※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。


タグ:North Bali ( 50 ) タグの人気記事
Top▲ |
2017年 04月 09日
Agung's Massage & Salong @Lovina ('16年春&秋編)
f0319208_0315933.jpg
リアルタイムでは'17年の春バリが始まろうとしている状態での投稿ですが
'16年の春&秋の2回の滞在中の記憶に残しておきたかった個別備忘録も結局またまた
綴り残したことだらけで次のシーズンへ突入してしまった~。でも一旦区切りはついたかな?

バンドゥン記録はバリ島以外ってことで割愛するとしても、同じバリ内の北部方面の
出来事(※春の北部ダイジェストは⇒こちら / 秋の北部ダイジェストは⇒こちら※)
春&秋合わせてもSanak Retreatの'16年春の食事編 / 秋の滞在・お部屋編 / 秋の食事編と
当時建設中の遊園地の飛行機ネタしか個別に残せていないというていたらく。

でも今後はできるだけVOAの延長手続きをシガラジャのイミグレで行う予定で
つまりロビナのK子さんちに遊びに行くことも渡航ごとの恒例化になりそうだから
北部方面は今までよりも身近になること間違いなし!という個人的な思惑もあって
北部メモリーの個別記録はまた今後の課題にしていこうと思っているんですが
その前に K子さんに感謝を込めて(笑)やっぱりAgung's Massage のことは
次のシーズンに進む前にメモっていくべし!と思ってこのタイミングでの投稿です


ロビナに行ったらアグンズマッサージ&サロンでトリートメントがお約束!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-04-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 07日
Sanak Retreat 滞在記録 Restaurant編@ Desa Kayuputih, Buleleng ('16年10月)
f0319208_23441321.jpg
'16年10月のSanak Retreat 滞在記録。泊まった2Bedroom Bungalowからの風景や
敷地周囲のお散歩風景などは直前のトピでざっと雑にまとめましたが(※これね※)
この付近のお宿が大自然を感じられて眺めが良いのは 言ってみれば当たり前のこと!
そんな環境の中で自然の美観を壊さず風情を保ちながらも現代的な快適さのレベルも高く
更に食事が美味しいとなるとこれはとーっても貴重な存在。そりゃーもちろん南部の
レストランと比べたらメニュー数も限られてるしお味の好みも合う合わぬがありましょう。
でも、例えばカランガセムで考えるとSidemenも自然に溢れた田舎のダイナミックさを
味わえるとてもいいエリアだけど、西洋食に関してこのレベルの洗練を持つお食事処を
いまだに私は知りません。(別にそういうのなくてもいいっちゃーいいんだけど)
だから、カランガセムとブレレンじゃ~全然違うとはいえ 山と緑に囲まれた環境や
静かな村の暮らしぶりを求めてやってくるヨーロピアンに昔から人気という意味で
同じような客層で同じような開発ぶりなんだろうなーと思っていたこのエリアも
食事も含めていい意味での田舎風情が特色なんだろうなーなんて思ってたところに
前回の寄り道時にSanakのレストランで、期待以上の田舎における絶妙な洗練を
体験してしまったからもう大変。『食べに行く=泊まりに行く』になっちゃうわなw
というわけで、本日は10月のSanak滞在時の3食分のお食事の記録をしておきまーす。


このリゾートへは たとえレストランだけでも行く価値あると思います!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-04-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 05日
Sanak Retreat 滞在 お部屋と周辺編 @Desa Kayuputih, Buleleng ('16年10月)
f0319208_21375130.jpg
'16年の春にK子さんとA(OJI)様と3人でドライブの途中でデザートを食べに行ったら
結局食事までしてしまって(※この時ね!※)リゾートの雰囲気も大変素晴らしく
「ここ絶対はるららお義母様が好きだろうと思う!田舎に滞在する時はどうしても
食事の心配がつきまとうけど、ここだったら絶対大丈夫!」と思って帰国早々と勧誘。
その結果、お義母様は「Munduk、行きたかったんよ~」と2つ返事で行く気満々。
ベッドルームが2つあって東西両側に見晴らしのいいテラスがあるという贅沢さと、
冷蔵庫が部屋にあるという点で迷わず2Bed Roomのお部屋を選択し
このお部屋は定員が4名なのでロビナ在住のK子さんも呼び出してご一緒しちゃおう★
・・・そんな感じでとんとん拍子に'16年秋のここへの滞在が決まったわけです。

ここにお泊りするのは初めてになるので本来ならハツモノ記録の時点で投稿しておくべき
でしたが、この秋は北部方面が退役飛行機ネタ以外ことごとく後回しになっていたので
レストランのリピート記録をするこのタイミングでお宿の記録も残しておくことにします。
とはいっても、4月の訪問時にお部屋をみせてもらって写真撮っていたことで油断して
滞在中はおしゃべりに夢中でほとんど部屋の写真がないんですけど、前回の訪問時の
写真も再度織り交ぜつつ、本日はSanak Retreatのお部屋や周囲の環境の備忘録です。
※注※こちらのリゾートは正確に言えばMundukの中心からは少し離れているのですが
最寄りのエリアがムンドゥックなので便宜上Mundukエリアと呼ぶ事にします。)


前回の訪問から5か月。こんなに早くお泊りが実現できて嬉しいよ~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-04-05 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 12月 03日
ここにも飛行機w ~Krisna Fantasic Landの建築現場編~@ Lovina ('16年9月)
f0319208_4582490.jpg
今年の秋バリ滞在がスタートして1週間経った頃にガルンガンがありまして
丁度その時、ロビナ在住のK子さんがアメッドまで遊びに来ておられたんですわ。
で、ママカフェでむっちゃんとK子さんと話していた時に、退役飛行機の話になって
いつものウンガサン(ヌサドゥアスラタン)やジンバランのバイパス沿いのヤツに加えて
今回はR2から聞いたヌガラのやつも見に行きたいんだよね~と発言したところ
むっちゃんが 「イダバグースマントラバイパス沿いにもあるよ」って。(この件は次トピにて)
そしてK子さんからも「ロビナにもあるよ。遊園地になる所みたいなんだけどw」とな。
どちらも、何らかの設備にするために運ばれて既にペイントもされてるらしいので
何年も何になるかわからんまま放置(?)されてる不気味な感じはないみたいだけど
今ならまだタダで近くまで侵入可能…と聞き、イダバグースマントラバイパス上のは
これからもあの道は何度も通るだろうからいつか立ち寄る機会があるとして、
今回はビザ延長も南部でやっちゃうつもりだからロビナ方面まで行く予定がないな~
でもK子さんちにも遊びに行きたいから絶対時間作ってロビナまでいくぜ!と決意。

そんな中、9月末のある日。うちのおっさんがらみの用事でシガラジャ・ロビナ方面に
行くことになり、シガラジャで用事を終えたらおっさんをマッサージに放り込んで
その空き時間に女2人で「ロビナの退役飛行機」を見に行くことになりましてん。


現在は既にオープンしている施設ですが、訪問時はまだ建築中でした
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-03 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 10月 21日
'16年秋バリ・その8 ~MundukとJati Luwihで大自然の緑にまみれる3日間~
f0319208_1444944.jpg
Yuu飯に始まったBingin滞在⇒カフェ巡り&お買い物にあけくれたBerawa滞在、と
海のエリアで過ごした4泊5日の後は ちょっと趣向を変えて、はるららお義母様が
まだ行ったことないエリアで滞在してみましょうよ~
ということになりまして
春にK子さん&A(OJI)様とランチ訪問したSanak Retreat(※過去記事※)ならば、
食事もお義母様好みだしきっとあの敷地やお部屋の感じもお気に召すはず!と確信し
またまたまんまと誘致成功w 1泊程度の滞在ならば1BDRMの部屋でもいいんだけど
やっぱり朝日側と夕陽側の両方にテラスがあって2階建ての眺めの方が高まるよね~って
贅沢にも2BDRMのお部屋を選択。この場合、4人まで朝食付きの同料金で泊まれるから
ヒマそうにしてたらロビナ在住のK子さんも呼んじゃおうぜ!と名前は3人でエントリー。

で、ここに行く行程やその後ウブドまで移動する行程をグーグルマップで確認してたら
Jati Luwihあたりに個性的なコンセプトの宿泊施設発見。早速くいついた2人。
「道中ジャティルゥイの棚田も見れるし、お山のキャンプ気分で楽しいかも?山の中ゆえに
食事事情はお義母様的にはハズレかもしれないけどその1泊を乗り越えたらウブド移動だし
1泊ぐらいは冒険してみようぜ!」と、そのSan Giri Mountain & Tent Resort
"ちょいとお試し気分"で今回の旅程に1泊だけ組み込むことになりました。

すべての行程において、私はバイク移動ですが スーツケースで渡航されているお義母様は
ブラワ⇒ムンドゥック間は sawahsawahさんからご紹介いただいて去年もお世話になった
ニョマンロビナ君の送迎を依頼し、大荷物はその後にウブドで滞在予定のテガルサリ
運んでおいてもらって、身軽な2泊分の小荷物でムンドゥッとジャティルイで過ごし
(Sanak⇒San Giriの間の移動は私のバイクで2人乗りっす。きゃー★楽しい~)
ジャティルィからウブド間はまたロビナ君に迎えに来てもらうことになっています。

この2泊3日のハシゴ行程では いろんなタイプの景色が見れてそのたびに興奮=33
変わりやすい山の天気とおかしな気候で走行中雨に降られることを覚悟していた割には
滞在中に雨が降る時間帯はあったけど、やっぱりバイク移動中は1滴の雨にもあわず
限られた滞在時間の中で存分にリフレッシュ&リラックスも味わえた冒険の3日間でした。


ブレレンのMundukからタバナンのJati Luwihまで。1泊ずつエリアハシゴしますよー
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-10-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 10月 16日
'16年秋バリ・その5 ~滞在5週目は 翌週以降のお出かけ準備+ブレレンに行ったお~
f0319208_150487.jpg
ごきげんよう~。今年の秋バリはスタートから17日間がほとんどが東部に引きこもりで
(※この秋のダイジェスト その1⇒ここ。と その2⇒ここ。を参照してね※)
18日目に東部を出たと思ったら今までの反動なのかものすごい移動距離の1週間を過ごし
(※こちらもこの秋のダイジェストその3⇒ここ。と その4⇒ ここ。 を参照してね※)
バンドゥンから戻って2日間発熱で寝込んだけど、治ったと同時におっさんのJKTプチ出張が入り
うまーい具合に1人暮らしになったもんだから おかげさまで 外出中の留守期間に荒れた部分
(オテツダイーヌには気が回らない箇所)の掃除などもはかどって、9/28には万全の体制で
おっさんの出張帰りを空港までお迎えにいくことになりました。こう書くと「なんや、仲いい夫婦やん」
と思われるかもしれませんがそうではなくてー。(実際、憎まれ口は叩けど仲が悪いわけじゃないんやけど)
そこは計算高い嫁の作戦でありましてー。ついでに自分の南部での用事も済ませる魂胆。

更に、ロビナ在住のK子さんの用事(難題)に おっさん(セニョ)が役立つ見込みがあったので
その用事をお手伝いするために29日には2人揃ってブレレンまで向かうことになっており
用事が終わったらロビナに新しくできる遊園地的な設備の敷地にある退役飛行機を見に行き
その夜は、居心地のいいK子さんちにお泊りしちゃおうぜ★という目論見でございます。


1日は南部日帰り、その後はブレレン1泊、そして東部な4日間です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-10-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 06月 16日
Sanak Retreat Bali でお食事休憩 @ Desa Kayuputih, Buleleng ('16年4月)
f0319208_22171538.jpg
今回の春バリ期間中のVOAの延長は自力でシガラジャで手続きをしたんですけど
申請後に日を決められて写真撮影にいかなきゃいかんのですわ。で、手続き上
実際にパスポートが手元に戻ってくるのは写真撮影の2日後とかなのでその期間は
ロビナ在住のK子さんちで居候しつつ、同じ時期にロビナにご滞在中だったA(OJI)様も
一緒に遊んでもらうことになっておりました。(その期間のダイジェストは⇒こちら

その時、K子さんの車でドライブすることになったんですが困るのはその時の飲食休憩場所。
K子さんはさすがの在住さんだけあってインドネシア料理全然大丈夫で むしろ大好物。
私はたまーのインドネシア料理なら美味しく食べるけど A(OJI)様はインドネシア料理が苦手。
ドライブコースは、ブドゥグルからムンドッ経由でスリリに抜けてロビナに戻るというもので
丁度その1年前(⇒この時にうちのおっさんとプチ旅行で行ったコース。
そういえば、あの時 私のグルメご意見番のPH氏にオススメされてたレストランがあったけど
TPOに合わせたら行けなかったのでw 今回はそこへデザート休憩に行くことになりました。

1年越しの思いを乗せてそのリゾートへ行ってみると、期待以上の好環境★
ビューもレストランの雰囲気もメニューも、デザート休憩だけじゃもったいないわ。
3人ともあんまりおなかすいてないけど 「今後の立ち寄り時の参考の為にも
お試しになんか食べておこうよ~」という気分になって食事までオーダーしちゃったわい。
そんなわけで、本日はSanak Retreatでの素晴らしい食事やデザート休憩の様子と
食後にお部屋も見せてもらったのでそれらのことを記録しておこうと思います。


デザート休憩のつもりが、食事もお部屋見学もしちゃったのでまとめて一気にメモりまーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-06-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 04月 25日
'16年春バリ その2 ~VOA延長ついでに北部で遊んだ2泊3日のまとめ~
a0074049_134323.jpg
ごきげんよう~!昨夜、到着後3週間の自分メモをUPしたんですが
その中で 4/18~4/20の間はロビナのK子さんちに居候しながら丸々つきあってもらったので
2泊3日びーーーーっちり遊んだ北方面編はここに抜き出してまとめておくことにします。
(もちろんそれぞれの場所やお店で思い出は帰国後に個別トピにて別途記録予定っす)

バリ島滞在中の私の拠点は東のアメッドなので、本来ならばVOAの延長等の手続きは
シガラジャのイミグレの管轄になります。8年前の4ヶ月滞在時はシガラジャでしましたが
うちからシガラジャまで2時間半とかかかるんで それなら南部に行くにもたいして変わりない。
しかも、最近では写真撮影で呼び出しがあって北部のエージェントに投げても必ず1回は
イミグレに行かなきゃいかん。(自力なら、①申請→②写真&支払い→③受け取りで3回。)
近年では南部のエージェントに丸投げで、なるべく南部滞在中の期間に呼び出しがあるような
日程を考えて申請をだしてもらい、南部で手続きをしてついでに南の用事をこなしてました。
でも、去年の秋バリの時にロビナ在住のK子さんに「春はシガラジャで自力で手続きして、
②と③の待ち期間はうちにくればいいじゃなーい。一緒にあそぼ、あそぼ!」とお誘いいただき
北部でも楽しみが増えたので、今回はちゃっかりその楽しみにのっからせていただきました。

丁度時を同じくして、むっちゃんとこのリピーターのA(OJI)様がロビナに5泊されることになり
K子さんのお友達の経営されているお宿にご滞在中。じゃー3人揃って北で遊びますか!!


ダイジェストその1の期間中のブレレン2泊3日に特化した自分メモです。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-04-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2015年 07月 21日
Don Biyu のサイフォンコーヒーとデザートにたまげた件@ Munduk ('15年5月)
f0319208_23381366.jpg
'15年春バリでのMundukでのえとせとら。泊まった宿は直前にUPしたPuri Alam Baliでしたが
近年ではその近くにも敷地からの眺めがあって経済的な宿がたくさんできているようで
一応4軒ほどみてからおっさんが一番ビューを気に入ったところに決めたんですが
その時、2軒目に見たこちらの宿のレストランの居心地が良さそうだったので
プリアラムにチェックインをした後、ランチをするために改めて向かったのがこちら。

滞在は別の宿になってしまったんだけど、レストランの雰囲気はいい感じで眺めもパノラミック。
正直、食事のお味は普通に美味しい程度で特筆すべき感じでもないのですが
メニューに 田舎なりにも他のローカルなお店とは一風違うカフェ的なものもあって
スタッフもめちゃ感じよかったので結局翌日の朝食仕切り直しでも食べに行っちゃった。
そこで 楽しいプレゼンテーションのコーヒーと美味しいデザートに出会って大感激☆
本日は その Don Biyu Restaurantについてメモっておこうと思います。


Don Biyuっていう新しいお宿に併設のレストランでの記録です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-07-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2015年 07月 19日
景色に惚れてPuri Alam Bali に泊まった件 @ Munduk ('15年5月)
f0319208_22542293.jpg
’15年5月。気まぐれ夫婦の春バリ合流時における2泊3日のドライブお出かけ。
1泊目はブドゥグルまで行き 先日UPしたバトゥリティの??ストロベリーヒルでしたが
2泊目はムンドゥックで泊まろうということになり、案の定現地に着いてからの宿探し。
前夜の宿は私が一目見て即決してしまったので、ムンドゥックではおっさんのご意見尊重。
おっさんの希望は「昔ながらの安宿でいいから部屋からパノラミックな眺めが見れる所」とな。
で、ムンドゥックに入ってから適当に近場ばかりで4軒ほどのお宿に寄り道して
最終的におっさんが決めたのがその4軒の中一番眺めがパノラミックだったこのお宿。
建物は古く垢抜けなさは否めない上に食事はいまいちだったけどそこは想定の範囲内。
眺めは抜群で 敷地内探検も楽しかったし お湯シャワーもちゃんと出て
宿泊料金も税サ込30万ルピアで日本円に換算すると3000円もしなかったんで結果オーライ。

ちうわけで、本日はムンドゥックで泊まったPuri Alam Baliについてメモっておこうと思います。


景色はサイコー!敷地探検もおもしろい。だけど食事は・・・w
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-07-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback