※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


タグ:Central Bali ( 299 ) タグの人気記事
Top▲ |
2017年 08月 08日
Kamasan Cafe @ Jl. Raya Sanggingan, Ubud ('17年5月)
d0368045_19273217.jpg
朝から気持よい眺めの中 Karsa Cafeで軽く朝食を食べた(※これな※)後は
しばらくスバリ界隈をバイクで流したりしつつ、またまたJl.RSI MarkandyaⅡの山道を
経てルンシアカンまで戻って来た時には 恒例の「コーヒー飲みたいなー」モードに突入。

Fuzion Cafeのコーヒーが飲みたいけどまだお店が開いてる時間帯じゃないし
どこでコーヒー休憩する~??せっかくなら眺めがいいとこがいいよね~なんて言いつつ
そういえば数年前にSawahSawah姐さんが「Warung Pulau Kelapaが奥の方にも
店舗を拡張してて、奥の敷地は眺めもあってカフェもある」
とオススメしてくれてたっけ。
プラウクラパといえば6年位前にお義母様と一緒にいったよね~(※この時な!※)
当時はサンギンガンの通り側の店舗だけだったけど、奥にも出来ててしかも今はカフェも
あるんならちょっとそこに行ってみようよ~ということになりましてん。
ちうわけで、本日はその奥の敷地とKamasan Cafeでのコーヒー休憩の記録です。


カフェカマサンとプラウクラパのオーガニック農園側に行ったよ~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-08 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 08月 06日
Karsa Cafe で朝のひとときを @ Bangkiang Sidem ('17年5月)
d0368045_1811959.jpg
'17年5月のはるららお義母様とのウブド合流期間。双方のホテル側に了承を得たうえで
初日はお義母様が滞在されているテガルサリのお部屋に私が転がり込んで
2日目はその日から私が滞在したリバーサクティーというお宿(※お部屋編 /
朝食などパブリックエリア編※)
に呼び込んでそれぞれのお宿を体験したわけですが
2人でテガルに泊まった翌朝、朝の気持ちいい時間帯にバイクで徘徊しつつ
軽くソトアサでもしようかということになりまして、食べる場所は決めてなかったけど
まだお義母様がチャンプアンの尾根の先@カルサスパの付近には行ったことがないとの事。
この秋には久々にお義母様の学生時代からのお友達Tちゃんの渡航も決まったので
秋にTちゃんに案内する事前調査も兼ねてあのあたりの景色を見に行きましょう!と
ほんとはリッジウォークを歩いて案内すべきなんですが、ズボラなのでいつものように
バイクで終点までワープしていったところ、景色はもちろんのことお義母様ったら
カルサスパ&カルサカフェの蓮池に吸い寄せられてそのままずんずん敷地内へ・・・。
「こうなりゃここで軽く何か食べて朝食代わりにしよう」ということに急遽決定~。

私はここ数年、毎回ウブドに来たらこの辺りにはバイクでやってくることにしてるけど
マッサージが苦手でスパに興味のない私にはここでのスパ利用の経験はないし、
カフェが出来たばかりの頃にジュースをのんだぐらいの記憶しかないので
今回やっとブログには個別トピとしてKarsa Cafeの記録をしておくことにします。


チャンプアンリッジウォークの先までバイクでワープしますよー
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 08月 04日
River Sakti Resort レストランとプール編 @ Bentuyung, Ubud ('17年5月)
d0368045_16502697.jpg
'17年5月のウブド滞在中に2泊したRiver Sakti Resort。先日のお部屋編に続いて
今日はレストラン(というかダイニングエリア)での朝食やアフタヌーンティーの
様子を中心に、パブリックスペースでの諸々を記録していきたいと思います。

こちらは1棟丸貸しのヴィラとしても利用できるのですが、シェフやキッチンスタッフも
常駐されているようなので キッチン・ダイニング・ラウンジのあるフロアーが
宿泊者のレストランスペースになっており、そこかルームサービスで朝食がいただけます。
ランチやディナーに関してはメニューはないけれど一般的な料理ならば前もってオーダー
しておけば用意してもらえるそうです。(ロマンティックディナーなどは相談の上で!)
マネージャーさんいわく「急に和食とか専門的な分野の料理はちょっと無理だけど
キッチンスタッフの可能な範囲の料理ならここで用意できますよー」とのこと。
バイク持ち込みでフットワーク軽めの私達は、ランチも夕食も外に出かけてしまうし
朝だって宿の朝食はスキップしてウブド内でのソトアサを楽しみにしているんですが、
チェックインした日のアフタヌーンティーのパンケーキがふわっとしたタイプで
お料理にも期待できそうだったので、この際朝食もお試ししてみることになりましたの。


リバーサクティーリゾートの主に朝食記録になります。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 08月 02日
River Sakti Resort お部屋編 @ Bentuyung, Ubud ('17年5月)
d0368045_11192526.jpg
'17年ゴールデンウィークのはるららお義母様とのウブド滞在。
お義母様はテガルサリのSDXウッデンのお部屋に1週間ほど連泊されていたのですが
その時期の私のプチお出かけはウブドでは3泊がリミットだったので そのうち2泊は
お義母様が普段徒歩では行かないエリアに滞在して 環境の違う宿に遊びに来てもらえば
楽しいよね~、なんて話していて今回の滞在先はブントゥユンのお宿に決めたのですが
丁度チェックインする日の夜にすぐ近くでスアラサクティの公演があるとのことで
お互いスアラサクティのジェゴグはかつて爆笑するほどお気に入りだったので
「久々に見に行こうよ!で、その日は私の泊まる宿にお義母様の名前ももエントリー
しておくからその後は1泊泊まっていきなよー」ということになったんです。
で、たまたまその翌日はロビナ在住のK子さんがウブドに来てるとのことだったので
「じゃー2泊目はK子さんの名前を入れておくから泊まっていきなよー」って
1泊ずつパートナーを変えて一緒にお泊りすることになりましたの。ふふふ。

そのお宿がサクティ村にあるRiver Sakti Resort. 全部で6ベッドルームあるヴィラで
丸ごと借りることもできますが、1部屋ずつの貸しもしているとのことなので
私達はそのうちの1つのお部屋だけを予約して滞在することになりました。
で、本日はそのRiver Saktiのお部屋についての諸々を記録しておこうと思います。


プチ渓谷になった川沿いのリバーサクティーリゾート。お部屋の記録です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 07月 31日
Betutu Ayam Pak Sanur @ Jl.Arjuna, Ubud ('17年5月)
d0368045_17585252.jpg
'17年春バリのウブドにおけるハツモノシリーズを記録中の現在。
なんかウブド編になってから珍しくローカルご飯ばかりUPしてますけど、その流れで
もう1軒、みなさまお馴染みの人気ワルンのナシチャンの記録をしておこうと思います。

直前にUPしたWMJも本日投稿するPak Sanurも以前に何度かテイクアウトしているので
私にとっては初めてのお店ではなく正確に言えばハツモノシリーズに入らないんですが
今までこのブログに個別トピを残していなかったということもあって
テガララン地区の Kedai BubuhプリアタンのWBAサヤン地区のWarung Men Juel
続いたローカルワルンのナシチャン記録の最後はWarung Betutu Ayam Pak Sanurで。
(まだまだウブドのハツモノ記録はお宿の部・カフェの部などが続きますけどね。)


朝から売り切れ終了までの営業でーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-31 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 07月 29日
WMJ (Warng Men Juel )@ Br.Kutuh, Sayan ('17年5月)
d0368045_1725164.jpg
さて、Berawaエリア滞在中の後半から珍しくローカルワルンのくちになっておられた
はるららお義母様が、ウブドに移動して来てからどうしても行きたいと仰ってたのが
サヤン(私的にはプネスタナン側から行くからプネスタナンっていう印象やけど)の
ナシアヤムの民家ワルン。お店はMoksaの並びにあるのでそっち方面ならMoksaにも
リピートしたいけど胃袋は1つしかないからどうしよう?その日の気分で決めよっか~
とか言ってたけど結局は2人とも「今回はローカル食モード!」が継続中だったから
ウブド到着翌日にお義母さまをメンジュエルにお連れすることになりましたの。

直前トピがWBAという略名だったようにこのワルンも略名でWMJ(Warung Men Juel)
私は以前何度かここでブンクスしたことがあるので食べたことがあるんですが
ブンクスすると食べる時お皿にきれいに盛れなくて写真とか撮っていなくて
当時ブログには個別トピをUPしてなかったので、この機会に記録しておきます!


中心部から離れてる場所なのにいつも大人気のナシチャンプルだよ~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-29 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 07月 27日
WBA (Warung Bu A??) @ Jl.Cok Gede Rai, Peliatan ('17年5月)
d0368045_1653882.jpg
はるららお義母様との合流期間は、いつもならカフェ系や和食系のお店に行くことが
多いんですけど、今回はなぜか2人ともめずらしくローカル系の食事のお口になっていて
「こんなことも久々というか珍しいよな~」って自分たち自身がびっくりしたぐらい。
直前トピのブブール屋に関しては 私自身が普段から「ブブールは毎日でもOK」と
公言するくらいお粥LOVEなので (ほんとは香港粥がすきなんだけどねw)
その選択はよくあることなんだけど、今回はお義母様みずから「バリのローカルっぽい
おかずが食べたい」
と久々のナシバリづくしにも意欲満々。とは言っても毎食ローカル
料理なのも高齢なうちらーの胃袋にはきついので要所要所に組み込んでみましたの。

そんな中、スアラサクティ鑑賞後に宿に戻ってからつまむ用のナシジンゴやおかずを
夕方のうちにテイクアウトしようということになり、特に目的の店も考えず
「こういう時はプリアタンをうろうろしてたら何かあるよね~」っていうノリで
バイクでふらふらしていた時に吸い込まれたワルンのお料理が安くて美味しくて
翌日のブンクス大会でも「もう一回食べたい」とのお義母様のRQによりリピート。
それが本日記録する WBA 。メニューは普通に家庭で食べれるようなラインナップ。
でもな、いつもベラでおうちごはんを食べて思うように「どの国でも、あえてごちそうより
おかんが作ってるおうちごはんが一番おいしいねん」をここでも実感するという結果w


ナシジンゴ、ラワール、ぺぺス、スラパなどをブンクスしたよ~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 07月 25日
Kedai Bubuh で 朝食のハシゴに挑戦! @ Jl. Tirta Tawar, Tagallalang ('17年5月)
d0368045_16114035.jpg
'17年春バリでのハツモノ記録は、本日よりウブド編に進もうと思います。
ウブドにはGW終盤からGW明けにかけての4泊5月終盤に2泊の合計6泊したのですが
GW後半のBerawa滞在中に珍しく発熱&胃痛でほぼ1日を棒に振ったんです(※この時な※)
熱は1日で下がったけど胃痛がなかなか治らず、かといってお腹は大丈夫なので腹は減る。
なるべく胃に負担をかけない柔らかいものを食べることにして向かったウブドで
「俺の(w)ブブールアヤム(※これな※)以外に できれば宿の方面にお粥屋ないかなー?」
ってお宿のあるブントゥユンから更にずーっと北にグーグルマップを見ていると
スウェタからスリウェダリを通ってティルタタワールに合流してテガラランに行く間の
地図上にKEDAI BUBUHと書かれたお店発見。お!これはローカルなブブール屋さんだ!
スバトゥにある田圃に囲まれたBubuh Bali Pak Itemはわりと有名なので、最終的には
スバトゥまで行くもありなのかなー?でもちょっと遠いよなな~なんて思っていた時に、
宿から3Kmほど北にローカルなブブール屋があるなんて! しかもここも田んぼビュー。
なら一緒にサクティに泊まる日の翌朝にバイクでぷいーんと行くっきゃないね★
というわけで、はるららお義理母様と一緒にテガララン地区にあるお粥屋さんへGO~!


インドネシア語でBUBURはお粥。バリ風に表記するとBUBUHだそうです。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 04日
'17年春バリその10 ~ 座敷で尻に根が生えるルナゲ滞在編@Ubud~
f0319208_1781181.jpg
72時間ぶりのごきげんよう~。今年の春バリもいよいよ終盤。
5月上旬のウブド滞在時は合流者もあって個人でゆっくりとした時間がとれなかったのと
それ以降ルナゲが満室続きだったので、お部屋が空く28日をめがけてウブドへGO!
5/28~30だったらギリギリ帰国1週間前にはアメッドに戻っていられるからね★
(もちろん今の所、最後の1週間は東にひきこもって片付けやらなんやらするつもり)

この時のウブド行きはお座敷トークが第一目的なので、特に行きたい場所ややりたいこと
などは考えてなかったんだけど、無計画なら無計画できっとずっと座敷に座り込んで
しまうであろう自分の性質をよく知っている為、GWに行きそびれてる元定宿@ベラ
への挨拶と、いつも自己満で行っているえこさんちのメモリアルストーンのお掃除は
自分の中でMUST事項と決めて、特に食べたいものもないしその時の気分で動こう
そんな感じのウブドでの2泊3日間の顛末をメモっておくことにします。


今年の春バリ、エリア外最後のお出かけはウブドでーす
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 05月 20日
'17年春バリ その5 ~はるららお義母様とのウブド。後半K子さん襲来 ~
f0319208_22491663.jpg
ちょっとペースを落として48時間ぶりのごきげんよう~。
日記的備忘録はいよいよはるららお義母様との終盤戦になるウブド編突入です。
この時のウブド滞在は、 ふたを開けてみればいつもよりローカル多めの飲食や
場所選びになったのが、ある意味私達2人にとって新鮮な結果になりました。
南部で胃痛にやられてた私ですが、お腹は平気だったのでウブドではローカル食も
楽しんで食べれたし こうやってたまに食べると「やっぱ美味しい」ってなるんよねw
秋には数年ぶりにお義母様のお友達のT子ちゃんが一緒に渡航決定ということで
T子ちゃんをどこに案内すると喜んでもらえるか?という予習的要素も満たしつつ
「なんか今回は無性にローカルごはんが食べたいぞ。」とノリノリのお義母様。
どのナシバリならご満足いただけるか、私としても挑戦し甲斐のある課題を得て
定点観測しつつあちこちバイクに乗って動き回るのがめっちゃ楽しかったな~。

ちなみにTOP写真は私が5/7から2泊していたブントゥユン方面のお宿の朝食会場。
2人までエントリー可能だったので、お宿に了承いただいて7日はお義母様を連れ込み
8日は日本からのご友人のウブド滞在にロビナから一緒につきそいで来られたK子さんを
招いて快適な空間での2泊をそれぞれ1泊ずつ一緒に過ごしてもらいました。
そのかわりにと言っちゃー何ですが、6日の夜はお義母様の滞在されてるテガルの
お部屋に居候させてもらい、9日はK子さんが滞在されたスミニャックのお宿に居候。
こうやっていろんなお部屋を体験できるのも合流時のちょっとした楽しみなんよね。


いつもより少しローカル色多めのウブドです。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-05-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback