※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


<   2017年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2017年 03月 14日
Cafe Cous Cous 再び @ Jl.Bumbak Dauh, Umalas ('16年5月)
f0319208_322836.jpg
時系列豪無視で'16年の春バリ・秋バリまぜあわせていくつかのリピート物件の中から
緯度を上げつつの立地順で記録しているわけですが、本日は'16年春バリでの出来事から。

日程が直前で二転三転した5月後半のインド帰りのK子さんのお迎え&南部訪問時。
K子さんが帰国されたらお互いの拠点(私はアメッド。K子さんはロビナ)に向かう前に
南部で2泊ほどしようってことで Yuu飯に行くこととThe Santaiに泊まることが
第一目標だったんですけど、一応前日はThe Santaiの近くの安宿をとっていたんです。
結局はポートブレアからチェンナイへのフラキャンで帰国が1日遅れたK子さん。
かといって前泊の安宿はもうキャンセル料金がかかる状態での遅延判明だったから
丁度朝出張先からバリに戻ってくるうちのおっさんの仮眠所に使えばいいさと考えて
前泊の宿(※ここね※)には「夜チェックインできないけど翌朝仮眠所として使うから
お部屋キャンセルしないでねー」と事情を説明し、当日早朝にアメッドを出て空港まで
おっさんを迎えに行き、正午のチェックアウト時間までおっさんと運転手に部屋提供。
チェックアウト後は、昼ご飯に行ったり買い出しをしたりして3時ごろになったら
ザ・サンタイ(※ここね※)にチェックインして運転手を東部に帰す予定だったんですが
おっさんと運転手が前泊の宿で2人で仮眠している間の私は近隣をソロ活動する気満々。
だってせっかく朝から南部に来てるのに仮眠で時間を潰すなんてわしには考えられん!
しかも運転手が居る時のおっさんは食事はローカルワルンしか行ってくれないけど
こうやって2人を仮眠所に閉じ込めておけば私は私の好きな所で朝食をとれる~!
さぁどこでソトアサしようかなー。バイクがないから徒歩圏内でいける所となると
'15年秋の徘徊でお気に入りになった Cafe Cous Cousへ再訪で決まりっしょ★
・・・ちうわけで、本日は’16年5月時点の カフェ・クスクスでの朝食備忘録です。


はるららお義母様との訪問から7か月。2度目はソトアサ利用ですよ~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 13日
お義母様のお気に入りは Hungry Bird @ Jl. Semat ('16年10月編)
f0319208_219267.jpg
丁度1年前の合流時のクロボカン~チャングーにかけての徘徊(※この時※)
はるららお義母様はすーっかりこのカフェのフローズンラテがお気に召されたようで。
丁度、この秋に滞在したレンタルハウス(※ここね※)がお店の近くだったので
ビンギンから移動して到着するや否や「ハングリーバードに連れてって!」とな。
大渋滞でビンギンからの移動に時間がかかったのでその時点で既に16時半頃。
夕方5時には閉店してしまうので既にオーダーストップになってるかもしれないけど
「開いてたらとりあえずテイクアウトでいいよね」って慌てて駆け込んだこの日。
この付近のエリア滞在は3泊4日間しかないので、他にも行きたいカフェやお店が多く
お宿から近いからといってなかなか毎日通うまでのヘビロテはできなかったけど
気づいたらコーヒーブレイクだけでなく水分補給のジュース休憩に立ち寄ったり
フルーツ盛りをブンクスしたりして、やっぱり滞在中はお世話になること2度3度。

いつもなら気に入ったら同じ滞在期間中でも何度も通うようなしつこい私達なんですが
短い日数の中でいろいろなお店に行ってみることが第一目標だったこの秋の滞在では
これまたお義母様の台のお気に入りのGusto GelatoDeli Campur Asiaでさえも
この3泊4日の間に1回ずつしか寄れてないのに、日々のランドリー(※ここね※)
Hungry Bird Coffeeの2軒だけは複数回行ってたなーということに気付いたので
この秋の滞在の思い出として、Hungry Bird Coffeeのことを記録しておきます。


ヒエヒエでシャリッシャリでしっかり濃いいアイスラテとジュースの記録です
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-13 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 11日
Scratchはお肉だけじゃなく レバーパテ も絶品です!@ Kerobokan ('16年5月編)
f0319208_2464930.jpg
'16年5月。ロビナ在住のK子さんがインドのニコバル諸島からバリに戻ってくる日に
空港で待ち合わせして南部で1泊することになりまして、(ほんとは南部で2泊のつもりが
フラキャンで帰国が1日遅れたんよね。)約4週間のタンドリーチキンとカレー味まみれで
「もうチキンもカレーもうんざり。生野菜とステーキと日本食食べたい!」と食欲大炸裂。
日本食についてはバリへの帰還早々にYUU飯(※この時ね※)で欲望を満たしたので
一夜明けた日のランチはステーキ食べに行こうぜいぇ~い★と繰り出したのがスクラッチ。

こちらのお店、「この付近で肉食べるならスクラッチ!」と友人達(外人だけどね)も
超オススメしてくれてて 初めて行った'14年秋はステーキじゃなくてパスタを食べたら
パスタもとーっても美味しくて、(※ その時の過去記事は ⇒ こちら で※
2度目に肉を食べに行った時はブログにはあげてないけど 頼んだものすべてがおいしくて
私自身もまた食べに行きたいと思っていたし K子さんにもぜひ味わっていただきたい。
で、もともと行く予定の日に「ハビスは嫌よw」ってお肉の予約をしておいたんですが
その日にK子さんが戻って来れず予約をキャンセル。無事に翌日帰国できたので
予約をせずに改めて翌日に飛び込んだらステーキは1人前しか残ってないとか(涙)
でもそのおかげで1人前は別のもの食べてみようぜ!ってレバーパテを頼んだところ
これがもう空~前~絶~後のぉぉぉ~美味しさで超絶感激。ほんまに何食べてもウマ★
ちうわけで、私も南部でお肉の気分の時は絶対ココ!と決めたScratchの記録です。


ブログでは'14年秋以来の2度目の個別記録になるScratch. やっぱり美味しいわ!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-11 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 09日
W Retreat & Spa Bali ~AWAY SPA と 夜のロビー周辺設備~ ('16年GW編)
f0319208_1431316.jpg
Jl.Petittengetという 夜もそこそこ周囲に盛り上がってるお店があって
有名なレストランや美味しいと評判のダイニングもタクシーやバイクでひとっとびの
立地にあるW Retreat & Spa Baliなのに、思えば 夜にホテルの外に出ていた日は
1日たりともなかったという'16年GWの滞在。(1日だけ19時過ぎに帰って来たけど)
昼間にプールでのんびりしたりホテル内の海辺の施設でお茶したりするのもいいけど
日中はあちこち出歩いてる私たちなので夜は「お腹減ったらルームサービスでいいよね~」
って感じでお部屋でのんびりしながら 海岸線の夜景を見たりうち上がる花火を楽しんだり
ロビーに降りるだけでも夜の照明にワクワクしたり、ホテルのショップを物色したり
空腹ならば各レストランや 飲みたい人はWoo Barなどに出向いても楽しいと思うけど、
個人的にWでの夜の時間帯で気に入っているのは 24時間営業ならではのAway Spaの利用。
スパとしては完全にホテル価格なのでお高くつくんですけど、フェイシャルでも
マッサージでも、寝る直前に受けれてそのまま部屋に戻って寝れるってよくね??

以前の滞在中にAWAY SPAのメニューを体験(※'11年春編 / '11年秋編※)しているので
私は今回スパトリートメントはうけていませんが、風呂設備としてのスパは大好物。
そう、このスチームサウナと温石風呂はスパでトリートメントを受けていなくても
宿泊客ならだれでもエントリーして24時間体制で無料で利用できる
んです。きゃ★
初回に滞在でご一緒したaiちゃんは、あの時はスパメニューを受けていないので
今回はトリートメントを受けてみる★と2日目の夜に単独でAwayのメニューに挑戦。
そして2人揃って3日目の夜は20時過ぎからスチームサウナとお風呂でエントリー。

ちうわけで、'16年GWのワンダーランド備忘録の最終章は お部屋で過ごした以外での
(※お部屋編はこちら※)敷地内で過ごした夜の時間帯を記録しておこうと思います。


'16年GWのわんだーらんど最終章は夜のスパとロビー周りのえとせとらを。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 08日
W Retreat & Spa Bali 夕暮れ時のWET周辺のえとせとら ('16年GW)
f0319208_12717.jpg
西側の海岸線上にあるエリアでの楽しみと言えば夕陽の時間帯。
近隣のレストランやビーチクラブへ行くのもいいけど、ホテル内で過ごしていても
サンセットの時間帯を満喫できるのがこの海岸線沿いのホテルに滞在している利点。
お部屋の向きやW自身の建物の影になる季節によっては海に沈む瞬間の太陽は見えない
こともあるけれど Spectaculer Ocean Facing Retreatのカテゴリーなら夕景そのものは
お部屋のバルコニーからバッチリ眺められるし、プール前のビーチ側のディベッドや
Star Fish Bloo 内の Ice Bar や Woo Barで サンセットの時間を過ごすのもまた楽し。

残念ながら'16年GWの滞在中はあまりサンセットのコンディションが良くなかったので
その時間帯にまだ外出先から戻ってきていなかった3日目はともかく、来客のあった
2日目と4日目はお部屋から出ずにお部屋の中で夕景時間を過ごしていたんですが
チェックインした初日は、お仕事終わりのIbu Mの来訪前の17:30~19:00頃までを
プールサイドのビーチ側のディベッドで夕陽を見ながらのんびり過ごしたので
本日はその時の写真を中心に、'16年GWのWでの夕景時刻のことを記録しておきます。


滞在初日にビーチ沿いのデイベッドから見たサンセットの様子を・・・。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-08 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 07日
W Retreat & Spa Bali ~夕方からのWOO BARは大賑わい~ ('16年GW)
f0319208_16393.jpg
特に週末ともなるとイベントなどで夜遅くまでズンドコ華やかなWOO BARですが
パリピな若者たちが行く場所だろうと勝手に思ってたら、夕暮れ時は若者だけでなく
わりと人生を謳歌してる感じで弾け気味のおじちゃんおばちゃん世代のゲストも多く
ちょっと小粋かつ陽気なリゾートのムードを満喫されている様子が伺えました。
成熟した老舗のリゾートのお庭でゆったりとした時間を過ごすもの休暇の醍醐味だけど
若返った気分でご陽気に過ごすのもこれまたリゾートでの休暇中ならではの楽しさ。
以前、遅めの午後の時間帯からここに来たのが4年半前(※この時ね※)だったから
当時は屋根のない席に関してはズタ袋的クッションの席とテーブル席とディベッド席
だけでシンプルだったのに年月とともに座席のレイアウトや箱のこなれ感も進化して
アイスキャンディーやフルーツシーシャのコーナーなど楽しい高揚感を煽られる~★
ちうわけで、本日は'16年GW時点でのWOO BAR の備忘録です。


'16年GW時点での主に夕方のWOO BARの様子をどうぞ~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 06日
W Retreat & Spa Bali ~日中のプール周辺のえとせとら~('16年GW)
f0319208_235565.jpg
気が付くと早朝でも深夜でもプールに入っているほどプール大好きなaiちゃんなので
せっかくの大型ホテルだからプールタイムを満喫できたらいいねーなんて言ってたけど
楽しみにしていた先への外食やお土産購入の為に外出する予定も2~3日あるし
ソロ活動日に私がプールでのんびりしたり敷地内やホテル周辺を散歩している間も
在住時代の同僚さんやお友達への挨拶巡りやお土産配りなどで忙しくされていたので
滞在中にaiちゃんがプールに入ったのは最終日の午前中だけだったという衝撃の結果w
1年前のリッツ(※代表でこれ※)では、立地的に引きこもること前提だったんで
メインプールやクラブラウンジのプール利用は滞在中の日課だったんだけど
Wの場合こんなに出かけやすいエリアだから4泊してもプール入ってる暇がないのか。

結果的にこの滞在では私の方がプールサイドで過ごす時間が多かったという結果。
ちうわけで、本日は日中のWET(プールエリア)とビーチ周辺の記録@'16年GW編です。


'16年春の時点での日中のプールや海岸線の様子をどうぞ。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 04日
Breakfast At Fire Restaurant @ W Retreat & Spa Bali ('16年GW編)
f0319208_7422828.jpg
この時の滞在はSPGからではなく現地代理店経由で早期予約の4泊コースで予約しており
ヴィラの場合はStarFishBlooが会場とのことですが リトリート棟(ホテル棟)の私達は
Fireでの毎朝の朝食が料金に含まれていました。SFBは海前というロケーションが
リゾートしてて素敵なんですが、個人的には【Wでの朝と言えばFire】の印象が大きく
SFBよりもFireの料理のディスプレイや雰囲気の方がワクワクして楽しいんです★
でも、いつだって調子こいて食べ過ぎて昼ご飯は要らない状態になっちゃうんよね。
特に滞在期間中の日曜日はジンバランでSundaraのサンデーブランチ(※これね※)
行くと決めていたので せめてその日だけでもお昼にはお腹を空かせておかねばなりません
だけど、たとえちょっと朝のコーヒーだけとかのつもりでFireに行っても
絶対なんやかんやビュッフェやオーダーものを頼んでしまうに決まってるから
誘惑に負けない為にもその日だけは無料でついてる朝食をもスキップして
あえてソトアサで軽く食べるだけにしておこうと、前々から意思を固めておりました。
もったいない話だけど そうでもしないとFireの誘惑に勝てる自信がなかったもんでw
というわけで、本日はその日以外の3回分の朝食記録をまとめてメモっておきまーす
(このトピも数日分の写真を時系列は無視して掲載しております)


滞在中のFire Restaurant出の朝食の様子を一気にいきまーす(またまた長編です)
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 02日
W Retreat & Spa Bali Ocean Facing Retreat #543 ('16年GW)
f0319208_792492.jpg
以前aiさんとW Retreat &Spa Baliに滞在した時はヴィラの方だったので
今回はお部屋から海がバーンと見えるOcean Facing Retreatを選択することは暗黙の了解。
aiさん到着2日目からの4泊5日間を過ごしたのがOcean Facing Retreat#543でした。
以前の滞在では、初回はヴィラ#35OFR#430 、2度目はOFR#545マーベラス
スイート#532
と、過去2回とも滞在中に2つのカテゴリーのお部屋を楽しんだので
滞在中にお部屋のお引越しがあったけど、今回はこの1部屋に続けて4泊するから
1泊500ドル超えたら「せっかくだから引きこもろう!」なんて思いがちな私でも
もはや同じカテゴリーは3部屋目だから使い勝手もよくわかってて珍しくはないゆえに
滞在中にふらふら外に出かけても全然もったいなくないという妙な気持ちのゆとり発生。
ちうわけで '16年GWのわんだーらんど記録。本日は5日間をすごしたお部屋編ですが
設備や眺めなどの記録だけでなくこのお部屋で過ごした様子もメモっておきます。


4泊5日分の内容なのでめっちゃ長編になります。(しかも写真の時系列は無視でーす)
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 03月 01日
W Retreat & Spa Bali~ ロビーとW Loungeのえとせとら~ ('16年GW編)
f0319208_1332324.jpg
'16年4月末~5月頭のaiさんGWバリ襲撃の際に南部での拠点にした場所は
2人が大好きなワンダーランド★ ちうわけで本日からは’16年GW版Wの記録なり~。

その1年前は、まだ泊まったことない所という理由でリッツにしたけど(※この時※)
その時にひしひしと感じた 「うちらーはやっぱりWが好きやわ~」の気持ち。
ブラウンフェザー(※過去記事代表※)滞在中にMad Tea PartyでWに訪問した時に
(※この時※)「次はやっぱりWに泊まろうね」の意思がガッツリと固まりまして
aiさんの1年後の'16年のGW滞在が決まった時点で 南部ではWに泊まることが確定★
Wは比較的新しいので、「年季が入って手入れされた広い庭(私達の大好物)」はないけれど
ここではバリを感じに来ているのではなく【Wを楽しむ!】という心意気での選択なので
これはこれで明るく楽しく元気な気分でリゾートムードを楽しめたら本望なんよね~。

というわけで、滞在は4年半ぶりになるW Retreat & Spa Bali Seminyakの備忘録。
写真は時系列無視ですが チェックイン時の様子などを含めて、まずはリゾートの玄関口
となるレセプションホールやW Lounge周辺の日中の様子をメモっておこうと思います。


毎年何らかの形で訪問はしてるんですがお泊りは4年半ぶりだよ~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-01 23:55 | bali & indonesia | Trackback