※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。


タグ:East Bali - Other area ( 188 ) タグの人気記事
Top▲ |
2016年 08月 17日
Blue Lagoon と Cliff Jump 跡地 へ @ Nusa Ceningan ('16年5月)
f0319208_22231234.jpg
チュニガンのお宿へのチェックイン後、よくわからないまま適当に探検してみた結果
ダイナミックな大地、クリフに打ち付けるワイルドな波、開発されてないゆえの道の悪さ
どれもこれも町の喧騒を離れてのびのびとリフレッシュしに来るには大好物の環境なんですけどw
そりゃーね、美味しいカフェラテも小じゃれた朝食も せめてレンボンガン島まで戻らなきゃ
ないのかもしれんけど、レンボガンまで戻るのもバイクだったら楽勝の距離だし
チュニガン上陸2時間未満とかの時点ですーーっかりこの島が大好きになってしまったぞ。
人が少ないんだけど少ないからゆえにたとえ旅行者同士でもすれ違う時は「ハーイ」って
にこやかに挨拶しあったり、道が悪いゆえに「そこ、気を付けてね」って声を掛けあったり
出会う人みんながにこやかでおだやかでハッピーに見えるのもとても楽しかったんよ。

で、せっかくなのでいわゆる有名な観光ポイントというか見所に行っておこう!と思いまして
次に目指すのは ブルーラグーン13mのクリフジャンプ台のあるところでございます。
お宿からは近いようなんですが、バイク移動は私のバリ滞在中の大きな楽しみのひとつなので
やっぱり3105さんとバイク2ケツでヨロヨロながらもガタガタ道を突っ走りますよーーー。


バイクでの徘徊。次はブルーラグーンへ向かいますお~~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 15日
Nusa Ceningan へ ~バイクで各所徘徊スタート~ ('16年5月)
f0319208_1893914.jpg
この春の訪問によって島内の位置関係や距離感や各エリアの雰囲気がつかめた現在では
レンボンガンとチュニガンの2島をバイクでぐるりと徘徊して途中で昼ご飯たべる程度なら
サヌールからスピードボートで日帰りのプランでも十分可能だと実感できるんですが
やっぱり 次に行く時も最低でも2泊するプランで行きたいなーと思うのは
私自身がサヌール拠点とかではなく カランガセムの東の果てから出発するという事情から
「せっかく行くんだから日帰りは慌ただしい。ゆっくりしたいわ。」という理由もありますけど
とにかく チュニガン島での適当なバイク徘徊が思ってた以上に楽しかったからなんです。
そりゃ~ 初回だったからこその驚きや新鮮味も含めてのことなのでバイク徘徊だけが目的なら
次回は長居する必要はないんだろうけど、思っていた以上にこの島のゆるゆるさに魅せられて
次に来たらこの時間帯にここに訪問したいな、とか またあのおばちゃんたちと井戸端会議したいな
とか アクティビティに参加するのもいいなとかそんな風に思えたから、やっぱ次も泊りで行きたいや。

ちうわけで、本日は3105さんとのおでかけ2日目のお昼すぎにチュニガン島に渡ってから
なんだかんだでブルーラグーンを目指すまでの島内バイク徘徊記録を残しておきます。
(こちらも初の徘徊につき記憶が曖昧なことや間違って覚えてることなどがあると思うので
位置関係等、明らかに「これ違うよ」ってことがありましたらビシバシご指摘くださいませ)


黄色い橋の向こう側での1泊2日がはじまりまーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 13日
Nusa Lembongan バイクで徘徊 各ビーチ中心で。~ざっくり地図付~(’16年5月)
f0319208_1733170.jpg
Nusa Lembonganへ行ったら、シュノーケル、ダイビング、サーフィン、
セイリング、フィッシング、マングローブツアーなどなどの海のアクティビティが盛りだくさん。
(遠浅なのでシュノーケルもダイビングもボートエントリーになるみたいなんですけどね。)
でも、この春の私達の上陸目的は「レンボンガンとチュニガンをバイクで徘徊する」というもので
まぁ小さな島だから迷子になることはなかろうけど、初めて通る道で新鮮な気分を味わいたくて
初日の宿で地図を写真に撮ってデータ保存し、各観光ポイントの位置関係を確認したぐらいで
「気に入ったらまた行くだろうからその時に目的別にいろいろ調べていけばいいよね~」って
今回は見どころとか観光ポイントとか楽しそうなアクティビティとかは調べてなかったんです。

なので、せっかくレンボンガンまで行ったのに人気アクティビティなどには参加してないんですけど
次に来るときの為に、一応一通り地理や行き方は把握しておこうと思いまして
Villa Chantique(※詳細は その1その2 ※)をチェックアウトして2泊目のチュニガンの宿に
チェックインするまでの約2時間弱の間と、3泊目の朝の1時間ほどのバイク徘徊時間に
スマホカメラに撮った地図のデータを見ながら いくつかのビーチに寄ってみましたの。
ちうわけで、本日はレンボンガン島内・バイク徘徊時の海方面の様子をメモっておこうと思います。
なにぶん、下調べほぼ無し&島内徘徊が初めて(しかもバイク運転しつつ)だったので
詳細をよく覚えてなくて勘違いしていることや、無知からくる間違った表記があるかもしれません。
基本的には自分が過ごした時間の備忘録ですが 次の機会の為の復習兼心構えにもなるので
「これ、明らかに間違ってるよ」とかお気づきの点がありましたらサイドバーのメールからでも
どこか開いてる記事のコメ欄からでもご指摘いただければとーってもありがたいです。
(※同じレンボンガン島内でも、初日夕方のJungut Batu方面徘徊は ⇒こちら で※)


またまたひたすらダラダラと長い備忘録です。すいません。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-13 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 11日
Panorama Bar & Restaurant @ Jungut Batu, Lembongan ('16年5月)
f0319208_21534795.jpg
Jungut Batuの村を一通りふらーっとバイクで徘徊してみたものの
何1つ調べてこなかったもんだから結局夕食のテイクアウトをどこですべきか決めかねて
宿まで戻るちょっと手前にあるパノラマレストランで慌てて調達する羽目になりましてんw
お部屋への帰り道。お店の前にさしかかったのが日の入りより50分ほど前の17:20頃。
テイクアウトするメニューを選んで出来上がりを待つ間にレストランの海が見えるテーブルから
サンセットちょい前の風景を鑑賞したので、その時の様子やレストランの雰囲気
そしてお部屋に戻ってから食べた料理のことなどをまとめてメモっておこうと思います。


レンボガンのパノラマポイントに建つパノラマレストランからの夕景です
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-11 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 09日
Jungut Batu方面をバイクで徘徊する@ Nusa Lembongan ('16年5月)
f0319208_1132259.jpg
レンボガン島到着日。一旦ヴィラから出かけてThe Deckで甘いもの休憩(※こちら参照)の後
夕食のテイクアウト目的でJungut Batu界隈までバイクでプチ徘徊してみました。
バイクの駐輪所が丘の上だったので、チェックインの時にスタッフに連れてきてもらった道を
船着き場方面に向けてさらっと流した後 船着き場より北側のお店などが多めの地域をまわり
どんなお店があるかなどをチェックしつつ気になったところに入ってみることになりました。

丘の上からとはいえ同じJungut batu村内の移動なので、車道の一番北まで行っても3キロ程
の距離で、ぐるりと内側の道もまわりつつの往復で全長7キロ未満のおでかけだったから
通り過ぎるだけなら20分で行って帰って来れるような範囲なんですが、途中でアイス休憩したり
夕食用の持ち帰りをオーダーしたりしていたので結局は1時間20分ほどの徘徊となったので
また次回行く時に村の雰囲気を思い出すためにも その時の様子をメモっておこうと思います。


Jungut Batuの メインストリート的な通りの記録をだらだらと。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 06日
The Deck Cafe &Bar @ Jungut Batu, Lembongan ('16年5月)
f0319208_226785.jpg
Villa Chantique滞在中の1泊2日という短い時間の中で2回も行ってしまったのが
(※滞在したVilla Chantiqueの記録は 直前トピの ⇒ その1 / その2 を参照※)
ヴィラのある丘中腹から海の前まで階段を降りたところにあるこちらのカフェ@ The Deck
Villa Batu Karangに併設のカフェバー&レストランとのことでバトゥカランの一番海側にあります。
私達が滞在していたヴィラからも、海までの階段を降りればすぐの距離だったので
日中はせっかくのこの景色とカフェの雰囲気を楽しむために午後の甘いもの休憩で訪問してみて
もしもデリバリーをしていたら夕食は部屋まで届けてもらうつもりだったんですけど
配達不可とのことで 翌朝は朝食をここでテイクアウトして部屋で食べることになりました。
海に突き出して浮かぶような造りで 田舎の島にしてはなかなかお洒落空間になってるんで
朝ごはんをこのカフェ内で食べるのも相当気持ちよさそうだったんですけど
やっぱりあの居心地がいい部屋でぐうたらしながら食べる誘惑には勝てずブンクス決定★
というわけで、本日はThe Deck Cafe & Barの記録です。


到着日午後の甘いもの休憩と翌日の朝食テイクアウト、続けてメモって行きます。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 04日
Villa Chantique ~その2~ @ Jungut Batu, Lembonban ('16年5月)
f0319208_23371698.jpg
レンボガン島へ渡ってすぐにチェックインしたJungut Batuの丘の斜面に建つヴィラ。
ひしめくヴィラ群のエリア内にある小さな1Bed Room Villaだけど、コンパクトな空間だからこそ
自分の家のように寛げたVilla Chantique(お部屋や設備については⇒直前のトピで)

たまたま到着日の1泊だけ空いてたという偶然でこのヴィラに引き寄せられてしまったおかげで
予定よりも宿代が予算オーバーになったこともあって、「せっかくだからヴィラ滞在を堪能せねば!」
という貧乏性炸裂で 夕方と朝に買い出しにでかけていた以外はほぼひきこもりだったので
今日は、私達が滞在中のほとんどの時間を過ごしたテラススペースでの様子や
朝・昼・夜とそれぞれの時間帯にそれぞれの気持ちよさがあるテラスからの眺めや
ヴィラ内でできること、滞在時点でのヴィラのサービス内容などを記録しておこうと思います。


Villa Chantique で過ごした時間それぞれの風景などをまとめてどうぞー。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 08月 02日
Villa Chantique ~その1~@ Jungut Batu, Nusa Lembongan ('16年5月)
f0319208_21444736.jpg
'16年5月。レンボガン島に到着した1泊目に予約したのはVilla Chantiqueという宿でした。

もともとはチュニガンに2泊するつもりで、しかもなるべく予算控えめで楽しむつもりでしたが
たまたまこの宿をみつけてロックオンされた上に、前後の日は予約で埋まっていたのに
たまたまレンボガンに到着する日だけ1泊空いていたのでこりゃ泊まるしかねーな、と即決。
1泊だけの滞在でしたが、島に到着後すぐチェックイン出来て翌日のチェックアウト時間までは
合計2時間ちょい程外出しただけで食事もテイクアウトで対応したので思ったほど慌ただしくなく
ヴィラそのものもかゆいところに手が届く十分な設備で どの時間帯の眺めもすばらしかったから
たった1泊だけの割にはお部屋での滞在をリラックスして満喫できたかと思います。

で、本日はこのヴィラの立地とかお部屋の設備などハード面をざざっとメモっておいて
次のトピで 私達がどのように過ごしたかや各時間帯での眺めやサービス内容など
2トピに渡って滞在中のメモリーを記録していこうと思います。


Jungut Batuの丘の中腹に位置する1ベッドルームヴィラです。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 07月 31日
パブリックスピードボートで行くレンボンガン島 ~往復まとめて~ ('16年5月)
f0319208_20432346.jpg
このトピが投稿される頃には秋バリの出発まで1か月を切っているのに
春バリ記録はまだ南部とウブドのハツモノネタしか終わってなくて けっこう焦ってるんですが
ロビナやアメッドなどでの春のハツモノ記録は秋バリ以降にまとめて後回しにすることにして
残りの約4週間で、春のレンボンガンとチュニガンでのメモリーだけは仕上げておこうと思います。

レンボンガン島に行くことじたいが私にとって20年以上ぶりのことだったし
当時もどこかに泊まったわけではなく日中は島のビーチ設備でのんびりしたりシュノーケルをする
日帰りクルーズ的なものに数回参加しただけだったので、当時とは比べ物にならないほど
宿が増え道路も舗装されてそこそこ開発されたレンボンガン島はもはや初めて行く場所も同然。
今回、本当に行きたかった場所はチュニガン島の方なんだけどチュニガンに行くにしても
東部・パダンバイやペシンガハンからペニダに渡ってそこから船を乗り継ぐのは大変面倒なので
(※ 以前はあったのですが現在はパダンバイからレンボンガンへの高速艇は不定期運航らしい※)
まずはサヌールから高速艇でレンボンガンを目指し、そこからバイク移動することになりました。
レンボガンまでの高速艇は数多くの会社から出ていますが、たいていは【バリ南部のホテルから
船着き場までの往復・およびレンボガン島内のホテルまでの往復の送迎もついていくら】という
料金設定になってて、よく覚えてないけど往復45ドル~65ドルとかそんな感じだったかと思う。
1日に数本ある会社もあるけどけど 安めのところは1日1便しかなかったりもするので、
当日アメッドからサヌールに直接行く私達には船着き場までの往復送迎もいらないし、
あまり早い時間の出発も困るから どこの会社のスピードボートに乗るか散々迷った挙句
片道175,000ルピアでお昼頃にも便のあるパブリックスピードボートで行くことになりました。
ちうわけで、本日はパブリックスピードボートの諸々を往復分まとめて記録しておきます。


要らん日記的記述込みで往復一気に記録するんでめっちゃ長くなります
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-07-31 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2016年 06月 13日
East Bali Cashews Factory へ @ Ban, Kubu, Karangasem ('16年5月編)
f0319208_20592621.jpg
ブログを始めるずっと前から、ウブドのブラワンギの工房だったり
チュチュカンの鳥毛先生の工房だったり,ジャスリのセンセイシャの工房だったり
どちらかといえばお店に行くより工房で商品を買う派だったんですけど
それは、安いものやアウトレット品目当てというよりも単に工場見学が好きで
その傾向は今でも変わらないようで、何かにつけて「工場どこやろ?」って
まずファクトリーの場所をチェックしてしまうという癖がございます。
それが特に、東部に工房があるとなれば アメッド滞在中の暇な時をみつけて
ぷいーんとバイクで行ってしまうのはもう止められないサガのようなもの。

はるららお義母様に聞いて初めて行った'09年秋のAlam Zempol
東部の情報誌で存在は知ってたものの場所が分からず悶々としていた時に
Sergeさんの案内で辿り着けた'10年春のIslamd MystikとChocolate Factory
センセイシャもそうだけど、初めて行った時は看板すらなかった頃だったから
初回訪問時に既に行き先案内看板が出てた'15年春のUforia Chocolate
今思えばかなりわかりやすかったなー・・といろいろ思い返してみたり。

で、今回の東部での工場訪問は満を持してのEast Bali Cashews Factory
Desa Banにあるというのは知っていたんだけど、カランガセムでも山の方だろうし
アメッドからはめっちゃ遠いと思ってたんです。ところが、ロビナからの帰り道
バン方面へ行く道路標識みつけちゃったんで「あれ?思ってたより近いかも?」と。
で、グーグル地図先生で経路検索してみたらうちから1時間3分と出たw
こりゃー、行ってみるしかないでしょ。 ちうわけで この春の工場訪問はここに決定。


東部にあるイーストバリカシューズの工場へいってみよー!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-06-13 23:55 | bali & indonesia | Trackback