※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。


2017年 03月 21日
また来たよ~!朝のWatercress Ubud ('16年10月)
f0319208_16535120.jpg
春でも秋でも私の渡航期間はVOA+延長の期限いっぱいの60日間ずつだから
1年のうち4ヶ月ぐらいはバリに居ることになるんですけど、バリ内各地を遊びまわってる
ようにみえても実質は東の田舎(アメッドだよw)で過ごす期間が圧倒的に多く
約60日間の1度の渡航の中で、南部に泊まるのは2回ぐらいにわけて延べ4~6泊程だし
たまにもう少し長い時もあるけどウブドも2回ほどに分けて延べ3泊~多くても5泊。
北部とか他のエリア、インドネシア内の他の島に数泊行くこともあるけど
いわゆる観光地で過ごす期間は弾丸渡航の人と変わらない日数だったりするんです。

この時('16年秋)のはるららお義母様との合流@ウブド編も私の制限が3泊ポッキリ
だったので楽しみにしているソトアサも3度しかチャンスがなーい。(お義母様は
テガルサリに泊まっておられて朝食は別料金なのでソトアサに燃えておられます)
そんな中、ウブドに着く前からWatercressLocavore To Goに行くことは暗黙の了解。
だって 私がこの両店を好きなのも勿論だけど 1年前の秋の合流時(※この時ね※)
お義母様のウブドでのお気に入りの朝食会場としてインプットされてしまったからw
ちうわけで、本日は'16年秋版Watercress Ubudのソトアサ再訪記録です。


朝7:30から開いてるっていうのも早起きのはるららお義母様向きなのです☆
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-03-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 19日
Pondok Tropical ~Room#03~再訪記録 @ Jl.Guning Sari, Peliatan ('16年9月編)
f0319208_21503828.jpg
'16年9月のシルバーウィークで渡航予定だったバリ友さんに
昼間はこの宿に遊びに来てもらって田んぼビューを謳歌しよう!という目論見で
お試しに'16年4月に一度泊まってみた結果 とっても気に入ってその場で秋の3泊を
確保した Pondok Tropical ですが、無念なことにバリ友さんはご家族都合で9月の渡航が
直前にキャンセルになっちゃったよ~。それでもこのお宿に泊まるのは楽しみだったのに
日程的には3泊目となる日におっさんから出張先の西ジャワのバンドゥンに呼び出され
しかもその日は午前中にイミグレ(しかもデンパサールではなくジンバランの方!)に
VOA延長の写真撮影で呼び出されるという落ちつかないスケジュールになってしまった(泣)
結局3泊目のお金は返金されなくてもいいから2泊でチェックアウトすることに
なったけど、たった2泊だけでもやっぱりここに滞在出来て良かった★
だって、前回の滞在で「ここがこうならもっといいのにな」と思ったことが
約5か月を経て確実に改善されてて お部屋の設備もちゃーんと進化していたから!

というわけで、本日は'16年9月のPondok Tropical 再訪時の備忘録です。


2度目の滞在では冷蔵庫設置されてたし田圃状態も良好でごっきげーん♪
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-03-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 17日
Tegal Sari Tower Room#34からの定点観測 ('16年4月編)
f0319208_15375293.jpg
ブロックされてる期間が長い割には何やかんやいうても幸い1年に1回は泊まる
機会が訪れるテガルサリタワールームのてっぺん@#34 (通称・塔の上)
5階分の階段を上らなきゃいかんかったり基本的にはルームサービスもNGだったり
テガルサリの一般的なお部屋の料金に含まれているエリア内無料送迎も対象外だし
お掃除やシーツ交換の度に別料金がかかるといういろんな制限がある特殊なお部屋ですが
不便だろうが風呂が狭かろうが、周囲の風景が変わろうが今でも私はこの部屋が大好き。

初タワーだった時以降、テガル内だけでも3階建て+屋上のニャリアン棟ができ
北西側には3階建て+屋上のAnumana Hotelが建ち、田圃を挟んで西側にも
3階建て+屋上のEvitel Hotelが建ち、西側と南側に広がった田んぼエリアも
村の駐車場が作られて一部田んぼが駐車場の通路になってしまっているから
最初に感じた孤独感の気持ちよさと、見晴らしの良さは薄れてしまっているけれど
こうなったら「その時その時の様子をこの棟の上から見届けてやるぞ!」の気分。
ちうわけで、'16年の4月時点でのTegal Sari Tower Room#34 定点観測記録です。


大好きな塔の上#34から 1年ぶり&6度目の定点観測になりまーす。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-03-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 15日
お義母様と合流時のお約束は Deli ★ Campur Asia @ Jl.Pantai Berawa ('16年春&秋編)
f0319208_1495011.jpg
'15年秋のこの付近徘徊時(※この時ね※)にはるららお義母様がハマられたお店は
数日前にUPしたHungry Bird(※このお店ね※)を含めていくつかありましたが
中でもはるららお義母様が1年前の'15年の秋の滞在時には開いてる日は毎日通うまでに
気に入られたのが 私もここ数年大好きでリピっているデリチャンプルアジアでした

そして'16年。私のバリへの渡航は春と秋の2回でしたが、春はGWのaiちゃん合流時に
はるららお義母様も旦那様とご夫婦でBerawaのお宿に滞在されていたこともあり
ある日のお昼はチャンプルアジアで待ち合わせてみんなでランチ会を開催。
秋バリの時はお義母様と私の2人での合流滞在だったからもちろんこの期間中も
こちらのお店に行くことは必須科目。・・・というわけで本日は'16年のバリ記録の
リピート物件で南部方面の大トリとして’16年版のDeli Campur Asia備忘録です。


'16年のバリ滞在時のリピート物件。南部編の最後を締めるのはチャンプルアジアでーす
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-03-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 14日
Cafe Cous Cous 再び @ Jl.Bumbak Dauh, Umalas ('16年5月)
f0319208_322836.jpg
時系列豪無視で'16年の春バリ・秋バリまぜあわせていくつかのリピート物件の中から
緯度を上げつつの立地順で記録しているわけですが、本日は'16年春バリでの出来事から。

日程が直前で二転三転した5月後半のインド帰りのK子さんのお迎え&南部訪問時。
K子さんが帰国されたらお互いの拠点(私はアメッド。K子さんはロビナ)に向かう前に
南部で2泊ほどしようってことで Yuu飯に行くこととThe Santaiに泊まることが
第一目標だったんですけど、一応前日はThe Santaiの近くの安宿をとっていたんです。
結局はポートブレアからチェンナイへのフラキャンで帰国が1日遅れたK子さん。
かといって前泊の安宿はもうキャンセル料金がかかる状態での遅延判明だったから
丁度朝出張先からバリに戻ってくるうちのおっさんの仮眠所に使えばいいさと考えて
前泊の宿(※ここね※)には「夜チェックインできないけど翌朝仮眠所として使うから
お部屋キャンセルしないでねー」と事情を説明し、当日早朝にアメッドを出て空港まで
おっさんを迎えに行き、正午のチェックアウト時間までおっさんと運転手に部屋提供。
チェックアウト後は、昼ご飯に行ったり買い出しをしたりして3時ごろになったら
ザ・サンタイ(※ここね※)にチェックインして運転手を東部に帰す予定だったんですが
おっさんと運転手が前泊の宿で2人で仮眠している間の私は近隣をソロ活動する気満々。
だってせっかく朝から南部に来てるのに仮眠で時間を潰すなんてわしには考えられん!
しかも運転手が居る時のおっさんは食事はローカルワルンしか行ってくれないけど
こうやって2人を仮眠所に閉じ込めておけば私は私の好きな所で朝食をとれる~!
さぁどこでソトアサしようかなー。バイクがないから徒歩圏内でいける所となると
'15年秋の徘徊でお気に入りになった Cafe Cous Cousへ再訪で決まりっしょ★
・・・ちうわけで、本日は’16年5月時点の カフェ・クスクスでの朝食備忘録です。


はるららお義母様との訪問から7か月。2度目はソトアサ利用ですよ~。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-03-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback