※ 今日の一言 ※ '18年春バリはとっくに始まってますが最初から飛ばしすぎて 滞在中の日記的ダイジェストさえ纏められる気がしない・・でも、自分の為にがんばります。詳細個別トピは帰国後に。

<< Vansari Hotel 滞...

The Jogloでジュース休... >>
2018年 01月 20日
Ayu Guest House 2 と Komea を 行ったり来たり @ Jl.Subak Sari ('17年5月)
d0368045_0445489.jpg
この時期('17年5月の上旬)はるららお義母様ご夫妻はSubak Sari通りの
Komea Villaというところに5泊されていて、その後半の2泊3日の日程で私も南部に
合流しに行くことになっていました。で、その際には前述したThe Haven Suites
Bali Berawa
(※パブリックエリア編 / お部屋編※)を予約していたんですが
前日に予定していた用事がなくなり、急遽予定より1日前に南部入りできること決定★
でももうその時点では滞在予定1日前のHavenは満室だったし、降って沸いた自由時間
なので 期せずして得た最初の1泊はお義母様たちの滞在先に近い安宿でいいや!と
利便性重視でVilla Komeaの目の前にあるゲストハウスに飛び込むことになりましてん。
というわけで、かなりの至近距離で互いの宿を往来していた私の南部滞在1泊目。
せっかくなので 私が1泊だけ滞在していたAyu Guest House 2の記録をしておくと共に
はるららご夫妻が5泊されていたVilla Komeaのこともオマケで残しておきまーす




まずは私が1泊だけ駆け込んだAyu Guest House 2から。
場所はJl.Subak Sari通りの【あおば】の横の細道をつきあたったところ。
d0368045_046083.jpg
青葉と田んぼの間の細道をつきあたるとこんな入口が出現しますの
d0368045_0462851.jpg
この通路上にいくつかゲストハウスがあるみたいで、目的地はつきあたりだったけど
つきあたりの少し広くなってる駐輪駐車スペースは各宿で場所の決まりがあるみたい。

入口を入ったら小さなレセプション。
d0368045_0463910.jpg
可愛いカブが置いてあった。可愛いから外に置かずに中に入れて大事にしてるのねw
d0368045_142050.jpg
簡単なチェックインを済ませたら敷地奥の長屋状態のお部屋に案内されます
d0368045_0465291.jpg
長屋の途中にキッチン発見。
d0368045_0473562.jpg
これはスタッフが朝食をつくる為のキッチンなのか、長期滞在とかの
ゲストが勝手に使っていいキッチンなのか謎。一応スタッフに聞いたら「使っていいよ」
って言ってたので共有キッチンとみなしましたがたった1泊で他の人が使ってる場面は
みなかったし私自身も使わなかったし、部屋代に含まれる朝食すらもスキップしたので
ほんとにキッチンを自由に使っていいのかどうかの確証はありません。

各部屋にはそれぞれ区切られたテラススペースがあります(もちろん喫煙所★)
d0368045_0475016.jpg
一応テラスにもアウトレットがあるのでテラスで喫煙&充電しながらスマホいじれるw

で、寝室内はこんな感じ
d0368045_048663.jpg
部屋の奥、バスルームに行く手前にクローゼット(セイフティボックスあり)
d0368045_048211.jpg
ベッドルームの雰囲気からは、もっとくたびれたバスルームかな?と思ってたけど
実際に見ると小奇麗にしてあったので快適に使うことが出来たと記憶しています。
d0368045_0483321.jpg
ハンディシャワーじゃなくて固定シャワーなのは小姑的にはちょっと不便かも?
湯量とか水圧とかに関して確かな記憶がない~。でも印象に残ってないってことは
私なりには十分快適にお湯シャワーを利用出来たってことだと思います。
石鹸とかシャワージェルとかシャンプーなどはすべて持ち込みを利用しているので
シャワーの壁に何かあるみたいだけど備品で何が置いてあったかは覚えていません。

嬉しいのが、でかい冷蔵庫完備ってやつw 写真右端の黒い直方体の物体な!
d0368045_0445489.jpg
写真には撮れていない位置ですがちゃんとテレビもありました。

ここに泊まろうと決めた理由が「安くてお義母様たちの宿に近いところ」という点
だったので、この時点で一番近かったここを選んで正解だったと思うんですが
以前に泊まったRade Guest House(※過去記事※)も相当近い位置なので
実はどっちにしようか迷ったんよね~。互いに滞在時点での宿代が1泊25万ルピアで
(Radeの方は朝食無し料金でこっちは朝食付きだったけどどっちも宿で食べてないから同じ条件とみなす)
同じようなエリアの宿で・・と考えると、個人的には俄然Radeの方が部屋が新しくて
シャワーもハンディシャワーだしセキュリティボックスはなかったけど収納も多いし
(つか、私はSBを信用していない完全自己管理派なのでそれの有無は問題ではない)
部屋内にデスクスペースがあるという点でRadeの方が部屋としては気に入ってるけど
テラスの寛ぎスペースに全くプライバシーがなくて多少落ちつかなかったので
その点ではこちらのAyu Guest House2の方が喫煙休憩に適していたと思います
d0368045_049949.jpg
いずれにせよ、自分にとって動きやすい立地で風呂場が不潔ではなく快適で
部屋に冷蔵庫もあって1泊25万ルピア(2000円ちょい)だったから万々歳ってやつです。
なんせ午後3時頃チェックインしたらすぐはるららご夫妻のヴィラに遊びに行って
夕食後に戻ってきてシャワー浴びて寝て、起きたら朝からまたでかけっぱなしで
お昼前にチェックアウトに戻ってきてそのまま荷物ははるららご夫妻の宿に預けて
ほんとに「シャワー浴びて寝るだけ」っていう利用だったからエラソーに言える感想も
実感も何もないんですが、この時の選択としては大変良かったと思います。


Ayu Guest House 2

ADD : Jl. Subak Sari Gang Ayu no.25, Br. Tegal Gundul, Kuta Utara, Tibubeneng,
PHONE : +62 (0)819 9933 0931
E-MAIL : (未確認)
URL : (未確認)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


で、1泊だけの飛び込み宿を放置してこの時に頻繁に遊びに行っていたのが
はるららご夫妻が滞在されていた Villa Komeaなんですが
これが青葉さんの目の前にあるもんだから Ayu Guest House2の小道から出てきて
目の前を横切るスバックサリ通り挟んで向かいに見えるのがこの壁
d0368045_0504160.jpg
ほんまに目の前なんっすわ
d0368045_051087.jpg
で、レセプションでお二人のお部屋を聞いてヴィラに突撃でーす
d0368045_0511296.jpg
セミオープンのリビング。視界に緑が入ってきて寛げます~
d0368045_17485.jpg
その背後にはダイニングスペース。ここに朝食が運ばれてくるのね
d0368045_134723.jpg
キッチンもありまーす。この絵、バリやね~。
d0368045_135829.jpg
寝室にもお邪魔しました。室内は暗めで落ちついて寝れる雰囲気
d0368045_12194.jpg
バスルームは屋根はあるけど光がさすセミオープン状態。
d0368045_12327.jpg
バスタブもあるよ~
d0368045_124358.jpg
てか、このバスエリア開放的で明るくて広かったー。
そしてリビングでは買ってきたジュース飲んだりしてお喋りもはずむ、と。
d0368045_0514558.jpg
そしてその先にプライベートプールな!
d0368045_114735.jpg
はるらら旦那様は、バリでは戸建てのプール付きヴィラで寛ぐのがお好きとのことで
ご夫婦での滞在時はおちついたヴィラを選択されることが多いのですが
こちらのヴィラもモダンすぎず緑も多くて落ちつく~って感じでリラックス。
スパマッサージは相性もあったのかお2人にはいまいちだったみたいだけど
スタッフのホスピタリティもとても良かった!と満足されていました。
私もお2人が滞在されていたおかげで内部が拝見できてとても楽しかったです。


Villa Komea

ADD : Jl. Subak Sari No. 7, Br. Tegal Gundul, Tibubeneng, Kuta Utara,
PHONE : +62 (0)361 4738509
E-MAIL : reservation@komeabalivilla.com
URL : http://www.komeabalivilla.com/


※ 上記はすべて'17年5月の滞在及び訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-01-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238172611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Vansari Hotel 滞... The Jogloでジュース休... >>