの時間帯
までここでゆっくりと珈琲でも飲みながら過ごす機会があればよいなーと思います。


The Cup Resto (The Cup Coffe Shop & Cafe)

ADD : Jl. Ketut Natih, Tukadse, Amed,
PHONE :+62 (0)819 1614 1668
OPEN : 7:00 - 22:00
URL : https://the-cup-resto.business.site/


※ 上記はすべて'18年10月の訪問時点での備忘録です ※

Top▲ | by la_viajera | 2019-03-30 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/239140385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ’18年版 Waroeng S... Rasta Bar から見るア... >>