※ 今日の一言 ※ '18年秋バリを終えて帰国していますが滞在中パソコンを開くのを怠けていた為一旦ダイジェストを記録してから個別記録に進みたいと思います。

<< ’18年 春バリ・その10 ~...

'18年 春バリ・その... >>
2018年 05月 26日
’18年春バリ・その9 ~YUU飯メインの1泊2日 Bukit編 with 新婚さん~
d0368045_22211898.jpg
ごきげんよう~。あっという間に5月も終盤、ガルンガンももうすぐやね~。
今年の春バリ滞在もあとは消化試合的な感じになってる昨今ですが、ブログでの
日記的備忘録は ここんとこ恒例のYUU飯目的での1泊2日Bukit編に進みたいと思います。

毎度のことながらゴールデンウィーク中は日本からのお客様が多く予約がとれなかったので
「17日ごろって空いてます?」と問い合わせたところ、17日は他にもお客様がおられるので
「営業してるよー。席もあるよー」とYUUさんからのありがたーい返信をいただき
K子さんも「わしも行くー」とノリノリ。こちらも恒例で ibu Mを誘ったら勿論快諾。
更に、matahariさんからも以前から「YUU飯連れてってー」とオファーがあったので
新婚夫婦(matahariさんと新郎)もエントリー。新郎君は日本食は好きだけど
生ものとしょうゆ味がNGとのことで、【YUUさんによるその日その日のおまかせ食】を
食べるにはちょっとハードルが高いから 事前にナシブンクスでも買って行って
SGでは飲み中心。食事は女どもの4人前でオナシャス!という感じで予約完了。

その翌日から私とK子さんは Berawaエリアに2泊するので 翌日もチャングー(とはいえ
ブラワ地区)でmatahariさんも一緒にランチやお茶しようぜ!どこか行きたいとこある?
などと事前に相談しつつ YUU飯の日の宿も抑えて当日は宿集合ということで決行決定。
せっかくだから集合後に海に行こうぜ!どこ行きたい??などとその辺りも事前に
matahariさんのご希望を拝聴しつつ、短い滞在時間内で安上がりに楽しむ気満々っす。
ちうわけで 本日はBukit Uluwatu界隈での1泊2日の様子を記録していこうと思います。





5/17 昨夜はK子さんのアメッド到着が11時過ぎだったので
今日も長距離運転だから起床は遅め。ゆっくり目に起きてうちで軽く朝食を食べて
アメッドを出てから適当に12時ごろに通過する地点でささっとローカルな昼ご飯でも
食べて2時半までにこの日の宿にチェックインして新婚と合流しようぜ!との計画。

油断してたらアメッド出発10時前w しかもチュリックで葬式プチ渋滞w
d0368045_2223232.jpg
12時すぎ、IBMバイパス通過中だったので「この感じだったらIBM終点付近か
サヌールあたりのバイパス沿いでサクッと何か食べておくがよいよね」って
私の数少ないサヌール界隈ローカルワルンの記憶を絞り出して
「あ、反対車線やけどLIKUで Betutuはどうよ?」ってグーグルマップで経路を出したら
あれれ?私の思ってたLIKUはサヌール繁華街方面からだと、トパティの交差点に
行くまでの道を住宅街へ左折するんだけど(※この過去記事内参照※)
なんか、グーグル先生によると近場の別の場所(バイパス沿い)にもできてるみたいで
そっちの店舗が先に出てきた。でもそっちの方がイダバグースマントラバイパスからだと
行きやすい&店を出てからも目的地方面にそのまま道なりに行けるということがわかり
昼飯で立ち寄りますよー @ Warung Liku (ヌサドゥア店の過去記事は⇒これ
d0368045_22251163.jpg
店内はローカルさん達がいっぱいお食事中で、丁度空いてるテーブルがなかったから
ランチ中のお兄さん&おっちゃんが目の前の席を「どうぞ」と言ってくれて相席。
K子さんとはインドネシア語会話がはずむので、まるで合コン状態www
d0368045_22252423.jpg
ちなみに、バイパス挟んで向こう側の住宅街の中の店舗も今でも営業中らしい。
で、ナシアヤムトゥトゥ(豚肉不要)とエスジュルで1人17000ルピア。
量は小ぶりでエスジュルはめちゃ薄いけど、この値段は良心的ではなかろうか。
というか、とにかく美味しいので初LIKUだったK子さんにもご満足いただけました。


で、調子良く海上有料道路を通って南下しようとしたところ・・・
d0368045_2226249.jpg
「あ!通行料金支払い用のカードを事前に買うの忘れたw」と気付き
気付いた時点から料金所までには、カード売ってるインドマレットも銀行もないし
料金所もかなり渋滞していたので、こうなりゃ渋滞覚悟で「下の道」でいくか、と
腹をくくり、matahariさんに「ごめん2時半には到着できそうにないわw」と連絡。

シンパンシウール付近と空港出口付近はそこそこ徐行が続いたものの
2人でべらべらしゃべりながらのドライブなのでイライラするほどの混みでもなく
ジンバランの退役飛行機(※過去記事代表※)の前では、「壁が外されてる」と興奮
d0368045_22261814.jpg
で、2:40頃 無事に本日のお宿にチェックイン~
d0368045_22264174.jpg
こっち方面のお宿は、冷蔵庫とかがなくてもなかなか高値だったりする中
このお宿は、お部屋内にこそ冷蔵庫もポットもないけど共有キッチンがあるとのことで
一応オーナーさん一家がお住いの敷地内にあるホームスティってことなんだけど
建物も新しくて写真で見たお部屋もきれいそうで、しかも1泊217,000ルピアだったから
1泊寝るだけだし、駐車場もあるって書いてあるし ここでいいかーって感じで予約。
この日はここに泊まると事前にmatahariさんに報告すると「じゃー私達もそこにするー」
ってことでとりあえずこの宿で一旦集合してからビーチへ繰り出すことになりましてん。

Dipondok Homestay 場所は 仮称・ブラジル坂の上の方。
d0368045_22364246.jpg
Jl. Raya UluwatuからLaban Saitへの道に曲がってまもなくの左手なので
バイクや車移動ならばYUU飯に行くにも夜中に帰ってくるにも全然苦ではない距離で
立地的には私達にとって全く問題がないロケーション。(私達はK子さん号で移動よ!)

お部屋に関していえば 建築設計関係のプロ(そっちが本職)のK子さんに言わせれば
お風呂場の排水用の床の傾斜が逆(バリクオリティ)だから洗面所までびしょ濡れだよー
的な問題はありますが、お湯の出具合とかは熱い湯が2人連続シャワーでもたっぷりで
(シャワーヘッドを拡散にしたら目詰まりで飛びまくるので集中タイプにセットすべし)
部屋は新しくてきれい。煙草吸えるバルコニー完備。部屋の中にもテーブルセットあり。
そしてmatahariさんちの旦那さんも大喜びだったのがお部屋内TVの存在。
これで1泊217,000ルピアってこのあたりの宿の設備含んだ相場を考えると安くね??
プール&朝食不要のうちらーにはもってこい。しかも客室の建物自体は味気ないけど
民家の敷地の中にあるからウブドとかのホームスティにお邪魔している懐しい感覚。
朝ごはんや食事はつきませんが、車道沿いのBatu Baliというレストラン&ショップが
系列なのかよくわからんが、 ショップの方に宿の敷地内から繋がってる扉があったのと
「朝食とかの用意が必要ならばその店で食べてー(別途有料)」って言われたそうです。

個人的には、この値段にしてこの設備とこの綺麗さはこの付近のお宿としては
かなり高評価なので、また帰国後に詳細個別トピで残したいと思います。


チェックイン後 テラスで煙草吸ったりして一段落したらビーチに行きますよ~。
matahariさんからのご要望は「matahariさんがまだ降りたことのない浜」ってことで、
バランガン(※過去記事代表※)とかビンギン(※過去記事代表※)とか
グヌンパユン(※過去記事※)とかは行ったことあるから他のビーチに行きたいらしく
かといって階段が多い ニャンニャン(※過去記事※)やヌンガラン(※過去記事※)
グリーンボウル(※過去記事※)などはちょっと遠慮したいとのご意見もあり
最初は「静かなビーチがいい」っておっしゃってたので
芋の子を洗うようなLabuan Sait @いわゆるパダンパダン(※過去記事※)よりは
ロングビーチの方のPadang Padang (最近はトーマスビーチって言われてるらしい)
の方が よいかしら??と思い、K子さんの車に4人で乗り込んでまずはそちらまで~。

そしたら駐車場の時点でこの賑わい!! まぁ、あれから3年半も経ってりゃこうなるわ
d0368045_2237395.jpg
Padang padang Beach (Thomas Beach) 見おろすと更に活気づいてるのが一目瞭然
d0368045_22375248.jpg
※ くれぐれも、3年半前はめちゃ静かで秘境感満載でした⇒ 過去記事参照 ※
d0368045_22384648.jpg
ま、今でも静か目なビーチってことには変わりないんですけど変化にびーっくり☆
d0368045_22391317.jpg
というよりも、丁度干潮時間だったので遠浅になっていて
干潮ゆえの貝や木くずやごみ的なものが砂浜に目立っていたので印象が変わったというか
「えー、あんなに気持ちいいビーチだったのになにこれー?タイミング悪かったかな?」
という感じ。 いや、今でも十分のどかで気持ちいいビーチなんですけどねw

ここから出たところの通り沿いにLa Baracca Uluwatuができていたり
その並びにまた可愛いお店ができていたりでなかなかのカルチャーショック
Bukit方面をバイク徘徊することは大好きなんだけど徘徊中にふらりと寄りたくなる
可愛いカフェが少ないからやっぱ、結局チャングーにいってしまうんよなーと
言い続けていた私ですが、ここにきてBukit方面にもいろんなお店が進出で
カフェ休憩やソトアサにも困らないようになってきたみたい(夕食はYUU飯一択)

で、次はお隣のスルバンビーチを目指しまーす。

というのも、matahariさんとの事前計画の際にどこで夕陽見るかの話になった時に
「Single Fin」という選択肢を提示したら「そこにする!前から行きたかった!」との回答
だがしかし、ウルワツのシングルフィンと言ったら 夕刻に ケチャ行かない全ウルワツ
旅行者がやってくるんじゃないかと笑い話になるぐらい夕刻は人口密度最大の店やでーw
えー?静かな所が良かったんちゃうの??ほんまにあそこでいいの??って
私が戸惑うぐらいwww でもスルバンの長屋街もちょっとおもしろいし
階段はあるけどキョロキョロしながら進むと楽しいからパンタイスルバンにも降りて
夕陽の時間にシングルフィンに上がってこよう。ただし、その時間帯にシングルフィンの
夕陽が見えるヘリの席が空いてるとは思えないけど、夕食はYUUさんとこいくから
どうせそこでは1杯何かを飲むだけだろうからわざわざ予約ってほどでもないし
まぁそれも博打ってことで 成り行きに任せましょう、と言う感じで向かったんです。


駐車スペースから目的地まで向かう途中にPaletas Way で買い食い
d0368045_22471230.jpg
で、「後で来るぞ!」とにらみをきかせつつシングルフィンを横目に
d0368045_22475235.jpg
仮称・長屋街への階段を下りまーす。
d0368045_22561364.jpg
仲良し新婚w 疲れた新婦をいたわる新郎の図
d0368045_22564148.jpg
いえーい☆ 降りまーす
d0368045_22571378.jpg
私もここまで降りたのはなんと4年半ぶり~!(※過去記事参照※)
d0368045_23361287.jpg
しばし写真撮影や岩場で「捕まえてごらんなさーい」ごっこなどしつつ
d0368045_23343028.jpg
私とは違って決して階段が得意なわけではないK子さんとmatahariさんなので
「サンセットまでに1時間以上あるし、とりあえずここで一旦ビンタン休憩しまひょ」と
この浜の岩場の上にあるワルンまでGO~ 。ちなみにここも4年半ぶりやなw
d0368045_23364376.jpg
4年半前にこの店にaiちゃんと来た時は「やる気のないワルン」(後方段ボールだらけ)
だったのに、なななんと! 敷地内にビーチクラブ的なものが併設されてて仰天
d0368045_2337978.jpg
とはいってもここに入るには1人25万ルピア必要だそうで。(入場料なのかミニマル
スぺントなのかは聞いてません。ワルンの方でちょっと1杯飲むだけだったから)

で、西日がまぶしいワルンの方に入って乾杯。店のスタッフやイブイブ達と和気藹々
d0368045_23381982.jpg
日光に弱い女子2名が居るので席を選ぶだけで一苦労。
イブイブ達がお供え物やティパットの袋?を編んでる席が今んとこ一番日陰よなー
あそこ座らせてほしいわーと狙いつつ近くに座ってレッツコミュニケーションwww
ちなみにスタッフ君たちは相変わらずやる気なさそうに日陰でスマホいじってました。

さ、一通り休憩もできたし そろそろ上に戻ってあの人口密度高過ぎな店に突入しますか!
d0368045_23384041.jpg
ちうわけで、matahariさんリクエスツの Single Fin (※過去記事※)
d0368045_23394146.jpg
ブログ上で個別記録したもので言うと3年半ぶりですが、実はその後1度来ていますw

とにかく、この時間帯のこの周囲でこの店が一番人口密度高いんじゃね??って印象で
それでも近年ではいろいろと新しいお店や施設も建って、分散されてるかなー?
なんて思った私が甘かったw もちろん海際のヘリの席はすべて埋まってるか予約済み。
サンセットは見える位置に移動して立ち見でもいいからとにかく日陰に座りたい女子2名が
(K子さんとmatahariさんだよw)いるので中の席でもよいよーってなんとかテーブル確保
d0368045_23402828.jpg
幸いなことにこの直後に店内のテーブルおよびチェアの通常席は満席になった模様。
良かったー。ラッキー滑り込みギリギリセーフ。(とりあえずとにかく座りたいお年頃)

あちらの予約済みソファー席(グループシート)はミニマルスペント3ジュタですって!
d0368045_23405017.jpg
確かに、ここで夕食も食べて帰るとなれば 大酒飲み@K子さんが居るから
酒が進むと4人で3ジュタなんてあっという間にクリアできそうだけど、うちらーは
ここでお腹いっぱいになってる場合やない。YUU飯が控えておるからな!
あちらのグループシートは6-7人余裕で座れそうだからまた大勢の機会に挑戦じゃ☆

この日の夕陽のコンディションはいまいち。わりと高い時点で雲の中に消えてゆきました
d0368045_2341598.jpg
マジックアワーもいまいちだったのでちょっと早めに退散しまーす
d0368045_23422316.jpg
YUU飯の予約は7時からですが、まだ7時までにわりと時間があったので
通り上のローカルワルンでmatahariさんの旦那さん用のナシジンゴを調達
d0368045_23425789.jpg
そして7時ちょっと前。Secret Garden Bingin (※過去記事代表※)に到着
d0368045_23432871.jpg
7時過ぎにはイブMも無事に到着。K子さんの素晴らしいパーキングショウで
盛り上がり、 この日のYUU飯開始でーす (向こう側は滞在中のお客様達です)
d0368045_23453517.jpg
matahariさんが生魚NGとのことで、私的には1人だけ生モノ以外で用意してもらえたら
いいなーと思ってたんですけど、やはり全部で9人か10人埋まっていたので
手間もかかるからそこまでは言えず、前日にYUUさんから「火を通したもの全般で
用意します」と連絡があった時に 「やばい・・・K子さんとイブMは生モノを欲して
いるからがっかりさせることになる!」と焦ったんですが、まぁYUUさんが作るものだから
なんでも美味しいだろうという信頼は確実なので、これ以上ややこしいこというよりも
お任せしておこうと腹をくくって行ってみたら、1品目が生モノだったので私も大喜び。
d0368045_1982177.jpg
だがしかし、今回は揚げ物パラダイス。 確かにめちゃおいしいんだけど
アラフィフの胃袋に揚げ物続きは、正直 最後の方かなり苦しかったぞ。
でもな、普通ならご飯ものまで辿り着かない満腹っぷりだったのに
ご飯ものも完食してしまったのは、それが大好物【豆ごはん】だったから~wwww

YUUさん、今日もおいしいお料理をどうもあーざーっす。
d0368045_2347191.jpg
というか、あんなに苦しかった揚げ物続きだけれど、なぜか後で胃もたれとかがなく
翌朝 普通に朝食食べに行ける胃のコンディションだったというのがビックリですわ
わしの胃袋も、強く&でかくなったもんだ。(それでいいのか?は さておきw)


5/18 目覚めたら、隣の部屋の新婚チームはまだ寝ていたので・・・
d0368045_2348569.jpg
バルコニーから見える、目の前の店にソトアサに行くかどうするか悩んで・・
d0368045_23482952.jpg
K子さんと2人で 結局は坂の下の Rolling Fork Padang Padang店
d0368045_1462927.jpg
うーむ。お店は可愛いしガーデン席も陰で涼しくて燕が飛び交ってて気持ちよかったし
ジュースも美味しかったけど、パンケーキは「超・残念賞」まじショックなんですけどw
一口で「無理」って断念して横に置いてたのをスタッフが下げに来た時も
これだけ残しているのに何の疑問も感じなかったのか「スダ?」しか言わず下げて行ったし
まぁ田舎のスタッフが気が利かないのはそんなもんだろうから別にいいんですけど
まさかその店構えでスミニャックにもお店があるようなお店(※過去記事※)
パンケーキがロスメンレベルだとは思ってなかったから逆にびっくりしたわい。
生地だけではなく、載ってたアイスも、ホームメイドアイスを出してる店にしては
バニラエッセンスの香料の味しかしない甘いシロモノだったぞ。どうなってるんや?
ま、パンケーキは好みではなかったけど、ジュースやもう1つのメニューは美味しかったから
たまたまハズレメニューを選んでしまった自分の完全な選択ミスなんですけどね。

あーこれなら、宿のそばのカフェで朝食食べて こっちに食後のコーヒータイムを
しにくればよかったねー、なんていいながら お口直しに宿の一番近くの

Batu Bali
d0368045_14112738.jpg
だがしかし、ここもお店の中はめちゃ可愛いし、スタッフも良い子達だったけど
ごめん。ラテもカプチーノもめちゃマズイ上に許容範囲を超えたぬるさなんですけど。
(後でmatahariさんご夫妻がジュース合流されたんですけどジュースも薄かったらしい)

というわけで、ソトアサは王道のBukit Cafe(※過去記事代表※)あたりに行って
食後のコーヒーハシゴは Drifter (※過去記事代表※)あたりにしておけばよかったかな?
と思ったり「まぁハズレひくのも経験のうち。これはこれでヨシ。」と思ったり。

今や 可愛いお店ってのはどのエリアにも割と増えたけどやっぱり飲食の内容で味や質が
高いのはクロボカンやチャングー方面の方に軍配が上がるよね。ま、値段も高いけどw
ちうわけで、Bukit方面のカフェ事情は今後のクオリティの発展に期待!です。
(放っておいてもあと2年後にはお洒落タウン化が激しくなってるだろうけどなw)

ちなみに、Batu Baliの2階席奥からみたうちらーの滞在先
d0368045_14114395.jpg
とりあえず、11時過ぎたのでそろそろチェックアウトしてブラワ方面に向かうべさ。

おっと!その前にカフェとショップの横の壁のコレに乗って記念撮影しとかなな!
d0368045_1412393.jpg
matahariさんを激写するmathariさんの旦那さんと、隣に座り込んで並んだ私が
まるで 【おかんと息子】。 え?そしたらmatahariさんとわしは嫁と姑か??www

そんなこんなで この後はBerawa地区に移動して matahariさんリクエスツのカフェに
ハシゴしますよ~。ってことで 次トピの 「南部の週末@肉三昧編」に続きます。

※ 上記はすべて'18年5/17~5/18午前中までの滞在&訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-05-26 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238545080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ’18年 春バリ・その10 ~... '18年 春バリ・その... >>