※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。


タグ:Central Bali ( 278 ) タグの人気記事
Top▲ |
2007年 02月 09日
モニター体験の幸運@IBAH ~パブリックエリアを楽しむ編~
a0074049_2205324.jpg
こんばんわー。
憧れのプー生活1週間を過ぎましたが、お疲れパーティー続きで 単に正月が1ヶ月遅れてきた・・
というだけの気がしないでもない俺っす。こんなに遊び呆けててよいのか?!・・でもシアワセ~・・

さて12月、CIB様様にモニター泊させていただいたイバ。**モニターレポートはこちら**
前回の、お部屋で過ごすに引き続き、今日は 『パブリックエリアを楽しむ』と題しまして
プール・レストラン・ティーハウス・スパ・などなどのご紹介をさせていただきます。

**そしてまたまたひなちゃんのIBAHのプール記事にTBズッキューン!!**

ではまず名物の洞窟プールからどうぞ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-02-09 00:48 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(16)
2007年 02月 07日
モニター体験の幸運@ IBAH ~お部屋で過ごす編~
a0074049_1454438.jpg
12月のバリ旅のお話、ランダムですが続けます。
今日はどの部分のレポにしよっかなーと迷ってたんですが、先月末にCIBさん
モニターレポートがUPされたので便乗して今日から数回はこのお宿のお話でも。
**りか&りっちゃん、ごめ~ん!写真整理がまだなので、クラブレギャンはもう少し待ってね~**

出発前の計画段階で「ブルガリをチェックアウトした後、そのままドリフへ戻るにはギャップが大きすぎる~。
ウブドあたりで1クッションおいてから田舎暮らしに戻らなきゃ・・」なんて考えてる所に舞込んだ
CIBさんのIBAH宿泊モニター募集のお知らせ。
IBAHは過去3回お泊りしてるけど、近年は新しい所にかまけてすっかりご無沙汰してたし
セニョールは近代的なホテルやヴィラよりもバリっぽさムンムンのスモールホテルが好きなので
こりゃ応募しておくかーってはりきって応募したら当選しちゃったべ。
きゃぁ~CIBさん、ありがとー!ってわけで『夫婦de IBAH泊』となりましたの。

**そして当選つながりということで(同じホテルだしね)、初バリでGAの宿泊券に当選して
ここのプールヴィラに泊まったひなちゃんのこの記事にTBズキューン!!**

** そして'08 8月にリピート泊された ベッティーナさんのお部屋レポ もご参照あれ~!**

それよりも、え?viajeraさんがIBAHとは意外な選択って?! はいそうですね(爆)
確かにコテコテのインドネシア的・バリ的なものは苦手だし(というか飽きてるだけなんですが)
WildLifeはドリフで十分なので、できれば新しくて便利・快適・虫なしのお宿を選びたいお年頃。
でもねー、せっかくUbudだからウブドっぽさは外せないし、やっぱりIBAHは立地もいいし
怖いバリ絵画とか飾ってないし、安心感があって好きなホテルには違いないのよね~
だから、新しいところにかまけて忘れかけてたIBAHの良さを再発見するためにも
今回はどのお部屋にアサインされるんだろう・・・ってワクワクしながらのチェックイン。
お宿の情報や感想はCIBさんに掲載されてあるのでブログでは写真を中心に
細かい情報・どうでもいい情報(!?)などを数回にわけて掲載していこうと思ってます。

宿泊レポートはこちらの→モニターレポートをチェケナー!(CIBさん、ありがとうございます)

本日は「お部屋で過ごす編」になりま~す
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-02-07 00:05 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(14)
2007年 01月 06日
SPA ALILA を買いに ~アリラ ウブドの巻~
a0074049_1275674.jpg
今回はランダムUP宣言したものの、あまりにもランダムすぎてすみません
(写真をね、ちゃーんと整理する余裕がないのよぉ~)

先日Pちゃんにお土産でもらったSPA ALILAのコーヒースクラブを気に入ってしまって
今回は職場の女子達へのお土産はここのプロダクツにしよう!と決意。
近年ではIntiの製品をお土産にするパターンが多かったのでそろそろ違うものを
見つけたかったのよね~!
Pちゃんが買ったのはマンギスの方だったので「じゃ、ワタシはウブドの方を見てくるね」
ってことに落ち着いたものの、ウブドでもホテルでだら~っとしてしまい、
行くタイミングを逃していたワタシ。そんな時、遊びに来てくれたイブMをそそのかして
イブM号でALILA UBUD までレッツゴー!(イブM~重ね重ねありがとー♡)

**そして、PちゃんのSPA ALILA を買いに にTBずっきゅーん!**

a0074049_1371625.jpga0074049_1375589.jpg
a0074049_141949.jpg着いてみてびーっくり!
以前はなんだかがらーんとしていた
スパの受付がこーんなオサレな空間に!
しかも思ってたよりも種類がいっぱい♡
座り込んですべての種類をチョバる私達。
いやぁーこういうの楽しいぞー。
お土産買うつもりが自分のものを選ぶのに
夢中でございました:笑:
a0074049_1462393.jpg←こんな
携帯サイズのセットもあって
誰に何をあげようか迷うのも楽しい♪
ここのプロダクツは、パッケージが
とってもシンプルなのに安っぽすぎず
上手くいえないけど
例えば洗面所に置いた時とかも
見た目が他のものと喧嘩しなくて
とってもいい感じ。
想像以上に トータルでボディケアできるいろんなプロダクツが揃ってました。
ローション、ミルク、ボディクリーム、フェイスウォッシュ、リップバーム、サンスクリーン
アロマオイル、お顔にもボディにも使えるスプリッツ、そして虫除けスプレーまで!
スクラブはボディー用、フェイス用、膝や足用など用途に合わせて数種類あって迷う~。
(そして現在スクーター焼けのワタシ。アフターサンジェルは帰国後も大活躍中です。)

入るなり真剣に見すぎて疲れたのでここでお茶をいただきました(笑)↓
a0074049_282034.jpga0074049_2215171.jpg
無事に大量のお土産も決まって、代金を計算していただいている間
やっぱここいっとくべきでしょー??ってことで向かった先は、、、、、。

もちろんココに来たからにはコレでしょう!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-01-06 02:51 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(16)
2006年 10月 29日
おつかい@Maya Ubud と 偶然の再会@Delta Dewata
a0074049_135054.jpgやはり少し時間に遅れて
次の用事を果たした私が
ウブドでの最後の目的で
やってきたのがここ。
う~んお昼に見ても
夜に見ても麗しいわ♡
おつかいミッションで
やってきただけなんだけど
やはり運転手は駐車場に
待たせておいて
ウキウキ気分で突入♪
じつはその日のお昼間、ウブドに着いてすぐ 田舎で冷凍保存用の
カキアンのパンを買ってからここに直行したのだけど、頼まれていたお買い物の品が
どっちなんだろう??って悩んで買わなかったので判明後、夜に再訪したわけです。

a0074049_1422910.jpga0074049_1431867.jpg
そうです。みんなの大好きな「Maya Ubud」なり~♡
7月に泊まったPちゃんが入り口のブティックの表に飾ってあるピンクのバッグを
「買っておけばよかった~」と後悔していたので見つけたら買っておく予定だったの。

a0074049_14101110.jpg
そして見事にこちらをゲット
夜なので発色悪いけど正真正銘ピンクだす。
表に出てるのが2つともピンクだったので
お昼に、店員さんに
「友達にどっちか聞いてからまた夜に来るね」
ってゆっておいたのだけど
夜のスタッフにも引き継がれてあったみたいで
夜は初めて会う店員さんだったのに
「どっちかわかりましたか?」って聞かれちった~
引継ぎちゃんとしてるじゃん!ってプチ感激。
これで本日のUbudでの予定をすべて終了!ぱちぱちぱち~。
うーん、本当ならその日は日曜日だったから欽ちゃん劇団(スアラサクティ)も
見たかったし、他にも行きたいお店やレストランがいっぱいあったけど
それはまた次回の宿題っちゅーことで。丸1日たくさん遊んで大満足。
この日、東部の潜伏地に戻ったのはすでに真夜中でした。もちろんバタンキュー。
(つか、運転手よ、ごくろーさん)

そういえば、Miちゃんとバイバイしてからさっさと別用をこなした後に
田舎生活用の買出しで、マヤへ行く直前にデルタデワタに寄ったのね。
その時に嬉しい偶然が~!

偶然の再会@大好きなご夫婦
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-29 14:47 | bali & indonesia | Trackback | Comments(11)
2006年 10月 28日
お気に入りに追加のダイニング@ Tropical Bale Dining Room
a0074049_815113.jpgおなかがすいた2人がやってきたのは
「Tropical Dining Room」(トロピカル・バレ)
レストランからプリウランダリまで
無料送迎が来てくれたのでラクチン移動。
着いてビックリ。レストランの外観は
「え?ワルンですか?」って感じ
なんだか垂れ幕とかかかっちゃって
外から見る限りはイケテなさそさムンムン
でもね、一旦中に入るとなかなか素敵な空間なのね~
Miちゃんが南部滞在中からずーっと「ウブドのトロピカル・バレって店がすごく気に入った!
でもいっつもお客さんが少ないの。つぶれたらヤだからどんどん紹介したいの」と
ゆってたレストラン。田んぼビューで和めて、おされな食器や盛り付け、店内も
とーってもかわいい!もし知らなかったら 前を通っていてもあの外観じゃー
ちょっと入ってみようなんて気にはならないと思う。あーもったいなーい!

a0074049_8184719.jpga0074049_8193455.jpg
a0074049_8205768.jpgものすごーくオサレってわけじゃないけど
素朴な中にきゃわゆい雰囲気が漂ってるでしょ?
お嬢いわく「夜のライティングが蛍光灯
みたいな色でワルンっぽくてイケテナイから
あれをどうにかしたら夜も素敵になるだろうに」
との事だけど、お昼に見るには問題なーし!
お客さんが着いたテーブルには1輪の薔薇が
置かれるのもなんだか女子心くすぐられ~の。
←トイレもなんだか女子っぽくねー?
写真がちっこくてスケールが小さいんだけどビューもなかなか素敵
遅い午後で西日タイムだったのでスタッフに簾を上げてもらったり下げてもらったり(笑)

a0074049_831515.jpga0074049_8312961.jpg

トロピカル、、といっても猿森近くのトロピカルビューカフェとは違いますヨ。
レストランの場所は、サンギンガン通りのネカミュージアムの近く。
予約したら送迎がつくから、足の心配はいらないし、昼も夜もリーズナブルな
セットメニューがあるんだけど、アラカルトメニューの中から選べるからとてもおトク。
帰国後クーポンをPやんに進呈したのでお店の住所や電話番号が今手元にないけど
Miちゃんが詳しく紹介してるのでここで確認してね!
**ってことで、Miちゃんのこのレストラン紹介記事にTB貼らせていただきました~**

ここに着いて、「わぁ~なかなかいいね~」って言いながらミントジュースを飲んでたら
リラックスしすぎた(というか気が抜けたんだろうね:笑:)急に気分が悪くなってきた!
どういうわけか今頃、昼間のすきっ腹に合計3杯半のハシゴ酒が効いてきた模様。
トイレで撃沈されたあと、席に戻ってしばしぐったりしてたのでMiちゃんにご心配かけて
しまいました。情けないオトナでスビバセン。つか、俺の体、アルコール反応遅すぎ。
プリのお部屋のプールのエッジに立ってはしゃいでる時でなくてよかったわ(笑)
でもいつものごとく、20分もすると復活したのでその後は元気にお食事に突入~!
(酔って気分悪くなっても、貧血になっても20分ほど横になれば治る体質)

で、肝心のお料理とお味の方は~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-28 08:40 | bali & indonesia | Trackback | Comments(11)
2006年 10月 27日
もう一人の森の女王@Puri Wulandari訪問
a0074049_1484972.jpgコモシャンバラ@ブガワンを出て
次に目指すはMiちゃんが滞在中の
Puri Wulandari(プリウランダリ)
今日はまさに森の女王宿のハシゴ状態。
あぁ自分が泊まれなくても、泊まっている
お友達訪問ができるって幸せ~
運転手はプリの敷地は初めてだったので
このライスフィールドの時点で既に興奮中
このあとMiちゃんと外食に行く予定だけどそこは送迎があるので運転手は一旦開放~
ウブドのお友達のところででも時間つぶししておいてもらって、
18時頃に携帯に連絡するから外食先まで迎えにきてもらうことに決定。
しかし、ブガワンも森の女王然としてたけど、ここも女王だよね~
(ついでに もう一人の女王といえば、アマンダリになるのかな?)

a0074049_2114940.jpga0074049_21217100.jpg
a0074049_213641.jpgちゃーんと手入れされた敷地。
ブガワンのような凝ったインテリアや
置いてあるものへのこだわりは
あまり感じられないけど
気品があって背筋の伸びる佇まい。
トラディショナルな装飾なのに
嫌味がない建物と贅沢ロケーションに
←ぼーっとしてたらカート到着~

ここもオープン当初に、ワタシよりロマンチックなゲイの友人と来たことがあるけど
その時は「ごはんがマズイ」&「スタッフが気がきかない」っていう印象で
しかもお部屋が渓谷の下の方で日当たりよくなくてちょっと暗かったのね。
実はずーっと"そのお値段出すにはどうかな??"って思ってたんだけど
Miちゃんに「たしかに、そうなんだけどそれを超える魅力があるのよ!」って諭されて
しかも南部での滞在中「やっぱり彼女の薦めるものはそれだけのことはある!」と
確信し、ある意味Miちゃん教の信徒と化した俺。
数年ぶりのプリ君は、きれいにメンテナンスされてたことだけでも感激したけれど
上の方のお部屋は明るかったし、スタッフも普通に気がきくじゃないの。
まぁもちろんわがままお嬢(!)に訓練されたんだろうけど、ちゃんとやってるよ~!

a0074049_2341143.jpgお部屋に着いたらMiちゃんが
ウェルカムシャンパンと「白い恋人」
(fromフフさん)を用意してくれました。
普段は、シャンパンをお断りする私ですが
すでに酒が入っている体につき
判断能力が欠如。いただいてしまいました。
←私をカートで送ってくれたついでに
シャンパンを開けさせられるスタッフ君
a0074049_2465842.jpga0074049_2521062.jpg
そしてリビングにはガンサにお届け依頼したお花たちが飾られてありました。
( 実はガンサには薔薇onlyで頼んでたのに、なんかマーガレットやかすみ草がついてて
"おいおい、花屋"って思ったんだけど、お嬢が喜んでくれてたので よしとしましょう:笑:)

いや~ん!Miちゃん、私が来るからって気をつかっておいててくれたの?
もう既に枯れ気味で美観を損なう状態(爆)だったから、そんなの遠慮せずに
捨てるなり内側の綺麗な部分だけお風呂に浮かべて使うなりすればよかったのにぃ!
、、と少々恐縮に思う&それでもお嬢の心遣いに感激しながらリビングでまーったり。

いやぁ~素敵です。天気も良くて気持ちよいです!今までプリウランダリの
素敵すぎるところに気づいてなくてスビバセン。参りました。ここでも興奮状態の私っす。
おーアリウブが見えるぞー、、とかプールのヘリまで歩いていって下を覗いたり
きゃっきゃと騒ぐもよし、大自然を目の前にただひたすらボケーっとするもよし♪

a0074049_243892.jpg

もうプリ泊4回目だというMiちゃんのブログにはもっと素敵なプリ君のお写真や記事が
大量掲載されてるので気になる人はここを代表としてMiちゃんの各ページをドーゾ!

で、お部屋は?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-27 03:31 | bali & indonesia | Trackback | Comments(12)
2006年 10月 26日
森の中の邸宅@コモシャンバラエステート/ブガワン・ギリ
a0074049_13123934.jpgこの日はUbudにおでかけ~!
プリウランダリに滞在中の
Miちゃんに会いに行く前に
これまた偶然ウブド滞在中の
ミシェルとユーゴに会うため
ひとまず向かったのは
COMO Shambhala Estate
at Begawan Giri

1週間の東部生活の末
ウブドの森の中でさえ
おのぼり気分のviajeraさん。

a0074049_13375779.jpga0074049_1339066.jpg
ブガワン時代に、レセプションからはるか遠かったスパも、便利な場所に出来た
と聞いたので見たかったけど、カートが来ちゃったのでミシェル達のお部屋へ向かう
そしたら、2人はすでに酔っ払っていてお部屋もぐっちゃぐちゃ(爆)
丁度お部屋の清掃を頼んでいたみたいで、スタッフがせっせとお片づけ中
「ま、飲め飲め!」とばかりにワインをつがれて、飲まないわけにもいかず乾杯♪
でもすっごくおいしかったので調子に乗って立て続けに2杯のんだありえない状況。
何度も言うようですが、私は見た目に似合わずお酒は飲まない。とにかくすっごく弱い。
しかも今朝は早起きしてウブドへ向かったので朝食食べてなくて、道中で
ガソリン給油時にクレポン買って車の中でつまみぐいしただけのすきっ腹。
でも、久々の再会とコモシャンバラの高級感に興奮してて到着20分で2杯飲んでも
全然しらふだったので更に気をよくして(バカ) プールに足を突っ込んでみたり
ミシェルとのバカトークで爆笑したり、あっという間に時間がたってしまう。
「ちょっと、せっかく来たからお部屋の写真撮らせてよ~」って部屋に戻ったら
あれれ?せっかくさっき清掃が入ってたのにユーゴがすでに散らかしてる!
私はこの後Miちゃんに会いにいくから、ミシェルがスタッフに頼んでくれて
帰る途中に他のレジデンスを見学がてら写真を撮らせてもらうことになりました。
more以下に掲載するレジデンスの写真は、彼らの滞在してたWanakasaではなく
急遽見学したTirta-Eningになりますがご了承を~

**Wanakasaは、以前masuさんも滞在されたのでmasuさんの記事
   TB貼らせていただきまーす。(ワナカサの写真はそちらでチェケナー!)**

Tirta-Eningへどうぞ
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-10-26 00:37 | bali & indonesia | Trackback | Comments(6)
2006年 05月 21日
ぐるりバリ北半周の記録 その1
2003年の秋、
まだ、バリの西部にも北部にも行ったことないっていう友人達と
「総勢5人でバリ外回りほぼ1周」をもくろみました。
結局その時のバリ旅は、この旅程のコーディネート班長だったpieces-of-baliさんが、
おうちの都合で不参加になってしまって、
お抱えドライバー(数日間拉致状態)含めて4人での”ぐるりドライブ旅”になったんだけど
ぐるり1周ってゆっても、スタート地点は南部リゾートエリアではなく”ウブド”集合~!
まぁこの辺がうちらーのツメの甘いトコなんですけど
南部からヌガラへの道なら別の機会に通れるしねー。
それなら眺めのいい、違う道通りたい!っていう班長の意見に大賛成の結果なのです。
ちゅーわけで、結果は「ぐるりバリ北半周」になりました。
南半周はいつでもできるしな~って。

バリに前のりしていた私は、友人達がバリに到着する日にウブドへ移動して
Maya Ubud Resort and Spaで、スパしたり食事をしたりして暇つぶし~

a0074049_14203758.jpg
a0074049_14213071.jpg

a0074049_14223793.jpg

実はスパの予約を間違えて入れてて、前日にすっぽかしてしまったんですよ(涙)
全面的なワタシのミスなのに快くノーチャージで翌日トリートメントしてもらえました。
当時から、人気があって混んでるってきいてたからあきらめてたんですけど
みなさんとっても親切で、当日にさらに追加のトリートメントも引き受けて下さって、、、。
本音を言えば、トリートメントそのものはあまり満足できなかったんですけど
このロケーションはやっぱり友達にもお勧めしてしまう~。
a0074049_14233048.jpg

この時は、
マヤはスパビジターとして行っただけで
夕食たべて、お宿へ戻ったのです~
後日、父がお友達と総勢12人で
ゴルフ旅行でバリ行きが決まり
丁度ワタシの渡バリ時期と重なっていたのですが
大勢でウブドに泊まると言い張ったので
もちろん、maya ubud を推薦して
泊まっていただきましたわ。
しかし12人の親父集団ってアンタ、、。



さて、バリに着いた2名の友人と合流後、私たちが泊まったのは
kayumanis Private villa & spaの2bdrm

a0074049_14305517.jpg
a0074049_14352566.jpg









欲をいえば、
プールやリビングで遊んでるとき
お部屋に忘れ物をしたり
トイレに行きたくなったりしたら、
いちいち敷地内の階段のぼってお部屋まで
戻らなきゃいけないのが労力だったけど
それは、別のタイプのお部屋を選べば
動線は確保されるわけだからヨシとしましょう~

a0074049_14335534.jpgとにかく居心地が良くて、
日本でお留守番中の
pieces-of-baliちゃんに
バテックのお土産を買いに
外出するのも面倒になって
在住のayunさんに、
ヴィラまで行商に来てもらいました
おかげでお土産が買えましたわ☆ 
ayunさん、ありがと~!

今、写真を整理していたら、
見事に寛ぎきった女子3名が
ばばばばーんと写りこんだ写真ばっかり!!しかもポラロイド。
ひぇ~これはUPするわけには、、、
って事で写真少なくてすいませ~ん。
あっても美しくなくてすいませ~ん


さて、カユウブをチェックアウトする頃に車に乗ってやってきたのは
私たちのお抱え運転手兼通訳に任命された少年。(すでに青年なのですが
彼が14~5歳の頃から顔見知りなのでついつい”少年”よばわり)
お行儀が良く、わきまえてて、冗談が通じて、英語がわかる、、という点で
満場一致で我侭なセニョ~ラ&セニョリータ達の旅の同行者に選ばれたんだけど
いやほんとにあの時は、ご苦労さんだったね&ありがとね 少年!
彼も今では、立派な一児のパパです。
ちなみに、彼は別の機会の時に友人を乗せていて猫を轢いたので
(バリでは車でネコを轢いたら大変なのです)
それ以来、ワタシの友人達からは”ネコフミ”と呼ばれておりました。
でも、ネコフミ少年に踏まれた猫が治療のために拾われてきて
そのkucingがバリネコとは思えない上品さとかわゆさだったため
当時は、その猫に対しては親ばか状態だったviajeraなのであります~。
ネコフミ、踏んでくれて、拾ってきてくれて、ありがとう(爆)

そんな私たち4人を乗せて、車はバトゥール湖を経由して
のんびりと車窓の風景を楽しみながら、バリの北西melayaへと向かうのでした~

a0074049_14503595.jpg


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-05-21 05:07 | bali & indonesia | Trackback | Comments(2)