※ 今日の一言 ※ '18年春バリを終えて別エリアへの夏旅を控えている現在ですが 秋バリ期間が始まるまでは'18年春バリで初めて入ったお店などの個別トピをぼちぼちと記録していくつもりです。

<< '17年秋版 Trat...

’17年版 Aquaterra... >>
2018年 03月 16日
Terrace Room @ Bed & Breakfast Aquaterrqce にお邪魔してみたお ('17年9月)
d0368045_19151450.jpg
’17年9月は aiちゃんがアクアルームに3泊で予約されていたんですが
滞在直前に後半2泊の日程でテラスルームにキャンセルがあったとのことで
2泊目からは追加料金でテラスルームへ移動することになった模様。いぇ~い★
このTerrace Roomはアクアテラスのお部屋の中では一番古いお部屋なので、
ちょくちょくリノベーションを行っているから何度か「リノベ後の様子を見に来てねー」
なんて言われてたんだけど、人気のお部屋ゆえにいつも埋まってて、見に行くタイミングが
ことごとくずれてたので aiちゃんのお部屋お引越し日に現状把握の見学を兼ねて突撃~。

ほんとは直前トピの'17年春&秋のお食事編の終盤にちょこちょこっとお部屋編も
便乗掲載しようと思ってたんですが、毎度同じようなものばかり食べてるわりには
これもやはり自分の'17年の記録。と思ってだらだら書いているうちに制限文字数を
大幅に超えちゃって結局お部屋に関するトピはこちらに別途独立させましたのw
ちうわけで、アクアテラスシグニチャールームというべきテラスルームの現状記録です




★まずは アルツ防止の自分メモで アクアテラスに関する過去記事復習から★
過去記事っちゅーても、たいていは滞在中の週間ダイジェストでメモってるので帰国後の単独トピ分のみ

'09年春のビストロお食事記録 / '11年春のお食事記録 / '12年春のスパ開業記録 /
12年バーガートピ内のチキンバーガー記録 / '13年春の食事&新しいお部屋と
プールなど見学
記録 / '13年秋お部屋訪問や食事記録 /'14年秋の食事やスパ利用記録
そして、'15年春・アクアルーム1階への滞在記録 / ’15年秋にビーチルーム#L1に
滞在した時のお部屋L1編 や その他のお部屋&新館設備編 / 食事編 /
'16年春のaiさんとのビーチルーム滞在は⇒ お部屋編 / プールやスパ
続いて'16年春・秋まとめてお食事記録 / そして'17年春・秋まとめて食事編 ※


この日、ソロ活動で近場に単独でスカイダンサー(※ここな※)にお泊りに行く
Sawahsawah姐さんを送って我が家に戻る途中、aiちゃんのアクア内お部屋お引越しが
済んでいるということで、テラスルームにお邪魔してみたおー!
aiちゃんにとっては、アクアテラスに泊まるのはこの時この時を含めて4度目。
そしてテラスルームに関しては在住時代ぶりのご無沙汰@2度目の滞在となるようです
d0368045_1233370.jpg
さすがにアクアテラスのシグニチャールーム!数回にわたるリノベのお陰で
とても爽やかに清潔に気持ちの良いお部屋に仕上がっておりますぞー。
以前は作り付けだったクローゼット部分はすっきりと取っ払って
他のお部屋と同じオープンタイプのワードローブ が置かれてスッキリ☆
d0368045_12333427.jpg
たっぷりの数のハンガーセキュリティボックス、雨用の大きなアンブレラ
サンダル、滞在中に使えるビーチバッグ(パサール籠)、蚊取り線香とホルダー
など 快適な滞在の為の必要な備品は一通りそろっています

そしてこちらがバスルーム。トイレは個室ではなくバスエリアに入ってすぐのところ
d0368045_1234559.jpg
その奥にベイスンとバスタブ&シャワー。海が見えるお風呂でーす。
d0368045_12343393.jpg
バスアメニティは、ベイスン手元に手洗い用にセンセイシャの固形石鹸
お風呂用にセンセイシャのボディーソープとシャンプーとコンディショナー
ビーチルームにはボディーローションもあるけどここはどうだったか忘れた~
たしか布の袋に入ったヘアドライヤーも各部屋にあったと思う。
ただし、ホテルチェーンとかにはある綿棒、コットン、使い捨て歯ブラシ、剃刀
シャワーキャップなどは 置いていないので必要な人はご持参して下さいね~

ずいぶん以前に見せてもらった時は、まだ本格的なリノベ前だったので 年季のせいか
水回りのクタビレ感が否めない感じだったけど、今ではすっかり清潔で気持ちいい空間に
生まれ変わっていたバスルーム。この部屋にはまだ泊まってなくて実際に私自身が
使ったことがないので、利用時の換気具合がどんな感じなのかはわかんないけど。

では、寝室側に戻ってみましょう~
d0368045_12345871.jpg
あら!ベッドの向こう側に女子の味方@鏡台があるぅ~。これは作業デスクにもなって便利~
d0368045_12393340.jpg
エクストラベッドにもなる大きなディベッド兼ソファーも、部屋内で寛ぐのに最適!
で、そのディベッドソファーの横にミニバーとお茶セットも完備
d0368045_1236518.jpg
バスルーム側の壁にはナチュラルな木彫りの壁飾りが爽やか~
d0368045_12363957.jpg
そして、外が暑い時や眩しい時や大雨の時や夜などに部屋内で食事などができる
小さなダイニングスペースというか、テーブルセットがあるのもとことん便利!
で、こんなにお部屋の設備が完璧でいろいろ揃ってるのに広々感じれるのもナイスぅ~。

でも、やっぱりこのテラスルームの一番のセールスポイントはこのガラス戸の向こう側!
d0368045_12365651.jpg
広いテラスから水平線を見渡すパノラミックビュー!
テラスの右側には日本人女性ならごろんと寝転がれる 大きさのソファー
d0368045_12373233.jpg
ソファーの背後にアウトレットがあるのも気が利いてるわー
たとえテラスでごろごろしていても充電しながらスマホいじれるもんね~。
テラス左側は 大きなサイズのダイニングテーブルセット
d0368045_12375360.jpg
ここからはサンセットは見れませんが、夕暮れ時はこちら@左の方向に
夕陽の尻尾というか 光の反射で空の色が変わっていく様子はほんのり見ることができます。
テラスから見た正面の風景。
d0368045_12381561.jpg
テラスから見て右手。こちらから朝日が昇るので早起きして観てみてねー!
d0368045_1238302.jpg
そして、真下には テラスルーム&アクアルームの合計3部屋用のプール。
d0368045_12384437.jpg
このテラスは東方面を向いているので、朝日が昇ってからしばらくしたら
午前中はかなり眩しく暑いかもしれません(テラスには日&雨よけの簾はあるよー)
でも、そんな時はお部屋に入って冷房ガンガンにかけて涼みつつカーテンは開けて
青い海と空の色をお部屋の中から味わうのもまた良し!そう、そんなときの為に
テラスだけでなく寝室内にも寝転がれる大きなディベッドソファーや小さくても
軽く食事ができるテーブルセットがあるのはとてもポイントが高いんです。まじで。
d0368045_12391579.jpg
この日、aiちゃんは夕方から3泊パッケージのベネフィットでついている
マッサージを予約していたので、その前にアフタヌーンティーがお部屋に届いたよ!
d0368045_12395167.jpg
この日のお茶請けというか甘いものはいちごのパンケーキ
基本は一定の期間の更新で各曜日ごとにアフタヌーンのお菓子が決まってるようで
宿泊ゲストは毎日午後3時~5時にこのサービスを受けることができるんです。
もちろん、プールサイドにセットしてもらってもOKなんですよ~
d0368045_12311492.jpg
そういえば、'17年の9月の終盤にはアグン山の噴火警戒レベルが上がり
アメッドからごっそり観光客がいなくなってしまってどこも閑古鳥だったんですわー。
10月頭にアクアテラスに遊びに行ったら、「ビーチルームの方にはお客さん居るけど
こっち側(ヒルサイドの2カテゴリー)はお客さんいないから、近所の子を呼んで
こっちのプールで遊んでるねん」って、えりちゃんも一緒に水遊びしてたw
目の前の道にガベンの行列が通ると みんなプールから身を乗り出して見学~
d0368045_12412719.jpg
そしてこちらはビーチルームがあるビーチサイドへの敷地入口
d0368045_12421272.jpg
アットホームなヒルサイドのプールもいいけどこっちのプールも素敵なんだよね~
d0368045_12415357.jpg
レストランもプールもスパ(ヒルサイド側スパ)も近くてコンパクトな
アクアルーム1階(※ここな※)もこじんまりしつつ快適でかなり好きだし
やっぱりいろんな点で大のお気に入りなのはビーチルームの#L1(※ここな※)だし
今回数年ぶりにテラスルームを見て「やっぱりこの部屋がシグニチャールームやな」と
感じたし、各部屋に滞在経験のある友人たちに「どの部屋が一番好き?」って聞いても
みなさんそれぞれにお気に入りのポイントがあって各人で意見が分かれるんです~。
つまりそれぞれのお部屋にそれぞれの滞在者の視点での良いポイントがあるので
お友達にすすめるにも自分が泊まるにも次はどの部屋にしようかと迷ってしまう~。

Booking.comやairbnbでも取り扱いはありますが、3連泊以上を予定される場合の
パッケージ価格(空港及び規定内滞在エリアからのピックアップと、スパトリートメント
と イカンバカールのお食事かレストランで使えるバウチャーなどがつきます。
1人利用の場合もお客さん側が損しないように特典内容をアレンジしてくれます)は
直予約での対応のみなので、3連泊以上をご希望の場合は直接オーナーのえりちゃんへ
(FBや公式サイトを通じて)予約連絡や問い合わせをしてみるとよいかと思います。


Aquaterrace Amed (Bed & Breakfast , Bistro & Spa)

ADD : Selang Bunutan Amed
PHONE : +62 (0)81-3379-11096
E-MAIL : aquaterrace.amed@gmail.com (日本語可)
URL : http://www.aquaterrace-amed.com/
** Visa , Master のクレジットカードは手数料3%で利用可能です **


※ 上記はすべて'17年9月(一部10月もあり)の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-03-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238366916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '17年秋版 Trat... ’17年版 Aquaterra... >>