※ 今日の一言 ※ '18年春バリを終えて別エリアへの夏旅を控えている現在ですが 秋バリ期間が始まるまでは'18年春バリで初めて入ったお店などの個別トピをぼちぼちと記録していくつもりです。

<< ’17年のYUU飯記録。春と秋...

Brown Feather H... >>
2018年 02月 26日
Balangan Beach で ドッグサーフィンを見る @ Balangan ('17年4月)
d0368045_61372.jpg
時系列豪無視で'17年の春バリ・秋バリでの個人的リピート物件の個別記録中ですが
時系列は無視しても一応エリアごとに進めてるつもりなので本日からはBukit方面編。
まずは'17年4月にはるららお義母様ご夫妻とビンギンで待ち合わせ合流の翌日に
「せっかくだからビーチ行こう!」って3人で行ったPantai Balanganでの備忘録。

ブキッ、プチャトゥ、ウンガサン、ウルワツ方面には白砂のビーチがいろいろあるけど
はるららさんのご主人が好きそうな、開発されすぎてなくて素朴さを残しつつも
人々が思い思いに寛いだり泳いだりサーフィンしたりしているのを眺めながら
風に吹かれてビールを飲んでのーんびりするのにいい感じのビーチ・・って考えたら
まずはビンギンビーチが浮かんだのだけど、その時MU(※過去記事※)に4連泊だった
お2人にとってはパンタイビンギンならいつでも気軽に行ける徒歩圏内なので
バイク徘徊を楽しむという目的も兼ねてバランガンビーチに白羽の矢が立ちましてん。




※バランガンビーチについては⇒ こちら の過去記事で!※
現在は公共駐車場から海へ直進した所に広くてきれいな階段が出来てるので
きっと多くの観光客はビーチ右端の階段の方からビーチの降りられるでしょうし
サーファーさんは公共駐車場の方は使わずにビーチ左方面の丘から長屋群の方に
降りてこられるのだろうと思います。
でも、私は長屋側に降りれるバイクや車でも浜まで行ける道をよく知らないので
10ウン年前に行った時に降りたこの階段一筋 (※過去記事参照※)
d0368045_61348.jpg
この椰子の木がだんだん貧相になっていってるんですけどwww
d0368045_614583.jpg
わーい★ビーチに到着しましたよ~
d0368045_615718.jpg
相変わらず波ざっばんざっばんなので海水浴には向いてませんがw
d0368045_625969.jpg
直近で'14年秋に来た時はビーチで数台のバイクを見た程度だったのですが
今回行ってみたらビーチまで直接降りて来てるバイクや車の数がすごい増えてる。
ってことは、あれから2年半の間に、車でも進みやすい道ができたってことやんね?
もしかしたら長屋のカフェやサーフスクールの関係者限定で、とかかもしれないけど
次は下までバイクで来れる道を探してこの浜を目指そう!と無駄に次の目標設定w
d0368045_624567.jpg
で、バランガンビーチの海岸線の真ん中ぐらいから左側にかけての部分に集中した
高床式の長屋群のようになったワルンエリアの中の1軒に入ることにしまーす。
d0368045_663374.jpg
こんな感じで同じような高床式ワルンがずらーーーっと並んでるんです。
d0368045_664753.jpg
丁度その時点で、私がまたバイクのシートの下を開ける鍵挿し部分に鍵を挿したまま
降りてきてしまったことが発覚。(ほんとによくやるんです。これ)
とりあえずテキトーに入るお店は決まったけど、全部同じような感じなので
戻って来た時に間違えないようにお店の入口とか何軒目かとかを覚えたうえで
お2人にはここでビンタンやジュースを飲みながら海ウォッチングをしてもらい
私はまた階段上って駐輪場までバイクの鍵を救出&回収に行きまーす。

猛ダッシュで降りてきた階段を上がって駐輪所まで戻ったら、ちゃんとバイクもあって
鍵はシートを開けるボディ横の鍵穴に刺さったままだったので無事に鍵回収。
一安心してまたビーチを目指すんですが、同じ道から戻るのも芸がないので
観光客向きのわかりやすい場所の階段から降りてみましたよー
d0368045_634912.jpg
しかし、ここから左方面長屋エリアに行くには、しばしのビーチ縦断がマスト
d0368045_64274.jpg
階段の昇降は平気だけど砂浜歩くのって足をとられてしんどいんよね~
やっぱりあっちの階段使えばよかったー!と少し後悔しながら砂浜エリアを少し歩き
ビーチ後方に平地の足場があるエリアに出るとそそくさと土の地面の方に上がって
しばし歩いたら、いぇーい。長屋群はもうすぐ!!
d0368045_624565.jpg
同じようなワルンが並ぶ中、内陸側から「ここだっけ?」って覗きこみつつ
無事にお義母様ご夫妻がリラックス中のワルンに戻ってきましたよ~
お2人とも、最前列かぶりつきでサーファーさんウォッチング中
d0368045_671233.jpg
私もオレンジジュースで一休憩~。
d0368045_672532.jpg
お義母様はアクアを、ご主人はビンタンを飲んでおられます。
最初のうちは こんな感じで波に乗る人々を見て楽しんでいたんです
d0368045_692381.jpg
こっち方面もな!(私の適当スマホカメラの撮影がヘタクソですいません)
d0368045_693713.jpg
丁度私が座っていた位置のすぐ隣に、下(ビーチ)に直接降りる階段があって
その階段が簡素な造りだからそこから下が丸見えで、波も容赦なく来てるし
たまにザッバーン!って階段下からしぶきがあがってきたりで超オモシロい。
さっきサーフィンしてた人が床下部分に着いてその階段から上がって来たり。

で、波待ちしてる人やパドリングでポイントに向かう人とかをぼんやり見てたら・・・
d0368045_6976.jpg
あれ? ズームしてみたら 犬乗ってるでw
d0368045_6102341.jpg
もうここから犬好きのはるららお義母様ご夫妻も 更に興奮★
d0368045_6103575.jpg
波待ってるワンコ、めっちゃ可愛い~。めっちゃ賢い~
d0368045_6111672.jpg
ズームしてみたら尚可愛い❤︎
d0368045_6115277.jpg
いつの間にかワンコのまわりに、めっちゃ人が集まってきとるしwww
d0368045_6122173.jpg
何度か挑戦しようとするものの結局見送ること数回
d0368045_6132373.jpg

オーディエンス達も固唾をのんでワンコを見守っております!
d0368045_6134994.jpg
そんな中、キターッ!!
d0368045_616234.jpg
がんばれー!(この時、いい感じで波乗り成功してます)
d0368045_61620100.jpg
だがしかし、わしのスマホのカメラ操縦技術がド素人にもほどがある状態で
更に私自身が肉眼で見届ける方に興奮していて、せっかくワンコがしばらく波に
乗っていたというのに よい瞬間が撮れず グダグダの写真で 無念じゃ~。
とにかく、ワンコの波乗り成功にワルン内のお客さん総立ちで一斉拍手パチパチ状態。
鳴りやまぬスタオベの嵐に迎えられて 、近くまでやってきたワンコ(写真ひどすぎw)
d0368045_6165738.jpg
この後、丁度私の横にある階段下でブルブルって水弾かせてて可愛かった~
でも、その後すぐに姿が見えなくなったからどこにいるのかな?と思ってたら

いつのまにかまた海原へ繰り出しているぞ!
d0368045_6172047.jpg
よぉし、次こそはおばちゃんもスマホカメラで激写がんばるよwww

また、キターッ!
d0368045_6174443.jpg
ワンコ、めっちゃ余裕で優雅に構えとるww ただただ可愛い❤︎
d0368045_618426.jpg
ズームしたらこんな感じ。
d0368045_6203913.jpg
ええもん見せてもらったわ~ お疲れお疲れ~!
d0368045_6224584.jpg
本格的なドッグサーフィンならもっとすごいのかもしれないけど
私はそっちの世界はよく知らんので、こうやってワンコが賢くボードに乗ってるという
状況だけでも、可愛いすぎて応援したくなるし 見守っていたワルンの中の人たち
(近隣ワルンも含む)みーんなで盛り上がれて めちゃ楽しかったです。

でね、ここでビンタンやジュースを飲みながら見える風景の中には
サーフィンをする人や犬の姿だけでなく コイツも見えちゃうんだなー
d0368045_6242711.jpg
犬好きのはるららご夫妻の次は 飛行機好きの私が一層興奮する番でございますw
ングラライ空港へ降りようとしている飛行機ですな。
d0368045_623887.jpg
位置や距離の関係で、Sundaraから見る(※過去記事参照※)ほどには
高度は低くないし着陸や離陸の流れも見えないけれど、とりあえず飛行機の機体とか
工事の重機とかを見たら何故か異常に嬉しいタイプなもんでw(個人的な趣味です)

そういえば、ワルンの壁にトランスポートの料金表が貼ってありました
d0368045_6233459.jpg
私達はバイクで来ているので必要ないのですが 必要ないがゆえに
各エリアトランスポートの際の料金の相場などを知らないので一応激写しときました
’17年4月時点でのトランスポート料金表 ※クリックで大きくなるよん※
d0368045_6234666.jpg
まぁこの辺りは特にトランスポートや白タクの相場は強気価格なので
例えばクタから行くならUberやGrabを利用した方が経済的に行けるとは思います。
でも、ここからの帰りにアプリで呼べる車が近くに居るかどうかは博打かも?w

ワルンでドリンク代(良心価格でした!)を支払ったら 公共の駐輪所へ戻りましょう
はるららご夫妻がこのビーチに降りられるのが初めてなので、長屋エリアだけでなく
このビーチのいろんな表情をみていただきたいという意味も込めて
私がカギを取りに行って戻ってきた方の階段から駐輪所に向かうことにします

ちうわけで、この浜の一番向こうの岩の手前を目指しまーす
d0368045_6244584.jpg
しばらく進んで土の足場エリアから一旦砂浜に降りて振り返った写真。
d0368045_625656.jpg
この辺りも、海水浴をするには向いてなくて波高いんですけど
サンチェアに寝転んでビンタン飲みながらのんびりするには気持ちいい環境だよね。
以前よりもずいぶんパラソルやワルンや訪問客も増えたとはいえ、まだ素朴な部分が
残っていて、妙にシャレオツで今風な施設ができているというわけではないし
観光開発でものすごい人が押し寄せてるビーチよりも落ちつく感じが大好きです。

この先、浜を伝って岩場の手前にあるワルン横のきれいな階段を目指しまーす
d0368045_6251927.jpg
というわけで、'17年4月のバランガンビーチでのひととき。
昔ながらの高床式長屋ワルンでドッグサーフィンに興奮した時間はとても楽しく
後でお義母様に聞くと ご主人もバランガンビーチをかなり気に入っておられた模様。
ビーチの雰囲だけでなく、犬好きのお2人にはワンコの力で好感度3割増しってのも
大きいと思うわー。私も ご一緒出来たタイミングでええもん見れて良かったわ~。

よし、次に行く時はバイクで下まで降りれる道から行くという目標を掲げようっと★

※ 上記はすべて'17年4月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-02-26 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238215892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ’17年のYUU飯記録。春と秋... Brown Feather H... >>