※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


タグ:Indonesia, other islands ( 105 ) タグの人気記事
Top▲ |
2009年 12月 07日
ドラゴンボートでギリ巡り&シュノーケルツアー @ Tugu Lombok
a0074049_192720.jpg
ホテル主催のアクティビティは数々あれど、たった3泊じゃぁ~できることも限られてくるわけで
予約の時点で代理店を通じてホテルから送られてきたリストとにらめっこした結果
「せっかくだからシュノーケルがしたい。ギリにも行きたい。亀も放流したい!」の希望をかなえてくれる
アクティビティに1つ申し込むことに決定。ところがこのリスト、内容がわかりにくいのー!!
同じ金額なのに ランチ付きのツアーもあれば ランチなしの別ツアーもある。ギリ3島巡りに関しては
シュノーケルもついてるらしいけど、ギリ島内観光もあるようで 私達は観光不要で海遊び重視。
問い合わせをするたびにホテルから違う答えが返ってくるから、代理店さんもかなり困惑気味だった様子。
ランチつきと書いてあるアクティビティにさえランチボックスは別料金で1人35ドルなどという回答が届き
その「船の上でのランチ」っていうのも船の上にテーブルセッティングしてくれるのかと思いきや、
単にサンドイッチ支給とのことだったので「そんな昼食に2人で70ドルも出せるかやー!」と憤慨
(※結果的に ランチはホテル側の予約課の勘違いで ついてないものにつける場合は2人で35ドル。)
「そんなことならボートツアーの途中でギリトゥラワンガンに寄って、気が向いた店でランチする」と宣言。
結局 【オリジナルツアーとして見積もります】とホテルからご提案をいただいたので一件落着。
過去記事でも述べたように、事前交渉で代理店さんには大変お手数をおかけしてお世話になりました。

しかーし、この調子では予約課から現場に内容詳細が伝わってないかも?の予感は的中(爆)
前日、いろんなスタッフに「ギリ観光いくんでしょ??」って言われまくってそのたびに詳細訂正しまくり。
そして、当日・・・ボートのスタッフはホテルが外注している船頭&シュノーケルガイドのようだったので
「わーこれ絶対、こっちが黙ってたら彼らは私達の主旨を理解してくれていないだろう」と覚悟。
それでも、結果的にはツアーとしては自分達の思う通りにことが進んでめでたしめでたしだったこの日。
ガイド側の段取りなんざ豪無視の「俺達の船遊び」。 本日も長くなりますが 一部始終をご覧下さい。


勝手気ままなドラゴンボートツアーのはじまりはじまり~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-07 10:58 | bali & indonesia | Trackback(2) | Comments(20)
2009年 12月 05日
Tugu Lombok ~ 2日目の朝食と朝のレストラン記録 ~
a0074049_2301239.jpg
大抵、インドネシアのホテルでは、宿泊料金に朝食付きというパターンが多いけど
私達の予約は アフタヌーンティーはついてるけど朝食は別料金 という設定になってました。
もちろん、予約時に朝食もつけた追加料金を払っておくのもアリなんですが
提示された金額が CBF13ドル/1人・ ABF18ドル/1人 というものだったので
起きるの遅くてスキップになるともったいないし、バイクで外食に出かける冒険の可能性もあるので
これまた「現場で流動的に」ってことで 朝食付きプランでの事前予約はしませんでした。
(ちなみに、このリゾートでは 別料金で 「サンライズ・ボートブレックファースト」なんていう
セイリングしながら日の出を詣で、ボートの上での朝食がついたOPもあります。)


昨夜の「手作り披露宴会場の夕べ」から一夜明けて滞在2日目の朝
この日は 朝9時からオリジナルボートツアーを予約していたので はりきって早起きした2人。
朝食も リゾート内のどこで食べてもOKなんだけど、やっぱり最初の朝はレストランへ向かいます。


では、トゥグ・ロンボクでいただくはじめての朝ごはん記録 はじまりはじまり~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-05 13:26 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(20)
2009年 12月 03日
Tugu Lombok ~ Aloon Aloon#203 と 初日の記録 ~
a0074049_5444581.jpg
いろんな意味で、そんな経緯でたどり着いたお部屋は、#203
今回は、これから3泊することになるこのお部屋をさらっと紹介しつつ、
C/Iした朝10時すぎから meroさんが到着される夜8時半頃までの記録をざざざーっと。
この日、私は1人で行動していた上、質問&予約内容の確認ばかりしていたからかもしれないけど
どこに行ってもスタッフ1人1人が異常にかまってくれるわけよ。とーっても親切。
もちろん、1人でゆっくりしたいときは邪魔されることは皆無(むしろ放置タイプ)なんだけど
リクエストしたことに対して、「お任せします」と丸投げしても
確認や提案など、親身になって担当者が尽力してくれる。
しかも、会話の途中でたまたまでてきた後日のことまでちゃ~んと覚えて、配慮してくれる。
そんなこと当然やん~・・ってフツーなら思うのかもしれないけどなんせあの先入観があったもんで。

例えばこのリゾートではゲスト全員にアフタヌーンティーサービスがあるのだけど、C/I時に案内がなく、
お部屋においてあるゲストダイレクトリーにもその旨の掲載がなかったのね。
そこで、改めてたずねたら「午後3時から5時までで、どこにでもセッティングしますよ」とのこと。
お部屋にあるはずのルームサービスメニューもなかったから届けてもらったり、なんだかんだと
「あー、リクエストベースというか、こっちから働きかけなきゃいかん部分が多いのね」なんて
予約時の先入観も込みで 漠然とそんな風に第一印象で思っていたのだけど
いえいえ、ちょっとでも何かを相談すると 反応が大きい!!こっちが思ってる以上を提供してくれる。
もちろん、担当のスタッフにもよるのでしょうが、そこんとこにビックリした初日でした。
スタッフ数は決して足りてるとは思えないし、食事を用意してもらえる範囲も広いので
忙しい時間帯はスタッフ探すのにも手間取るのに、やる時はやってくれるから不満にまで繋がらない。
レセプションで相談したことも、すぐに各担当部署に内容が伝達されて担当者が確認にやってくる。
ちなみにリゾートマップもまだないそうですが、いつでも敷地案内しますよ、とのこと。
つまり、前もっての至れり尽くせりはなくても ゲストのニーズに合わせて現場が流動的に動いてくれる。


では、今回も長いですが #203の様子と ロンボク初日のえとせとらを・・・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-03 17:09 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(28)
2009年 12月 03日
(いろんな意味で) TUGU LOMBOK #203 までの道のり
a0074049_342919.jpg
今回のトピで記録しておくことは、滞在日記やtugu情報とはちょっと趣旨が違いますが
このホテルは宿泊するまでに水面下でいろいろなドラマや覚悟がありましたので
ちょっとその点を忘れずにメモしておこうと思います。
もちろん、実際にリゾートで AloonAloon#203のお部屋にたどり着くまでの道のりとあわせて
【いろんな意味での トゥグ・ロンボク #203への道】と解釈していただければ幸い。

いつものごとく前振り長すぎなんですけど、これも旅の記録なのでご容赦下さいまし。


では、またまたワタクシゴトだらけの長い長い前振りからはじめます・・・。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-03 17:08 | bali & indonesia | Trackback
2009年 12月 01日
AMED発・スピードボートで行くロンボク(’09年10月) 【'17年追記あり】
a0074049_14185736.jpg
'96年プラマ利用でロビナから(パダンバイでフェリー乗り換え)ギリアイル・ギリメノへ
'03年(?)は、なぜかバブリーな チャーター機で オベロイ・ロンボクへ 、
'06年 往路はフェリー、復路はWings Airで ノボテルロンボク〈クタ)とギリトゥラワンガンへ
次にロンボクに渡る時には 今まで使ったことのない手段で行きたいなーと思ってた。

はるららさんに「トゥグ・ロンボクに泊まろうと思うんだけど、時期が合えばロンボク集合なんてどう?」
って打診してみると 「以前にクンチに泊まったのがとても良くて、ロンボク再訪したい!!」ってことで
さらに、お友達のkumakoさんも連行決定!そういえば、meroさんもその時期渡バリ中だと思うから
ロンボク行きを誘ってみるネ~!と、見事なはるららネットワークのおかげで実現したロンボク・オフ。

丁度、今年の4月からガルーダ国内線がデンパサールとマタラムを結んでいるので
フライトキャンセルやディレイが多かった今までのエアラインよりは信用できるから
現地合流のはるららさん・kumakoさん・meroさんは 南部からガルーダ利用でロンボク上陸予定
(※meroさんの、ロンボクまでのフライト記録は → こちら※ )

しかーし、到着早々南部で2泊後、東部で4泊してドリフの片付けやご近所挨拶などをしていた私にとっては
本拠地から ングラライ空港まで出るのが時間も労力もお金も人一倍かかるわけで・・・・
そしてパダンバイからフェリーは安上がりだけどめちゃくちゃ時間がかかるわけで・・・・・
「今までに使った事のない手段を使って行きた~い」という野望の点でも
今年の夏直前に定期就航をはじめた アメッドからのスピードボートを利用することに即決。
だって、ギリまで50分~60分で行けるっていうし、バンサルまでも同料金で行ってくれるんだもん。

今回の、個人的なロンボク島での目的は 「tugu lombokに泊まりたい」というもの。
北部の宿なので ホテルから15分程度のバンサル港に寄ってくれるこの便は願ったりかなったり。
ギリ経由であることを考慮しても、ドリフを出発してから2時間以内にTUGUにチェックインできる!
あれ?それだったら ドリフから ウブドとかサヌールにお泊りに行くより 近いやん!!(大爆)

はるららさん達も、ロンボク後の旅程にAMED滞在を組み込むことになったので、
帰りは一緒にスピードボートでアメッドまで戻ってくれば 島内移動の労力とかロスタイム少なくて済む。
ってことで、帰りはみんなで揃って大冒険。もちろんアメッドでも遊ぼうね~!は、お約束。
んなこんなで 今日は【AMED発・スピードボートで行くロンボク】記録を。


またまた巨大長編になりそうなので今回はまず、往路分だけですが それでも十分長いです。すいません。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-01 19:55 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
2009年 11月 03日
ドラゴンボートに乗って・・・。
a0074049_23424433.jpg


現在、アメッドの家から投稿中。隣で魔王が晩酌中。

10月中は、アメッドからダイレクトでスピードボートに乗ってロンボクへ
meroさんとホテルで合流して、ホテルのドラゴンボートを貸し切ってギリ巡りのシュノーケル三昧。
困ったことに(笑)またまた好きなホテルが増えてしまったロンボク滞在。
3泊目には はるららさん&kumakoさんもホテルで合流して、4人でアメッドまでスピードボートで生還。

ジュメルクの浜に着くと、ダイビングを終えたむっちゃん&マジカルさん、&Nさん、そしてPちゃん。
さらに! なぜか急遽呼び出された魔王が ガランカンギンの mama cafeで 迎えてくれました。
以後、アメッドで【ドキッ!女だらけの修学旅行気分】を満喫しています。

今回のロンボク滞在で大好きになったホテルはココっす!
a0074049_037445.jpg

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-11-03 00:44 | bali & indonesia
2007年 03月 14日
ランチだけでサヨナラなんて! @ Aman Jiwo
a0074049_23311387.jpg
こんばんわー。暇人のくせに渡航準備、全くしてません。ちょっと焦り気味のタイチョです。

さて、勝手にシリーズ化『ほてるごはん』も、キリがないのでこのシリーズは、また
いつか第2章へ続く・・というわけで今回は第一章の最後を飾るにふさわしいこのホテルで。
先日のジョグジャカルタの航空機事故で、せっかく地震から復興しつつあるジョグジャが
またまたヴィジターの遠のくエリアになっちゃったのではないかとの心配もあり
GAさん、ちゃんとしようよ~との嘆きもあり、犠牲になられた方々へのご冥福をお祈りする
気持ちもありでなかなか複雑な心境ではあるのですが、だからこそ、敢えて今
ここの素晴らしさを伝えたいと思うviajeraさんなのであります。
家族旅行でバリから日帰りで訪れたボロブドゥール観光。
この時にランチに行ったのがここ Aman Jiwo. ウチの母はボロブドゥール遺跡よりも
ジヲに惚れて、今でも「次はジヲに泊まろうよ~」と恋する乙女状態。

もちろん、ワタシの画質極悪ポラロイドでは見るに耐えないし、父の撮影したものは
やはり「ザ・観光!人物中心」なので、公式サイトからDLしてきちゃったわさ@ズルい女
そして素敵すぎるのでトップの写真にも採用@ズルすぎる女
以下、The Dining Roomでのランチ模様なども掲載しますが画質極悪ポラロイドのせいで
ジヲ様のイメージダウンになったらマズイのでサイトの写真も含めて掲載しますがご了承を。

では、ジヲでの至福のランチタイムをどうぞ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-03-14 00:18 | bali & indonesia | Trackback | Comments(12)
2006年 12月 07日
Vila Ombak 施設編 @ Gili Trawangan, Lombok
a0074049_1362943.jpga0074049_1372697.jpg
a0074049_13142576.jpga0074049_1382465.jpg
では、本日はお部屋編に続いてVila Ombakの施設についてUPします。
到着時はオンバッの海辺のレストランにボートが着きます。レストランを横切って
島内の幹線あぜ道を超えたらホテルです。この島はビーチ沿いの道路を挟んで
内側にしか宿がありません。だからお部屋からダイレクトで海へ、、は望めませんが
小さい島なので海はすぐそばです。敷地内は緑もたっぷりです。

プールとかスパとかレストランとか、、、
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-12-07 15:22 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(22)
2006年 12月 05日
Vila Ombak お部屋編 @ Gili Trawangan , Lombok
a0074049_220342.jpga0074049_221282.jpg
a0074049_2233647.jpg先日、Nobotel Lombok宿泊時の写真を整理し
再検証記事( これ  これ )をUPした時に
ギリトゥラワンガンのVila Ombakの写真も出てきた上
うるんちゃんの記事にも触発されて
データを紛失しないうちにまたまた便乗UPを決意!
というわけで本日は、ロンボク島にある
ギリ・トゥラワンガンの ヴィラ・オンバのレポートを。
(うちの夫婦が泊まったのはフラットタイプのお部屋です)

**もちろんうるんちゃんのこの記事にTBずっきゅん**
もうみなさんもご存知のようにチェックインはこの綺麗な海から!
ちなみにこのときの私の滞在時のレポは、Pやんが代筆でUPしてくれてますので
かぶってる写真もあるけどこちらもご参考に!(到着編お部屋編遊び編 )

Delax Family Bungalow
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-12-05 02:33 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(10)
2006年 11月 26日
Nobotel Lombok プチ写真集 ~お部屋とお食事編~
Styさんのロンボク旅レポに便乗してノボテル ロンボクの魅力を再検証!
というわけで、昨日はパブリックスペース編をお届けしましたが
本日はお部屋やお食事やアクティビティ・サービスなどについてご紹介したいと思います
**勿論styさんの ノボテル・ロンボクDEランチ に予告通りのTBずっきゅん**

a0074049_312126.jpgこちらはビルディング棟と1階のテラス
a0074049_322761.jpg
ここには2棟のホテル棟(ビルディング棟)に77室、そして敷地内に
ササックバンガローと呼ばれるヴィラタイプのお部屋が23室点在しており
ホテルの敷地が1つの村のような雰囲気を醸し出しています。
数ヶ月前に滞在したPちゃんからは「敷地内が楽しいから一番安いお部屋で充分!」
とアドバイスを受けていたにもかかわらず、もともとここに興味を持ったきっかけが
サイトのバーチャルツアーのササックバンガローのテラスを見て
「あ、メキシコっぽい♡」って惚れたからだったので初志貫徹でササックさんを予約~。
お部屋番号のRQを入れていたのですが希望のお部屋の設備に不備があり
到着後いろんな場所のササックバンガローを見学しまくって私たちが選んだのは
プライバシーが確保され、なおかつ閉塞感がなく、緑がいっぱいのNo.510でした。
ちなみにオーシャンフロントのお部屋は2つありますが前を人が通りまくるのと
パーシャルオーシャンビューのお部屋やガーデンプールに面した
いわゆくラグーンビュー仕様のお部屋は、ご近所からテラスがチラ見え状態。
ガーデンプールに面したお部屋は、マイプール気分でテラスからプールどぼんが
可能ですが、そのエリアは当時ファミリー客が多く落ち着けなさそうだったし、、、。
お友達同士ならその付近も楽しそうだったんだけどね。
まぁとにかく私達は青ビューより緑ビューを選んだわけです。
(※ お部屋選びの詳細は こちらの過去記事でドーゾ※)
お部屋の内装や設備はどこも変わらないのですが
同行者や滞在スタイルによっていろんな眺めの選択肢があるのも魅力ですね。

ではお部屋の写真をドーゾ!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-26 06:25 | bali & indonesia | Trackback | Comments(34)