※ 今日の一言 ※ '18年春バリはとっくに始まってますが最初から飛ばしすぎて 滞在中の日記的ダイジェストさえ纏められる気がしない・・でも、自分の為にがんばります。詳細個別トピは帰国後に。

<< '18年 春バリ・その...

'18年 春バリ・その... >>
2018年 05月 12日
’18年 春バリ・その3 ~ロビナで居候weekにお義母様も巻き込むぞ編~
d0368045_16205579.jpg
ごきげんよう~。現地到着から2週間過ぎたら毎回恒例なのがVOAの延長手続き。
普通はデンパサールやジンバランのイミグレで手続きする人が多いんでしょうが
私の拠点はアメッド・カランガセム。つまり、管轄はシガラジャのイミグレになるわけで
まぁそれでも住所はなんとでもなるから南で手続きすりゃ~いいものの
ここんとこシガラジャのイミグレにばかり通っているのは、シガラジャのイミグレが
人が少なくて手続きが早いこと(DPSなら中2日ずつかかる行程が中1日ずつで済む)と
なんつーてもロビナにK子さんが住んでるから期間中は居候して一緒に遊べるという特典w

で、今回も「23日申請、25日写真とインタビュー、27日受け取りのプランで行くよー」
と前もってK子さんにアポをとっといたんですけど、なんと19日からはるららお義母様が
ソロでバリ入り。26日の深夜にご主人が到着されるまで単独でウブドにおられるとな。
もちろん、私もパスポートが戻ってきたらすぐウブドへ飛ぶつもりだったんですけど
それまでにイミグレの手続きの合間を縫って、K子さん号でウブドへ出向き
ご主人が合流される直前の数日間、お義母様をロビナに拉致しようと思いつく。
丁度、共通の知り合いのKBさんがウブド郊外に建てたおうちに「泊まりにおいでー」
と言われていたのでウブドではこの機会にK子さんと私はKBさん宅に1泊することにして
お義母様も「今回はウブドとチャングーしか行かないからいつもいかない場所に
行ってみたい」と拉致られる作戦にノリノリで、ついでにW子さんにワンピースの仕立ても
注文したいとか、プムトランまでドライブして丘の上のレストランでランチがしたいとか
ロビナ滞在中のちょっとした目標もたったので、いつもと同じようでいて一味違う北滞在。

お義母様を迎えに行った時に過ごしたウブドでの4/23のお昼から4/24のお昼までの
諸々は、改めて次のウブドトピで記述するとして、本日はウブドへ向かう直前までの
イミグレでの大事件と、24日にウブドを出てから移動中も含む北部で過ごした数日間を
ざざっと記録しておこうと思います。いやぁ~とにかくこの期間、食った食った。




4/22は日曜日なのでこの日に北に着いてもイミグレは閉まってるんですが
23日の早い時間に申請を済ませてそのままウブドへ向かいランチはウブドでとりたいので
22日のうちにK子さん宅入りをして以後の予定にしっかりと備えたい目論見で
夕方出発でバイクでのほほんとロビナに向かいます。道中タコサテを手土産に買い・・
d0368045_16444366.jpg
ちんたらちんたら途中でコンビニトイレ休憩とかしながら進んでたら
センゴールが開いてる時間になってたので いつものマルタバも手土産に購入
d0368045_16462856.jpg
K子さんが用意してくれてた鰯の生姜煮とかをおかずにK子さんちで夕食を摂って
明日以降の計画をきっちり立てて、お約束の動画も2人で見つつ この日は早々と就寝。
余談としてはこの日、出発前におっさんに 立て替えていたお金を返してもらう予定が
すっかり忘れられていて先に外出されてしまったので私が激オコなメッセージを送ると
たった一言「Don't Worry」と返って来たので「おまいう?」とK子さんと2人で爆笑。
この「Don't Worry」というワードは一時うちらの間で流行語となる。あー腹立つw

4/23朝食後、 ウブドへの1泊2日の荷物を車に放り込み早速イミグレへ
d0368045_16485117.jpg
写真のデータによると到着が9:21。車中で私が何かの予約をするために集中してて
車を降りる時2人で「トゥリマカシ Ayu~(あゆって誰やねんw)」とかいいながら
ふざけてたんですけど、館内ではさっさと申請の手続きも済み10分ぐらいで完了。
さ、ウブドへ向かうか・・と席を立ちかけた時にK子さんが「日本から化粧品を
買ってきてもらってた代金、忘れる前に今払っとくわ」と言い出してお金を渡されたのね。
で、「じゃーこれを今後のガソリン代や諸経費にしようぜ!でも1万ルピア多いから
お釣り渡すわ」「お釣りいらんよ」「いやいやとりあえず小額紙幣いっぱいあるから渡す」
みたいな、【大阪のおばちゃん会話】をしつつ財布を出そうとしたら、あれ?財布がない。

所持金はいくつかの袋に分けてたので財布の中身はルピア小額紙幣の束が中心だから
ルピアでいうと2万円ちょいぐらいだけど、+日本円4万ぐらいと日本の免許証や
クレジットカード(こちらも分けて持ってるので2枚ほど)バリで使うメンバーズカード
などが入ってるので、一応当面の2~3日間で大事なもの一式入っている感じ。
ささーっと青くなる私の横でK子さんが「車降りる時なんか落としたやん?あれか?
『落ちたでー』って言ったんやけど拾わなかったん?(私が遅れて受付に行ったから
てっきり拾ってから館内に入ったと思ってた様子)」って ええー!?それは致命的w
いや、私あの時ふざけてて落としたことも気付いてなかったし忠告も聞いてなかったよー。

一応K子さんの車内に落としてないかチェックしたけど、もし降りる時に落としたなら
ここはバリ。もう戻ってくるはずなどない。とにかくカードは停めて、警察に
紛失届出して帰国後に保険申請かー。めんどくせーなー。今日ちゃんと昼ご飯を
ウブドで食べれるのかなー??わー迷惑かけてごめーんぐらいに思ってたんです。

ところがK子さんときたら、イミグレ職員に拾ってないか、落ちてるの見てないかなど
さささっと聞き込みを開始。そこで事情を察したやじうま職員たちが私を取り囲み
「もう一度車の中探してみたら?手伝ってあげるよ。どんなお財布?」的な状態。
そしたらK子さん、「あ!駐車した時APPが横にいた。運転手と目が合った
運転手は財布落としたの知ってるはず!APP探して!」ととっさにひらめいたらしい。
てかアーペーペーってなんですのん?・・・と???となってる私の横で
既にK子号の隣は知らない赤い車に代わってたから「もう逃げられたなー」と
誰もが思ったその時 またまたK子さんが閃いた!「あのAPP、若い外人乗せてた!」
「え?若い外人ならまだイミグレの中にいたよー」・・でK子さんイミグレ内へ。
私は野次馬職員たちに囲まれていて中について行けず、後で状況を知ったんですが
外人さんに、「友達が落とし物をしたんだけど多分車を降りる時に落としたみたい。
あなたの運転手がそれを見てないか、その後誰かが通ったとか拾ったとか知ってないか
状況をききたいので運転手を紹介してくれ」と交渉したらしい。あくまでも
運転手さんに対して善意の捜査協力依頼な感じでw そしたらガイドの子がいたようで
ガイドを紹介してくれたらしく、そのガイドに交渉すると「後できいておく」っていうから
「後じゃダメなの今聞きたい」と言うと、(外人さんはインドネシア語がわからないから
今の状況がわからないけど、周囲にいる人は職員合わせて皆財布を探していることを認識)
頑なに断るのも状況が悪いと判断したのかしぶしぶ運転手の所に連れてってくれて
そしたら該当のAPPはわざわざ敷地の一番奥に移動されてたらしく、K子さんはここで
「あ、やることが不審すぎる。こいつらが持ってるな」とピンときたらしい。
でも、すられたり強奪されたわけではなく落とした私の不注意にすべての落ち度があるので
ことを荒立てたくないし、犯罪者よばわりして後で恨みをかわれたくもないから
運転手さんには「もしかしたらあなたのゲストのモノだと間違えて預かってくれてない?」
「もし預かってくれてるなら現金半分あげてもいいから返してほしい。お金とかよりも
中に大事なものが入ってるから」と、こっそり交渉してくれたみたい。
それでも最初はガイドも運転手もしらを切りとおしてたみたいなんだけど
そこで出てくるのが野次馬イミグレ職員よwww

K子さんが事を荒立てないようにこっそりと交渉しているのに、2人が話しているのを見て
「え?あいつが盗ったんか??」状態でずがずかとその運転手と車に数名で歩み寄り
「車開けろ!」と扉を全部開けさせてチェックし始めた。K子さんも「車内にはないだろう」
と思ってたみたいで「なんでここでしゃしゃるかなーいらんことしおってwイミグレ職員め」
と、トホホとなったその時、1人のイミグレ職員が「座席の下に何かある!」って!
車内の彼が指さした場所に、K子さんが見慣れた私の財布がwww

丁度その頃他の野次馬職員に囲まれた私は、ちょっと煙草吸って気を落ち着けようと
煙草ケースを探したが、あれ?煙草ケースも一緒に落としたみたい。
「K子さーん、煙草入れも落としてるみたい」って日本語で言ったと同時に
運転手がどこかから 「イニジュガ(これもだろ?)」と煙草ケースを差し出したとかw

このままではイミグレ職員の手前、大事になってもいやだなーという危機回避力から
思わずK子さんが「預かっててくれてたのね、ありがとう!」と運転手に言い
今までしらばっくれてたのに運転手もそのテイで応答するから、
とにかく今回は私が悪いのだし、とりあえず運転手にいくらかあげて!ってことで
そういうことにして丸く収めること決定。「いくらいるの?」って聞いたら
「半分」っていうから スタンガッ ジュタ あげました。所持金の半分だったら
日本円含めて正確には3万円ほどになるけど スタンガッ(半分)だから
スタンガッ・ジュタ(1ジュタの半分=50万ルピア)でも嘘じゃないよね。
ワタシ、インドネシアゴ、ワカリマセンシ

というか、多分10万ルピア札を10枚束ねていた分はすでに抜かれてるみたいなのと
(でも、ここで抜かれてることを言えばまたもめたり大事になるのは嫌なので
私としては日本円と日本の免許証とクレジットカード類が戻って来ただけで大幸運)
日本円はわかりにくい所に万札を入れていたので気付かれてないと思うから
ルピアで2ジュタぐらいしか入ってない財布の中の合計1.5ジュタ獲得したと思えば
彼らに逆恨みされる筋合いはなかろうし、私とてこの重大な過失が1.5ジュタで済んだ
と思えば金銭的にも労力的にも損失最小限ではないかと思うわけで。
あと、探してくれたイミグレ職員に「これでみんなでタバコ買うなりナシチャン食べるなり
してね。お世話になりました。ありがとう」ってお礼の心づけで赤いお札を渡し、イミグレを退散。

この一連の騒動、財布がなくなったことに気付いてから解決までの時間たった15分間。
まずは落とした財布がでてくることが奇跡なのにこの素早い解決こそ奇跡やろ?www
スーパーネゴシエイターK子さんのおかげで 表向き誰も悪い人になることなく大団円
もうな、K子さん、すごいなーと思ったわ。ほんまに足向けて寝れんわ。
いくら落とした私が悪いにせよ拾ってネコババは日本では完全に罪だし
感情論で行くと相手を責めたり警察に突き出したりしたいものかもしれないけど
バリで生きていくには、まずは恨みをかわないこと。相手の顔を立てること。
私やK子さんだって今後イミグレでお世話になるんだから、この相手とまたいつか
どこかで顔を合わせないとは限らない。その時に逆恨みされたりしたくないし
この後警察へ・・なんてことになったら手続きにお金と時間がかかって
それこそ外国人は不利だから 今回は 誰も傷つけずに最良の解決法だったと私は思います。

私達日本人の倫理観では「落ちてるものは警察に届ける」が普通ですけど
まぁ中には「神様からのプレゼント」と都合よく思う人もいるだろうし
つい出来心を引き起こさせてしまった私の不注意がすべての諸悪の根源なので
この件については私自身の気のゆるみを深ーく深ーく反省する次第で
本当ならこんな話はわざわざブログに残さなくていいことですが、自分の恥を承知で
今後自分に戒めの意味も込めてこの事件をちゃんと書き留めておこうと思った次第。

で、この後無事にウブドに向かい あんかさでランチを摂ることができたこの日。
(もちろんこの日はランチもディナーもK子さんの分はお礼としてわしが払う気満々)
夕方からはるららお義母様と再会してお買い物に行ったことや KBさんも誘って
肉大会になった夕食会のことやKBさん宅お泊りのえとせとら、そして翌日のランチなど
この期間のウブドでのことは、改めて次トピ(※これな※)でまとめるとして、

時は4/24午後。 ウブドからロビナへの移動中までワープしまーす。
道中、サンゲェでサテバビ休憩をして (持ち帰り分で車の中すごい匂いになるw)
d0368045_18262330.jpg
ブドゥグルで苺ジュース休憩もして
d0368045_18284384.jpg
ロビナに着いたらとりあえずイルカの像の所でサンセット見て
d0368045_1831847.jpg
ペピートで買い出しをして
d0368045_18295687.jpg
今夜はお向かいのW子さんも呼んで マルタイ皿うどんパーティーっす
d0368045_1834227.jpg
途中でW子さんの娘=KNちゃんも乱入してケーキなどデザート大会に移行。
ウブドのスプーンさんで買ってきてたクイニーアマンにはまるKNちゃん
d0368045_18361240.jpg
ここでウブドで購入した布をW子さんに渡し、恒例のワンピース仕立てオーダー大会。
更に 毎朝6時半からウォーキングをしているK子さんとW子さんを見習って
明日ははるららお義母様も朝のウォーキング参加が決まる。(わしは寝るよw)
8時過ぎに戻ってくるからそこから朝食を食べて、私はイミグレの写真撮影に単独で
バイクで向かい、帰ってきたらランチの時間に合わせてプムトランまでドライブという
明日1日の大雑把な計画を立てて それぞれお風呂に入っておやすみなさーい。

4/25 朝6時半からウォーキングに行く2人を見送り二度寝。
8時半頃、「やっちまった」の声と共にお義母様とK子さん帰宅。
何をやっちまったのかというと、散歩の途中4,2Kgの魚を購入したらしい。
今夜みんなで鍋をしよう!と。(この時点ではクエという話でしたが調べるとハタでした)
で、とにかく私はイミグレ行かなきゃいかんので急いで朝食
d0368045_1842517.jpg
イミグレに行くと、いつもより人が多く30分ほどかかったかな?(いつも10分ぐらい)
まずは敷地内の郵便局出張所で手続きのお金を払って領収書をもらいます
d0368045_18513941.jpg
で、イミグレの中に入って受付の人に領収書と申請受理の控えの紙を渡して
名前が呼ばれたら写真撮影の部屋に入って色々質問されるという段取りなんですけど
インタビューの時に「昨日友達が財布失くしてたよね。あってよかったね」と係員に言われ
「あれ、失くしたの私やねん。で、一昨日やしw」とすっかり先日の財布ネタで盛り上がる。
というか、このおっちゃんも野次馬職員の中にいたんですけどあの時は仕事放置してたの?
いつもわりとフレンドリーで和やかな写真撮影&指紋とり&インタビューなんですけど
今回はそれ以上に親切丁寧で指紋採取から何から何まで説明付きで画面全部見せてくれて
住所確認なんぞ一切なしで「落とし物気をつけなよー」なんてやっぱり財布トークに戻る。

K子さん宅に戻ったら、お風呂上がりのお義母様がさっそく夕食の鍋のしたごしらえと
豚肉のかたまりがのこっていたので保存用に「塩豚」にしてそのゆで汁も確保しておられて
さすがの主婦力をみせつけられる。K子さんもいろいろ主婦の知恵を聞いて大喜び。

で、プムトランに向かいます。途中、プラキのお寺で猿に襲われかけたり。(勝ったけどな)
d0368045_18551838.jpg
うちらーが目指すのはこの看板のリゾート!
d0368045_18572552.jpg
対面通行不可ななかなか荒い山道(丘道?)を上り、向かったのが
Sumberkima Hill Retreat 内の Suma Restaurant
d0368045_1902813.jpg
丘の上なのでさぞや涼しかろうと思われるでしょう??
ところがどっこい、暑いんよw (この点は前もって各方面からあの丘暑いと聞いてたw)
私はわりと暑くても平気なんだけど、暑いのも陽射しも苦手なK子さんは暑さで撃沈。
d0368045_22510776.jpg
で、このリゾートは広大な丘にそれぞれのカテゴリーのヴィラが点在しているらしく
一番お手頃なスイートの棟と 現在新築中の1ベッドルームの素敵ヴィラを見せてもらう
d0368045_2151142.jpg
更に ため息ものの素晴らしいヨガフロアーやスパなども覗いてみたよー
d0368045_2193811.jpg
食事と探検気分を終えたら、ロビナへの帰り道でデザート&お茶休憩はMUST
さっきは新し目のリゾートに行ったので次は古き佳き系のリゾートにお邪魔しまーす
K子さんこの付近ドライブ中は御用達の Taman Selini
d0368045_21135255.jpg
お庭が広くて植栽も手入れが行き届いててオンザビーチで平穏な雰囲気が最高☆
d0368045_21154185.jpg
ここでドリンク及びプリン休憩。プリンは固いがカラメルがめちゃおいしいw
d0368045_21163218.jpg
ここでもついでにお部屋を見せてもらったお!ドリンクに関しては特筆すべきことは
ないんだけどこのリゾートのゆるやかな雰囲気、お庭、きれいなプール、ビーチの前
という素晴らしい環境は私もお義母様も大好物なので連れてきてもらって大喜び。

で、ロビナに着いたらまたペピートに寄って野菜を買って近所で果物買って
(お義母さま、どさくさにまぎれて生ココナツジュース買い食いw)
d0368045_212427.jpg
さぁK子さんちについたら4.2Kgの魚と格闘しますよーーー
d0368045_21293168.jpg
一応魚を買った道端で大きくさばいてはもらっていたけど鍋用にカットするのに大奮闘
これ、私とK子さん(2人とも料理苦手w)ではできなかったわ。お義母様いてこそ!
頭やあらの部分は急遽あらだきにすることになり、小さな鍋で大きな頭を炊くのに大騒ぎ。
鍋も、大人数用のがないからW子さんに「一番大きい鍋もってきてー」とヘルプを求め
もちろん朝の散歩で魚を買うきっかけになったW子さんも呼んで鍋パーティー。
この時のポン酢も即席で自分たちで作る。付け焼き刃とは思えない仕上がりに自画自賛。
4.2Kg分の魚をほぼ4人でたいらげて(この日もKNちゃんは後で登場。鍋は慣れない味
でも、あら炊きはお気に召したようで鍋の魚の身をアラ煮の煮汁につけて食べてました)
満腹丸で体中、そして家中魚くさーい・・といいながらそれぞれお風呂に入って就寝。

4/26 朝10時にニョマンロビナ君がお義母様を迎えに来るのでそれまでに朝食
朝食はもちろん昨夜の鍋の残りを雑炊にしましたよー。あら煮の煮凝りもサイコー☆
d0368045_21385831.jpg
えりちゃんから「イーストバリカシューのFBで紹介してたカカオ味のカシューナッツに
珈琲と牛乳と氷をシェイクする飲み物がおいしかった!」とココア味豆をいただいていたので
食後はそのドリンクを作ってみたよー。 ココアナッツフラペチーノって感じ。美味しい
d0368045_21441295.jpg
ロビナ君が到着したら、しばらくK子さんちでおしゃべりの後お義母様ご出発。
私とK子さんはこの日は何も予定を入れていないので相変わらず午後から怠けモード。
お義母様は、ご主人がこの日の深夜にバリに到着されるのでウブド着後も大忙し。

お義母様の置き土産@塩豚を使ってお昼は冷やし中華をたべようとしたら
K子さんちの食いしん坊猫クロちゃんにかなりの量を盗み食いされてしまう。
おいおいクロちゃん、塩分摂りすぎヤバいぞ、と猫の健康が心配。
その日の夜も2人で自炊。お義母様の偉大さをつくづく知る(だがしかし私も一応主婦w)

お義母さまを迎えにウブドに行ったときにケメちゃんにもらってた
アメジストティーなるものを作ってみたらこれが意外においしくてびっくりする。
最初私達は煮すぎて渋みがでてしまったけどうまくつくると色も綺麗で美味しいんよー
d0368045_21492074.jpg
後日K子さんが送ってくれた成功例の写真。な、きれかろう??
d0368045_21525871.jpg
で、このヘルシーなお茶を飲んでこの日は就寝。おやすみなさーい

4/27 この日は私も朝のウォーキングに参加するよー
d0368045_2201621.jpg
朝日を見てー
d0368045_222179.jpg
海岸線を歩いてー
d0368045_2231924.jpg
インスタポイントをひやかしてー
d0368045_2234250.jpg
1時間半ぐらいのお散歩を終えたら、K子さん宅でホットケーキの朝食。
その後、シャワーあびてまた動画見たりなんかしてぐずぐずしてたら11:30とかw

イミグレのパスポート受け取りは午後からだけど結構早い時間にできていて
午前中に取りに行ってもいつもくれるから午前の営業中に行こうと思ってたのに
やばいぞと思いながらK子さんも一緒に(私はバイク、K子さんは車)イミグレに向かうと
やっぱり昼休みに入ってしまったようで、今日は金曜だから午後の開始が1時半と言われる

しょうがないから、バイクは置いて車で近場を徘徊することに・・・
というもの、昨日KNちゃんが「学校の友達がPPにGusto Gelatoがあると言ってる」と
いう情報をW子さん経由で知り、何かの間違いだろうが一応確かめに行こうと
以前サンセットでつれてってもらったPantai Penimbangan(※過去記事※)へ向かう
一周してみたところ、やはりGustoのジェラートというのはガセか勘違いだろうけれど
とりあえずアイスクリームの口になっているのでジェラートの看板の店に入ると・・
d0368045_22162768.jpg
なんと、マッシモのジェラートでしたー
d0368045_22174042.jpg
俺、それなりに満足
d0368045_22191147.jpg
笑ったのが、このお店、ジェラートの店かと思ったら
テーブル席のイブたちがたべているものがディムサムだという衝撃の事実w
d0368045_22203164.jpg
この節操のなさとカオスが田舎の良さ!(シガラジャを田舎などと言えない東拠点の私ですが)

アイス食べて1時過ぎになったのでイミグレに向かい、1時半に無事パスポートを回収して
K子さんに感謝とさよならを告げたら(とはいっても数日後に東で再会予定www)
単独バイクでウブド入りを目指しまーす。なんてったってこの日ははるららお義母さまの
ご主人のお誕生日。夕食はお誕生会を兼ねるので私もレストランへお邪魔するのでーす

そうやって始まった4/27~4/30までのウブド滞在の備忘録も盛りだくさんなのですが
次トピでは 後回しにしていた4/23の午後から4/24のランチまでのウブド記録を
先にやっつけておこうと思います。目標は24時間後のUPです(自分にプレッシャー)

※ 上記はすべて'18年4/22~4/27の訪問・滞在時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-05-12 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238515408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '18年 春バリ・その... '18年 春バリ・その... >>