※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


<   2017年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2017年 12月 28日
2017年 暮れのご挨拶
d0368045_16213530.jpg
今年も残すところあとわずか。1年の締めくくりの写真は
今年のの5月にまはちゃんとバイク徘徊中にアメッドの塩田エリア@Tukadseの
ビーチから見た夕陽。場所はWarung Segara過去記事の並びです。
この時点ではアグン山の噴火の兆候などはなく、なーんも気にしてなかったな~。
今年の秋以降は噴火警戒が出て実際の噴火もあってしかもまだ長引きそうなので
実際に避難していて生活が大変な人だけでなく観光客も激減した東部観光エリアでは
観光収入で生活している人にも大打撃だろうから 来年のバリ滞在はいつもより多めに
東部や北東部で消費したいと思うんだけど やっぱり南部への煩悩も捨てきれない予感。

この1年も毎年恒例の春と秋の各2か月ずつのバリ滞在に、毎度のハワイ島@12月と
約20日間の夏旅は大好きな中米カリブ地域徘徊に 死者の日に合わせて10月末からの
メヒコ入りという具合に 結局は自分にとって変わり映えのしない渡航先ばかりでしたが
大好きなメキシコに1年に2回行けた。しかも夏は概ね単独での冒険的徘徊に対して
11月は友人たちとわいわいできたというそれぞれ違った形態での滞在が出来たことは
ここ20年以上続く自分なりの毎年のメヒコ通いの中でもかなり思い出深い体験でした。

ブログ上はここんとこマンネリになって日常化してしまい ともすればいつの出来事
だったか忘れてしまいがちなバリ滞在での自分メモ代わりの備忘録に特化していて
半年以上も前のことを改めてUPしているような具合なので、今やツイッターや
インスタやフェイスブックで旬な情報を取り入れて参考にしておられる方にとっては
全く参考にもならないバリでの記録ですが 来年もしつこく続けていくつもりです。
今年も1年、自分勝手な公開駄文におつきあいいただきありがとうございました。

それではみなさん良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 27日
ハンバーガー屋で待ち合わせてコーヒーのハシゴをする@Sanur ('17年10月)
d0368045_0122385.jpg
で、結局この秋バリでもサヌールには泊まりで滞在する機会はなかったんですけど
はるららお義母様とT子ちゃんの到着に合わせて南部入りをした’17年10月のある日。
4日分の荷物を抱えたままでは面倒くさくてあまりいろいろとハシゴはできないけど
スクーター移動ゆえに多少の遠回りや寄り道は可能だし時間の余裕もあるってことで
クロボカンに向かう前にサヌールに立ち寄ってまたまたmatahariさんと待ち合わせ。

お店選択を丸投げにしたところ、matahariさんの滞在先から近いという利便性や
喫煙OKの席があるという私への配慮もあって待ち合わせ場所に提案されたのが
シンドゥエリア・ダナウトバ通り沿いの 181° Burgers & Sandwiches
で、そこでバーガーを食べた後は近くのKOPITOKOへ移動して食後のコーヒータイム。
もちろん私にとっては2軒とも初めてのお店だったのでこの機会に記録しておきます。


シンドゥーでハンバーガーと珈琲のハシゴでーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 25日
昼下がりの Genius Cafe へ@ Pantai Mertasari, Sanur ('17年9月)
d0368045_23514194.jpg
9月のシルバーウィークでアメッドに集まった面々がアメッド滞在を終えて
K子さんは本拠地のロビナへ戻り、私とSawahSawahさんはしばしウブド滞在。
aiちゃんは3時間程のウブド立ち寄りの後その夜には帰国。Chieちゃんは空港へ向かう
aiちゃんと同じ車に乗り込み、途中でサヌールで降りて単独4泊という旅程でした。
お互い、ウブドとサヌールで後半の滞在エリアも違えば利用エアラインも違えども
帰国日が同じだったChieちゃんとSawahsawahさんは、最終日はChieちゃんのお宿を
ディユースで延長して一緒に空港に向かうつもりだとの事で、彼女たちの最終日は
午後から夕食を終える頃までの時間を、3人でサヌールで過ごすことになりました。

で、ランチどこで食べる? わし、最近のサヌールはあんまり知らないよ~
8月末に行ったSoul On The Beach(※これな※)も良かったけど、多分夜は確実に
ハズレのない店に行くから 昼のうちに行ったことないお店に行ってみたいしー、って
matahariさんにSOSしたら Malaika Secret MokshaGenius Cafeがオススメだって!
マライカの方は以前は海辺だったけど今は車道沿いに移転してるみたいだし
ヘルシー系のところは禁煙の可能性があるので、せっかくのサヌールのお昼なら
海辺の立地の方が望ましいってことで Genius Cafeに行ってみること決定~★
(ちなみにその日はmatahariさんは別エリアにお出かけ中だったので合流はしてません)

で、結局後日情報でマライカの方なら喫煙エリアがあったかも?という吉報に反して
Genius Cafeの方が外席も含めて全面禁煙でストレスな結果になったんですが
せっかくここまで来たからといちかばちか注文したものがめっちゃくちゃ美味しくて
外席でもビーチ席でも周囲全面禁煙なのは少し躊躇してしまう点ではありますが、
それでも ハピネスボウルはまた絶対に食べに行きたいと思うほど気に入ったわ~。


サヌールの南側のビーチ沿い。Genius Cafeに行ってみたよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 23日
Soul On The Beach で待ち合わせ @ Pantai Sindhu, Sanur ('17年8月)
d0368045_23154989.jpg
'17年秋バリでの個人的ハツモノ記録は年内にサヌール編を2つ3つ・・・。
'13年5月以降、サヌールには何かのついでに立ち寄る程度で泊まっていないのもあって
ここ数年はあまり徘徊していないエリアなんですが、それゆえに通りがかるたびに
新しい物件が目白押しで目移りするばかりで 結局選択肢多くなって迷うことしきり。
この秋はmatahariさんのサヌール滞在時期と重なったので南方面に行く予定がある時は
サヌールで待ち合わせをして2~3時間のお茶タイムにつきあっていただきました。

8月末におっさんの予定で空港とデンパサール方面に行くことになったある日。
おっさんの用事中の私は退屈死間違いないのでその間はサヌールでソロ活動決定★
サヌールに疎いドライバーが私を降ろしたり迎えに来るのにわかりやすい場所で、
なおかつmatahariさんが滞在中のお宿に比較的近いエリアという条件の下
シンドゥビーチ界隈のお店で待ち合わせしましょうということになりました。
そういえば この夏からSoul In A Bowlがシンドゥビーチのあたりに姉妹店出したよね?
matahariさんはもう何度も行かれているだろうけど わし、ちょっと行ってみたい★
・・・とお願いして、Soul On The Beach でお茶することになりましたの。ふふふ。


わーい。久々にサヌールの海辺で待ち合わせですよ~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-23 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 21日
The Athaya Ubud Jr.Suite#208滞在記録 @ Br. Kumbuh, Mas, Ubud ('17年9月)
d0368045_2054733.jpg
単独でのウブド滞在の時は、空きがあればテガルの塔の上(※過去記事代表※)
ルナゲ(※過去記事代表※)でお座敷トークにふけるという2択が最有力なんですが
同時期に誰かがウブドにご滞在中となれば、お互いの訪問時の気分転換の意味も込めて
私は今まで滞在していないエリアに宿を取って新鮮な気分を味わうのもいいなと
ここ数年はお宿の位置をバイクなら気軽に移動できる範囲内でジプシーしておりました。

'17年秋バリの9月、SawahSawahさん同時期滞在の時の前半は
ここんとこ気に入ってるPondok Tropical(※過去記事代表※)の2階部分にある
コネクティングルームをそれぞれ1室ずつ予約して、滞在中はコネクトドアの鍵を開けて
個別だけどプライバシーはある2ベッドルーム状態で利用することに即決しましたが
ウブド後半の私の宿はぐずぐずしているうちに候補の宿が満室になってしまったりで
ギリギリになってやっつけでいろいろと条件を書き出してチェックしてみた結果
マス村あたりなら 姐さんが後半に泊まるテガルからもバイクで近いからすぐ行けるし
今までプンゴセカンよりも南に泊まることがほとんどなかった自分にとっても新体験★
ちうわけで、本日はこの9月に2泊した The Athaya Ubudの備忘録です。


同時期滞在者が居る時限定の郊外のお手頃価格宿ジプシー。今回はマス村方面です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 19日
Bali Swing に行ってみたよ!@ Desa Bongkasa ('17年9月)
d0368045_294622.jpg
去年('16年)の秋に予定していた現地合流が直前に渡航キャンセルになって以降
今年の秋バリで1年越しの実現になったSawahSawahさんとの同時期ウブド滞在。
SawahSawahさんにとって1年半ぶりぐらいになるウブドでの滞在中にどこか
行きたいところがあったら少々遠くてもバイクでお連れしますよ~って伝えたら
「ブランコには乗らないと思うけど、どんなもんか見にBali Swingに行きたい」って。

今ではいろんなSNSにUPされまくってて流行のアクティビティとのことなんですが
私はインスタもツイッターもフェイスブックもやっていないので世間の流行には疎く
提案された時点(今年の1月か2月だったかと思う)ではもちろん前知識も全くなくて
住所的にウブドからは郊外だという点において「普段通らない道ってことは道中の
バイク徘徊も新鮮だから行くー!」ってとりあえず経路だけ調べて安心した後は
設備についてはなーんも調べてなくて、というか 約束したのが半年以上前だから
秋バリの開始時点では 実はす~っかり忘れてて ウブドに移動してから「そういえば
ブランコのところに行こうって言ってたよね。 いつ行く?」って思い出したぐらいw

そんなうっす~い知識で会場に行ったもんだから 実際に行ってみてから気付いた
【なにこれ?ツアー会社とかの本格的なアクティビティやん】っていう当たり前の事実。
事前イメージ的にはバリ各所にも設けられたインスタフォトジェニックポイントみたいに
どこかの休憩所的な設備の中に目玉物件的に供えられたブランコなのかな??という
勝手な思い込みがあったので、ブランコそのものも1つだけではなく数体あることや
わりと高い料金設定だということなどは現場に着いてから知ったという有様。
でも一番の驚きは、こんな郊外に日本人のグループゲストが異常に多かったということ。
普段、ラフティングやパラセイリングやバナナボートなどのスリル系アクティビティの
キャッキャした楽しい現場に居合わせることも立ち会うこともない私なので
日本人観光客率が高すぎた現場が逆に新鮮で、みなさんの絶叫や興奮状態の会話が
耳に入ってくるたびに「わ、めちゃ楽しんではる」って、こっちも嬉しくなってきて
この空間に居ることで私自身も久々に「ザ・観光客」な気分を楽しめたわー。


実はブランコには乗ってないんですけどねっwww
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 17日
Nusantara By Locavore @ Jl.Dewi Sita, Ubud ('17年9月)
d0368045_140122.jpg
'14年にRestaurant Locavore (※過去記事は'14年5月版 / '14年9月版※)
'15年に Locavore To Go (※過去記事は'15年5月版 / ’15年秋版 / '16年春&秋版※)
'16年に Night Rooster (こちらはバーなのでお酒を飲まない私は未踏です)と
毎年続けてそれぞれのコンセプトを持った系列店を開業させているLocavoreから
「今週にはインドネシア料理の Nusantara By Locavoreがオープンするよ~」と
メールが届いたのが'17年7月の頭だったかな?なんと4軒目もデウィシタ通りだとか。

去年のNight Rooster(こちらもデウィシタ通り)開業の時は カクテルバーなので
お酒を飲まない私には 同行者が酒のみでもない限り行く機会はないと諦めたんですが
インドネシア料理のレストランなら行ってみたい。というのも、インドネシア料理は
特に好きなわけではないけどLocavoreさんの系列なら素材もこだわっておられて
味も期待できるし自分にとって新しい発見もあるだろうから、と来店意欲満々。
1人で行ってサクッとナシチャンプルというようなメニュー構成ではなく
何人かでいくつかの品をわけわけしながら食べるのに適していると聞いたので
お一人様利用ではなく同行者がいる時に一緒に行くのがいいと判断したものの
9月の合流者は 安くて美味しいインドネシアンやローカル料理にはお詳しい
SawahSawah姐さんなので、果たして姐さんがいわゆる"インドネシア料理で
お値段高めのレストラン(しかも多分店内禁煙)"に興味を示して下さるかしら?
という不安はありました。でも、お店の前を通りがかった時にメニューを見て
姐さんが来店を快諾して下さったのでその場で早速翌日のランチを予約。

というわけで、本日はNusantara By Locavore でのランチ記録です。


フレンチフュージョン、デリカテッセン、カクテルバーに続く4軒目は インドネシアンですよー
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 15日
Villa Mojitoと Warung Pesisi @ Air Sanih, Buleleng ('17年5月)
d0368045_235729100.jpg
'17年春バリの終盤でアイルサニ(イエサニ)方面に行ったとき
おっさんの用事が終わるまでの待ち時間に放り込まれたイカンバカール屋さんが
イカンバカール屋にしてはローカルっぽくなくて「海辺のカフェ」っぽい雰囲気で
その敷地の隣にめちゃかわいいお宿が併設されていたのでお部屋を見せてもらったら
できたてほやほやのピッカピカなだけではなくボスの話を聞くと日々のお掃除や
メンテナンスにも力を入れている模様。今回はまもなく帰国時期で時間がないけど
秋バリの期間中にふらっと泊りに行けたらいいねーなんて旦那と話していたんだけど
'17年秋バリの後半は既にアグン山の警戒レベルが最上級化していて
うちからふらっと気軽にイエサニへ行くには 当時は観光客は通行制限されていた
エリア@クブの北部やティアニャールを通過しなきゃいけないので決行を断念。
(ブドゥグル~シガラジャ経由でも行けるけどうちからじゃ~遠回りすぎるからな!)

本来なら秋バリで滞在してからまとめて記録したかったのですが、
次回の春バリで滞在できたとしてもUPするのはかなり先になってしまうので
熱が冷めない今年のうちに'17年5月に軽く飲食で利用した Warung Pesisi
そこに併設されていた Villa Mojitoの見学記録をまとめておこうと思います。


イエサニでイカンバカールのワルンに入ったら可愛いお宿を見つけたよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 14日
The Peacock at 巴厘岛秘密花园潜水度假村 @ Tulamben, Karangasem ('17年5月)
d0368045_22362465.jpg
アメッド滞在中でもバイクで気軽に行ける範囲にいろんなレストランやカフェが
増えてきたことは 以前の食難民だった状況を考えるとありがたい限りなんですけど
それでもやっぱり人間とは欲深いもので、やっぱり中華料理屋がないのがプチ不満w
インドネシア風中華はあるんだけど私が食べたいのはインドネシア味のしない中華。
大好きなラオタまでとはいかずとも、そこそこ中華っぽいお店、東にもないかなー?
以前はアンラプラまで行けば中華系のインドネシア人がしてたワルンがあったけど
移転移転を繰り返して現在はないし、チャンディダサのクブももう今はない。
そんな中、むっちゃんが「トランベンに中国人のダイビングゲストをターゲットにした
チャイニーズレストランができてるよ!」
と教えてくれたので、一緒に行こうとしたら
当時のむっちゃんときたらポンコツ歯医者にかかっていたおかげでモノが噛めない状態。
「歯が治ったら行こうね~」って言ってるうちに春バリでの帰国日が近づいてきたw

そんな時にブレレンに行く用事が出来たのでその帰りにうちのおっさん(セニョ~ル)と
その中華もやってるレストランの場所確認をしていたら勢いで入店することになりまして
特にお腹もすいてない時の襲撃だったのでまともな感想を述べるほどには至りませんが
メニューには要事前予約のものも多かったので次に行く時の参考というか心得として
どんなものがあるかなどの記録中心でThe Peacockのことをメモっておこうと思います。


トランベンに中華が食べれるレストランができていたんでーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 12月 12日
まはちゃんとVilla Manggaを見に行く @ Bunutan, Amed ('17年5月)
d0368045_14275.jpg
'17年の春バリで初めて行ったアメッド内の物件はまだいくつかあるんですが
一旦ハツモノアメッド編の〆として、春バリの時点でまはちゃんとバイク徘徊した時に
お部屋を見せてもらったBunutanのお宿のことをメモっておこうと思います。

ここに入るきっかけになったのは、5月のヌサペニダ行き(※この時※)に備えて
その前後にK子さんとK子さんのママンがアメッドに滞在されることになり、
親子で来られる際はむっちゃんとこ(ガランカンギン)に泊まられているので
ヌサペニダから戻った後はいつもとは気分を変えて違ったお宿も試してみたいと。
ただしK子さんのママンは膝の具合が悪く、それなのにきっとペニダ島で脚力を
駆使するはめになりそうだからこれ以上膝や足腰に負担をかける立地は避けて
階段のない平地にある宿でできれば海ビューでお手頃価格のきれいな宿はないか、と。
少し前にUPしたSky Dancerの1階の部屋もいいんだけどむっちゃんとこからは
ちょっと遠すぎる。リパのHidden Paradise あたりも候補になったりしたけど
新しい宿をあまり知らないのでこの機会にどこか入ったことのないお宿を見学してみて
K子さんママンの滞在の為の参考にしようと思い、まはちゃんとのバイク徘徊の途中で
Bunutanの Villa Mangga Beachというお宿を見に立ち寄ってみましたの。

結局K子さんママンはヌサペニダからアメッドに戻ってこられた後も、気心知れた
ガランカンギンに泊まられることになったので(行き当たりばったりで予約など
しておられなかったのでどこに泊まるか選ぶのが面倒くさくなったみたいwww)
最終的にはこのお宿には泊まられていないのですが、見学した限りでは設備も
ロケーションもなかなかいい感じだったので個人的には高評価なんです。


まはちゃんとバイク徘徊デート中に立ち寄ってみましたよ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-12-12 23:55 | bali & indonesia | Trackback