※ 今日の一言 ※ '18年秋バリを終えて帰国していますが滞在中パソコンを開くのを怠けていた為一旦ダイジェストを記録してから個別記録に進みたいと思います。

<< Kahiyang Coffee...

Nostimo Greek G... >>
2018年 08月 14日
Sari Raos でブブールのソトアサ @ Jl.Cok Gede Rai, Peliatan ('18年4月)
d0368045_2320333.jpg
'18年4月末。はるららお義母様ご夫妻やSawahSawahさんとウブドでの合流最終日。
その日はお義母様ご夫妻が11時にチャングー方面に向けて移動されるので
10時ぐらいにお部屋に行って最後にテラスでお茶&おしゃべりしながら送迎車を待ち
お見送りをしようとおいうことになっていたので、私とSawahsawahさんはその日の
ソトアサを10時までに終えてテガルサリに向かうという段取りになっていまして
8時過ぎにお宿に迎えに行くから一緒に朝食にでかけることになりました。

で、その日のSawahSawah姐さんの朝食リクエストは "ブブール"(おかゆ)
これがね、朝8時過ぎに姐さんをお迎えにいって10時にはテガルサリに行くとなると
私の知ってるブブール屋さんではすべて時間が中途半端w なんせ朝が早い市場の
ブブール屋
はその時間帯なら確実に営業終了してるだろうし、以前お義母様と行った
Kudai Bubuh (※過去記事※)は10時開店なのでタイムリミット的にOUT
俺のブブール屋(※過去記事※)も 多分9:30ぐらいにならないと準備が
できてなさそうなので どうしたもんかと思って グーグル先生に聞いてみたら
プリアタンの南北の大通りに Sari Raosというブブールアヤムのお店があると出た!
その時点でもクチコミとかは一切なくて全く未知のお店だったことや、オダランなどで
ローカル店の休業率が高そうな日程だったので 営業していない可能性もあったけど
姐さんの宿から近いし、新規開拓のワクワク感もあって行ってみることにしたら
無事に営業していた上にブブールだけでなくナシクニンもあったので2人とも大喜び。
というわけで、本日はプリアタンのSari Raosというローカルワルンの備忘録です。





場所はJl.Cok Gede Rai (プリアタンの南北の大通り)
d0368045_23203944.jpg
プリアタンのパレスからだと200mほど南下した向かい側になります
d0368045_2321779.jpg
余談ですが、私は8時前にBurat wangiの工房に寄って(8時から開くのにw)
フライングで石鹸売ってもらってSawahSawahさんのお部屋に到着したのが8:05頃。
部屋で10分程おしゃべりしてから出発したので Sari Raosに着いたのは8:25頃

周囲はこんな感じ(お店の前からパレスの方向を見てる状態)
d0368045_23275062.jpg
この看板とお店にかかっている暖簾?が目印です。
d0368045_2323243.jpg
お店そのものはこの小ささ。イートイン席は4~5人で ぎゅうぎゅうww
d0368045_23231265.jpg
東を向いている為、朝は直射日光ガンガンですwww
d0368045_23285913.jpg
お店のおねーさんがピジャブ被ってるってことはムスリムさんだよね?
おかげで、心配してたオダランによる休業は関係なかったみたい。営業しててよかった~w
d0368045_23242978.jpg
イートインのお客さんはモチロンですがテイクアウトのお客さんもどんどん来ます。
d0368045_2324389.jpg
メニューはブブールアヤムかナシクニンの2択のようで
どちらもササッと食べれるものゆえに イートイン席の回転はとても早くて
すぐに席が空いたので もちろん私達も店内で食べますよーーー。
d0368045_23244186.jpg
焼き鳥みたいなのが並んでいるのは、ぺペスとかクルプッみたいに
いわゆる「並べておくから食べたい人は食べて後で自己申告」のヤツです。

Sawahsawah姐さんのブブールアヤム・クルプック付き (10000ルピア)
d0368045_23295788.jpg
いわゆる「ブブールバリ」とは違うけど これもとても美味しかったです。

私は ナシクニン・クルプック付き (10000ルピア)
d0368045_23271328.jpg
私、ブブールも大好物なんですけど実はナシクニンも好きなんですwww
たしかおかずがもっとボリューミーなものがあったと思うけど、インドネシアの
食材や味付けでは好き嫌いが多いので無難なおかずだけ選んで乗っけてもらいました。
食べやすくておいしかったです。(甘口は好きじゃないけど甘すぎなかったのでOK)
っていうかナシクニンそのものも 素朴な炊き込みご飯感があってなかなかでした。

なんというか、とりあえずプリアタンあたりに行けばローカルのおいしいものが
朝は朝、夜は夜でいろいろあるよねー。私達はたまたまブブールが食べたくて
該当時間帯に確実に開いてる近場のお店という条件でグーグル先生に聞いて
このお店に行き当たったんだけど、以前もこの通り上でたまたま目に留まって
夜にブンクスしたワルン(※この過去記事参照※)がアットホームで美味しかった。
そりゃーこの通りには観光客にも有名なローカルのお店がいくつかあるけど
「たまたま入った店」でもハズレひくことってあまりない気がするのは、単なる幸運?
いや やっぱり ローカルさんの生活が根付いてるエリアゆえの特徴といってよいのかも?


SARI RAOS BUBUR AYAM

ADD : Jl. Cok Gede Rai Peliatan Ubud Gianyar
PHONE : +62 (0)812 3779 8542
OPEN : 7:00 - 17:00
URL : https://sari-raos-bubur-ayam.business.site/


※ 上記はすべて'18年4月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-08-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238682815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Kahiyang Coffee... Nostimo Greek G... >>