※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。


タグ:East Bali - Other area ( 188 ) タグの人気記事
Top▲ |
2007年 06月 14日
スクープ!おイタな奥様 @ Seraya Shores
a0074049_16452557.jpg
こんばんにゃ。梅雨入りの地元からプチ脱出してますが更新は毎日する予定のタイチョです。

というわけで、本日もお宿拝見ネタを・・・。
GWにご夫婦で東部滞在予定のうるんちゃんから「ついでがあったら見てきて~」の
偵察指令。アメドから、時計回りにアンラプラにいく時 まさについでがあったので
個人的にもちょっとワクワクしながら Seraya Shores に立ち寄った、曇り空の3月某日。
前日までの雨で、スラヤ付近の山道も洪水ポイント多し!

このお宿も、この日はゲスト0で 雨よけの為各バンガローはすべて簾が下りており
レストランのダイニングセットもデッキチェアのシートも屋根の下に避難中
そんな中、気のきくスタッフ・SASA君は、各部屋でいちいち簾を上げてくれたり
いろいろ楽しいお話をしてくれながら快く案内してくれましてん。
今日はその時の写真を中心に、スラヤショアーズのご紹介をしたいと思うべな~

で、それなら普通はパブリックプールの写真をトップに使うだろ!と突っ込まれそうですが
敢えて、ここでの一番の思い出ショットをトップに使わせていただきましたわ(爆)
「ねぇねぇタイチョ、タイチョは運動しないのにどうして腕が筋肉もりもりなの?」
「サイケ頭巾ちゃん、それはね、いざという時セニョ~ルを殴るために鍛えているからよ」
・・・とそんな赤頭巾の童話もどきの鬼嫁伝説会話も聞こえてきそうなこのトップ写真
何をしているショットかは、後程 お部屋ご案内の時にご説明させていただくっちゃ。

**・・で、実際にGWに宿泊したうるんちゃんの、この記事にTBズッキューン!!**>

すいません。また写真だらけです~!!!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-06-14 19:16 | bali & indonesia | Trackback | Comments(18)
2007年 06月 13日
きらきらしていなかった 曇り空の AMAN KILA
a0074049_21424423.jpg
こんばんにゃ。エキサイトさん不具合に負けず今日も1日1投稿がんばるタイチョです。

今日はほんとは別のホテルネタを用意してたんですが、写真があまりにも多いため
消えたときのリスクを考えるとどうしても「投稿」を押せず(笑)こっちに差し替えまーす。

渡バリ時恒例の『キラ茶』(アマンキラでお茶すること) 過去記事は→ コチラ
今回は、StyさんPちゃんと3人で襲撃~。
この日は天気がピーカンではなかったのでいつものようにキラキラしてないんですけど
でもやっぱ、ここから見る景色は思い入れも込みで、格別だべ。

そんじゃ、曇り空のアマンキラに突撃です~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-06-13 22:55 | bali & indonesia | Trackback | Comments(10)
2007年 06月 10日
UBUDで Net ! Net !! Net !!! そして AMLAPURAでも Net!
a0074049_3195422.jpg
こんばんにゃ。今日はお出かけ先で衝動買い。無駄遣い癖が抜けない困ったタイチョです。

みなさんは、旅先にラップトップを持参されますか?
私は、バリ以外は大抵持って行きません。でもバリ滞在時は、長くなる場合が多いので
ドリフで暇つぶしの為、DVD見たり、日記のようなものをつけてみたり
写真の整理をしたり・・・と電話回線に繋ぐことない利用価値もあるので持って行きます。
この前の渡航は、期間が長かったので たまに回線に繋いでスパムメールを削除しなくては・・
と思っていたのにPCがゴキゲン斜め。結果、いろんなネットカフェに大変お世話になりました。

'07年12月~'08年3月の滞在時時点で、接続料金も安い所からバカ高い所まで様々ですが
東部のブロードバンド不対応のネトカフェでのんびりのんびりページが開くのを待つストレス
と比べれば、多少高くてもサクサク繋がって、作業できる環境は非常にありがたい!!

本日は、そんなviajeraさんが今回ウブドで、特にお世話になった3軒のご紹介と
低速ではありますが私の心強い味方となってくれたアンラプラのネットカフェのお話を・・・・

がんばるバリのネット通信事情!!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-06-10 20:47 | bali & indonesia | Trackback | Comments(14)
2007年 06月 09日
ガベンの行列 @ SIBETAN (ドガログ付)
a0074049_19101669.jpg
こんばんにゃ。ちょっと食ネタ続きすぎて当時の胃もたれを思い出してしまったタイチョです。

バリ滞在の楽しみ方は千差万別・十人十色・・・というわけで今日は田舎ネタを・・。
ドリフ以降、「ローカルっぽいのはもう飽きた~」とわがままぶっこいていたviajeraさんも
今年は、初心に帰ってドリフのご近所づきあいやローカル行事も楽しもうと決意。

そんな意を知ってか知らずかこの3月後半~4月後半にかけては
ウパチャラ・セレモニーラッシュ。お邪魔した先は数知れず。
今日は、その中でも特に印象的だったSIBETANでのガベンのお話を・・・・

俺ですら、思いのほか楽しんだある日の午後のお話・・・・
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-06-09 19:21 | bali & indonesia | Trackback | Comments(14)
2007年 03月 02日
なつかしのワルンの味を振り返ってみる
a0074049_17111833.jpg
こんばんわ。ここんとこローカル食ネタが続いているタイチョです。

またものすごーく個人的なトピになるのですが、「俺的・なつかしのワルンの味」と
勝手に題して、昨日のナシアヤムクデワタンに続き
かなり昔によく食べてたはずなのに暫くご無沙汰で、去年久々に行ってみた・・・なんていう
ワルンを西から1軒と 東から1軒 ご紹介したいと思います。

でも2軒ともそこを目的に行ったわけではなく、去年たまたまそこに寄る機会に遭遇した
というだけなんですけど、それも何かの因果。何かの縁。
ウブドのイブオカやナシアヤムクデワタンのように大人気店・超有名店ってわけではないけど
お店がいろいろ変わっていくバリで、もちろん少しずつ綺麗に改装はされてても
20世紀の頃(笑)と変わらず、今ものーんびりマイペースで営業しつづけてる感じが 
懐かしいなぁ~というかちょっと感慨深かったりして・・・。

では、まずチャングーのワルンにまつわるえとせとらから。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-03-02 20:33 | bali & indonesia | Trackback | Comments(18)
2007年 02月 11日
いきあたりばったりの寄り道 @ティルタガンガ→チャンディダサ
a0074049_15332442.jpg
こんにちは。今夜も夕食会なのでお迎えが来るまでにUPしちゃえ大作戦。
さて、12月のバリ旅ですがウブド滞在時の記事にしようかな?と思ってたのですが
うっかり、踊りの動画削除してしもたぁ~ショーック!ってことで超ブルー。
でも 負けない私は気を取り直して、ランダムに臨機応変に別記事で。

滞在中のとある日、セニョールとセニョーラは、クサンバ方面を目指して夕方にドリフを出発。
何故か私達2人が揃ってお出かけする場合、目的地にたどり着くまでに少なくとも3箇所には
寄り道してしまうという『寄り道夫婦のサガ』はこの日もいかんなく発揮。
だけどこの日は寄り道をしたため、予定の時間が大幅に遅れたおかげで
チャンディダサで、雨季特有のこんな美しい夕景を見ることができました。

夕景だけの記事ってのも何なので:笑:ついでにこの日の寄り道箇所を記録しておきます

ではまずティルタガンガにて~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-02-11 17:19 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
2006年 11月 06日
View points ~from Amed to Amlapura~
クサンバまでのバイパスが開通したおかげで、南部からとっても近くなった
チャンディダサですが、おかげでチャンディードリフ間の距離感が一層遠くなったように
感じた9月の渡バリ。夜中ならともかくお昼間はやっぱり1時間以上はかかってしまう。
しかも途中でアンラプラのHardy'sティルタガンガの風景、そしてアバンの
ライステラス
、アメッド手前で見るアグン山
絶景写真ポイントや寄り道ポイントは多いから更にロスタイム。

帰国日、大抵の場合はドリフの片づけで夕方までジタバタしていますが
南部でやり残したことや友人・知人に会う予定があるときは早めに出発して
慣れ親しんだview pointに see you の挨拶をしてから南部へ向かいます。

a0074049_14492941.jpgここはculik-amed間の一本道。
ドリフからamed入り口への
海沿いの山道から見る
アグン山も相当美しいですが
この場から見る山は本当に素敵
特に好きなのは遅~い午後、
太陽の光が山の裏から射して
「裏富士」ならぬ「裏アグン」状態
とーっても幻想的な姿に!
(この写真はもっと早い時間)
この先の道沿いには小川?(溝?)があって村人がマンディーしてたりします。
以前、友人と「マンディーロード占い」というのを勝手に考案して
ここを通ったときに老人ばっかりだったら「今日の運勢はしょんぼり」
若者もりだくさんだったら「今日はラッキー」とか言って楽しんだりもしてました:笑:

そして、チュリックを超えてアバンに入りしばらくすると見えてくるのがこのライステラス
a0074049_13244319.jpg
View Point はいくつかありますが、一番好きなのはぐねぐね山道の上で右手遠くに
うっすら海が見えるポイントかな?その山道は随分前に何かのセレモニーで
歩いて降りたことがあるのですが、夕暮れにはしゃいで先頭で降りた私たちが
ライステラスの山側を見上げた時、山道に沿って行列で降りてくる人々が、
まさに山に隠れようとしてる夕陽の逆光を浴びて、それはそれは素敵な光景でした。
(上の写真はその場所ではないんですけどね)

そしてティルタガンガに入ると、棚田というよりもライスフィールドに近いかな?
でもちゃんと段々にもなってます。時間があれば、タマンティルタガンガ観光?も
いいですが、道すがら田んぼを見渡すだけでも気持ちいいです。

a0074049_13273420.jpg


私は車酔いっ子なので、ここまでの行程はかなり酔うポイントなのですが
ここまでは大声で歌うたったりしながら気を紛らわせておいて
このあと、アンラプラに入る頃に爆睡タイムに突入するのが日頃のパターン。
じつは、気の抜けた頃通過するアンラプラーチャンディダサの山道が
個人的に一番車酔いポイントでもあるからです、、、。
南部に着いたら、運転手に起こしてもらうのですが
いつも気まぐれな私の寄り道や急な道変更でかなーりこき使っている運転手なので
(しかも契約金なし・気分次第でチップのみ:爆:)
彼ら地元っ子が大好きなサテカンビン屋でおごってやることにするかー、、と
ちょっと寄り道したりもします。(たいてい、私は食べませんが。)
ではこの場を借りて、ついでにそのサテカンビン屋をご紹介しまーす。

ローカルご用達のワルンとは?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-06 02:14 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(20)
2006年 11月 01日
Mission POSSIBLE~チャンディのお宿偵察編 最終章~
a0074049_7564253.jpg本日ご紹介するのは
東部プール競演記事で
最後までUPしていなかったあのお宿
エントリーNo.C4
「Candi Beach Cottages」
ここ チャンディ ビーチコテージは
マヤウブドやレギャンビーチホテルの
姉妹ホテルなのです。
ばりばりちゃんうるんちゃんからのMission(お宿偵察)の条件は
①50部屋くらいの規模で税サ朝食込みUS60$ぐらいの宿
②海の前にあってプールやパブリックエリアが気持ちいい宿
③お部屋は豪華でなくてもいいから清潔な宿
、、というわけでこのホテル、公式サイト上は少しだけ予算オーバーなのですが
このサイトで見たらディスカウントレートが60US$以下!
上記の条件下では「お薦め度・俺的 総合点で1位」に輝いてしまった:笑:

**そして本日、ばりばりちゃんのレポがこのお宿の部分まで辿り着いたので
プールの記事にTB!! 実際に彼女が泊まったレポなので貴重~。**

a0074049_8425210.jpg設備面のことは
今後数回に分けてレポがあると思うので
「ばりちゅう」を読んでいただくとして
敷地内がちゃんと手入れされてあり
2箇所の、表情の違うプールがあり
そこそこゲストも寛いでいて
それでいてプール周りは混んでない
流れてる空気感がとてもいいの。
a0074049_8475148.jpga0074049_8484388.jpg
2つの気持ちよさそ過ぎるプールについてはばりばりちゃんのレポの写真には
とうていかなわないので私が撮ったイメージダウン写真よりもそちらを見ていただくとして
このホテルには狭いけどビーチもあってそれを臨む場所にレストランのテラス席。
あーここで朝ごはん、味は期待できないだろうけど気持ち良さそう♪

a0074049_8525741.jpgそりゃ、以前UPしたラマチャンディダサ
オサレレストラン&プールは素敵だよ
でもこっちの方が総合点1位のワケは
こののんびり感(余裕ってゆうのかな?)
そしてお部屋もこっちの方が気に入ったし
なんといってもスタッフの良さ。
とにかくすべてのスタッフがイキイキしてる
しかもおもしろいんだけどウザくない!
プールのサンケンバーのスタッフも、お掃除のスタッフも、レセプションのスタッフも
レストランのスタッフも、もちろん案内してくれたスタッフも、み~んな感じよかったの。
だから見学の時間中とっても楽しかった。(スタッフの制服はどうかと思ったけど:爆:)
ここに来る機会を与えてくれたばりばりちゃんに感謝しちゃった。ほんとにありがとう。

で、肝心のお部屋はといいますと、やはり姉妹ホテルの雰囲気に似てる~
建物は昔からあるものだから「え?ここセガラヴィレッジ(@サヌール)の低カテ?」って
いうような垢抜けない外観を持ってますが、掃除が行き届いてて清潔感はたっぷり。

では、お部屋へドーゾ
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-01 10:06 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(12)
2006年 10月 22日
Mission POSSIBLE ~チャンディのお宿偵察編 その3~
a0074049_2334851.jpg先日より東部プール競演
種明かし編となっておりますが
その中でも超・経済的な
C7/C8/C9のご紹介を!
確かにお部屋は「ロスメン」状態
その点はお薦めできませんが
このC7のプールは、
小さいながらもとてもきれい☆
(お部屋もお薦めできるC4の
紹介は もうちょっと待ってね)

本日の3軒はチャンディの中心部・海側にあってプールのあるエコノミー宿
という条件で、チャンディダサ中心部で聞き込み調査をした結果偵察に入ったお宿です。
エコノミーの基準は、ディスカウントレートが20~35US$程度が目安で。
だからお部屋の設備に期待しちゃぁノンノン(人差し指振りながら)です:笑:

a0074049_2525339.jpgまずC7は「The Grand Natia」
公式サイトはなさそうなのでコチラをご参考に!

←この看板?が目印。
メイン通り沿いにここのレストランがあり
その奥、海に向かって細長い敷地にお部屋が並びます
そして海に突き当たったところに上記のプールと
その横にゲストの朝食用ダイニングがあります
この朝食スペースがなんとも心地良さそうでした↓
a0074049_2575649.jpga0074049_333998.jpg
a0074049_2485292.jpga0074049_2493568.jpg
たしかにお部屋はパッとしない。しかも公示料金60ドルって高すぎねー?
だけどネットレートだと税サ朝食込みで29ドルって何よそれ?安かねー?
いいところを挙げれば 街の中心部にあって便利。しかもプールが清潔で気持ちいい。
通り側にもレストランがあるけどゲストの朝食はプール横にダイニングエリアがあるし
例えば、東部のもっと奥地へ行く場合の通過地点・休憩地点としての1泊にするには
使えないことはないと思うの。(ただし、このロスメンっぽい部屋とバスでよければ。)
実際、この時は満室で、つい数十分前にチェックアウトしたお部屋が1つだけあって
そこを見せてもらったのでした。

そして以後、C8 C9 と続きますが、お部屋は相当汚いので
ロスメンとか苦手な人は見ないほうがよろしいかも、、、:笑:

では怖いもの見たさでC8とC9もどうぞ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-22 04:49 | bali & indonesia | Trackback | Comments(8)
2006年 10月 21日
Mission POSSIBLE ~チャンディのお宿偵察編 その2~
a0074049_3573117.jpg
さて、今日は 今見てみるとなかなか品があって落ち着いていて悪くないんだけど
何故かこの時私の心の琴線に触れなかったこのホテルのご紹介を~。
先日も触れましたが、今回の依頼の条件で予算があてはまらず
公示料金が60ドル以上なので、どこまでディスカウント交渉ができるかを目標に
乗り込んだ3軒のお宿のうちの一つ。そして東部プール競演でC3にエントリーしたお宿。
Puri bagus Villas & Spa Candidasa (通称:プリバグースチャンディダサ)

a0074049_4134257.jpga0074049_41585.jpg
今思うと、ここのプールもかなーり気持ち良さそうなんだけど、
この直前に ばりばりちゃんに選ばれたC4C5のラマチャンディダサなど、
ここより随分お安い価格で気持ちよさげなプールを見た直後だったから
不当な評価を下してしまったのかな。

いやいや、実は写真には写してないけど、パブリックエリアの端っこというか
ホテルの入り口から駐車場のスペース海側に、キッズ用の遊び場がありましてね
カラフルなプラスチックの滑り台とかがにぎやかにおいてあるわけですよ。
その3軒(C3/C4/C5)の中では一番お部屋や建物には品があるというのに
いきなりそれが目に入ってなんだかげーんなりしてしまったのが不当な評価の原因。
いや、多分 以前Bagus Jatiで 笑うしかないようなひどい目にあってから
BAGUS系を避けたい私の本能がそう思わせたのかも!(多分そのトラウマが一番)

では、お部屋の方に、ご案内しましょう

意外と品があるお部屋
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-21 02:54 | bali & indonesia | Trackback | Comments(8)