※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です


<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2009年 06月 30日
Tandjung Sari の朝 ~'09年3月編 ~
a0074049_19243523.jpg
食べ物記録ばっかり続いてすいませんー。朝食メニューは 前回の'08年10月
前々回の'08年3月と変わらないんですが、やっぱり記録しておきたいのー!
今回もナシクニンがある月曜を挟んでの滞在ってことでtop写真は
月曜限定の朝食メニュー・ナシクニン '09年3月版。
'08年10月は丸かったゴハンがちゃーんと今回は三角錐になっててうれしー(笑)
前回、なぜかナシクニンを食べなかったセニョ。今回はしっかりオーダーしたところ
気に入ってしまって同じ日、「朝のナシクニンと同じのが食べたい」と言い出して
ルームサービス注文。まぁそのおかげでその夜、カユマニスカフェに行ったのにお腹一杯で
途中でブンクスに切り替えるという気ままっぷりを発揮されておりましたが・・・・。

今回のタンジュンサリでは、#24のテラスの居心地よさゆえにルームサービスもとったし
もちろんレストランでの夕食・大好きな空間のバーでちょいと一杯も重ねましたが
中でもこの風景の中で食べる朝食は、毎回同じでもそれが「幸せの鉄板」(笑)
いまや朝食メニュー内容よりも、「今日も気持ちいい朝のサヌールを感じながら
平和な1日がはじまるー!」って感覚を味わうのが私にとって一番のごちそうかも?

春バリでのタンジュンサリの朝ごはんタイムのはじまり~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-30 23:00 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(42)
2009年 06月 27日
ゴーヤで大喜び ・ 野菜たっぷりのナシチャンプル @ Warung Krishna
a0074049_16205286.jpg
すいません、このところちょっと大忙しなので 今日はサクッと手抜きの記録です。

夫婦でサヌールに滞在中、助かるのが「食の選択肢」という点。
これがねー、スミクロあたりになると私はせっかくの【街】だから、オッサレーだったり
女子心を満たされるウットリなところに行きたいわけよ。でも、セニョ~ル@旦那はんは
そういうところが苦手。しかも「米命!。」 ごはんと味噌汁がありゃ~大満足。
そしてパダンとか、スープ付のナシバリ屋とかバビグリン屋が好きなので、
「イネメシ飽きたー。田舎肉で既に口の中が痛いから、野菜ややわらかいものが食べたいー」
の私とは意見が真っ二つ。だけど、サヌールには私もオッサンも共に好きなワルンやレストランが
比較的多く存在するうえ、お洒落しなきゃ的なウットリの誘惑がないエリアなので、
その点での煩悩からも開放されてて夫婦滞在の時に食事に困らない。
・・・でもそういう理由で毎度同じ所にいくはめになっちゃうんですけど(笑)

で、秋バリのときにマックベンに行ったから1年近く再訪の機会をなくしてたワルン・クリシュナ
に「今回は絶対行く!」と決めてたので '09年3月 に再訪してきました!!

<クリシュナの過去記事は→こちら場所や各ブロガーさんへのリンクもそちらでチェーック

では、Warung Krishnaへ行ってみましょう~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-27 21:12 | bali & indonesia | Trackback | Comments(28)
2009年 06月 25日
サヌールで女同士のおしゃべりランチ @ Massimo
a0074049_17391832.jpg
'09年3月・タンジュンサリにチェックインした日、旦那@セニョ~ルは南部在住のお友達と会合
「ラッキー♪」とばかりに私は、イブMと約束してMassimoにランチに行くこと決定~
以前、ウ子ちゃんとのサヌール記録でもご紹介したように、マッシモに行ったら
前菜の盛り合わせ頼んだらそれだけで満腹になってしまうけど、イブMとだったら大丈夫(笑)

なんといってもマッシモは、妙に懲りすぎてなくてシンプルで私達の口に合うお味な上に
一皿の量が多くて安いのが魅力!お店もカジュアルで入りやすくて、いい意味で
サヌールらしさがあるので、海辺のロケーションでもないのに「サヌールに来た」感を味わえる。
女同士で気兼ねなく安くておいしいものを食べてお喋りするのにピッタリのお店だと思うんです。

春バリでは、イブMとのランチ会、そしてその10日後にはるららさんのタンジュンサリチェックインに
ついていったとき「やっぱ、マッシモ寄ろう」って特に空腹でもないのに行っちゃった。
相変わらずミストディアンティパストで満足しちゃった2人だけど、今日はその2回の記録を。

では、ご一緒に お昼のマッシモにランチに行きましょう~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-25 19:16 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(36)
2009年 06月 23日
illy (Dancing Dragon ) VS Lavazza (Hidden Paradise) in Amed
a0074049_1832387.jpga0074049_18322392.jpg
ドリフが建った頃には、アメッドに限らずバリの町カフェで美味しいコーヒーが飲めるとは
思ってなかった私。(ちなみに私はバリコピが苦手だったのです)
元々、エスプレッソよりフレンチローストのものをドリップしたブラックが好きだったので
日本からひいた豆を持ち込むか、サヌールのコピバリハウスあたりでマンデリン購入して
自分でドリップするかの日々。でも、1日に飲むコーヒーの量がハンパない私。
めっちゃ不経済なので、ネスカフェの粉でいいや~ってミルクでごまかして、やっと
インスタントになれた頃、バリでも各地でおいしい豆のコーヒーがのめるカフェが増えてきた。
でも、アメッドにはしばらくそんな、バリ・カフェ革命時代の波は押し寄せず(爆)
うまいコーヒーとハーゲンダッツとドラフトビールは田舎では夢だと諦めていた近年。
でも去年の渡航時ダンシングドラゴンコテージの前に「illy」の看板を発見。(ちなみに、ダッツも!)
さらに今回、リパの老舗宿 ヒドゥンパラダイスコテージの前には「LAVAZZA」の看板が!!

去年の2月のロビナ滞在時、「illy」の赤い看板に導かれてジャスミンキッチンに入り
結局illyのカプチーノだけハズレだった・・という本末転倒なこともある
バリではありますが(つまり、マシーンを使う人の腕や感覚も必要ってことね)
果たしてアメッドでは illyやLavazzaの豆およびエスプレッソやカプチーノのマシーンが
宝の持ち腐れになっていないのか・・・そこんとこも気になって 両2軒でカフェタイムを実行♪
結果はともあれ、Amedでこんなトピをあげれるなんて感激じゃ。あ~、時代は変わる。

では、かなりの長編になりますがコーヒー対決ついでに各リゾートの雰囲気もご覧ください~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-23 03:29 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
2009年 06月 20日
COFFEE SHOP & THE STORE @ Bunutan, Amed 【'15年2月閉店】
a0074049_1236418.jpg
Anda Amedでソトアサを楽しんだ後、はるららさんとやってきたのがこちらのお店。
場所は、アンダと同じ通り上のリパ寄り。今は経営が変わって閉館している元インドラウダヤナ
ホテルのエントランスの道はさんで正面になります。つまり景色はインドラウダヤナビュー(笑)
一応住所はブヌタンだけど、ほぼリパといえる位置。坂を下りるとリパの浜沿いに続きます。
ここはアンダアメッドと同じオーナーとのことでお店の佇まいやカラーリングがやっぱり似てる!!

↑の看板見たら下の絵の真ん中はどう見ても灰皿と煙草に見えるので「煙草休憩どうぞ~」
にも見えるんだけど店内は禁煙です(爆) 喫煙場所は外のテーブルなのです・・・・

ここは、アメッドでは現時点では非常に珍しい「完全冷房型」のカフェなのです。
でもカフェと言っても「コーヒーショップ」という名の通り、現在はコーヒーしか飲めないらしい(爆)
Pちゃん情報では、この時('09年3月)はコーヒーメーカーが壊れてて、カフェとしての役割は
果たしてなかった様子・・・(現在は改善されてるかも?)。しかも、屋内は完全冷房の為禁煙☆
じゃぁ、なぜ愛煙家の私がわざわざカフェ休業中のこのお店に寄ったのか・・と申しますと
「COFFE SHOP」よりも 「THE STORE」の方に用事があったんでぇ~す!!

※後日追記※ '15年2月に閉店してしまいました※

では、冷房万歳の店内に入ってみましょう~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-20 04:57 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
2009年 06月 18日
Amedでソトアサ @ Anda Amed Resort
a0074049_15344753.jpg
こんばんにゃ。はるららさんとの'09年・春バリ・アメッド生活記録、続けます。

こちらのリゾート、かつて軽くお部屋の紹介や ダイジェスト時にランチトピ
そして去年のニュピ前日の夕食など、ブログでもしつこく3回ほどご紹介しているように
ドリフ滞在時の、ちょっとウットリしたい時や洋食系外食ポイントのヘビロテ店の1つなんです
(他のヘビロテ店は、いわずと知れたバリク・セイルズ・そして去年OPENのアクアテラスっす)

そして今回、はるららさんのドリフご訪問時 「朝食つくるの面倒くさいねー」って話になって
だけど、アメッドのレストランやお宿で わざわざソトアサしたくなるような朝食メニューを持つ
お店は皆無といっていいと思う。バリクの朝メニューは甘いもの中心だし、ゴールデンロックも
以前はヘルシー志向で物足りなかったし(今は変わってるかもしれないけど・・)
他のお宿もたいていよくあるロスメン系の朝ごはん中心で、いまいちソトアサの魅力に欠ける。
Pちゃんとこ@アクアテラスならいいかもしれないけど Pちゃんとこはランチ訪問や夕食に
和食たべさせてもらいに行きまくってたので、 朝は、はるらら家夫婦旅の時の参考に、
別のお宿やお店にも行ってみようよ大作戦。そこで白羽の矢が立ったのが
「朝食も可愛いし選択肢にナシゴレンもある!」というアンダ アメッド リゾート
ためしに1度ソトアサに行ってみたら、2人とも気に入って翌日もソトアサしちゃった~(笑)

では、Anda Amed にソトアサしに行きましょう~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-18 23:01 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(26)
2009年 06月 16日
Ruma Makan Pecenongan Jakarta @ Amlapura
a0074049_227573.jpg
こんばんにゃ。今日は予告どおり、はるららさんとウパチャラの帰りに行った
アンラプラの「インドネシアン中華のワルン」の記録をしようと思うのですが、
案の定ブレブレ写真の連続でちーっともおいしそうに撮れてなくて無念・・。

名前だけ聞くとサヌール・バイパス沿いの「近年高くなって味もおちた?」と噂の有名ワルンと
勘違いなさる方もいらっしゃるでしょうが、名前が同じなだけで全く無関係だそうです
そして暖簾のスペルが違うのはご愛嬌(笑) 多分暖簾屋さんが間違えたんでしょうな。ププッ。

このワルン、見た目は小汚いローカルワルン(失敬!)なんですがなかなか侮れない!!
・・・と申しますのも、南部やDPSに行くとわんさかある中華系インドネシア料理のワルンが
東部にはなかなかないんです。私が知らないだけ・・ってのもあると思いますが
今までアンラプラでおいしい中華系のワルンってほんとに「ない」と思ってたんです。
チャンディダサのクブバリまで行くとおいしいのが食べれるけどいかんせん遠いしお値段も
ローカル暮らし感覚では、やっぱり宿併設のレストランだけはあってけっこう高値の印象。
ところが、ここなら お店は少々オンボロだけど、お値段も安いしおいしいし、
もうクブバリまでいかなくてもいいー!って感じですっかりお気に入りになってしまいました。

では、アンラプラのインドネシア中華のワルン「プチェノンガン・ジャカルタ」へGO~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-16 23:48 | bali & indonesia | Trackback | Comments(30)
2009年 06月 14日
はるららさんと行くウパチャラ @ Bebandem
a0074049_20445280.jpg
こんばんにゃ。数日前に無事にご夫妻でバリに旅立たれたはるらら奥様
春バリの時はこのご夫婦旅行の為の下見も兼ねてAmedに来られたので、
ニュピ直前にウブドで再会した時点から1週間ほどきまま~な合流ウィークとなりました。
おかげで、ウブドではとっておきのワルンを教えていただいたり、
ウブドで宿泊されていた「めっちゃ安いのに可愛い宿」も見せていただいたり
アメッドでも一緒になっていろんな所に突撃させていただくことができました!

ドリフ生活中、ウパチャラが重なることが多いけどあっちだけ行ってこっちは行かないという
気まぐれは逆に失礼。とはいえ全部行くには時間的にも労力的にも経済的にもしんどすぎ。
田舎だけかもしれないけれど、ちょっと行ってお祝いだけ渡して退散ってわけにもいかず
(とっとと帰るのは逆に失礼にあたるらしい・・・)いつもウパチャラのおよばれがあると、
セニョが居たらセニョに丸投げ。現時点ではよほどの知り合いんちしか行かない私。
でも、お友達が来てる時はこれもローカルライフを体験していただけるいい機会なので
ご希望があらば、一緒に行くという形をとってるんです。

今回、はるららさんが○日から○日まで来てるから、大きいウパチャラあったら教えてー、と
珍しく各方面に宣言していたら どうも、シベタンの東側・bebandemという所で知り合いの
結婚式&合同ポトンギギがあるらしい。早速はるららさんに打診したら 即決で「行くー!」と。
おかげで、久々にウパチャラに参加をさせてもらったので、今日はその記録を。
(※ ウパチャラとはいわゆる儀式全般のことです。過去ネタはこちらこちら をドゾ。)

では、ちょいとウパチャラにお邪魔してみましょうか~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-14 22:46 | bali & indonesia | Trackback | Comments(24)
2009年 06月 12日
Tubanでアフタヌーンティー @ Anggun Cafe
a0074049_20261897.jpg
こんばんにゃ。みゆってぃとの24時間コラボが一旦区切りがついたので
すーっかり春バリ記録も終盤の錯覚をして、我が家の壊れかけのPCを放置してましたが
よーく考えるとコラボは春バリ滞在30日のうちのたった1日分やんけー!ってことで
まだまだ記録していない春バリでの思い出はいーっぱい!!
写真整理も適当な現状なので今日はさっくりと手軽なネタでお茶を濁しておきます

以前、イブMとランチする気満々で2人ともベシャメルソースのお口モードだったのに
祝日でお休み・・・よってホワイトソースを求めてワルンイタリアへ・・という展開に
なったことがありましたが(過去記事はこちら)、去年の4ヵ月滞在時にも
どうしてもお口がベシャメル祭りになってしまったのでウ子ちゃん到着日のお迎え前に
半年越しの思いをかなえに、サンセットタイムに、クタビーチそっちのけで
アングンカフェで海老ドリア(エビグラタン食ったと思ってたら写真見ると海老ドリアでした!)
を食べたんですけど、まだ記録をUPしてませんでした・・・あわあわ
今回、みゆってぃ到着日に一足先にトゥバンのサンティカプレミエにチェックインした私
ヌサドゥアのリク3でアヤムベトゥトゥを食べ、スミクロ辺りのブティックを下見し、ネイル寄り道をし
カルフールでウェルチ関係を買出ししてバイクで向った先はやっぱりアングンカフェ(笑)
今回はアフタヌーンティー目的だったので、コロニアルリビングのワッフルも魅力的だったけど
ホテルに近いしでっかいアイスコーヒーに惹かれて、Cafe Anggunを選択。・・・というわけで
今日は今年4月のアフタヌーンティー共に去年2月の食事の様子も記録しておきます

では、アングンカフェにいってみましょう~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-12 20:53 | bali & indonesia | Trackback | Comments(22)
2009年 06月 08日
俺達の24-twenty four- in St.REGIS ~ 番外編① ~
24 in St.REGIS BALI @ みゆってぃとコラボ企画 番外編①

<本編はepisode 0の後半・INDEXより各章で本編復習してくれ給え>

長きに渡ってお届けしてきた"無職の主婦の悪ふざけ"的な 俺達の24時間も
ちょっとたまにはうっとりの野望を存分に満たせた状態で旅のコマが進んだわけなのだが
まだまだCTUには 我々の滞在中の24時間では網羅できなかった魅惑の設備がある。
4/8 14:00に南部を脱出し その後の2泊は田舎でひっそりと選挙の混乱を避けて
休養をとった我々は、4/10 18:00に、またCTU(セントレジス・バリ)に戻ってきた。
その日の深夜便で日本にご帰国される天然パーマー大統領のバカンスの最後を
滞在中は時間がなくて試せなかったスパのトリートメントで締めくくる為だ。
あぁ、体調不良でラグーンプールに入れなかった大統領の悔しさは、
せめてAqua Vitale Poolで晴らしていただき、マッサージで疲れた体を癒して
帰国便ではぐーっすり眠れるように・・・とのキャップの粋な計らいだ。
今日は 俺達の24 番外編①と題して、世間では Remède Spaと呼ばれる
CTU取調室での記録をお届けしようと思う。

リアルタイム同時公開のコラボ企画 大統領の 「ST. REGIS Remede Spa」
美しい写真でSPAが紹介されているので 並行して読んでいただく事をぜひおすすめする


(そして本件は 小山力也か岸学の声で読み進めていただくことを、くれぐれも お願いしたい)



俺達の24 in St.REGIS BALI 番外編① 【 4/10 18:00~21:00】  
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-06-08 18:00 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(26)