※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★


2017年 05月 15日
'17年春バリ その1~ スタートから2週間(主に東部)の自分メモ ~
f0319208_2246453.jpg
ごきげんよう~。案の定日付上1か月以上ブログ放置しとりましたが
個別トピは予約投稿なので投稿自体は2か月以上ぶりだからブログの書き方忘れがち~。
そして このままでは 日々増える新しい出来事や思い出に脳内メモリーを侵食されて
春バリ開始当時の出来事を忘れがち~。このままじゃー私にとってこのブログを
続けることの最大の目的である「それがいつの出来事でその時はどんな風に感じたか?を
しつこく記録しておいて 数年後に検証して懐かしんでほくそ笑む」という老後の楽しみが
尻切れトンボになってしまうぅぅぅ~、と ハッと焦り始めた滞在6週目。(遅っ!)
頼れるのはスマホで適当に撮影した写真とそれらの日時などのデータのみという状態で
今回もぼちぼち滞在中の備忘録的ダイジェストにとりかかっていこうと思います。
もちろんその中でも印象に残ったことは帰国後に個別トピでしつこく記録しますが
今日のところは出発からの2週間のできごとを遠い目でぼんやりと思い出す作業から。

あ、今回も往路はセールの時に買ったエアアジア利用。+荷物40kg申請で
諸経費込で片道3万円弱だったかな?? それならMHのキャンペーンや
GAのセールが安いのに!とよく言われますが、すいません60日間滞在となると
そんなに安い値段で出てないんです。CIやPRやKEは長期でも安いのがあったりするけど
とりあえず往路が大荷物なのでYの20キロやCの30キロの預け荷物の制限量では困るし
大荷物抱えてどこか南部に1泊してから翌日東へ行くとかも面倒なんで深夜着はNG。
到着後に南で買い出ししてからアメッドへ直行することを考えたらGAの直行便ですら
到着直後にスーパーに行っても売れ残りしかないという嘆きもあり、昼頃に着くAir Asia
利用は 課金して荷物を40kg設定にできることもあって私にとってかなり便利なんです。
(ちなみにもうすぐ就航する成田直行便は、成田まで行く&要・前泊が面倒なんで
成田トランジットするなら関空発KLIA2かドンムアンでトランジットするわ、の気持ち)
復路はバリ発の直行便が3万円を切ってたのでGAで関空直行ですが、結局この取り方で
60日間滞在でエア代の往復総額57000円程だったから 私的には好条件で大満足です。

ただ、今回は出発曜日の都合で往路にKLIA2夜中のトランジット約10時間という
普通なら避けて通るパターンだったのでまたサマサマエクスプレスKLIA2利用で
5000円弱トランジットホテル代が加算されましたが、丁度KLIA2にできたエアアジアの
プレミアムレッドラウンジ
もどんなものか利用してみたくて 乗り継ぎ時間が長くても
「それも楽しみの一つ」と割り切っての往路エアアジアX、復路ガルーダの選択です。


では、往路のえとせとらと到着後2週間の思い出を。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-05-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 09日
Agung's Massage & Salon @Lovina ('16年春&秋編)
f0319208_0315933.jpg
リアルタイムでは'17年の春バリが始まろうとしている状態での投稿ですが
'16年の春&秋の2回の滞在中の記憶に残しておきたかった個別備忘録も結局またまた
綴り残したことだらけで次のシーズンへ突入してしまった~。でも一旦区切りはついたかな?

バンドゥン記録はバリ島以外ってことで割愛するとしても、同じバリ内の北部方面の
出来事(※春の北部ダイジェストは⇒こちら / 秋の北部ダイジェストは⇒こちら※)
春&秋合わせてもSanak Retreatの'16年春の食事編 / 秋の滞在・お部屋編 / 秋の食事編と
当時建設中の遊園地の飛行機ネタしか個別に残せていないというていたらく。

でも今後はできるだけVOAの延長手続きをシガラジャのイミグレで行う予定で
つまりロビナのK子さんちに遊びに行くことも渡航ごとの恒例化になりそうだから
北部方面は今までよりも身近になること間違いなし!という個人的な思惑もあって
北部メモリーの個別記録はまた今後の課題にしていこうと思っているんですが
その前に K子さんに感謝を込めて(笑)やっぱりAgung's Massage のことは
次のシーズンに進む前にメモっていくべし!と思ってこのタイミングでの投稿です


ロビナに行ったらアグンズマッサージ&サロンでトリートメントがお約束!
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-04-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 07日
Sanak Retreat 滞在記録 Restaurant編@ Desa Kayuputih, Buleleng ('16年10月)
f0319208_23441321.jpg
'16年10月のSanak Retreat 滞在記録。泊まった2Bedroom Bungalowからの風景や
敷地周囲のお散歩風景などは直前のトピでざっと雑にまとめましたが(※これね※)
この付近のお宿が大自然を感じられて眺めが良いのは 言ってみれば当たり前のこと!
そんな環境の中で自然の美観を壊さず風情を保ちながらも現代的な快適さのレベルも高く
更に食事が美味しいとなるとこれはとーっても貴重な存在。そりゃーもちろん南部の
レストランと比べたらメニュー数も限られてるしお味の好みも合う合わぬがありましょう。
でも、例えばカランガセムで考えるとSidemenも自然に溢れた田舎のダイナミックさを
味わえるとてもいいエリアだけど、西洋食に関してこのレベルの洗練を持つお食事処を
いまだに私は知りません。(別にそういうのなくてもいいっちゃーいいんだけど)
だから、カランガセムとブレレンじゃ~全然違うとはいえ 山と緑に囲まれた環境や
静かな村の暮らしぶりを求めてやってくるヨーロピアンに昔から人気という意味で
同じような客層で同じような開発ぶりなんだろうなーと思っていたこのエリアも
食事も含めていい意味での田舎風情が特色なんだろうなーなんて思ってたところに
前回の寄り道時にSanakのレストランで、期待以上の田舎における絶妙な洗練を
体験してしまったからもう大変。『食べに行く=泊まりに行く』になっちゃうわなw
というわけで、本日は10月のSanak滞在時の3食分のお食事の記録をしておきまーす。


このリゾートへは たとえレストランだけでも行く価値あると思います!
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-04-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 05日
Sanak Retreat 滞在 お部屋と周辺編 @Desa Kayuputih, Buleleng ('16年10月)
f0319208_21375130.jpg
'16年の春にK子さんとA(OJI)様と3人でドライブの途中でデザートを食べに行ったら
結局食事までしてしまって(※この時ね!※)リゾートの雰囲気も大変素晴らしく
「ここ絶対はるららお義母様が好きだろうと思う!田舎に滞在する時はどうしても
食事の心配がつきまとうけど、ここだったら絶対大丈夫!」と思って帰国早々と勧誘。
その結果、お義母様は「Munduk、行きたかったんよ~」と2つ返事で行く気満々。
ベッドルームが2つあって東西両側に見晴らしのいいテラスがあるという贅沢さと、
冷蔵庫が部屋にあるという点で迷わず2Bed Roomのお部屋を選択し
このお部屋は定員が4名なのでロビナ在住のK子さんも呼び出してご一緒しちゃおう★
・・・そんな感じでとんとん拍子に'16年秋のここへの滞在が決まったわけです。

ここにお泊りするのは初めてになるので本来ならハツモノ記録の時点で投稿しておくべき
でしたが、この秋は北部方面が退役飛行機ネタ以外ことごとく後回しになっていたので
レストランのリピート記録をするこのタイミングでお宿の記録も残しておくことにします。
とはいっても、4月の訪問時にお部屋をみせてもらって写真撮っていたことで油断して
滞在中はおしゃべりに夢中でほとんど部屋の写真がないんですけど、前回の訪問時の
写真も再度織り交ぜつつ、本日はSanak Retreatのお部屋や周囲の環境の備忘録です。
※注※こちらのリゾートは正確に言えばMundukの中心からは少し離れているのですが
最寄りのエリアがムンドゥックなので便宜上Mundukエリアと呼ぶ事にします。)


前回の訪問から5か月。こんなに早くお泊りが実現できて嬉しいよ~!
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-04-05 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 04月 04日
夕陽の時間にWaeni's へ @ Bunutan, Amed('16年4月)
f0319208_170668.jpg
'16年4月のある日。むっちゃんとこにダイビングのお客様で来られていた
A(OJI)様と その介護wwでロビナから参上されてたK子さんと一緒に
どこかアメッド内で夕陽鑑賞&夕食に行こう!ってことになりましてん。
A(OJ)様のアメッドでの拠点はJemelukなのでWarung Bobo (※過去記事代表※)
行ったことがあるだろうし、それこそお馴染みの丘の上だって現在はSunset Pointという
ワルン(※'16年秋の記録※)ができてますが当時はまだ建築中で選択肢外。
ダイビングでバニュニンの方に行かれることや食事でAquaterraceに行かれることは
あってもアクアのレストランも夕陽は見えにくい位置だし、じゃーA(OJI)様が普段は
あまり行かれる機会がないブヌタンあたりはどう??ってことで選択肢に上がったのが
The Griyaのルーフトップテラスで乾杯して夕景を見てからそのまま階段を降りて
The Griya内のSafka(※過去記事は代表で⇒直近のこちらから※)で夕食にするか
Waeni'sで夕景を見てから坂の下のThe Grill Bar&Restaurant (※過去記事代表※)
移動して夕食にするかの2択。で、A(OJI)様とK子さんが選んだのが②のコース。

というわけで、私も'14年の秋以来1年半ぶりにWaeni'sからの夕景鑑賞ですよ~!


Jemelukの丘の上もいいけどブヌタンの丘の上もなかなかのもんですよー。
[PR]
Top▲ | # by la_viajera | 2017-04-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback