※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


2006年 11月 05日
"Amedの塩"にまつわるえとせとら
バリ塩といえばクサンバ産が有名ですが、Pやんの記事ばりばりちゃんの記事
アメドのお塩もなかなかだよ~ってことも少しは世に広まった(?)と思います。
  **ってわけでお2人のそれぞれのアメドのお塩記事にTBズキューン**

ワタクシの家族や友人もAmedのお塩が大好きで、今回は博多タワさんと虎林U嬢が
Bath saltにする為に10Kg+3Kgほどおつかいを頼まれていたので
父や友人へのお土産分も合わせて15Kg購入がMissionとなっておりました。

a0074049_14124085.jpga0074049_14133140.jpg
a0074049_1420104.jpgアメドの入り口から
ジュメルクにかけて
海沿いにこんな風景が広がります。
Hotel UYAHの併設ダイニングの
カフェガラムでは塩作りについて
教えてもらうこともできます。
でもね、6月の乾季真っ只中に前を通った時、塩は売ってるけど
塩田作業はサボリ中の様子で道具がジェンガのように積み上げられてまして、、、、。
今回 久々に作業中の塩田風景を見ることができました:笑:
しかも働いている人の姿がある~(爆)!近くまで行くのが面倒でズーム使ったので
まるで隠し撮り風ボケボケですが雰囲気は伝わるでしょうか???

a0074049_14114147.jpg

実際に買ったのは夜だったのですが、道端にナイロン袋に約1Kgずつ
入った塩の袋とタルにこんもり盛られたお塩が並んでいます。
このナイロンは暑さでねとねとゆるゆるになっている上、穴があきやすいので
私はいつもジプロックに移し変えて「SALT」と明記してスーツケースに入れます。
そして日本に着いたら木屑を取ってフライパンで炒るなどして水分を飛ばします。
この、見た目のあまり美しくないお塩を食用にするのに抵抗がある人は
お気に入りの香りをつけてバスソルトとして使われるのもいいかと思います。

a0074049_1415594.jpga0074049_14153517.jpg
a0074049_14163721.jpg15Kg買うというと
一家総出で塩を袋に詰め始めました
「あ、、、手洗ってからにしてくれ~」と
心の叫びもむなしく詰められていく塩。

ドリフに戻って数えたら13袋しかなかった
ので文句言いにいくと、不足分の2袋+
おわびで1Kgくれました。
だますつもりじゃなかったのよ~単に間違えたの~と恐縮されましたが
「10以上数えられないバカ?」とは思ったけど(笑)騙されたとは思ってないってば!

ここでお塩を買われる場合の注意は、なんしかガキンチョがセールスしつこいの。
まだ小学校にも行くか行かないかくらいの女の子達が
しつこくしつこく「学校に行くために買って~」って情に訴えてきます。
なんだか干からびた細工の小籠に申し訳程度に入った塩を10,000RPとかで
売ろうとするの。冷たい私は豪無視ですが、明らかに高すぎるので、
お土産に買ってもいいな、、って思う人は値切って買うほうがよいと思います。
もちろん納得の価格だと思えば気持ち良く言い値で買っても全然問題ナシです。
子供の攻撃がうっとーしいな、と思う人はドライバー付きでAmedに行った場合は
ドライバーさんに車を降りて買ってきてもらうという手もあります。

ちなみに私はは1Kg 5,000RPで買ってます(4~5年前から変わらず!)
ローカルさんは2,000RPぐらいで買ってるようですが、私はツーリストなので
そこはローカルさんと同じにしろとはいいませんので一応礼儀で5000払ってます。
でも、私が強引に5,000RP計算でおいていくだけで、本当は観光客価格は
もうちょっと高いのかも??もし、みなさんが行ってお値段を聞いた時
現在では最初にいくらってゆわれるか、聞いた人がいたらおせーてくださいね。
私がアドバイスできるのは、5,000までなら下がると思うよ♪ってことぐらいですかね
逆に たとえ2,000や3,000で買えたとしても、5,000RPくらい払っても
十分満足のいく買い物になるので、個人的には全く損した気にはならないかな。
買い物ってそういうものだと思うので、塩に限らず満足&納得できるお値段で
交渉を楽しんでみてください♪
味についてはPやんやばりばりちゃんからも保証付き!
私にとっては「塩=アメドの塩」なので、他の塩と比べて云々はわかりませんが(笑)
とにかくおいしくて安いので自分へのいいお土産&思い出になりますよ。

そしてviajeraさんはまたデンパサールの空港でX線に移った大量の粉を
すわ!コカインか!、、とざわざわする係員に
「ガラムですよ~」といちいち説明しなければならないのでした。
その上経由地グアムで、明らかに開封確認されてちゃんと閉じられずに
スーツケース内が塩まみれになる恐怖と戦わなければなりません
(そのためにもジプロックへの移し変え&内容明記は必須!)
毎回そんなことを考え始める頃、帰国の日が近づくのであります。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-05 02:13 | bali & indonesia | Trackback | Comments(18)
2006年 11月 04日
ジュクンに乗ってどこに行く?
a0074049_1164851.jpgさて、アメッドが意外と広いことは
以前にお話しましたが
車での移動も飽きたviajeraさんが
ちょくちょくお世話になるのがジュクン。
その日はドリフ前の海から
ジュクンで移動と相成りました。
もちろん観光の手段として早朝はサンライズジュクン、
昼間はシュノーケルやイルカウォッチング、夕暮れはサンセットジュクン。それぞれの
楽しみ方がありますが(ちなみにPやんは漁についていき魚をもらって帰ってきます)
ワタシは、普通にアメド内を移動する時とかにも利用しています。
これがね、陸から見る海も素敵だけど海から見る陸もかなり楽しいんです。
「お!あの宿は海側から見たらこんな風になってんのか!」とかの発見もあるしね。

a0074049_1244281.jpg
    ~ほら!ドリフ前の比較的漁村な海でもこーんなにキラキラして見える☆~

a0074049_1463153.jpga0074049_147295.jpg
a0074049_1474762.jpgディープブルー(左上)前を通り
バトゥタンガ(右上)を超えて
リインカルナシを過ぎて~
目指すは
シュノーケルに最適な
日本船沈潜ポイント。
でも、ワタシの目的は
シュノーケルではなく、、、、


さて何でしょう??
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-04 02:07 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(26)
2006年 11月 02日
Dia de Muertos
a0074049_14185036.jpg今日はどうしても
この記事をUPしたくて
バリ話はちょっとお休み~。
なぜなら今日は"死者の日"だから。

私がmexicoの魅力から抜け出せなくなった
最大の出来事が、オアハカで体験した
「Dia de Muertos」=「死者の日」でした。

私は「骨祭り」と勝手に呼んでいますが日本で言うお盆。バリで言うガルンガンです。
11/1~3にかけて、メヒコ各地でガイコツが溢れ返ります。そのガイコツがちーっとも
怖くなくて なんていうか「ブサかわゆい」 (ポップなガイコツについては コチラ をチェケナー!)
1日は子供の死者・2日は大人の死者が帰ってくるらしく、夜通しで
お墓参りをする習慣があるようです。しかも墓地の周辺に屋台はでるわ
墓地内にマリアッチ軍団は居るわ、いや本当は厳かな土着宗教行事なんだろうけど
観光客が入れる夜は幻想的ながらもとっても楽しい「お祭り」状態でした。

a0074049_14171481.jpga0074049_14174471.jpg
この写真
バースデーケーキ
に、見えませんか?
でも実はお墓なの。
お墓がこんなに
ポップにデコレート
されるなんて楽しい♡
(写真が古く見苦しくて
すみませ~ん)
a0074049_14294176.jpg私達もお線香やキャンドルや
お花持参でお参りをします。
おじいちゃんが一人で居る
お墓などではテキーラが
もらえるので(笑)
同行者のEvaちゃんは
お爺狙いで墓参り:爆:
←このお父さんは
お墓の前で弾き語りを
してらっしゃいました。
もちろん、本来は厳かな儀式なんだろうけど
便乗して何でも楽しむラテンな気質も手伝ってか10月後半からガイコツはあふれるわ
街中で何がしかのイベントが繰り広げられるわそりゃぁもう毎日飽きない!
酒飲みのEva(呼名は外人だが日本人。)は毎日の暴飲で胃を壊していましたが
外で音がするたびに「祭りが私を呼んでる、、、」と魘されながら出かけてました。
死者の日より前に行われるイベント(前夜祭のノリ?)にも一見の価値あり!

a0074049_14354860.jpg一番笑ったのが
この寸劇の行進
演者は男性ばかりで
街中を練り歩きながら
時にはレストランに
侵入して伝統的な寸劇
(但し ちょっとコミカル
にアレンジ)を披露して
最後に大ダンス大会。
踊りながら次の場所へ
a0074049_14364748.jpgもちろん見物客も
一緒に次の舞台へ
ぞろぞろついてゆく。

時には道端でも披露~

もうさいごには
ハメルンの笛吹き状態
移動する劇団の後ろに
人々の長蛇の列。

そういえば、この時期(10月末)は、ハロウィンも重なるから31日には子供大騒ぎ。
朝、ソカロのレストランのテラス席で朝食を食べていたらこんな珍客が!

a0074049_1456514.jpg

前日に飴玉を
買っておいたので
もちろんお子達に
ばらまきましたとも!
で、この期間中は観光客も仮装した人が多いんだけど
私も仮装グッズ持ってくればよかった!と大後悔。
でも当時の写真を見たら仮装もしてないのに仮装してるみたいなアフロでした :笑: 
ある時、教会の前で(何のパレードかは不明)子供たちの仮装行列がありまして
もう、この写真の先頭の紫の帽子?の子の"困った顔"にノックアウトされました。
でもやはり、Evaやんと私が一番釘付けになったのは
容赦のないディアブロメイクをされた後方の赤い子!圧縮したらボケちゃったけど
めっちゃくちゃバカカワユイの。あたしもディアブロの仮装がした~い!(変?)
、、え?仮装しなくても十分悪魔(ディアブロ)だって?:爆:、、、

a0074049_15111169.jpg

とにかく、この Dia de Muertos の行事を体験してから メキシコへの思い入れが
強くなったと思います。毎年この時期になると一層メヒコが恋しいviajeraさんなのです。
つーわけで今日は突然のメキシコネタでございました。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-02 01:37 | mexico | Trackback | Comments(14)
2006年 11月 01日
Mission POSSIBLE~チャンディのお宿偵察編 最終章~
a0074049_7564253.jpg本日ご紹介するのは
東部プール競演記事で
最後までUPしていなかったあのお宿
エントリーNo.C4
「Candi Beach Cottages」
ここ チャンディ ビーチコテージは
マヤウブドやレギャンビーチホテルの
姉妹ホテルなのです。
ばりばりちゃんうるんちゃんからのMission(お宿偵察)の条件は
①50部屋くらいの規模で税サ朝食込みUS60$ぐらいの宿
②海の前にあってプールやパブリックエリアが気持ちいい宿
③お部屋は豪華でなくてもいいから清潔な宿
、、というわけでこのホテル、公式サイト上は少しだけ予算オーバーなのですが
このサイトで見たらディスカウントレートが60US$以下!
上記の条件下では「お薦め度・俺的 総合点で1位」に輝いてしまった:笑:

**そして本日、ばりばりちゃんのレポがこのお宿の部分まで辿り着いたので
プールの記事にTB!! 実際に彼女が泊まったレポなので貴重~。**

a0074049_8425210.jpg設備面のことは
今後数回に分けてレポがあると思うので
「ばりちゅう」を読んでいただくとして
敷地内がちゃんと手入れされてあり
2箇所の、表情の違うプールがあり
そこそこゲストも寛いでいて
それでいてプール周りは混んでない
流れてる空気感がとてもいいの。
a0074049_8475148.jpga0074049_8484388.jpg
2つの気持ちよさそ過ぎるプールについてはばりばりちゃんのレポの写真には
とうていかなわないので私が撮ったイメージダウン写真よりもそちらを見ていただくとして
このホテルには狭いけどビーチもあってそれを臨む場所にレストランのテラス席。
あーここで朝ごはん、味は期待できないだろうけど気持ち良さそう♪

a0074049_8525741.jpgそりゃ、以前UPしたラマチャンディダサ
オサレレストラン&プールは素敵だよ
でもこっちの方が総合点1位のワケは
こののんびり感(余裕ってゆうのかな?)
そしてお部屋もこっちの方が気に入ったし
なんといってもスタッフの良さ。
とにかくすべてのスタッフがイキイキしてる
しかもおもしろいんだけどウザくない!
プールのサンケンバーのスタッフも、お掃除のスタッフも、レセプションのスタッフも
レストランのスタッフも、もちろん案内してくれたスタッフも、み~んな感じよかったの。
だから見学の時間中とっても楽しかった。(スタッフの制服はどうかと思ったけど:爆:)
ここに来る機会を与えてくれたばりばりちゃんに感謝しちゃった。ほんとにありがとう。

で、肝心のお部屋はといいますと、やはり姉妹ホテルの雰囲気に似てる~
建物は昔からあるものだから「え?ここセガラヴィレッジ(@サヌール)の低カテ?」って
いうような垢抜けない外観を持ってますが、掃除が行き届いてて清潔感はたっぷり。

では、お部屋へドーゾ
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-11-01 10:06 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(12)
2006年 10月 31日
公式サイトで見る Amed のお宿いろいろ 
<※このトピックは 今後も編集し続けてわかる範囲で更新していきます※>
           ~ 初回投稿日・2006年 10月 / 現時点での最終更新日・2014年 5月


★★ 渡航ごとに追記し続けるつもりでしたが、2013年頃から、お宿の建築ラッシュが相次ぎ
小さなホームスティすらもFBなどのページができているので全部を網羅するのはもう無理~。
そして、このトピの初回投稿時にはWeb代理店から予約できるアメッドの宿なんて数軒ぽっちだったのが
今ではbooking .comなどでもアメッドで100軒以上の登録があり お宿探しもしやすくなったし
閉業した宿、改装した宿などもあるので'14年の春の追記を最後に、一旦このトピの追記は終了します★★


'06年秋の渡バリ時のドリフご近所お泊りおでかけ先は 以前にレポしたように
海前のザ リトリート バリ(現・ゴールデンロック)になったわけですが、既出のオンザクリフ・または
オーシャンフロントのバトゥタンガやディープブルー 或いは ヒルサイドのバリクだけでなく
Amedには、供給過多と言って過言ではないくらいお宿がたくさんあるのです。
主流は10US$前後のバンガローやロスメンですが、50,000rp/dayなんてのも!
ここ3年の間には雨後の筍のようにどんどん新しいお宿も建ってます。
オープン間近のお宿を見つけるたびにふらりと見学に行ったりしてたのですが
実際に泊まる機会はあまりないので本当の意味での良さも悪さもわからない状態。
しかも一般的にアメドとして知られているエリアはとてつもなく広い。
旅の目的や滞在スタイルによってどのエリアにステイするかも重要。

a0074049_3393427.jpg最近できた
Anda Amed
(Pやんと私は
「白いトコ」と
呼んでます)の
ウェブサイトで
この地図を
見つけたので
村?の位置は
これを参考に!
私もいまだにどこからどこまでがどう呼ばれるエリアなのか
よくわからんのですが、今までに潜入したことのあるお宿で、Websiteがあるものを
amedの入り口から近い順に、以下URLをリンクしてみました。電話線も十分ではない'06年現在
サイトがあるぐらいだからrateは通常の安宿に比べたらお高めかと思いますし
私が過去に潜入したことのある宿は、まだWebsiteのないものの方が多いので
今回は、その分は割愛させていただいて、サイトができ次第追記で更新するつもりなので
番号のついているお宿は'06年の初回投稿時点での記入分となります。

今後の新築分のみならず旧宿も含めて どれぐらい増えていくか一緒に見守りましょう

***そしてPやんとグーグルマップに位置関係を記入したので
Pやんの航空写真over アメド2にTBズキューン!***

**そして、実際の風景は ライドンスクーターシリーズを チェケナー!!**

エリアとお宿情報はこちらをクリック上等~
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2006-10-31 12:51 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(32)