※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。


2006年 06月 15日
Bali でネイルってどうなの?
ハワイへ行ったらかならずネイルサロンに行くけれど
バリっていまだに爪楊枝で貧乏くさい花を書かれるイメージが強くて
トリートメントという点でマニキュアやペディキュアに行くことがあっても
積極的にアートしてもらいに繰り出すことはなかったんですが、

今回の渡航で、クタのSari Ratuに行ってみました~

a0074049_855153.jpgお店のある gang. Bendesa は、
レギャン通りの元マタハリのあったトコの
マクドナルド斜め前くらいの細道。
レギャン通り海側のこの看板を目印にどうぞ!

a0074049_923978.jpg

a0074049_8564730.jpg お店の中はこんな感じ~

両手ともに片側からされたので
途中ちょっと
DVD見辛かったけどまぁ別にいいか~
手足同時進行
だったから
所要時間80分ぐらいでした!!

~調子に乗って足にも3D+キラキラ石も付けてもらいまちた~

a0074049_858716.jpg


 右手2本・左手2本・足も親指に1本ずつで合計6本分の3Dアートをしてもらい、
 その結果、こうなりました~!
 (あーん!ホントはもっとキラキラしてたのに、上手に撮影できないよ!)


a0074049_916552.jpga0074049_9162595.jpg
(この際、ワタシの手や足が小汚いのは無視してくださいまし)
うーん、甘皮処理もちょっと甘いし、塗り斑とかもあるんだけど、、、、でも、、、でも、、、


アンタ、安すぎるよ!(嬉涙)

a0074049_9275116.jpg
Webで事前予約してたので20%offとはいえ
ベーシックマニキュア&ベーシックペディキュア
&3Dアート6本で、151000RPって!!
単純計算で 1800円ちょい?!

ワタシは車持込だったけど
送迎もあるし、お勧めです~
みなさんweb予約すべし☆
事前に相談にものってもらえましたよ。

[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-15 02:16 | bali & indonesia | Trackback(3) | Comments(6)
2006年 06月 13日
100万円ですか、、。
合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!
みなさんこぞって応募されてますね~
こういう夢のある企画だ~いすき♡というわけで私も妄想に突入!
でも、いざ100万円分考えてみるとあっというまに予算超えちゃうよぉ~
、、と、ごうつくババァのようなワタシ。

若い頃は、気軽で身軽な一人旅が大好きだったけど
やっぱり”分かち合う”ってことの楽しさやスバラシさを知ってしまった今、
素敵な風景や楽しい時間を、誰かと共有できたらな、、って思うのです。
もちろんもうオトナだから、それぞれのプライベイトな時間は尊重できるしね。
で、女同士でキャッキャ言う旅も捨てがたいし
夫婦で水入らず、ってのもいいし、両親と一緒に孝行旅行ってのもいいよね~
でも同行者によって旅の形態も行き先も目的も違ってくるじゃない?
う~んどうしよう、シュミレーション大好きなのに、その時点で迷っているワタクシ。

バリとハワイとメヒコは自腹でも常に行く気満々だから、
そこを旅先として選ぶのならうんと贅沢な滞在をする、、って感じがいいのかな?
唯一、メヒコで辺鄙な所に点在する”アシエンダホテルホッピング”、、ってのが、
普段なら辺鄙なとこから辺鄙なとこへの移動がおっくうで面倒なので
この際、近郊の空港からヘリ移動とかしながらあわよくばやりたい贅沢ってとこかな?
でもこの場合、ほんとは夫婦でいきたいんだけど、相方のキャラが、、違う。断念!

a0074049_15132154.jpgってことでやっぱり
女友達と2人でキャッキャいう方に1票! 
なら、南の島にキマリだね。
なかでも、
う~んと孤独な気分にさせてくれて
う~んと一人じゃない気分になれる
不思議な島・タヒチ
あるいは、
なんだかとても元気な気分になれる
カリブの島々
でも、どの島にするか、
どのホテルにするか迷ってたら
時間がいくらあっても足りないよぉ! 
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-13 04:20 | たびにまつわるえとせとら
2006年 05月 27日
そういうわけで行って来ます
a0074049_612258.jpg


ちゅーわけで、
そろそろバリ行き(ドリフ掃除)の時期になりまちた。

プロミスミーアゲインに参加した時に
”やっぱめおとタビもよいなぁ~”と再認識したワタクシは
今回は珍しく”めおとでロンボク”を目指しますわ。おほほ。

でも、Pieces-of-bali様からの、恒例の偵察指令もでておることですし~
在住のお友達とも遊びたいし~ 
ドリフの家 の大掃除もあるし~
というわけで、お互いマイペースなまたまたソロ活動だらけの休暇でございますが
とりあえず、2週間 勝手にだらだらしてまいります。よろしく。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-05-27 03:58
2006年 05月 25日
Promise Me Again !
ハワイに着いたら、長期で優雅なバケレン借りて楽しめたら最高ですが
大型ホテルが苦手なviajeraでも、着いたらまずここのホテルに泊まって
「ザ・ワイキキにやってきたぞぉ~」って実感するのが楽しみです。
ワタシにとって「the WAIKIKI」とは、ハレクラニでもピンクパレスでもなく
なぜかSheraton Moana Surfrider !!
a0074049_323305.jpg

この優雅なお姿を拝み、お部屋からダイヤモンドヘッドを見たら
「あぁ~ハワイに着いた」って思うのです。
もちろん私にとってワイキキはハワイのほんの一部の顔であって
エリア的にはもっとお気に入りの島やエリアがあるのですが、
ホノルル空港に着くと、違うホテルに泊まる時も、
この姿を拝みにひとまずここに直行ってのがワタシのお約束です。

では、ついでにお部屋もみてみます~??

a0074049_472860.jpga0074049_474994.jpg
はい、広くもなく、なんっちゅーこたぁありません。
だが、しか~し!!ベッドで寝ながら見れるダイヤモンドヘッド~

 
a0074049_4195570.jpg


lanai
からの
朝の風景~











そして夜の風景~
a0074049_4231570.jpg
a0074049_4322813.jpg



で、前置きが長くなりましたが、本題に入りま~す。

a0074049_4551098.jpg

このモアナのバニヤンベランダで毎週水曜日(私達が参加した時は毎週土曜日でした)
promise me again というツテキなイベントが行われておりまする。
夫婦であれば、モアナの宿泊客以外でも、ロコでも誰でも参加できるんですってよ。
もちろんその名の通り、夫婦が愛を再確認するセレモニー!

日頃、そのマイペースすぎる生活っぷりで
仮面夫婦の名をほしいままにしておる
ワタクシ達 セニョ~ル y セニョ~ラ でございますが、実は仲良しちゃんなのだよ
というわけで、参加しないわけがございません☆

これがねぇ~、挙式数時間後の新婚さんから金婚式を過ぎたカップルまで
しかもいろんな国からのツーリスト達が参加してて、いい雰囲気なのよ~
神父さんが参加者一人ひとりに声をかけてレイをかけて下さって
ありがた~いお話 → 誓いのレイ交換 → 祝福の音楽とフラ に続いて
踊ってチューして最後は、1組ずつ署名式。
結構、年齢層は高くて落ち着いた雰囲気で、
参加者もみんなハッピーなオーラが出てて
ぶっちゃけ、結婚式の時より感動しました。~セニョール談~

↓一人一人声をかける神父さん      ↓髪飾り かわゆい♡
a0074049_5224051.jpga0074049_5195315.jpg

私たちが参加した時は、日本のカップルは3~4組だけだったので日本語の通訳は
入ってなかったけど日本語の通訳が入るときもあるそうです。
なんか、名古屋のラジオ局が取材にきてたんだけど
ワタシを日系移民だと思ってて関西弁しゃべってたらびっくりされました。
「え?日本から?って」:笑:
セニョ~ルもハワイアンに「あなたは(ハワイの)どこの出身?」
って聞かれてましたっけ。
そんな2人だから、日本人の参加者にはちっとも話しかけられず
式典中はUSメインランドからの50代くらいの仲良し夫婦とつるんでおりました。
最初、ワタシは神父さんにウットリするわ、
ダンナはフラのお姉さんに目が釘付けやわ、と
大変不謹慎な夫婦でございましたが、コレ本当に魔法のように愛、深まりますな。

夫婦で渡ハされる方、ぜひ水曜日のプロミスミーアゲインに参加してみてください!
viajeraは、相方にプンスカした時には、
この証明書(?)を読んでこの時の気分を思い出すことにしてます。
↓ 奥さん、ええ言葉かいてありますわ!

署名した証明書
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-05-25 03:58 | hawaii
2006年 05月 23日
ぐるりバリ北半周の記録 その3
その2に続きましてぇ~

a0074049_217103.jpg
その時に同行だったhanaちゃんとは
’96に1ヶ月弱、
バリとロンボクを満喫した仲ですが
彼女にとってもそれ以来の北部。
早起きしてイルカ見るのも体験済み
ってわけで
「久しぶりに寄ってみたいけど
別に泊まらなくてもいいよな」
とアッサリ滞在は却下。
北部の風景を初めて見る
Y子嬢への接待気分で
ダマイロビナヴィラズにて
ランチでもしましょうか。


念のためお部屋もみせてもらったけど今回は3人利用だし泊まるまでもないかな?と。
でもお食事は、評判どおりのなかなか素敵な盛り付けで
「あら、田舎なのになかなかやるわね」って奥様も満足~。もちろん味にも満足~
(ここでもモロに浮かれ気分のヒト達が写ってるため
お料理やお部屋の写真がないのでごめんなさい)

おなかがいっぱいになったところで、ロビナのメインの通りを抜け
”ゲー!店とかすごい増えてる”とhana ちゃん、
”え?これで増えてる方なの?”とY子さん

シガラジャを超え、トゥランベン方面へと走る車内はカラオケボックス状態で大合唱♪
夕暮れの裏アグン山が浮かび上がる時刻にお気に入りの場所
ほっこり一休みしてから私たちのいつもの滞在拠点にたどり着いたのでした~
ここで、ほぼバリの地図上での上半分の一番海沿いの道を制覇した気分の私たち。

隠れ家(通称”ドリフの家”)で数日すごしたあと、
次は運転係のネコフミ少年だけではなく、Y子嬢のリクエストで、オテツダイーヌ
(お手伝いさん)の小学生の息子・通称チビマデをつれてイサ方面へレッツゴー!

a0074049_2313421.jpg


お宿は、「バリで一番眺めのいい宿」と評判のSIDEMENにある
PATAL KIKIAN。 大勢でおしかけたので、2BDRMと広いリビングと
使用人部屋まであるmega roomを予約。

a0074049_246187.jpg
a0074049_2414818.jpg
宿泊代についてるローカルご飯も とっても食べやすかった~
食べ盛りのチビマデも大満足。そして部屋では大暴れ。

一番はしゃいでたのはhanaちゃんとY子嬢なんですけど
最後にはチビほったらかしで(笑)
ワタクシ子供は苦手ですし、まったり本を読みたいんですけど
「かまってオーラ」のチビにまとわりつかれて困惑。
そんなときにはネコフミ少年にチビを押し付けて、、と。すごいな少年、使えるぜ。

残念ながらお空は曇ってたけど、ココ、すごい眺めですよ!
晴れてたら目の前にアグン山がどどどどどーーん!
朝が弱いセニョーラ・ビアヘーラも早起きしましたねぇ。
ただぼげーっとしているだけでとーっても満ち足りた気分になれました。
ほんと、行ってよかった。
つか、名物なのか?自慢なのか?噂にはきいていたが
デビッドボウイやミックジャガーがきたときの写真集がお部屋においてあったぞ:笑:

PONDOK WISATA PATAL KIKIAN
SIDEMEN- KARANGASEM
TEL&FAX 0366-23005


a0074049_2334841.jpg

    つか、写真汚すぎ。ホンマスンマセン…

だが、しかーし、
ローカルチックなpondokもとーってもバリらしくてヨイのだけど
もうそれまでにイヤっちゅーほどバリのローカルな風景は体験したし
当時、小洒落たものに飢えに飢えていた飽き性のviajeraさんは、
ぶっちゃけ、その時はその後の絶景ポイントドライブよりも
実は、心は”恒例・アマンキラでのティータイム”にまっしぐらなのでありました。
はい、ジュンイチなお味(もっちゃりしたお味)のキラでお食事には興味ございません。
キラは、あの眺めがごちそうなのです。お茶とスイートで十分でござーます。
そして、hanaちゃんとY子嬢は夕方にアリラマンギスでスパを予約していたので
「待ってる間、またお茶できる~。あわよくばアリマンでなんか食べれる~」とウキウキ。
the serai 時代から何度となく訪れているアリラマンギスの空間とお食事は大好き。
でも、ここは、泊まる機会は幾度となくあったのに、病に伏せてて行けなかったりして
なんだか神様は泊まらせてくれないんですよね。キーッ!

キラやアリラマンギスでのお話やお写真は、またいつか。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-05-23 04:58 | bali & indonesia