※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!


タグ:Experience ( 76 ) タグの人気記事
Top▲ |
2010年 12月 19日
どちら様ですか? (爆) 第2弾
a0074049_20225632.jpg
先日ハワイの家で 過去のハワイでの写真を整理していたらボンバヘッド時代の写真をまたまた発見
というわけで今日はさくっと「どちら様ですか?写真」の第2弾。サブタイトルは若気の至り
相変わらず小汚い爆発頭時代の私@20代後半。でもこの写真も楽しそうでかなり好きなんよね。ふふふ。

これは当時、レンタカーで水着&短パン姿で海に向かってる時の写真なんだけど
場所とマシーンと髪型こそ変われど現在も バリ滞在時はこんな格好でスクーターに乗って
ドリフ周辺をうろうろしている自分。・・・13~4年前とまったく進歩なしwww
つか、この水着(セパレート) 今でもドリフに常備しているぞw どんだけ物持ちええねん
※・・・というより古いけど捨てきれないものがバリに持ち込まれてドリフで置き服になるという運命・・※


ネイバーでは四駆だけどやっぱオアフではコンバチでしょ?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-19 23:07 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 06日
どちら様ですか?(爆)
a0074049_23114293.jpg
                                        Mar.1997 @ ORD, Chicago, IL

当時、アメリカ経由で中米・カリブ方面に向かう際には乗り継ぎ便の兼ね合いで
アメリカの経由地で1泊・・なんてことも多かったんですが、前もってホテルを事前予約するよりも
空港についてから空港に設置されてるフリーダイヤルで空港近くの宿などに問い合わせて
無料シャトルで向かいトランジットの為の宿にチェックインするというパターンが多かった私。
この時もシカゴのオヘア国際空港で「今からいきまーす。おいくらですか?」と電話してる後姿は
今手元に残る貴重なアフロ時代の小汚い旅行者@私の姿www
腐れ縁友達からは「小汚すぎるしイメージ違うからblogに載せるべきではないww」と大不評。
でも、個人的には この写真大好きなんっす。よ!さすがジブンスキー★

目的地は常夏の場所なので、この上着は機内用に特化した100均レベルのナイロンジャージだし
この時の持ち物(バッグ)も足元に挟んでいる30リットル程度のバックパック1つ。
よくもまぁこんな軽装&軽荷物で3週間とかうろうろできたもんだ・・と若き日の自分に驚きw
今では体力的に無理があったりラクしたい部分も多いし 年齢と共に使える予算は当時より増えたし
急激に発展した情報社会のおかげで 行きたい所に行ってしたいことをするのは昔よりも今の方が
簡単で便利で効率がいいかもしれないけど、その便利な部分はありがたーく享受しつつw
昔のアナログな旅のおもしろさや楽しさや驚きなどは絶対に忘れずにいたいな~と思います。


ちなみにこの写真、機内で寝てて寝起き状態の頭なのでいっそう乱れているアフロなんですが
当時はいわゆるお洒落アフロではなく【旅行中に一番手入れがラクチン】というズボラ目線での
この髪型を愛用中の私でした。だって洗いっぱなし&荒い櫛を通すだけでお手入れはOKだし
寝起きも寝癖でペッタンコになった部分に霧吹きでシュッシュしたらすぐにくるんくるんに戻るし
お呼ばれの時とかは整髪料つけてまとめるだけでふわっと華やかにアレンジできるので
大ぶりのピアスやアクセサリーひとつあれば旅行中のお出かけにはすんごい重宝したんです。
まぁ、この写真で見れば服装も含めて単なる浮浪者なんで説得力ゼロなんですけどねっ!(爆笑)

※ どちら様ですか?的な写真、もう1枚発見されたので爆発頭第二弾は⇒ こちら でw ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-06 23:14 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 06日
思い出のサンフランシスコ   ('03年5月末~6月頭 編 w/ ウ子)
a0074049_22181348.jpg
                                       Jun. 2003 @ St.Helena , CA

'03年5月。冬に猛威をふるったSARSの恐怖冷めあらぬ状態で出発したウ子ちゃんとのメヒコ旅
往路のNW便は日本を出る前に台北からのお客さんも乗せている台湾発の便だったので、機内に
台北中と胸に字の入ったジャージ着用の団体さん(多分何かの試合でアメリカに行く学生達)
が乗り込んでくる姿を見るや否や 無言でささっと風邪感染予防のマスクを着用するウ子www
結局は健康体で戻ってこれたんですけど、到着2日目にしてメヒコの街角にデジカメを忘れ紛失。
その翌日に地下鉄で小銭入れをすられる・・・という多難がウ子ちゃんを襲ったため
デジカメ分も便乗して警察に盗難届けを出しに行く(@保険対策)という体験をしたり
そういう事もあって ウ子ちゃんが居るのに残ってる写真が私のポラロイド日記ぐらいだったり
思い起こせば様々なアクシデントもあった中、ロスカボスを出て最後に向かった経由地は
サンフランシスコでした。ウ子と私共通の知人が住んでいたのでお世話になる気満々。


では、サンフランシスコの思い出というよりもイミグレで一悶着記録を中心にww
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-06 22:28 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 02日
ジジイスキーにたまらん街角 @ '02年 Havana Vieja, Cuba
a0074049_1723119.jpg
                Aug. 2002 @ Havana Vieja , República de Cuba

20代の頃のお気に入りエリアは中米・カリブ地域だったから 当時はそのエリアをふらふらしたけど
その中でも行きたいなと思いつつもなぜかタイミングが合わなかったのがトリニダードトバゴ
キューバ。で、結局キューバには30歳超えてからカンクン経由で何度か行く機会を得たんですが
これは自分にとって初キューバの時の写真。ジジイスキーにはたまらん光景ww

当時の写真日記のスキャンなので画質は悪いですが、PC内に過去旅のデータが残っていて重いので
上海ネタで寄り道したついでに自分都合の気まぐれも兼ねて しばらくバリ関連も含む過去旅の
データ消化に勤めようと思います。だってもう年末だもん。PC内写真も整理整頓大掃除しなきゃw
・・・というわけでCubaでの思い出を記録しておきます。今日の所は初Havanaの時の写真から。



2002年8月末。ハバナ旧市街 (La Havana Vieja)での街角記録です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-02 17:48 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(20)
2010年 10月 15日
なぜか上海・なぜに上海? ~'10年秋・ 弾丸魔都 ダイジェスト~
a0074049_14141116.jpg
♪海を越えたらそこは上海~ どんな未来も楽しんでおくれ~♪
・・と、約半年間に渡るウ子ちゃんの出張を バリの空の下からひっそりと心で見送ったのが今年の4月。

お盆すぎに ウ子ちゃんから 「遊びに来てよ~」って 異国暮らしのストレスによるS.O.Sが入ったんだけど
当方、思いがけず実家のドタバタがあって イタリア旅が延期になったりしていているうちに
ウ子ちゃん任期満了のタイムリミットが近づいてきたよ~。こりゃぁうかうかしてられないぜ、と
勢いに任せてエアが決まったのが9月中旬。ホテルを決めたのが9月後半のイタリアに旅立つ前夜。
魔都上海への弾丸旅は 花都フィレンツェから帰った1週間後。 悠長に下調べなどしている時間はない!
香港や台湾は20代の頃によく行ってたけど、上海は10代の頃に祖父と行ったっきりなので知識ナッシン。
たった2泊3日なのでガイドブック買って煩悩増やしている場合でもない。ゆえにまた無調査での出発
3日目はウ子様 遅番での出勤があり フライトC/I時間まで数時間あるのでソロ活動中の中国語どうする?
いくらなんでもこれではマズいと思って行きの関空で指差しミニの上海版だけ購入。
(結局、ウコちゃんにあげて帰ったので最後のソロ活動中は メモ帳に行き先だけ書いて後は身振り手振り)

上海滞在中にご飯食べたり街歩きしたりする内容や場所などについては
①上海蟹たべたい (高級なのではなく庶民派店でOK) ②時間があれば新幹線に乗って杭州には行きたい
③ 杭州で昔の中国の田舎感を味わえるから上海では租界時代~現代の雰囲気を味わいたい
・・というRQはシッカリ入れて、あとはウ子ちゃんに丸投げでお任せしてしまいました~♪ ウコちゃん謝謝。


というわけで、まずは2泊3日の弾丸上海のダイジェスト?を・・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-10-15 22:38 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(26)
2010年 10月 09日
リゾート地には女子と❤  ('09年 Capri )
a0074049_1522795.jpg
                                                    Sep. '09. Isola di Capri

1つの旅行が終わって次の旅行がはじまったら、店名とか細かい出来事はすぐに忘れがちな性分なので
本来ならば 先週まで居た旅先の記録をしておくべきなんでしょうが、今年は買物以外は何もしなさすぎて
逆に「今年は滞在中に起こった小さな楽しい出来事を忘れようもない」という感じなので
簡単な備忘録を兼ねて 去年の 父のお供旅 の方からさくっとピンポイントで少しずつ消化しておきますw

で、今日記録しておくのは去年の周遊旅の後半に Kちゃんと過ごしたカプリ島。
カプリだったらTop写真は青の洞窟にすべきなんだろうけど、案の定写真プレプレなんで後に掲載します
去年は在欧および配偶者の里がこの方面という友人夫妻3組に案内人としてお世話になったんですけど
フィレンツェ以降の一番ハードな旅程の案内人は 伊人の旦那様の長期里帰りで同時期滞在になったK夫妻。

父は世界遺産目当てなのでカプリ島には用ナシ。青の洞窟ぐらいは行っておこうかな?という感じで
友人の旦那様を案内人にして男2人でナポリに泊まって街を楽しんで、翌日日帰りでカプリ上陸予定。
私は友人と女同士で、カプリ島に滞在するという『男女分かれての別行動』 でた!恒例の自分勝手攻撃w
(っていうか、今思い返すとなんと無茶な旅程。フィレンツェ以降もここ以外にサンジミ・シエナ・アッシジ・ローマ・バチカンを
くまなく回ってるから私ならもっと日数かかってる。父の希望旅程に従ったんだけど、改めてそのタフさを尊敬。)


では、短すぎるカプリ島での1泊2日をざざざっと記録。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-10-09 19:38 | 過去の道楽(たび)
2010年 10月 05日
イタリアからただいま~のご報告と 秋旅メモ。  
a0074049_12445689.jpg
                                              da Piazzale Michelangelo @ Firenze 

昨日、無事にイタリアから帰国しております。フィレンツェではネットが常に繋がってたので
滞在中に現地からブログ更新しようと思ってたのに、すっかりのんびりだらだらしちまっただー。
もちろん感想は「また、行きたい!」やばいよー。本格的にお気に入りに追加の都市だよー。

今回の行程はまず おフランスのニースに渡って 去年ミラノで世話になった舎弟・Y坊夫婦w宅で
去年12月に産まれた長男君のお祝い&没後20年になるY坊の兄上殿の位牌参りでさくっと1泊経過
Y坊実家の大阪にはお墓参りで腐れ縁ヌ達が海外から駆けつける中、なぜか私は関西の端っこから
脱出してわざわざニースでお参りという裏切りっぷりw。でも集まったみなさんとスカイプを通じて
映像で繋がってた当日の大阪とニース。うーん、20年前には考えられなかった文明の進歩やね。

TOP写真は、イタリアに渡ってミケランジェロ広場から見たフィレンツェ市街地の夜景。
夜は出歩きたくなかったんですが、滞在中に仲良くなった現地女子につれてってもらいました
くーっ。これが男子相手じゃないところが「いかにもタイチョ」でござんしょ?www


ではざざっと覚書程度に おおまかな感想を。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-10-05 15:28 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(26)
2010年 09月 23日
Cast not pearls before swine   ('09年 Milano)
a0074049_226453.jpg
                                                  Sep. '09.  Duomo di Milano

学生時代に見たランスのノートルダム大聖堂のステンドグラスの息を飲む感動には及ばずとも
ミラノのドゥオーモのステンドグラスもそれはそれは圧倒的で美しゅうございました。
1枚1枚のモティーフが聖書のエピソードであり、それらが順に描かれているとのことで
中世の一般市民にわかりやすく聖書のストーリーを伝える役目も担っていたようなんですけど、
暗い聖堂の中でまばゆくきらめく美しい光の中に物語を見たら、そりゃぁ~当時の人たちの
聖書の教えに対する畏敬の念とか希望とか信心とかも一層深まるってもんでしょう、と感心。

ステンドグラスは歴史ある洋物も、歴史はまだ浅くとも日本人心をくすぐる和的なものも、
壮大なものも、チープなものも大好きなので しばらく釘付けになっていたんだけれど
私の第一声が「かるたに見えてきた。花札バージョンとかもあったら綺麗くね?」だったらしい。
ステンドグラスは大好きなくせに芸術的感性は ゼロw。ちなみに宗教観はもっとゼロw
ってか ドゥオーモ(大聖堂)と聞くと、どうしても芳村真理のマネで人差し指をアゴにつけて
反射的に「どーもぉー」とやりたくなりません??( いつもの不謹慎、すいません。)

Cast not pearls before swine ・・・マタイ伝より・・・
※ 一般的には Do not cast pearls before swine という諺※
日本語で言えば「豚に真珠」。 それってまさにこの時の私ですやん(苦笑)


では、この時のミラノでの世界遺産観光記録をちょこちょこと。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-09-23 19:37 | 過去の道楽(たび)
2010年 09月 22日
おやくそくw    ('09年 Pisa)
a0074049_18362757.jpg
                                                     Sep.'09. Torre di Pisa

ここでのお約束ショットはこのポーズ。あちこちで「俺が支えるポーズ」をとる観光客の中で
この団体さん、「もうちょっとこっちー!」とか大騒ぎでめっちゃめちゃ楽しそう。
でも一番おもしろかったのが指示を出す撮影係のにーちゃん。すんごい態勢でカメラマン魂炸裂★
・・・よく見たら団体の一番右の黒いタイツの人の体勢もなかなか気合入っててオモロw・・・


ついでにピサでの思い出?を 簡単に記しておきます
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-09-22 21:37 | 過去の道楽(たび)
2010年 09月 21日
旅情     ('09年 Cinque Terre)
a0074049_17363696.jpg
                                                        Sep. '09 @ Manarola

Monterosso al Mare, Vernazza, Corniglia, Manarola, Riomaggiore
世界遺産巡りが目的だったため、5つの村・全部行った父の気合いw どんだけ元気よ。
この日は 案内人の友人夫妻に任せて 私はホテルでのんびり待機しようと思ってたけど
村から村へは海岸線の電車を使うと聞いて「乗り物大好き」の私の心も捕まれたので同行w
崖っぷちのカラフルな町並み、海岸線の"愛の小道"、高台の教会、おとなしい看板にゃんこ、
リゾートっぽい海岸などなど。村ごとに違うフォトジェニックな風景がい~っぱいあったけど、
このエリアで撮った写真で一番気に入ってるのが マナローラの駅で撮った上の写真。

あー旅情やわーwww。そしてこの夫婦の距離感!言葉なき会話が聞こえてきそうじゃ(笑)
ってか、セニョが私にちくちく愚痴られてる時の姿とかぶるんですけどぉーーー!!
いや、ほんとは友好的な状況なのかもしれないですけどねー
いつ来るのかよくわからない電車を待ってる感じも含めて あぁ旅情だなー、と。
そしてこの夫婦は私達夫婦とは違って、絵になるなー、と。


というわけで、ついでにマナローラの雰囲気も。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-09-21 19:15 | 過去の道楽(たび)