※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!


タグ:Experience ( 76 ) タグの人気記事
Top▲ |
2009年 09月 15日
ただいま~! ( '09, Repubblica Italiana)
a0074049_20323768.jpg
一足早く、シルバーウィークの旅行を終えてきました。
13年ぶり(ヨーロッパ全体で考えても11年ぶり!!)のイタリーは、素晴らしかった!

シチリア中心だった13年前の旅とは違って 今回はいろんな都市・いろんな町・いろんな村に行ったけど
その中でも、また絶対行くだろう。いや、行きたい!!と思って、一番惚れたのが この写真の都市。
出発前は今回のルートを思うと、「次に行くときはシチリア中心かな?」と思ってたけど
次は、 ここ・フィレンツェを基点にしてトスカーナ州でじーっくり滞在してみたい!!
そして、「必ず近年中に【次】が ある!」と確信中(笑)

・・・というわけで、無事にイタリアから帰国しています。
まぁ他の大都市も含めて、どえらく広範囲にわたって世界遺産や見所を攻めているので
機会があれば、忘れた頃に(爆)ぽつぽつと記録していこうかな~と思ってるんですが
まずは、来月の旅立ちまでに今年の春バリ記録を終わらせることを優先しようと思っとります。

追伸: 向こうでお世話になった皆様、ほんまにありがとう!!


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-09-15 21:18 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(36)
2009年 07月 16日
奇蹟のメモリー @'09年7月 ポリネシア紀行
a0074049_9174812.jpg
やっちまった(笑)。またまたウットリアイランドで中2気分。でも、たのしかったー!
4日間滞在したウットリリゾートはいわずもがな素敵・・・・・ですが
ぶっちゃけ、それよりももっともっとココロに残る奇蹟とたくさんの思い出ができました。
帰路もハワイでちょっと小休止を経て、昨夜遅く無事に帰宅しています。

何が奇蹟だったかと申しますと、その後3日間は友人宅でお世話になってたんですが
(この友人はこの時にコモシャンバラで面会してた友人で、本拠地はフランスなんですが
去年からこちらに半移住したのです。)この素敵なお宅でのホームスティ&出会いが
めちゃくちゃ楽しかったんですわ。食事だってここんちのシェフが作る料理の方が
高い高いいろんなゾートの食事よりも,庶民口の俺には おいしかったし(笑)

そして、「ご近所の楽しい若者が何度かバリに行ってるから、話も合うと思って
ホームパーティーに呼んでおいた」と言われて、近所の若者@フランス人に
ご対面したら・・・なんとうちらー、7年ぐらい前にアメッドで会ってた!凄すぎる偶然。
最初は「ミラクル~!」って盛り上がったけど、「再会すべくして再会したんじゃない?」
って程 すーっかり意気投合して、マダム組が優雅にバカンス気分を満喫する中、
やんちゃ組は島内の大自然を愛でる大冒険を彼らと一緒に敢行。 もう、これが最高!!

根本的にこの女子会メンバー中心でおでかけする時は、バカンス気分メインなので
ぶっちゃけ、「偶然の産物や予想外の展開ありきの旅」とはちょっと違う。
あ、もちろん女子好みの絶対安牌なバカンスも必要だし、贅沢できることは嬉しいけど
やっぱり私が一番求めている「旅」の形態とはまたベツモノなので、それはそれ・これはこれ
という楽しみ方で、今回のおでかけに 私の求めるviajeの形は期待していなかったのに
今回はいい意味で予想を大きく裏切られて、リゾートではウットリな滞在を楽しみ、
そして後半はまた別の【旅の醍醐味】までをも味わわせてもらいました。

機会があればまたいつか別途・・ということで、タヒチでの記録の詳細ははしょりますが
春バリの記録は、今夜から引き続きUPしていく予定ですのでまたよろしゅうお願いします。

※今、スキンどうしよかなーと思って試行錯誤中なので 数日間、お試し中 ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-07-16 10:59 | たびにまつわるえとせとら
2009年 03月 04日
荒野と砂丘を越えて @ Los Cabos, Mexico
a0074049_1513469.jpg
2003年 5月 Los Cabos , MEXICO. ウ子ちゃんと俺。  往路デトロイトで乗り継ぎ1泊後
メキシコシティ2泊3日→オアハカ3泊4日→ロスカボス3泊4日→サンフランシスコ3泊4日の旅程。
この時ロスカボスで2人が泊まっていたのは、軽~く過去記事にした こちらのホテル
レンタカーがないとちょっと不便な所にあるのでリゾート内を満喫するのもいいんだけど
じっとしている俺達ではないのだ☆ シャトルで町の方に出かけてガラス工房でお土産探したり
港町を散歩したり・・・。でもね、ロスカボスとカンクンはメキシコとは名ばかりのアメリカじゃねーの?
と思うぐらい物価も高いし、観光地では英語も通じるし客引きもすごくてちょっとタジタジ。
でも、ここに来たからにはどうしても参加したかったのが ATVツアー。(ホテルで申し込みました)

クルーズ&観光列車&長距離バスヘリ観光バルーンサファリレンタカーでドライブ旅行
・・・と続いたから今回の「乗り物シリーズ」。今日は簡単に ATV(四輪バギー)ネタといきますか!。

※ この旅のスタート2日目に、ウ子さんがカメラを置き忘れて失くしたので、私のポラロイド日記用
ポラロイドカメラと写るんですしかなくて、せっかくウ子が居るのにスキャン画像が汚くてすまん※


では、荒野を抜け、砂丘を越えて、海に会いにいきましょう~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-03-04 17:51 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(26)
2009年 03月 02日
ありがとう、傷だらけの三菱ミラージュ @ Puerto Rico
a0074049_1735936.jpg
1997年 3月 Puerto Rico.
相変わらず宿予約なし、事前計画なし、 レンタカー借りて1週間ぐらいうろうろする?・・・のノリだけで
来てしまったプエルトリコ。当時、事前に日本から予約できるレンタカー会社がなかったので、
「着いたら、安いとこで借りればいいやん♪」ってわけで、空港のスリフティで 到着後の当日手配。
ハワイとか南の島では絶対コンバーチブルを借りる!って決めてるんだけど、治安がよくわからない
この国ではとりあえず安くてコンパクトな車でいいよね~ってわけで一番安いのを選んだら
三菱ミラージュだった!割引してもらって7日間で合計160ドル以下だったから文句は言えまい・・
任意保険に入ろうとしたら、なんと保険のシステムがないと言われる。 同行の若者・ハナちゃんは
私なんかよりよっぽど運転がうまいのだけど当時24歳で、確か26歳以下だと料金がかさむのよね
(※プエルトリコはアメリカ領なのでグアムとおんなじ感じでアメリカ方式だとお考え下さい)
今思うと保険の関係なんだと思うから、もともと保険ないなら関係なかったようなものなんだけど
いや、何がビビるかって、ハナちゃんの方が俄然運転がうまいのできっと助手席に乗るハナちゃんは
必要以上に私の運転を怖く感じるだろうなーという懸念。しかも看板とかは西語なのでスペイン語に
慣れてないハナちゃんにとってはナビも神経つかうだろうなーという懸念。
でも来ちゃったものはしょうがねぇ。借りちゃったんだからしょうがねぇ。旅路を存分に楽しむべし!
プエルトリコから日本に戻る帰路にハワイへの寄り道も決めちゃってるからハワイ用に資金も
たっぷり置いておかないといけないから、ここではなるべく節約モードで楽しむのじゃ~。うきゃきゃ~☆
※ TOPの画像の中の印の地点が、この時に滞在 あるいは 訪問した町です※

では、ミラージュちゃんと共に過ごしたプエルトリコでの記録を長々と・・。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-03-02 11:40 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(20)
2009年 03月 01日
'09年2月 西インド諸島(カリブ)巡り・至福の記録@自分メモ
a0074049_1271511.jpg
約1ヶ月間のハワイとカリブから日本に帰国しました。タイチョです。
25年前、女子高生だった4人。高校も大学も仕事も現在の生活圏も違うのに
なぜかず~っとご縁がありつづけた絆。このたび【銀友式】と命名して一路カリブへ!
私を含む3名はハワイ合流。1名はイギリス在住なのでイギリスから現地集合。
それぞれの旦那達(セニョ除く)や、長い年月を経て広がった交友関係の友人達も
「島は違うけどなぜか同じようなエリアにいる」というカーニバル時期ならではの
現象が生じたため、それぞれが勝手なスケジュールで途中一時合流してみたり
リオ・トリニダード・ニューオリンズと各地のカーニバルに散らばっていった友人を見送ったり
前半のハワイ生活を含めて、私達の25年間の不思議な絆がぎゅっと凝縮された'09年 2月でした。

もしも、自分で計画をたてたらクルーズでめぐりたかったとか あの島に寄りたかったとか
このホテルに泊まりたかった・・とかそれはそれなりに思うことはあるんだけど
このメンバーだから行けた場所、このメンバーだから過ごせた時間だったと思うと
私にとっては身の程知らずな贅沢で挙動不審になったり、途中禁煙リゾートに悶えたり
やはり男性のエスコートがなければ!ってことで食事時に急遽近隣ホテルや島に居た
旦那達を呼び出したり、セニョが参加してない我が家にいたっては友人に来てもらったり
日焼け防止対策で「あー!めんどくさい!」とイラッとなったのも含めて全部が至福のメモリー。
同行者都合で、ブログでは詳しくUPできないので 今日は足跡だけをメモしておきます。

では、viajeraさん史上で一番贅沢してしまった10日間の足跡を・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-03-01 13:21
2009年 02月 27日
気球から見る朝陽 @ Masai Mara National Reserve , Kenya
a0074049_13143984.jpg
1993年 9月。マサイマラ国立保護区。早朝のバルーンサファリより。
ヘリから見たイグアスの滝に続いては、「バカは高いところが好き」関連でこちらの記録を。
(流れ的にBsAsでのネタにしようかと思ったけど、"乗り物シリーズ"で続けようかと)
・・・とはいっても、空からの写真は使えるのがほとんどないんですが・・・笑
アルゼンチンでご一緒させてもらったMちゃんAちゃんとの出会いがこの時だったという
関連も含めて、viajeraさん24歳の秋・東アフリカはケニアでの思い出をば。

当初は、旅友でもあり私の分身ともいうべきフタゴ君(※男女の仲ではありません:爆:)
と個人旅行で東アフリカを巡る予定だったのに、フタゴっちは当時中近東方面を旅してて
ナイロビ合流の予定だったのに「9月までに脱出無理そう~!」って連絡があったのが8月。
でも、気持ち的には「この秋は動物いっぱい見る!」と決めてたからフタゴっちが居ようと
居まいと私の決意は変わらず。でも旅先で数々の危険を乗り越えてきた彼からすると
私の楽観主義は時に危なっかしいし、1人では逆にいろいろとロスタイムが多いだろうから
「動物見る目的で初めての東アフリカならパックツアーで行け!百歩ゆずって ナイロビ発で
日本人の主催するツアーのサファリに合流参加せよ」との指令。ま、気持ちはわかる。
だって今みたいに体験記がリアルタイムでネットで配信されてるような時代じゃなかったし。
その結果、単独参加することになったツアーで一緒になったのがMちゃんとAちゃんでした。
いわば私の'99年アルゼンチン紀行はこの時に扉を開けたと言っても過言ではないかも?

'93年 9月 野生の王国での動物ショット中心になりますが・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-02-27 15:12 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(26)
2009年 02月 24日
ヘリから見る大地の裂け目 @ Cataratas del Iguazú (Iguazu Falls)
a0074049_11592541.jpg
1999年2月 パタゴニアうろうろからBsAsへ戻り、友人達と合流して数日を過ごした後
3人で向かったのが Cataratas del Iguazú(イグアスの滝) ここは ちゃんと飛行機で往復(笑)
そしてTop写真は飛行機からではなく、ヘリで上空からイグアスの滝を観光した時のもの
ええ、乗り物大好きなだけでなく バカは高いところが好き・・って言われている通り
私もバカのはしくれ(はしくれどころか・・以下自粛)"ヘリ観光?!乗るっきゃない"でしょ!

1人で行ったパタゴニアとは違って、女3人でかしましく向かったイグアス。在住Mちゃんの手配で
エアの手配もホテルの予約もレミース(まぁ言うたらハイヤーみたいなもの)の手配も完備での出発。
イグアスの滝観光中は残念ながら途中で雨が降ったりして、景色も暗いし水も濁流なんだけど
数日前からの雨で水量の迫力があったのでそれはそれで凄かったし、何と言ってもボートに乗って
川を遊覧?したときは雨と小さい滝にまみれて「ラフティングですかぁ??」状態で大爆笑。
私以外の2名のカメラは浸水して壊れるわ、翌日急に乗りたくなってお願いしたヘリコプターも
天候のせいで出るかどうかわからんヒヤヒヤものの中なんとか出航。1人の観光も気楽でいいけど
こうやって3人でわいわいいいながら同じ思い出を共有できるっていいなぁ~と身にしみたなぁ~

では、'99年 2/8~9のイグアスの滝 観光記録をどうぞ~~ 写真少ないですけど・・・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-02-24 11:23 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(20)
2009年 02月 20日
世界の果て @ Beagle Channel と Patagonia
a0074049_358349.jpg
1999年 1月後半~2月中旬。駆け足でアルゼンチンを観光した。もともとは、BsAsでお友達と
合流予定だったのが(この過去記事の時)、休暇が約1ヶ月とれたので せっかくだから
私だけ先に入国して 大荷物は当時BsAs駐在のMちゃんご夫妻のおうちに置いたまま、
Aちゃんの合流日まではリュックかついで1人でウシュアイアまで行って来るということになった。
BsAsで合流後は3人揃ってイグアスの滝に行く予定だったので、予定日までに帰ってくるには
長距離バスでの往復はリスキーだから、往路はエアで、復路はバスで早めに出るという手段。
だってまだその頃は自分にも体力があったし、鉄道とかバスとかの「大地を感じる移動」が
好きだったから、どうしても片道はバスを使いたかった。本音を言えば この後のBsAsからの
イグアス行きでもバスで行きたかったくらいだけど、主婦のMちゃんや休暇の短いAちゃんには
時間がかかりすぎ&体力の負担が多すぎるので、その部分は往復エアでとってたから尚更。
だけど、この時に限らずこの頃ってまだ【ウェブで前もって手配】とかも盛んでなくて
行き当たりバッタリにならざるを得なかったし情報誌も少なかったから、どんな行程になって
現地でどんな宿や観光に飛び入りするのかは自分でも未知のまま、行きのエアチケットだけ
持ってBsAsから南へ飛び立った私。まぁこれも1人だったから気楽に行けたんでしょうが。

先日UPしたNY話は、この旅程の帰路にNYにストップオーバーした時の話だったんですが
ついでにアルゼンチン話を思い出したので今日は単独で旅した部分の思い出を。
     ※BsAsは、首都・ブエノスアイレスの略表記です。※

では、世界の果てで三十路ほやほや女が1人で過ごした日々を長々と・・・・。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-02-20 12:46 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(22)
2009年 02月 17日
1999年 Valentine's Day In New York
a0074049_293536.jpg
1999年 2月。 丁度10年前の今日2/17。タイチョはN.Yに居たらしい。
昔は旅先で写真を撮ることの方が自分でも珍しいぐらいだったので この時の写真も
実質2枚しかありません。でも今日は10年前の2/14付近のことを振り返ってみるとします。
正確に言うと、10年前に2/13の早朝 ブエノスアイレスからN.Yに到着。
当初は友人(男性ですがゲイです)宅で居候するつもりだったけど、BsAsから確認の電話を
した時に、ここ10日間ほど居候が多いからホテルに泊まる方がいいかも?ってことになる。
ところがその時期、国際会議が入っててホテルは軒並み値上げしてたから、お気に入りの
経済的なホテルやちょっと小洒落たお手頃価格のプチホテルもすべてfully book。玉砕。
・・っていうかそれで思いがけず突撃の居候達が増えたのね、友人の部屋(笑)
決してヴァレンタインで恋人が来るからNGとかそういうのではないところが彼らしい。
しょうがないから空港のインフォメで紹介してもらった宿にチェックインすることになったけど
チェックイン時になめられたのか、明らかにすんごいしょぼい部屋をあてがわれたので
「バスルームに電気つかない。この部屋しかないんなら別の宿を探す」って言ったら
急に手のひらを返したように窓も2面あってプチリビングセットもある部屋を用意してくれた。

以下、だらだらと10年前の2月14日にまつわる思い出話が続きます・・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-02-17 21:12 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(28)
2008年 12月 31日
年末のご挨拶と2008年を振り返る
a0074049_11391315.jpg
いろいろとやることが多すぎて暫くPCから遠ざかってましたが あっという間に大晦日ですね。
ここしばらくみなさんのところに訪問させていただくことも自分自身の更新もままならず
ご無沙汰している不肖のタイチョですが、いつも見て下さっている方、コメントを下さる方、
そしてブログ上や実生活でも仲良くしてくださっている皆様、今年もありがとうございました。

今年は15年ぶりに大晦日&元旦を自宅で過ごせるので今夜からTV漬け間違いなし!
・・・というのも、働いていた頃は年末年始は31日迄仕事→その後友達宅集合→夜中の初売り
&初詣にでかける→自宅に戻り仮眠後、早朝家族で乾杯をして9時から仕事に・・という状態。
なんせ「GW、盆、クリスマスと正月は休まない」という契約のおかげで、閑散期は1ヶ月単位で
旅行にでかけて仕事を休むことを許されていた身分だったので、正月は激務だったわけで・・。
そしてやっと年末年始の仕事から解放された去年は、12/3からバリ4ヵ月滞在に突入してて
ドリフでの年越しだったのね。だから明日はやっと念願の「寝正月@自宅」という嬉しい状況。
出かけることや冒険は大好きだけどやっぱり自分んちが一番落ち着く~(笑)
今年も長めの滞在を中心に なんやかんやとお出かけしたんだけどブログにはバリ記録しか
UPしてないので 今後思い出す為の自分メモ用に、2008年のお出かけ記録を箇条書きで・・。

2008年 1月 (2007年12月頭から) セミリタイヤごっこと題して アメッド@バリ滞在
      2月   バリ滞在中 ウ子合流 スミニャック・ロビナ・ウブドなどで遊ぶ
      3月   バリ滞在中 ウ子ちゃんとサヌール・ウブド・タバナンなどで遊ぶ
           3/29帰国  12月からトータル114泊・2008年の87泊をバリで過ごす
         (泊まったホテルのダイジェストは→こちらの過去記事で・・)

      4月  4/24から ハワイへ。最初の2週間はハワイ島の家で過ごす
      5月  用事の為一旦帰国(1週間) 赤穂pipiちゃんはるららさんオフ会
           5/15~月末まで 再度ハワイに向かう。オアフはノースショア中心で
           友人宅泊で節約。だがしかし・・・マウイ島ではハナマウイ
           ハワイ島内おでかけではFSフアラライに泊まって贅沢する。(ハワイ諸島合計29泊

      6月  知人&友人の外人軍団来日ラッシュ。京都・大阪案内など接待に追われる
          
      7月  (将来的な仕事絡みで)メキシコ1週間滞在♡ プロジェクトに関わっている
           メンバーの人柄とおもしろさに感動!お気に入りホテルにも感激☆

      8月  鯔ちゃまpipiちゃんと 神戸でお泊りオフ。月末は沖縄リベンジでブセナ泊。
          去年から4度目にしてやっと晴れ空の小宇利大橋からの海を臨む。

      9月  9/21より渡バリ Miちゃんとカユジン合流 後日 ウブドで再合流
      10月  渡バリ中  Miちゃんとアメッド、スミニャックなどを楽しみ、後半旦那合流。
          サヌールでふふちゃんとオフ会など。合計24泊で 10/16 帰国
          (秋バリの記録は更新中。 ダイジェストはこちらで → 前半 / 後半
          10月末に、伊豆2泊@友人の別荘にて。

      11月  はるららさんに会いにpipiちゃんと桃太郎王国へ。喋り足りずお泊り。
            (本日のTOP写真は↑この時の王子が岳からの夕陽です)
            後半、箱根2泊 (こちらが満室で今年は断念して ここここ) +名古屋
           地元に帰るなり姫路城にいらしていたアラックさんをプチ歓迎会。

      12月   はるららさんとpipiちゃんとで 小豆島オフ。お泊りは 真理で。
            中旬はお誕生会 @ 香港韓国はしご。 W香港WソウルのWづくし!
            メンバーが泊まってた他のホテルスパ やこちらこちらこちら にも魅了
            される。2ヶ国で6日じゃ時間が足りなさ過ぎ。ってことで再訪を誓う@香港

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近場ではもっともっとお出かけ泊があるんだけどキリがないので
近いエリアでは主にお泊りオフ会ぐらいにメモをとどめておいたのでこれくらいかな??
春~夏にかけては 乳製品価格やガソリン代の高騰などで 滞在先でも出費が多かったけど
秋以降の円高で、トータルすると思ったより低予算で乗り切ることができた2008年。
ま、それでも定職ナシの身分ではギリギリの旅予算には違いないんですけど(汗)

そして、全てのおでかけを通じて思うことは 同行者に恵まれたことや出先でお会いできた方
とのご縁が何よりの喜びだったし ブログを通じて いろんな情報を教えていただいたり
楽しみを分かち合うことができたり、今年もいい年だったなぁ~と しみじみ・・・。
お出かけネタ以外では 仕事も定職には就く気がないものの臨時の仕事にも恵まれ
将来的な仕事の見通しもできたようなのでこの不況時に食いっぱぐれることもなかったし
私生活でも 毎年セニョが何かしでかして大喧嘩になるというのに、珍しくイイ子にしていた
ようなので、嫁的には面倒に巻き込まれずに済んでとても平和な1年だったべな。
・・・でも波乱あってこそのわが夫婦ですから それも拍子抜けで物足りない感じ?!(爆)
まぁとにかく穏やかに年越しができそうなので、つまりいい1年だったってことですね<笑>

今年も仲良くしていただいた皆様、本当にありがとうございました!どうかよいお年を~!!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2008-12-31 15:28 | たびにまつわるえとせとら