※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★


2006年 07月 01日
緊急のご意見拝聴 : 究極の選択
ワタクシゴトですが、viajeraには20年来の気心知れた道楽仲間がおりまして
20年も経てばその間に配偶者も巻き込んだりツレのツレが加入したりして今や大所帯。
現在は、住んでる国も地域もバラバラなのですが年に2回だけ集合する機会があります
それは「大お誕生日会」 参加者の生まれ月の多い毎年7月と12月が開催月。
ここ5年のパターンとしては「夏はハワイ島」「冬はバリ島」に集合しておりました。
viajeraは、どういうわけかどっちの島にもおんぼろだけどおうちがあるので
両方とも”おうちのメンテナンスがあるから”という名目を作れるので行きやすいしね(笑)
(っていうかハワイ島のおうちの方は全然行ってないじゃねーか!と友達のツッコミあり)
そのあと、各自数名ずつで近くの国を旅したり、仕事に戻ったり、好き勝手してるのですが
ここ2年間の私は、企画や宴会だけ参加してその前後は自由に過ごすパターンでした。
そこで、今年の冬の自分勝手として考えていたホテルのことを今年の幹事に報告すると
「宴会後に私たち夫婦は○○に行くから一緒にどう?」っていうお誘いが!
どっちも行きたいけど冷静に考えたら、12月は10日間くらいしか旅程をとれないし、
そのなかでドリフの家のメンテもあるから5日間は田舎で費やす事になるし
宴会参加とかで他にも用事はあるし、日程的にも予算的にも一度に両方は無理~!

a0074049_3593556.jpg最初に狙ってた物件は
やっと10月に
オープンするらしいココ。
なんか噂では、現在では
9月に某雑誌(B)と
某新聞(なぜかY)が
記事にして
お披露目するまで、
写真や内容掲載が
禁止されてるとか。
↑ココと、大好きな思い出のホテル再訪を組み合わせた南部滞在を考えてました

a0074049_445475.jpg一方、お誘いを受けたのは、、、
あ~麗しのあま~
(↑オヤジの駄洒落??)
でも移動が面倒だし雨季だし
その時期に行ってどうなの?
もっといい時期に行くほうがいい?
でも親友夫婦と一緒の
この機会を逃したら
重い腰が浮かなさそう~。

9月のバリの日程もまだ決めてないのに
12月の話で浮き足立ってる場合じゃないんだけど
ブルガリ・バリ と アマンワナ  この冬、みなさんなら、どっちにします??
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-07-01 00:05 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(18)
2006年 06月 30日
Buenos Aires の 3 amigos
a0074049_228255.jpg
           ~写真は Tango Bar "El viejo Almacen"にて~
もう、7年位前のこと。今から13年位前にケニア旅行で知り合ったMちゃんは、結婚して
ブエノスアイレスで暮らしていました。そこで、共通の友人Aちゃんの休暇にあわせて
私達3人、アルゼンチンで再会しようということになったんです。

駐在員夫人としてのMちゃんは、治安の悪いBsAsで 守衛がどど~んとかまえる
すっごい広い高層マンションでお手伝いさんを従えて優雅に暮らしていました。
彼女の、タンゴのレッスンにお邪魔したりもしたんだけど、お教室に行くのではなく
先生をおうちに呼んで何人かで集まってレッスンを受ける方式。
私たちがお伺いしたお宅は、日本のご自宅が高級インテリア雑誌に載ったこともある、
お洒落なマダム(日本人)のおうちで、そのセンスとかにも「ほぉ~」ってひたすら感心。
高級住宅街や、ちょっとウットリしたエリアはヨーロッパのお高級感漂うオサレな町並みで
ステキなレストランも、ランチなら陽射しも差し込んで気持ちい上にすごく安上がり!
*やはり人物中心写真のため写真がUP不可ですみません*

Aちゃんはすごい酒豪で、アルゼンチンってワインがすごく安いから毎日飲み比べ状態。
Mちゃんの旦那さんがタンゴバーに連れて行ってくれた時、すでに酔っ払ってた彼女は
ショーが始まったら一番前の特等席でゆらゆらと船をこぎはじめた!!ヤバイ!
他のお客さんにも出演者にも申し訳ないからとりあえず一番後ろの席に移動させて
放置プレイで寝させておいたんだけど、ショーの途中、1回もおきなかった模様。
せっかく来たんだから、とMちゃんがかろうじて起こすのに成功したのは
すでにカーテンコールの時。そういうわけで、あのすばらしかったショーで、
彼女が唯一見れたのがこの記事のトップの写真の場面だけだった、、というオチ。

ところで、このショーの帰り道ドライブで、Mちゃんの旦那さんが道を間違えて、
ちょっと治安が悪い通りに入っちゃったんです。ヤバイよ~って焦る在住夫婦。
そしたら、なーんか見覚えのある看板とお店と豆電球のネオンが、、、。
「あ!これ映画で見た~!」と、大コーフンのviajera。治安が悪い地域らしいので
翌日の昼間にもう一度つれてってもらう約束をして、おとなしくおうちに帰りました。

a0074049_414250.jpg見覚えのある方、
いらっしゃるでしょうか?
ウォン カーウァイ作品の
「ブエノス アイレス」
トニーレオンとチャンチェンが
仕事の後でよく飲みに行く店
として登場していた
”3 AMIGOS" でした~。
a0074049_422882.jpg
残念ながら、”飲み屋”は
夜のみの営業で
再訪したお昼は
お店に入れませんでしたが
セットだと思っていたので
”3人の友達”
”3 AMIGOS" が見れて
なんだか嬉しかったなぁ。
高級街だけでなく下町に紛れ込めたのもいとうれし。
(歩いてるのは現地のオカマちゃん♡)

一応、そのあと、カミニートにも行ったので写真つけとこう!
お高級な町並みのウットリも捨てがたいが、心惹かれるこの下町のポップさ(笑)
a0074049_442428.jpg



世界遺産も見ておく?
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-30 00:02 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 29日
オトナなW
a0074049_5471963.jpg

ワンダーランドのブロウシャーを飽きるほど眺めては、L.AやN.Yに行った時は
絶対Wに泊まろうって思っていました。その頃一番気になっていたのは
ニューオリンズのフレンチクォーターのWだったのですが、
あわよくば全部行きたい、、なんて考えたりして。
そんなワンダーランドの中でいまいち食指をそそられなかったのが実はココのWでした。

その後何度かhawaiiには行きましたが、建物そのものが以前あったホテルを
リノベーションしたものでなんともアッサリしている(遊び感に欠ける)のと
インテリアが「バリっぽい」って聞いていたので、ハワイでバリもどうか?でしょう??
しかもこのホテル、プールもスパもないんです。(マッサージは呼べます)
でも、ここのペントハウススイートからの眺めには心惹かれるものがあって、、、。
ペントハウスの公示料金はUS$3,000を超えるので、庶民には高嶺の花。
US$1560くらいまで下がる時もあるのですが、どうしようか悩んでるうちに
PHは無理だけど最上階のダイヤモンドヘッド側の角部屋をRQSTすることができたので
泊まってみることにしました。

a0074049_675179.jpga0074049_644229.jpg
レンタカーでホテルのフラッグを目印に、エントランスへ向かったんだけど
「え?全然 Wonder じゃない!」ってちょっと拍子抜け
でも、ハワイらしからぬ雰囲気がかえって新鮮かも?
エントランスも狭いし、レセプションもすごくこじんまりしてる

a0074049_694752.jpg入り口の角に
ラブホチックな紫のディベッド!
a0074049_6282786.jpg
(テブレしまくりですみません)

トップの写真のロビーの雰囲気はとっても好きだし、
ホント、オトナなオリエンタルなんだけど
そういう空間って、実はこのエリアだけなんですよ!
もちろんWにつきものの週末がクラブになるバー(ここの場合はレストラン)は
それなりにオサレな雰囲気なんだけど
お部屋は、フツーのホテルとかわらない狭さと間取り。バスタブもナシ。
クローゼットも狭すぎ。シンプルすぎてぜ~んぜんおもしろくない。
でもすっごく寝心地のいいベッドとお部屋のテラスから見える景色で
不思議な快適さがあるんです。

ほら、お部屋のラナイからこんなにダイナミックに見えるダイヤモンドヘッド ↓
a0074049_6361894.jpg

この景色を見るために、またここに泊まってしまうんだろうな、って思います。
ラナイから見える反対サイドはオーシャンビュー!

その風景や、お部屋の様子はまた今度のおたのしみで。

ここはW Honolulu Diamondhead
好き嫌いがハッキリわかれるホテルだけど、viajeraは この感じもキライじゃないな~。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-29 00:17 | "W"onderland | Trackback | Comments(2)
2006年 06月 28日
Aman Kila で 目撃ドキュン
a0074049_140234.jpg

雑誌やガイドブックなどに載りつくしているこの風景。やっぱりそれだけのことはあるね!
プーケットにアマンプリができてから数年間、プーに行く度に、プリに潜入したいなぁ~
という欲望はあったけど、当時は若僧のワタシには敷居が高すぎて諦めた。
ウブドのアマンダリにはじめてランチに行った時も「ランチオンリーだなんてセコイって
思われてるんだろうな~」ってドキドキしてた。(笑)今思えば、きゃわゆ~い話だワ。
今は、一応ちょっとだけ身だしなみとお行儀に気をつけて「ちょっとお茶しにキラへ~」
って感じでカフェ代わりに利用しているあつかましいワタクシ。

a0074049_284167.jpga0074049_2105099.jpg
ここでは過去、いろんな種類のスイーツを食べたけど、一番気に入ったのは
キーライムパイ。でもいつの頃からかメニューからなくなってて写真もないんだけど。
いつもブラックのホットかアイスコーヒーだけど、
キーライムパイの時は紅茶がお約束だった。

a0074049_2173462.jpg
←で、もちろんこうして撮影会突入(笑)
別にケーキだって
特別おいしいわけじゃないのに
どうしてこうも来てしまうんだろう、、
やっぱりいつも変わらない、裏切られない
この風景と雰囲気が、すきなのだとおもう。
以前は泊まりたくて仕方なかったけど
不思議と今は、泊まりたいとか
あのプールで泳ぎたい、とか思わないんです。
なんでだろ?
(お茶しに行きすぎて身近になりすぎ??)

a0074049_23074.jpg
多分宿泊客専用だと思うんだけど、
お客さんがプールにいないときは
ここでゴロゴロできるの~     
(スタッフの慈悲で許されているだけか?)→
以前ここに来る途中の坂道で
我が愛車が壊れてしまって
代車を呼ぶ間、ブティックとかで
暇つぶししてたんだけど
他にゲストもいなかったし
スタッフも優しかったから
最後にはデッキチェアで寝転がる始末。
ほんと、アンタ何様?
たまーに、段取りの悪い若いスタッフがいたりするのもバリらしい(笑)
インターンで来てた日本人のスタッフにも歴代で何人かお会いしてる気がします。

でも一番印象深かったのが、ブロウシャーの撮影会にたまたま居合わせたときのこと。
新しいGM夫妻が来たから新旧合同で記念撮影も兼ねてたみたいなんですけど
トイレに行くと、トイレ周辺で大勢のスタッフがソワソワしてる。「なんか変」って思ってると
西洋人のカメラマンの掛け声に合わせて、わらわら~~って出てくるスタッフ!!
帰ろうと思っていた私たちも足を止めて、カメラマンの奥さん(スゲー美人)と一緒に
撮影会を楽しく見学したのです。
一挙に”アマン”がフレンドリーに身近に感じた出来事でした。

撮影会実施中~
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-28 02:12 | bali & indonesia | Trackback | Comments(8)
2006年 06月 26日
CUBA ・ Havana 旧市街地でスローにウキウキ
a0074049_5552192.jpgCUBAのいいトコ~
アメリカからの
直行ができないから
行きと帰りに
メヒコに寄れるトコ~
単純な理由でCUBAへ。

私が好きなカリブは
リゾートメイン。
でもこの街の雰囲気も
外せない。
この時の滞在は、初Cubaだったので海云々は抜きにして
同行者のhanaちゃんととりあえずハバナの旧市街地へGO!
↑の写真はSr.ホセ・ルイスのおかげで安くなった滞在先:hotel Santa Isabel

思ってたよりエレガントでいい雰囲気。 勿論パテオやお部屋のテラスもちゃんとある!
a0074049_685125.jpga0074049_675167.jpg
ポラロイド色あせ地獄でごめんなさい。
写真ではわからないけどカトラリーもかなり素敵なんです!

a0074049_613353.jpga0074049_6133348.jpg
この街でいちばんビックリしたのが、どこにいても生演奏が聞こえてくること。
お仕事じゃない路上のミュージシャン達でさえ、ものすごくレベルが高いから、不快感ゼロ。
そしてその音楽にあわせて どこでも誰でも自然に踊ってるんです!!お散歩する少女もCUTE♡

a0074049_6195274.jpga0074049_623268.jpg
そしてあちこちに花売りオヤジ ↓


a0074049_6295147.jpg みんなとってもフレンドリーだし、
とにかくそこらじゅうに音楽とダンスが溢れてて
viajeraも浮かれ気分で、ご法度のお酒をぐい~っとひっかけて
あえなく撃沈。でも楽しかったからヨシ!
乗ってみたかったココタクシー↓
a0074049_6511961.jpg
そして、、、、

結局海に行く女~
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-06-26 03:09 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)