※ 今日の一言 ※ '18年春バリはとっくに始まってますが最初から飛ばしすぎて 滞在中の日記的ダイジェストさえ纏められる気がしない・・でも、自分の為にがんばります。詳細個別トピは帰国後に。

<< The Haven Suite...

Nunggalan Beach... >>
2018年 01月 07日
Kelly's Warung でサンセット鑑賞 @ Bingin Beach ('17年9月)
d0368045_15493543.jpg
'17年9月のaiさんバリ到着日。私は待ち合わせ時間までにNunggalan Beachに降りて
(※直前トピのこれな!※)自分なりの目標をこなした後、待ち合わせ場所の
Drifter Surf Shop & Cafe(※過去記事※)でお茶飲みながら待っておりまして
夕方5時前には無事に合流出来たんですが、なんつーても誘惑の多いドリフター店内。
合流後は買い物フィーバー@店内でキャッキャしていたらあっという間に5時半とかw

7時に予約してるYUU飯までの間にどっかの浜に夕陽見に行こう!って言ってたけど
この調子だと近場のビンギンビーチへ降りるぐらいしか夕陽までの余裕ないんじゃね?
時間的にはスルバン(ブルーポイントの所)でも間に合ったと思うけどあそこからの
夕陽は以前にaiちゃんと一緒に見てるし(※この時な!※)あの時は下まで降りたけど
目線を変えて崖の上でSingle Finから見るとしてもこの時間じゃ最前列の席は既に満席
だろうからかぶりつきで見れないかもね~(※シングルフィンからの夕陽は過去記事で※)
そういえば以前aiさんとビンギンビーチに降りた時は夕陽間に合わなかったから
(※ aiさんニャンニャン2往復で夕陽の時間に間に合わなかった時のダイジェスト⇒こちら※)
その時のリベンジも兼ねて、ここから一番近場のビンギンの浜に降りることが決定~。

私自身はビンギンビーチでの夕陽は3度目だけど前は2回ともSwamisからだったので
(※Swamis Cafeからのサンセットの様子は⇒ '14年10月編 / '15年9月編 で※)
今回は違うカフェかワルンに入ってみることで 初めてのお店気分も味わえるしな!
ちうわけで、この秋のビンギンビーチの夕陽は Kelly's Warungから拝みまーす。




YUUさんとこにバイクを停めて、ビーチまでの路地を進み
いよいよ階段が始まるポイントで太陽の位置を確認。うん、これなら余裕で間に合う
d0368045_15581425.jpg
眼下の海にはサーファーさんがいっぱいw
d0368045_15582689.jpg
aiさんにとっては3年半ぶりのこの階段でーす
d0368045_15583740.jpg
そういえば初めてきた時はこの階段「ちょっと、しんど!」って思ったけど
あれからも数々の階段に挑戦して、しかもさっきNunggalanに降りて戻って来た後なので
もはや私にとってはこのビーチまでの階段は楽勝物件。油断しすぎで道中の写真もなしw
あ、それでも何を思ったか 途中で1枚だけ撮ってたわ
d0368045_15584896.jpg
ケリーズへは階段の途中から直接宿やワルンへ向かう通路があるんですが
とりあえずは一旦ビーチに降りてみようってことで まずはビーチを目指します。
d0368045_15585882.jpg
ビーチに降りたらこんな感じ
d0368045_1613688.jpg
ちょっとだけビーチを歩いてみまーす
d0368045_1621570.jpg
一旦ケリーズを過ぎてちょっとだけ先まで散歩。
d0368045_1615357.jpg
来た方向を振り返るとこんな感じ。はるか向こうに見えるのはドリームランドビーチ
d0368045_1623790.jpg
9月の17:50の時間帯で 太陽はこのあたり。丁度いい感じやん。
d0368045_162489.jpg
以前夕景鑑賞をしたSwamisはここよりも少しだけ先なので
4月の火事で今その先あたりはどうなってるのか気にはなっていたんですが
階段は全然平気なんですけどいかんせんさっきの砂浜で足の側面がサンダルで擦れて
足首の力も奪われていて、たとえ裸足になったとしても砂の上歩くのがしんどいwww

ゆえに ここはおとなしくケリーズワルンに入りまーす
d0368045_162245.jpg
階段を上ってフロアーに出たらまずは席を確保
d0368045_163692.jpg
こちらのカフェはオーダーカウンターに行って注文をするスタイルのようなので
aiさんに席取りをお願いして私が2人分のオーダーにカウンターまで出向きまーす。
d0368045_1632494.jpg
d0368045_14194792.jpg
ドリンクのメニューはこんな感じ ※クリックで大きくなるよん※
d0368045_14201051.jpg
あ、マッドポップスのPopsiclesもあるのね。さっきもドリフターにあったけど
私もaiちゃんも今日はそれぞれ別行動中に各自既にGustoでアイス休憩してきたから
やっぱりここではaiさん=ビンタン、私=ジュースという選択肢に決まり★でしょう。

店内をぐるりと見渡すといろんなタイプの席があります(ブレブレでさーせん)
d0368045_16233339.jpg
夕陽はここから見て左手に沈みます
d0368045_164675.jpg
なので、うちらーは右手の突き出たデッキ部分の右端サイドに陣取っています
d0368045_1624389.jpg
aiさんの小ビンタンはその場でカウンターから出してくれたけど
私のジュースは出来上がってから持って行くよということで番号札を渡されました。
d0368045_1627910.jpg
aiさんもビンタン越しの夕陽を撮影中
d0368045_16242869.jpg
てか、夕陽がイイ感じ~
d0368045_16272264.jpg
で、よく見るとさっきまで埋まってた憧れの席が空いたぞ!
d0368045_16273528.jpg
この半円形に突き出たテラス部分は初めてこのビーチに降りた時からのあこがれw
d0368045_16275747.jpg
てか、過去記事見たら2年前のこの時期はこのテラスの上方にブーゲンビリアが
もっさもっさ咲いててまたそれが風情あってイイ感じだったんだけどあれは枯れたのか
あるいは夕陽の見通しが悪くてカットされて代わりにパラソルになったのか謎。
花だらけでもっさもっさの中の半円型テラスっていう状況が風情あって好きだったのにw

でも憧れの席には変わりないからちょっと行ってみた。
d0368045_16281537.jpg
こっちからの夕陽の眺めの方が良かったら移動しようと思ってとりいそぎ偵察なw
d0368045_15493543.jpg
いいっちゃーいいんだけど、写真撮ろうと思ったらパラソルの棒が入っちゃうから
結局乗り出して撮ることになるからめんどくせーな・・とそういう点はズボラ全開。
あっちの席からの方がこの半円テラスも含めて他の風景も目に入るから高まる~
d0368045_1628503.jpg
・・・と思ったので席移動は却下。初めに座った席で腰を落ち着けること決定★
まもなく私の頼んだ不思議な色のジュースも到着
d0368045_16304054.jpg
ちょっとこれ何ジュースだったか忘れた~。おいしかったかどうかもすっかり忘れた~。
参考までにこのカフェのトイレは建物裏側(ちょっと階段上)にあるのですが
受付で鍵をもらってトイレに行って鍵を閉めて戻って受付に返却するシステムです。

そうこうしているうちに ショータイムが本格的にスタートですよー
d0368045_16311230.jpg
ブレブレ上等でズームしてみま~す。
d0368045_16321838.jpg
このままだったら水平線に届く前に下方の分厚い雲に隠れちゃいそうだなー
d0368045_16322891.jpg
あれ?雲に隠れたと思ったら下の方からまた赤いのが見えてきたw
d0368045_16332925.jpg
そういえば'14年秋の夕陽(※過去記事※)もこのパターンだったな~
ってことは今日も沈む太陽を最後までしっかり見ることができるかも???
d0368045_16342896.jpg
ひやぁ~!スマホの適当オートカメラでここまでくっきり撮れたよ
d0368045_16343956.jpg
ここから沈んでしまうまでの時間は早かった~
d0368045_1635941.jpg
あ、あとちょっとやー
d0368045_16352186.jpg
あっという間に沈んだー
d0368045_16361170.jpg
ここからは残照と余韻を楽しむ時間。
d0368045_16362815.jpg
陽が暮れたところでビーチから焼きモロコシ売りにきた。 自由やな~w
d0368045_16364598.jpg
うちらーは今から待望のYUU飯なのでつまみ食いしてる胃の余裕はございません
d0368045_16371520.jpg
7時まであと10分になったので懐中電灯アプリで足元を照らしつつ崖の上に戻ります。

この後は待望のYUU飯タイムでしたがその時のことは、クタウタラでのハツモノ記録が
一段落した後でおいおい各エリアの再訪記録(選抜)の時に必ずUPするとして
次からは 思い出が多すぎて春の渡航分も後回しにしてたクタウタラ界隈(スミ北部から
クロボカン~チャングー方面)での'17年春&秋の個人的ハツモノ記録に続きます。


Kelly's Warung

ADD : Pantai Bingin (Bingin Beach), Pecatu, Kuta Selatan
PHONE : +62 (0)813 3705 8284
OPEN : 08:00 - 21:00
E-MAIL : kellyswarung@gmail.com
URL : (FB) https://www.facebook.com/kellys.warung
(Instagram) https://www.instagram.com/kellyswarung/


※ 上記はすべて'17年9月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-01-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : https://laviajera.exblog.jp/tb/238101023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Haven Suite... Nunggalan Beach... >>