※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


2017年 11月 17日
Cha-Cha Bungalows @ Gili Meno, Lombok, West Nusa Tenggara ('17年9月)
d0368045_1283476.jpg
今回のギリメノ行きは たまたま我が家の近くにボート乗り場ができたことで
ご近所割引でボートに乗れるという個人的なうま味と、アンが居るうちに行っておこう!
という気持ちと、K子さんと日程の都合が合う日が丁度2泊3日分あったという条件が
うまーい具合にリンクして、日程が決まったのが決行1週間前とかw

とりあえず近所発着のボートを利用してみることとアンに会うことが目的だったので
この島で真水のお湯シャワー設備とか、いつもの私の条件(エアコン・冷蔵庫
湯沸かしポット、テラス)を全部叶えるところを探すとかなり割高なので
この際せっかくの離島の田舎なんだから2泊3日は田舎設備を覚悟しよう!と決めて
「行ってアンに会えばなんとかなるよねー」って特に下調べもせず宿もウォークインで
探すことにしたので、到着後アンの案内でいくつかのお部屋を見てみました。
アンのイチオシだったホームスティはさすがの人気で満室だったのが残念でしたが
徘徊の結果 一番最初に覗いた宿がアンの住んでいる所に一番近くて部屋内も清潔で
良心的な値下げ価格を提示してくれたので、設備は2の次としてそこに2泊すること決定。
それが 今回記録する Cha Cha Bungalowsでした。


何軒か見てみたけど部屋のきれいさと提示された値下げ価格でこちらに決定★
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-11-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 11月 15日
Kuda Hitam のスピードボートで行く Amed ⇔ Gili Meno ('17年9月)
d0368045_0253847.jpg
今年の秋バリはガルンガンより前に脱出&日本へ帰国し、1週間もしない間に
また日本脱出してメヒコのお盆的なモノ(死者の日だよ!)を満喫してきたんですけど
ブログ上はしれーっとバリでの個別記録に進みたいと思います。
南部でのえとせとらなどは春バリの分もハツモノ記録でさえまだ未投稿分が多いんですが
その辺りは年明け廻しにして まず最優先でこの秋のギリメノ滞在中の記録から始めます。

正確に言うとギリ3島はロンボク島に属するのでバリ島の話ではないんですが
8年前にも書いたように(※過去記事※)アメッドからは1時間程で気軽に行ける場所。
今年の初夏からアメッド発着のスピードボートの乗り場が以前とは違う浜に引っ越しして
3か所の乗り場が出来ている中で、そのうちの1か所がうちのすぐ近くになってたのと
この夏からアンがギリメノのダイブショップで働いているので、ロビナ在住のK子さんと
一緒にこの機会にアンに会いにギリメノへ行こう!ってことになったのです。

ギリトラワガン、ギリアイル、ロンボク本島のバンサールには船から上陸?できますが
ギリメノの浜に近づけるボートが制限されていてアメッドからのボートは寄れないので
ギリメノへ行く人はトラワガンで降りて自力で別のボートの手配をしてメノまで
移動することになります。また、復路もトラワガンから乗るかアイルから乗るかは
各自の予定次第として、メノからどちらかの島までの移動は自力手配となるので
今回はそういう点なども復習しつつ、往復分まとめてスピードボートの記録です。


また長くなりますが往復およびギリ間移動も含めて一気にいきまーす
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-11-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 10月 31日
’17年秋バリ 最終章 ~秋バリ最終1週間の東暮らしと帰国日のえとせとら~
d0368045_112074.jpg
48時間ぶりに'17年秋バリ最後のごきげんよう~。9月後半からアグン山問題で
周囲からは危険視されていた東部滞在ですけど、結局最後の1週間も何事もなく
本来この時期はいろいろとオダランなどが重なる時期ってのもあって村の人たちは
「もう噴火しない」ってめっちゃ呑気。相変わらずスピードボートは運休中だけど
9月末頃の事を思うとアメッドでも観光客もぼちぼち見かけるようになったし
私ももうこのまま何も起こらないんじゃないかって希望込みで楽観視してたりw
それでも警戒レベルが下がらない限りはいつ噴いて有事になるかもしれないし
空港も閉鎖するかもしれないという覚悟はあったんだけど、結局は噴火云々よりも
帰国直前には雨季に入ろうとする季節になったようで度々のスコールで
2階の雨漏りが「これこの雨季超えれるんかな?」って心配になるほどだったり
帰国する日に関西台風直撃だったりで実際アグン山どころじゃなかったという。

滞在最後の1週間は、片付けと雨季の間に留守をするために防湿防黴対策など
春バリの帰国時よりもいろいろと気を遣うことが多いのでそっちにかまけつつ
帰国前のあいさつ回りぐらいしかしないので、特に日記的ネタもないんですけど
そんな中むっちゃんとこのリピーターのI子ちゃんがダイビング旅行でやってきた!
おかげでみんなでアメッド内に新しいレストランに夕食に行く機会が出来たので
滞在終盤でアメッド内の気になってたお店にも行けたのがこの週の貴重な思い出w
そんなわけで、本日は今年の秋バリの最終週、帰国までの日記的備忘録です。


やっぱり東ではニート生活でダメ人間炸裂だったわ~w
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-10-31 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 10月 29日
'17年秋バリ その10 ~T子ちゃんに【合格】を告げる南部滞在 w/ お義母様 の巻(後編)~
d0368045_21274047.jpg
48時間ぶりのごきげんよう~。個人的にはここ5年程はウブドよりも南部の滞在期間を
長くしたいんですけど、長く居たら「明日にしよう」って後回しにしそうで
結局は短くてもぎゅぎゅっと濃縮した滞在の方が有意義なのかもしれないね。
まぁそれでも3泊ぽっきりでは短すぎるー!ってのが今回の結論なんっすけど
とにかくこのエリアは来るたびにいろいろと変化もあって目移り激しいので
(田んぼやのどかな風景が減っていくのは残念だという気持はあるけれど)
やっぱりなんか徘徊してていろんな発見があることにいつもワクワクするんよね
私自身は東の田舎が大好きだけど、やっぱりたまには刺激も欲しいからさーw

ちうわけで、T子ちゃん接待でお義母様とタッグを組んだ南部滞在の続き@後半戦
お気に入りのお店のリピートもしつつ初めての店も挑戦してみる欲張りなプランで
結局無駄足だったことも多かったけど 3人でひたすら笑って楽しかった日々を
今思い出せる範囲で振り返って見たいと思います。(※前半戦は#こちら※)


後半戦も俺というオジェックはピストン輸送でがんばりますよー
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-10-29 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 10月 27日
'17年秋バリ その9 ~ T子ちゃんに【合格】をもらう南部滞在 w/お義母様 の巻(前編)~
d0368045_1849053.jpg
24時間ぶりのごきげんよう~。田舎好きの私にとってはバリで拠点にしている東部は
一番思い入れもあるし大好きなんですけど、やっぱりやめられないのがこのエリアの徘徊。
つまりカユアヤ通り含む北側のクロボカンからチャングーにかけての一帯なんですけど
この秋は 恒例・はるららお義母様が数年ぶりのT子ちゃんとの渡航で、T子ちゃんは
もともとウブド滞在だけがご希望だったけど、お義母様的にはここんとこ嵌っておられる
クロボカンからブラワやチャングー方面にも足を運びたいとの事。だよね~??同意★
なのでお買い物好きのT子ちゃんの為に「こんなお店があるよ」などプレゼンをして
到着後3泊をクロボカンで、その後1週間はウブドで過ごされることになったんです。

私は帰国1週間前には留守にする雨季の間の準備などで東に戻っていたかったので
「ウブド滞在中は合流できないけど南部滞在時には同じ日程で私も南に行くから
食事の時の賑やかし要員とか短距離で移動が必要な時とかに呼びだして~!」って、
私のこの秋のクタウタラ徘徊をこの日程に絞り込み。いくら私が居てもバイク3人乗りは
無理なので、本来ならもうちょっとチャングー寄りに滞在されたかったお義母様も
徒歩圏内に飲食店が多くタクシーも拾いやすい位置のホテルってことでクロボカンに
滞在されることに決定。あとはT子ちゃんに数年ぶりのバリを楽しんでもらえて
また次に来る時に「ウブドもいいけど南部もまた行きたい!」って言ってもらえるよう
お義母様によるT子ちゃん接待に私も微力ながら協力させてもらいますよ~

ちうわけで、今回記録するのはその前半戦。たった3泊4日間の中で、私も個人的な
ルーティーンや頼まれていたことなどがあったので要所要所の合流になったけど
まずは私が東から南に向かった最初の2日間の日記的自分メモを。


私にとって待望の南部滞在でーす。たった4日間ですが前後編にわけまーす
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-10-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback