※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★


タグ:Hawaii Oahu island ( 9 ) タグの人気記事
Top▲ |
2011年 02月 11日
なつかしのコダックフラショー
a0074049_1893872.jpg
なんか、2月に入ってから'90Sの中~後半のメモリーに浸っているこのブログですが
丁度その時期は私の年齢的にも20代中盤~後半に当たる時期で、既にバブルは崩壊していたけど
過去にバブルによる恩恵はかろうじて受けた経験のある世代だから 分不相応な高級宿に泊まることも
びっくりするような値段のレストランで食事をすることも、そんなに特別なことではなかった記憶・・・。
ましてや中高生の時期は空前のDCブームだったわけですから、高い洋服やアクセサリを買うことにも
今の子ほどは抵抗がないっていうか。金額や頻度に個人差こそあれ 私と同年代の当時独身の女性は
自分達の20代の頃の金銭感覚って今思うととんでもねーな、ってのがある種の共通感覚じゃないかな?

私も時代の例に漏れず金遣いが荒かったんでw この時期から分不相応な高級宿に泊まったりする
バカンスもかなりあったんですけど、個人的にはどちらかというとグダグダのアドベンチャーな旅の方が
圧倒的に思い出に残っているわけでw。まぁこれは 私のおもしろがりーな性分がそうさせるのでしょうが
ブログに記録しておきたいナーと思う過去旅は ほとんどが「小汚い普段着系旅行」なんです。

ハワイに関しても、80年代はほぼ家族旅行的な感じでの渡航だったのでリゾート的な過ごし方だったけど
90年代はキッチンつきのコンドに滞在してレンタカー借りて毎日ぷらっぷらしてるのが当時の一番の
楽しみ方だったなー。・・・とはいえ、リゾートの便利さや気持ちよさも忘れられない俗物な私ですから
24~5歳の小娘の分際でたまーに分不相応なとこにも泊まったり行ったりしてたんですけど
でもやっぱり私にとっての90年代は バカンスよりも地元での普通の夏休みみたいな感覚で
旅先で滞在することの方に楽しさを見出していたように思います。

もちろんその後30代になって仕事でも責任が大きくなったりして、そういう日常の頑張りからの
リラックスや気分転換やご褒美としてのバカンスのありがたみや楽しさもその後の人生で経験するわけで
再びリゾート好きに逆戻りしたりもするんですけど、欲張りな私としては、同じ旅行は旅行でも
「ウットリバカンス」も必要だけどやっぱり「等身大の普段着放浪」という旅の形態もそれぞれ必要で。

で、表題のコダックフラショー。'99年にコダックがスポンサーをおり、'02年にはなくなってしまったので
今は亡きイベントなんですが、私は'80~'90年代当時にこれを観にいくのが大好きだったんっす。
決まった曜日に週に何度かカピオラニ公園でやってたんですけどなんつーても無料なのが魅力。
コダック主催ってこともあって シャッターチャンスをたくさん用意してあるせいかみせる演出もうまいし
最後には観客参加もあるので (参加したくない人は参加しなくていいので強制ジョゲとは話が違う!)
同行者が初ハワイの時は あほの一つ覚えみたいにかならず連れて行ってたなーwwww
だって有名なイベントなのにあんまり日本人居ないからオアフにおいてはそういう意味で新鮮だし。
しかも無料なのにけっこう見ごたえのあるショーを1時間観れるんだよ。行くっきゃないでしょ(笑)

聞けば、1937年から65年間続いたショーだったらしく 開始当時、夕方から夜にかけての
写真が撮りづらい時間帯にしかなかったフラショーを、きれいに写真が撮れるお昼間に開催しようという
フィルム会社ならではの発想でコダックがスポンサーになってはじめたイベントだったらしい。へぇ~。
よく観にいってたのに今はもう見れないということもあって、 この写真がでてきた時には
80~90年代のハワイ旅行の数々を思い出して思わず懐かしさがこみあげてしまったよ。
そしてせっかくシャッターチャンスに考慮したイベントになってるのに私の撮った写真ときたら!(爆)
なんで 本編じゃなくて終盤の観客参加後の写真なのよ?!ってwww
でもね、この時の黄色いTシャツ軍団がめっちゃ楽しくて。彼女達のおかげで本編も盛り上がりまくり。

この写真の黄Tの団体は、テキサスから来た女子校の修学旅行生徒達。時は'96年だったかな?
彼女たちはショーが始まってからも元気元気で 司会者の人とのかけあいとかもスゲーおもしろくて
何より観客である本人たちが相当楽しんでたのがとーっても良くて 他のお客さんも和気藹々。
観るべき時は騒がずにきちんと鑑賞していてマナーもいいのに ちょっとブレイクになると女子ノリ炸裂。
これはショー後半の観客参加の時の写真なんだけど、キャッキャ大騒ぎで、観てても楽しかったー
そういうのを思い出したら、やっぱりいつかこういうイベントが復活してほすぃーなと思うわけで・・・・。

最初に観たのは母の記憶によると私が小6ぐらいの時だったらしいんですが覚えちゃいねーやwwww
最後に観た時はスポンサーも変わってたのでイベントの名前も変わっちゃってて
それが2002年の1月だったかな? その年の秋に終了しちゃったみたいなんですけど
65年間で延べ1700万人の人が観たというこのフラショー。
これがなくなってから 朝からカピオラニ公園の特設会場に向かう習慣もなくなっちゃった私ですが
来年あたり、終ってから10周年 あるいは開催から75年とかなんだかんだ屁理屈こねて(笑)
期間限定でいいから 復活してくれないかなー。やっぱ不景気だから無理なのかなー。
ここんとこオアフは経由地扱いですぐにネイバーに渡っちゃうハワイ滞在が続いてるけど、
もしも、これをまた観れるんならオアフにももう少し長く滞在しちゃおっかなー なんて思うんですけどね


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-11 21:03 | hawaii
2010年 12月 19日
どちら様ですか? (爆) 第2弾
a0074049_20225632.jpg
先日ハワイの家で 過去のハワイでの写真を整理していたらボンバヘッド時代の写真をまたまた発見
というわけで今日はさくっと「どちら様ですか?写真」の第2弾。サブタイトルは若気の至り
相変わらず小汚い爆発頭時代の私@20代後半。でもこの写真も楽しそうでかなり好きなんよね。ふふふ。

これは当時、レンタカーで水着&短パン姿で海に向かってる時の写真なんだけど
場所とマシーンと髪型こそ変われど現在も バリ滞在時はこんな格好でスクーターに乗って
ドリフ周辺をうろうろしている自分。・・・13~4年前とまったく進歩なしwww
つか、この水着(セパレート) 今でもドリフに常備しているぞw どんだけ物持ちええねん
※・・・というより古いけど捨てきれないものがバリに持ち込まれてドリフで置き服になるという運命・・※


ネイバーでは四駆だけどやっぱオアフではコンバチでしょ?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-19 23:07 | 過去の道楽(たび)
2007年 03月 11日
ラナイで食べたい理由がある!@Sheraton moana surfrider
a0074049_1844464.jpg
こんばんわー。次回のバリ旅は低予算なのに野望だけは膨らむ困ったちゃんのタイチョです。

さて、今日のほてるごはんは、個人的に『ホノルルに着いたらまずここへ』と
決めているシェラトンモアナサーフライダー(現・ウェスティンモアナサーフライダー)でのお話です。
私の祖父がオアフ島で大好きだったホテル=ハレクラニやカハラマンダリンに比べて
ちょっと大衆的な感じもしますが、私はやっぱり『ワイキキの貴婦人』と呼ばれるにふさわしい
この建物の佇まいが大好き。このホテルの事は、以前 promice me again の記事の時に
少し紹介させていただいたので、重複する写真や記事もありますがご了承を~

個人的にはリゾートにおけるお部屋のラナイでの朝食の理想は、離島やコテージ風のお宿で
ラナイの向こうに芝生があってその向こうに海・・という状況が一番好きですが
ここはワイキキビーチ。どうせならその喧騒も含めて「ザ・ハワイ」な気分も味わいたい。

このホテルには『バニヤンベランダ』というハワイの休日の朝にふさわしいレストランが
あるにもかかわらず、私が何故あえてここでルームサービスをとるのか・・・・・
それはやはりタワー棟のDXOVに泊まった時には、このワイキキビーチとダイヤモンドヘッドと
大海原を一望するラナイからの眺めが最高のごちそうだと思うからなのです。

では、ラナイでいただくお食事やホテルの様子をどうぞ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-03-11 23:01 | hawaii | Trackback | Comments(16)
2006年 09月 04日
素敵なB&B @ Tee's at Kailua
a0074049_4145382.jpg私のへっぽこな
カメラマンぶりでは
実物の素敵が伝わるような
イカシタ写真がないので
UPしようかどうか
迷ったのですが
本日は
カイルアの住宅街にある
きゃわゆいBBのご紹介~

←hawaiiらしさ満点の外観
ここはTee's at KailuaというB&B.先日、こちらの朝食をご紹介しましたが
朝食だけでなく、お部屋も共有施設もとーっても素敵なのです。

~こちらが共有のリビング~朝食は右写真奥のプールと庭を望むラナイでいただきます
a0074049_4175144.jpga0074049_4182856.jpg
a0074049_4191929.jpg
←これはお庭側から見た建物
とっても大きくて気持ちいいプールの
奥(写真では撮影位置の後方)には
運河が流れていてそこからカヤックで
海まで行くこともできます
そこの船着場(ん?)が
22時までの喫煙スペース。
~プルメリアルームのお写真です
~部屋からは外が見えますが外からはお部屋の中は見えません~
a0074049_4204011.jpga0074049_4211044.jpg
a0074049_422351.jpga0074049_4223394.jpg
a0074049_4232494.jpga0074049_4235288.jpga0074049_424206.jpg
↑収納たっぷりウォークインクローゼット! 広いバスルーム
シャワーも可動式 バスアメニティはAVEDA


お宿のコンセプトや場所や設備どは上記リンク先ウェブサイトで確認していただくとして、
実際に泊まってみて1番感じたことはズバリ!"手を抜いていないこだわり"でしょうか。
アフタヌーンティーも奥様の手作り。朝食ももちろんオーガニック食材で健康的。
でね、インテリアやファブリック そして使われてある食器やスリッパなど
一見シンプルで何気なくても とっても使い心地が良かったり、手入れしやすかったり
「あ、これ うちにもあればいいな~」って思えるグッズや生活の知恵&ヒントを
いろんな場所に発見できたのが、とても楽しかったです。

うちは、セニョ~ル(旦那)が私以上にマイペースで
いわゆる、ルールのある団体行動や共同生活っていうのが苦手なわがままさんなので
実は 彼にとってはB&Bっていうシステムそのものがリラックスできなかったようですが
(そして、実は私も そんな性格のセニョ~ルが快適に過ごしているかどうか気になって
"あー!一人のときにくればよかった"ってちょっと後悔したのですけど)
だからこそ 一人旅の時や、仲良しの女友達と2人旅の時などに もう一度お泊りして
こういう滞在スタイルを心ゆくまで楽しみたいなぁ~ってしみじみ思うのです。

ほんと、そこらへんのホテルよりもずーーっと快適だし おしゃれだし 食事もおいしいし
オーナーご夫妻のホスピタリティー精神もスバラシイ! とっても素敵なお宿でした♪
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-09-04 02:13 | hawaii | Trackback | Comments(8)
2006年 09月 02日
もういちど食べたい朝ごはん @カイルアのB&B
a0074049_14361617.jpg今年2月のマウイ&オアフ旅
(計約2週間)で
オアフ滞在中に最低3泊は
カイルアにいたかった私。
でも、メオト旅だったので
バケレン借りるにゃ~かさ高い。
そんなときに、
非常にありがたかったのが
こちらのB&B
"Tee's at Kailua"

雑誌などでも紹介されていて
ご存知の方も多いと思いますが
日本人オーナーならではの
ホスピタリティで
とても快適に過ごすことができました。
22時以降は喫煙スペースでも禁煙なので愛煙家の夫婦には 少しつらかったけど
それにしてもこちらでいただいた朝食は、
どんなホテルの豪華な朝食よりもおいしかったのです!!

2日目朝
a0074049_13373072.jpga0074049_13403370.jpg
3日目朝
a0074049_13412180.jpga0074049_13415780.jpg
4日目朝

a0074049_13432985.jpga0074049_13442139.jpg
とにかく、タロイモのパンケーキにしろ ワッフルにしろボリュームたっぷりで
おなかがいーっぱいになってしまう。
プールサイドで犬とたわむれながらいただく朝食は
これもまた"理想のhawaiiあさごはん"の1つのスタイルになりました。
もちろん、潮風にあたりながらお部屋のラナイでいただく朝ごはんも 
海辺のレストランのテラス席でいただく朝ごはんも 
テイクアウトして海でいただく朝ごはんも、
コンドのキッチンで作ったものを仲間と楽しくいただく朝ごはんも
街のダイナーで地元の若者に混じって食べる朝ごはんも、、
それぞれが素敵なハワイの朝なのだけど
このB&Bでの朝ごはんは、雰囲気だけでなく 味も格別だったゆえに
是非もういちど味わいたいな~って思うのです。
夫婦で滞在するなら、やっぱりホテルやコンドミニアムの方が便利だと思いましたが
カイルアに滞在したい時で 1人や2人の少人数の時は B&Bってありがたいですね~
今日は、とにかく感動したおいしい朝ごはんのお話だけですが
ここのB&Bの素敵なお部屋のお話などは、またいつか~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-09-02 15:21 | hawaii | Trackback | Comments(10)
2006年 07月 18日
カイルアビーチへゆこう!
a0074049_1394331.jpg

さて、Hawaii オアフ島では ワイキキ・アラモアナ方面でお洋服やコスメを物色するもよし
高級ホテルでリゾート気分を味わうもよし、レンタカーで行動的になるもよし
ノースショアでサーフィンやスカイダイビングをするもよし 
いろんな滞在を楽しめるわけですが
のーんびりしたいときのおススメは、ラニカイやワイマナロの
海に面したバケレンのラナイで日がなぼけ~っとするのがよろしかろうと。
ただし休暇の短い日本人、長期でバケレン借りるなんて機会もなかなかないだろうから
そんな時は、日帰りでもいいからカイルアビーチへ行ってみてくださいな。
レンタカーでカイルアまでの途中、ちょっと遠回りして景色を楽しみながら行くのもよろし
viajeraは10数年前にはじめてこのビーチに来た時からここが大好き♡
カイルア方面に泊まらない時だって行ってしまう。もちろん車はコンバーチブルがお約束。

とにかく、白い砂と青&エメラルドグリーンの海。ぼーっと眺めるもよし散歩するもよし
カヤックに挑戦するもよし、日光浴するもよし。ほんとに静かに過ごせます。
~ね、きれいでしょ?芋の子を洗う賑わいのワイキキビーチとは違うでしょ?~
a0074049_1404659.jpg

で、ビーチパークの周りのレストランでランチをするもよし、お気に入りのプレートランチを
テイクアウトしてビーチパークで食べるもよし、お好きなお昼のひとときをドウゾ~!!
~ハワイのビーチパークって緑がいっぱいですごくなごむと思いません??~
a0074049_1424812.jpg

でも、でも カイルアまで行ったら絶対食べにいってしまうお店があって、、、、

"Boot's and Kimo's"という朝食ダイナー <営業時間は早朝~14時迄>
 店内に手書きのおススメメニューもあるんだけど~
a0074049_154225.jpga0074049_213996.jpg
a0074049_275074.jpgお目当ては、これ。
マカダミアナッツソースのパンケーキ♡

a0074049_262518.jpg
近年では、各ウェブサイトや雑誌などに載ってるのでご存知の方も多いでしょうけど
これを初めて見た時はそんな情報はあまりなかった頃なので ほんと、驚きました。
勧めてくれた友人に「え~?これって甘すぎなんじゃない~?」って文句言ったりして。
そりゃぁ甘いものが苦手な人には辛いかもしれないけど思ったより甘ったるくないんです!
食べ物を必ず残す飽き性のワタクシですが、ここのはペロリといっちゃいます。いつも。
それ以降、ここのマカダミアナッツソースに大ハマリ中!このソース、売ってくれ~!!
ビーチとこのパンケーキがあるかぎり、カイルアスティ or カイルア訪問はやめられませぬ。

<※'08 10月 きらきらさんが ブランチで訪問されたこちらのトピ も要チェッケナー♪※>

でね、でね、カイルアビーチから2Kmくらいのところにあるラニカイビーチも美しいの~
ビーチづたいに散歩して行ってもいいし、ラニカイには公共の駐車場がないから
民家に迷惑かけちゃいけないので車では行けない、、とゆわれていたけど
地元の子が”公園のとこなら駐車していいんだよ”ってゆうの!
でもほんとにいいのか?!
まぁ、この辺はルールやモラルの点で心配なので
ラニカイ在住のお友達んちにでも駐車するのが確実だと思われますWa!
               ~ラニカイビーチ~
a0074049_2262779.jpg

   つまり、オアフのビーチもなかなか素敵なのです!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-07-18 02:09 | hawaii | Trackback(1) | Comments(12)
2006年 07月 12日
え~!SPGから離脱~?(誰か真相おせ~て!)
a0074049_1215450.jpg
さて、本日のワンダーランドご紹介ですが
先月より
「リゾート ハワイ ダイヤモンドヘッド」
という名前に変わっちゃったときいて
慌てて、お部屋の写真をUPする次第です。
ただし、お部屋の写真といっても
当時Web活動する気もなかったので
やはり気の利いた写真がなくてスビバセン。

個人的にWホテルのベッドの寝心地は
どこのものでも最高にお気に入りです。
寝つきの悪いviajeraもイチコロよ
お部屋の入り口。なんかレオパレスとか風でしょぼ!最上階DH側角部屋1221☆

a0074049_130026.jpga0074049_1323652.jpg
          こっちはお部屋の扉の前から見たワイキキ方面

とにかく、シンプルすぎて”しょぼ!”って思うんだけど
やっぱりこのロケーションはダイアモンドヘッドビュー好きには嬉しかったなぁ

a0074049_1544469.jpg この2枚は角部屋の窓の方の眺め     
夜になるとこんな夜景


a0074049_1551371.jpg

忘れちゃいけないラナイからの眺め~ DHは近くに、海は遠くに(涙)見える感じ~
ちなみに、ラナイの正面はビルやニューオータニの隙間から見える海(更に涙)です
でも左側はどど~んとダイアモンドヘッドですよ。 (この記事の最後の写真をドーゾ

a0074049_203721.jpga0074049_205876.jpg

でね、なんで部屋の細かい写真がないかっていうと、おもしろくないから
クローゼットも小さいわ、バスルームにもバスタブはないわでしょんぼり、、、、。
ダイアモンドヘッドグリルでオーダーしたルームサービスも違うものがやってくるし、、、
めちゃくちゃお腹すいてたからそれでいいよ、って食べたけど。(牛、おいしかったぞ~!)

ホテルのスタッフはすごく「わきまえたフレンドリー」 サインレスチェックアウトとか
便利なシステムは多かったと思う。でも、バレパーキングだからスタッフが乗ってきた車
シート直すの面倒だったのよ~。「もっと前にひいといて」って頼んでも、私の短い脚の
サイズに戻すには、おにいさんがいくら前に縮んでもワタシには遠いのよ~~

アメニティとかもご覧あれ!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-07-12 03:20 | "W"onderland | Trackback | Comments(10)
2006年 06月 29日
オトナなW
a0074049_5471963.jpg

ワンダーランドのブロウシャーを飽きるほど眺めては、L.AやN.Yに行った時は
絶対Wに泊まろうって思っていました。その頃一番気になっていたのは
ニューオリンズのフレンチクォーターのWだったのですが、
あわよくば全部行きたい、、なんて考えたりして。
そんなワンダーランドの中でいまいち食指をそそられなかったのが実はココのWでした。

その後何度かhawaiiには行きましたが、建物そのものが以前あったホテルを
リノベーションしたものでなんともアッサリしている(遊び感に欠ける)のと
インテリアが「バリっぽい」って聞いていたので、ハワイでバリもどうか?でしょう??
しかもこのホテル、プールもスパもないんです。(マッサージは呼べます)
でも、ここのペントハウススイートからの眺めには心惹かれるものがあって、、、。
ペントハウスの公示料金はUS$3,000を超えるので、庶民には高嶺の花。
US$1560くらいまで下がる時もあるのですが、どうしようか悩んでるうちに
PHは無理だけど最上階のダイヤモンドヘッド側の角部屋をRQSTすることができたので
泊まってみることにしました。

a0074049_675179.jpga0074049_644229.jpg
レンタカーでホテルのフラッグを目印に、エントランスへ向かったんだけど
「え?全然 Wonder じゃない!」ってちょっと拍子抜け
でも、ハワイらしからぬ雰囲気がかえって新鮮かも?
エントランスも狭いし、レセプションもすごくこじんまりしてる

a0074049_694752.jpg入り口の角に
ラブホチックな紫のディベッド!
a0074049_6282786.jpg
(テブレしまくりですみません)

トップの写真のロビーの雰囲気はとっても好きだし、
ホント、オトナなオリエンタルなんだけど
そういう空間って、実はこのエリアだけなんですよ!
もちろんWにつきものの週末がクラブになるバー(ここの場合はレストラン)は
それなりにオサレな雰囲気なんだけど
お部屋は、フツーのホテルとかわらない狭さと間取り。バスタブもナシ。
クローゼットも狭すぎ。シンプルすぎてぜ~んぜんおもしろくない。
でもすっごく寝心地のいいベッドとお部屋のテラスから見える景色で
不思議な快適さがあるんです。

ほら、お部屋のラナイからこんなにダイナミックに見えるダイヤモンドヘッド ↓
a0074049_6361894.jpg

この景色を見るために、またここに泊まってしまうんだろうな、って思います。
ラナイから見える反対サイドはオーシャンビュー!

その風景や、お部屋の様子はまた今度のおたのしみで。

ここはW Honolulu Diamondhead
好き嫌いがハッキリわかれるホテルだけど、viajeraは この感じもキライじゃないな~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-29 00:17 | "W"onderland | Trackback | Comments(2)
2006年 05月 25日
Promise Me Again !
ハワイに着いたら、長期で優雅なバケレン借りて楽しめたら最高ですが
大型ホテルが苦手なviajeraでも、着いたらまずここのホテルに泊まって
「ザ・ワイキキにやってきたぞぉ~」って実感するのが楽しみです。
ワタシにとって「the WAIKIKI」とは、ハレクラニでもピンクパレスでもなく
なぜかSheraton Moana Surfrider !!
a0074049_323305.jpg

この優雅なお姿を拝み、お部屋からダイヤモンドヘッドを見たら
「あぁ~ハワイに着いた」って思うのです。
もちろん私にとってワイキキはハワイのほんの一部の顔であって
エリア的にはもっとお気に入りの島やエリアがあるのですが、
ホノルル空港に着くと、違うホテルに泊まる時も、
この姿を拝みにひとまずここに直行ってのがワタシのお約束です。

では、ついでにお部屋もみてみます~??

a0074049_472860.jpga0074049_474994.jpg
はい、広くもなく、なんっちゅーこたぁありません。
だが、しか~し!!ベッドで寝ながら見れるダイヤモンドヘッド~

 
a0074049_4195570.jpg


lanai
からの
朝の風景~











そして夜の風景~
a0074049_4231570.jpg
a0074049_4322813.jpg



で、前置きが長くなりましたが、本題に入りま~す。

a0074049_4551098.jpg

このモアナのバニヤンベランダで毎週水曜日(私達が参加した時は毎週土曜日でした)
promise me again というツテキなイベントが行われておりまする。
夫婦であれば、モアナの宿泊客以外でも、ロコでも誰でも参加できるんですってよ。
もちろんその名の通り、夫婦が愛を再確認するセレモニー!

日頃、そのマイペースすぎる生活っぷりで
仮面夫婦の名をほしいままにしておる
ワタクシ達 セニョ~ル y セニョ~ラ でございますが、実は仲良しちゃんなのだよ
というわけで、参加しないわけがございません☆

これがねぇ~、挙式数時間後の新婚さんから金婚式を過ぎたカップルまで
しかもいろんな国からのツーリスト達が参加してて、いい雰囲気なのよ~
神父さんが参加者一人ひとりに声をかけてレイをかけて下さって
ありがた~いお話 → 誓いのレイ交換 → 祝福の音楽とフラ に続いて
踊ってチューして最後は、1組ずつ署名式。
結構、年齢層は高くて落ち着いた雰囲気で、
参加者もみんなハッピーなオーラが出てて
ぶっちゃけ、結婚式の時より感動しました。~セニョール談~

↓一人一人声をかける神父さん      ↓髪飾り かわゆい♡
a0074049_5224051.jpga0074049_5195315.jpg

私たちが参加した時は、日本のカップルは3~4組だけだったので日本語の通訳は
入ってなかったけど日本語の通訳が入るときもあるそうです。
なんか、名古屋のラジオ局が取材にきてたんだけど
ワタシを日系移民だと思ってて関西弁しゃべってたらびっくりされました。
「え?日本から?って」:笑:
セニョ~ルもハワイアンに「あなたは(ハワイの)どこの出身?」
って聞かれてましたっけ。
そんな2人だから、日本人の参加者にはちっとも話しかけられず
式典中はUSメインランドからの50代くらいの仲良し夫婦とつるんでおりました。
最初、ワタシは神父さんにウットリするわ、
ダンナはフラのお姉さんに目が釘付けやわ、と
大変不謹慎な夫婦でございましたが、コレ本当に魔法のように愛、深まりますな。

夫婦で渡ハされる方、ぜひ水曜日のプロミスミーアゲインに参加してみてください!
viajeraは、相方にプンスカした時には、
この証明書(?)を読んでこの時の気分を思い出すことにしてます。
↓ 奥さん、ええ言葉かいてありますわ!

署名した証明書
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-05-25 03:58 | hawaii