※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


2006年 11月 12日
'06 W seoul walkerhill  ~はじめに~
a0074049_13382297.jpg今回のW seoul滞在も
2泊3日の週末旅行感覚。
韓流スターにも市街にも
韓国料理にもお買い物にも
なーんの興味もない私だから
3日間ホテルを満喫できればOK
今年はPやんのお誕生日に
合わせて2人でレッツゴー!

←こちらはお部屋で
ささやかな宴会中ショット。
今回は、スパパッケージというお得な料金があったので、
本来はJr.suiteに予約してたけどJr.suiteじゃお得プランは適用されなかったので
出発前に急遽プラン変更。お部屋のグレードを下げた分、2種類のお部屋を楽しむ気。

このホテルは、お部屋だけでなく、スパ施設も、ロビーからレストランの雰囲気も
とっても楽しいし、お隣のシェラトンの施設利用時も部屋付けでチャージされるので
たくさん紹介ポイントがあるのです~。
飽きるの承知で1週間ぐらいかけてゆっくりUPするつもりなのですが
その前に、今回の滞在でちょっと残念だったことを先に書いておこうと思います
もちろん、とても丁寧なお詫びメールにスタッフと話し合って徹底改善すると宣言して
下さったし、次回滞在時のスイートへのUGや特別ベネフィットまで提示して下さったので
その誠意は感じられたわけで、もちろん改善の努力は絶対にしていただきますが
私への次回の特典に関してはお気持ちだけ受け取ってお断りしました。(何様?)
ちょっと?な思いをしたけど、それは殆どレセプションや予約確認関連の問題で
ここのハードは大好きだしレストランのスタッフもすっごくよく気がきいて文句ないから
絶対リピートするつもりだし、ソウルに行く友達にもお薦めしたいと思ってるから
自分が特別待遇されることよりも、誰に対しても最高のサービスを提供して欲しい
じゃない?もちろん大型ホテルだから宿泊客全員の完璧なケアは難しいとおもうし
それを望むなら老舗のサービスに定評あるホテルに泊まればいいんだけどね。
でもほんとにこのホテルが楽しくて好きなので、お薦めして行った友達とかにも
やっぱり満足して帰国して欲しい。そんな思いで辛辣なコメントを残したのであります。

奥様、何がご不満でしたか?(また長編っす)
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-12 01:02 | "W"onderland | Trackback | Comments(11)
2006年 11月 10日
おうちに着くまでが遠足です~帰路・Fcafe*でランチ会編
9月の渡バリ時はグアムでの乗り継ぎも何のトラブルもなく無事に帰国。
このブログには、私の日常の道楽と国内旅行のレポは書かないと決めてたんだけど
(だって国内道楽まで書いてたらキリがないんだも~ん)
福岡空港に着いた後、レポらずにはいられない出来事が、、!
「遠足は、おうちに着くまでが遠足です」が原則ならばこれもまだバリ旅の途中、、という
わけでこの記事は日本帰国後だけど9月のバリ旅レポの大トリにさせてもらいまーす。

a0074049_21193126.jpg福岡空港の到着口で
でーんと椅子に座って待っててくれたのは
博多タワーさん&手ぬぐい熊猫さん(仮名)
博多さんの膝の上には麗しのあなご姫が!
そして手ぬぐいさんの車で向かった先で
3人+1匹を待ち受けていてくれたのは
←この、きゃわゆいヤツラでした。
あ~もうきゃわゆすぎる。絶対生きてる!
博多さんとはトルコで知り合って以来仲良くしてもらってて
博多さんつながりで知り合った手ぬぐいさんはドリフ最長滞在記録を持つという
2人とも福岡発着時にはぜひとも会いたい大事なお友達。
そして博多さんの実友で以前からそのお料理の腕前の噂をきいてたゆみちん
ブログを通じて知り合ったので、この機会にみんなでおしかけランチ会となったのです
フライトブロイラー状態で到着したにも関わらず、Fcafe*でのランチに大興奮!

**ってわけでゆみちんのおうちでランチ会にTBズキューン!**

ゆみちんありがとうの激うまランチ~&9月の休暇を振り返って、、、
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-10 03:03 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(16)
2006年 11月 09日
アガーニャ空港・トランジットにまつわるえとせとら
a0074049_11475553.jpg何度も言うようで恐縮ですが
バリ行きにコンチ利用はお薦めしません。
到着時刻の遅さ、経由地でのイミグレと
行程上セキュリティチェックの面倒くささ。
安全の為の検査の厳しさは大納得なので
すが、(むしろ厳しすぎるほうが安心)
なんしか私はグアムの空港や係員と
非常に相性が悪いようで、2回に1回は
ムカっとしております。
実際に過去3回大喧嘩しました。じゃーなんでバリ行きの時もコンチ利用なのさ?

理由①ワンパスの会員だからマイルが溜まる&使える
   ②C席で32Kg×3個の荷物を預けれる(ドリフ関連の持ち込み荷物が多いので)
   ③以前は、グアムに友人夫妻が住んでたので途中降機して数日間遊べた
   ④関空から撤退したので、福岡や名古屋発着にするついでに博多や名古屋の
     友人と遊ぶ時間を作れる(成田発も同じく)
   ⑤昔はCクラス89,000円くらいでチケットがあった。その頃から愛用なので
     値上がりした現在でもずるずる使ってしまっている。(惰性)

いやぁ~この理由を見てもらえば、ものすごーく個人的すぎでしょ??
だから他の人には何のメリットもなく、むしろデメリットの方が多いような気がするのよ

まぁとにかく、グアムのアガーニャ空港は好む好まざるに関わらず必ず通る場所なので
トランジット用のイミグレとセキュリティチェックを済ませたら、待ち時間(2時間以上アリ)
免税店で化粧品を買ってみたり、喫煙所で一服してみたり、そしてラウンジでぼけーっと
してみたりするのが恒例です。帰国便はそんなにゆっくりする時間もないんですがね。
だがしかし、この9月はロンドンテロ未遂の影響で手荷物規制ができており
機内に液体、ジェル系、クリーム類がもちこめないばかりか、免税店で買ったものも
没収されるとのことで、免税店で化粧品を見ようにも見て欲しくなったら困るので
とりあえず店頭サンプルで化粧直しをちょちょっと済ませて(だって持ち込めないもん)
フードコートの奥の喫煙エリアで一服~。この一服も、すでにライターをとられているので
マッチで火をおこすしかありません。ちゅーわけでお尻のポッケにマッチは常備ね。
<*注* '07・ 8月より100円ライター1個までは機内持ち込みできるようになりました
手荷物の液体&ジェル等も規定の大きさ内のジプロックに入れたら持ち込めるみたい。
でも、これは日本の空港での規定なのでグアムやデンパサールでどうなのかは不確実>

しかもこの喫煙所、わっさわっさしてちっとも落ち着けない(吸えるだけマシなんだけど)

だからおのずと時間をつぶす場所は"president club"(ラウンジ)になってしまいます
ラウンジ内は禁煙なのですが、徹夜明け出発が多い私はよくここで思いっきり寝てます

a0074049_11495030.jpga0074049_11503520.jpg
a0074049_11512161.jpga0074049_11515278.jpg
a0074049_11523935.jpgラウンジ内はホットドリンクのおいてあるコーナーに
午前中はベーグルとカップケーキ
午後からはバナナパウンドケーキがあります
アルコールやジュース類をもらうカウンターに
スナック菓子がおいてあるのでつまみながら
ラップトップを出してDVD見たりして時間をつぶします
たいした設備はないけどゆっくり座って
お茶が飲めるのはとってもありがたいです。
ここでスナックつまんだり甘いものつまんだりしているとお腹いっぱいになって
この後の機内食は食べれません。復路はゆっくりするほどの時間がないのですが
こうやって私がフライトブロイラーになってゆくわけです:笑:

トランジットの手順とおまけ(おまけ長すぎ)
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-09 15:05 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(11)
2006年 11月 08日
フットレストのないC席@リゾートシャトル(B737-800編)
CO便(コンチネンタル航空)のグアム経由でバリに行く場合
ヒコーキにはリゾートシャトルなる名前がついておりまして
成田ーグアム間はB767-400が使われていますが、セントレアや福岡空港、または
岡山・広島・仙台などの地方空港から出発する場合はB737-800と言う機材が
使われています。セントレアか福岡発着の多い私はしょぼい方(B737-800)で
行くことになりますね。で、成田発の人もグアムーデンパサール間はB737-800に
なるのできっと成田から来た人はグアムで乗り換えた時点でガッカリというか(笑)
もっとしょぼい気分になるのではないでしょうか?
今日は、私が毎度利用しているB737-800機のレポになります
(名古屋ーホノルル間や成田ーグアム間でのB767-400についてはまたいつか
 そして成田ーUSメインランド間のB777-200については過去記事をドーゾ)
ちなみに、パイロットさんもアテンダントさんも異常にフレンドリーで陽気です。

a0074049_121589.jpga0074049_12152851.jpg
a0074049_12162613.jpgC席は争奪戦の14席。私は毎度2E指定♪
フットレストはないわ、モニターは小さくて
C席なのに4人に1台ほどの割合。
機内で寝る派の私にはモニター云々より
せめて前の座席に足置きくれ!って感じ
今ではすっかり慣れたのでゆっくり眠れます
COはエコ席でもヘッドレスト部分を固定でき
首がガックンならなくて便利っす

まず、搭乗するとすぐにウェルカムドリンクが配られます
たいてい、シャンパン・ミモザ・オレンジジュースからの選択になります(写真なし)
コンチはご存知の通り、エコノミーのキャビンではアルコール類が有料になるので
C席の飲んべえさんはここぞとばかりにどんどん飲んでください!
わざわざあけたシャンパンがボトルにたくさん残ってしまっている様子を見て
「もったいねー」って思う私っす。(余計なお世話?)
そしてやはりCクラスの機内食はご紹介しておかなくては、、、、。

ってわけであまりおいしくない機内食をドーゾ!
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-08 14:21 | たびにまつわるえとせとら | Trackback(2) | Comments(11)
2006年 11月 07日
最後にバリの空気を感じれるテラス
a0074049_14501677.jpgングラライを40回利用していても
空港の中はちっともわかりません。
なぜならviajeraさんはイミグレ通過後
いつもここに直行するからであります。
私はコンチ利用なのでゲート1.2前の
階段を上がったここを利用しています。
(JALさんやTGさんもココですよね?)
4箇所あるラウンジの中で一番設備が
充実してるのではないでしょうか?
a0074049_1455612.jpga0074049_14554224.jpg
a0074049_14563492.jpgタイトルの本題に入る前に
ここの設備の説明を少々、、。
ここはPCも3~4台置いてあります
でも通信速度遅い遅い!
ないよりマシなので贅沢は言えません
PCコーナーの背面には、お約束の
足ツボマッサージコーナーもあります
ワタシはとにかく空港のラウンジなるものがどわーいすき♡
アメリカが絡むと全面禁煙なのがツライですが、USメインランドでは
空港そのもの&その周辺が全面禁煙なので諦めもつくってもんよ
グアムやハワイはラウンジ内禁煙だけど、空港内に喫煙所はあるのでね.
なまじ吸える場所があると思うと吸いたくなるし、かといってラウンジと喫煙エリアの
行ったりきたりの往復は面倒くさいし、これまた悩みの種であったりするんです:笑:
(あ、でもハワイってもうすぐ禁煙法発令だから空港内の喫煙所も撤去なのか?!)

その点バリの空港ラウンジ内にはちゃんと喫煙エリア(後に記載)があるから嬉しい~♪
しかも日本の空港ラウンジの喫煙室@狭い隔離部屋 ではないところが更にヨシ。
火の元やセキュリティーのこと考えると手放しで喜んではいられないんでしょうけど
まぁとにかくどの空港でもラウンジタイムは欠かせないviajeraさん。

コンチ利用の場合だいたいチェックインが20時頃なので夕食は軽く済ませているので
お腹はすいていませんが、このラウンジは軽食が充実しています。

飲み物もいろいろ種類があり、サラダ類、フルーツ、ジャジャン、スープ、
サンドイッチ、ルンピアなどの軽食、(この前はパオがありました)が並んでいます
a0074049_1457352.jpga0074049_14581315.jpg
a0074049_1459247.jpga0074049_14595697.jpg
お味の方は、・・・・・って感じですがメニューは変わるのでごく希に
アタリな軽食やデザートがあったりもします。お腹一杯でも一応覗いてみる私です:笑:

そしてここのトイレの奥には1室だけ、シャワールームもあるのです。
使ったことはないし使うこともないと思うけど、
「帰国前にあわただしくて汗かいちゃった」みたいな時に「このまま機内で寝るの
気持ち悪いなー」って思うより「シャワーでさっぱりしておくか」って思える余裕が
あるのってよくない??これって気分的にすごーく嬉しい設備だと思います!

たしか、このラウンジも他の3つのラウンジと同様
エコノミー席でも、ラウンジ利用料金を払えば利用できるみたいです。
ここは他よりお高めで2000円くらい(20US$?)とGA派のPやんが言ってました。

でね、でね、このラウンジが好きな理由
それは、離発着するヒコーキをみながらぬるーい空気の中でまったりできる
外のテラスの喫煙所があるから!
室内はキンキンに冷房がかかってて、まぁその方が快適なんだけど
バリ最後のひとときを、あのねっとりとした空気と飛行機の轟音をききながら
テラスで過ごすのもまたオツなものなのです。
ワタシにとっては「バリの風を感じられる旅の最後の通過点」がここなのです

a0074049_1505467.jpga0074049_152272.jpg
a0074049_1531785.jpgチェックインしてイミグレを通過した後でも
まだちょっとバリに居る気分でいられる
最後の場所、、、それがこの喫煙テラスなのかな?
目の前にグアムからのCO900便が到着して
カーゴの往来が激しくなる頃
ワタシもゲート2へと急がねばなりません。
コンチってここからまた荷物検査があるのよね~
そして次回はviajeraさん御用達のCO便
リゾートシャトルのしょっぼいCクラス席の
記事でもUPすることにいたします~<
(スキンカラーをブラウンに変えようと思ったけどグリーンが気に入ったのでもうちょっと
グリーンのままでひっぱりまする。@気まぐれさん:笑:)
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-07 02:30 | bali & indonesia | Trackback | Comments(19)