※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。


<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2007年 11月 30日
俺達に明日の予定はない!@ Koh Nangyuan, Thailand
a0074049_229103.jpg
こんばんは。気分はすでに、目前のバリ滞在ですが 奇遇にも '74年生まれ組が同行者
だった時の過去旅の話が続いたので 今日はその中でも最強で最弱なEvaちゃんとタイへ
行ったときのお話をさせていただきます。今日もバリネタでなくてスビバセンのタイチョです。

'97・秋。
その5ヶ月前にEvaちゃんとの旅行中にサンタフェで知り合った若者Y(最年少・男子)が
日本に一時帰国すると知った私達。「じゃーみんなでタイ行こう!タイは若いうちに行っとけ」と
成田で待ち合わせして3人で一路バンコクへ。・・・あ、もちろん貧乏旅でUAの特典券利用ね。

今でこそいろいろ最新情報が氾濫してるけど当時はガイドブックの情報だって
実情には追いついてない状態だし 途上国はすぐにシステムが変わる。その点バンコクは
「とりあえずカオサン行ってなんとかしよう。その後の情報は足と口コミで!」が成立したし
以前にもタイは何度か行ってたから、やはり具体的な予定は一切決めずに乗り込んじゃった。
丁度 職場の上司達が私達の帰国予定の前日・夕方からタイ入りする予定だと聞いたので
「じゃその日にバンコク合流ね~。うまいもんおごってや~!!」と、そこだけは計画入れとく。

案の定、きままなご一行は3人3様でそれぞれが自由行動し放題でバンコクを楽しみ
結果 「そやなぁ~。そろそろサムイ島にでもいってみよか~」のノリに。
もちろん、時間はあるけど十分なお金はないので往路はバスとフェリーを乗り継いでGO!
復路だけは、バンコクでのお食事会に間に合わせる為 エアで戻ろうってことでフライトを予約。
でね、TOP写真は Koh Samui ではなくタオ島とパンガン島の間くらいのナンユアン島って
ところなんだけど、今日はその小島に行くことになった奇妙なご縁といきさつのお話を・・・

本日も長々と思い出話でスビバセン~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-30 00:47 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(32)
2007年 11月 27日
Congratulations! 結婚式参列最遠記録@ Botswana
a0074049_17282269.jpg
¡Felicitaciones por tu matrimonio!
こんばんは。今月は3組の結婚式に参列。のっぴきならぬ用事で参列できなかった式が2組。
式はまだ先だけど挙式日が決まったカップルが1組。お祝い続きで寿貧乏なタイチョでつ。

祝い事ときくと「祭りじゃ祭りじゃ~」とばかりに駆けつけたくなるこの野次馬根性(笑)
バハマにもサンディエゴにも韓国にも行ったっけ。あ、学生の頃 イギリスでも出席したべな。
海外挙式での渡航で一番多かったエリアはやっぱりハワイ。そしてバリも多かったなぁ~
もちろん国内外問わずいろんな所で、新郎新婦の門出をお祝いさせてもらいました

その中でも、今までで一番遠かった挙式会場が 本日のTOP写真のボツワナ。1999年6月。
(かおりん、無承諾で掲載 許せ!<笑> そして今日もバリネタでなくてすいません)
これね、写ってる人は殆どボツワナ人なんだけど 新郎新婦は2人とも日本人です。
旦那さんが当時お仕事でボツワナ駐在中だったからなんです
もちろん、式場が遠すぎるのと 連休でもない普通の週末だったから日本からの参列者は
新郎の親友(しかも、結婚式とは知らされずにイベントをダシに呼ばれたというドッキリ企画)と
私(私は事前の準備があったので新婦から内容は聞かされていました。)の2名
他の日本人の方々は新郎のお仕事のお仲間達多数(但しこちらにもドッキリ)といった具合。
そして この結婚式、めっちゃ楽しかったんです~ 笑い死ぬかと思いました・・・

今日も長文ですが、アフリカ南部での結婚式の様子をどうぞ~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-27 20:43 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(28)
2007年 11月 24日
ミッキーマウスは本当にいる!@ Los Angels
a0074049_2162076.jpg
こんばんは。箱根で紅葉と温泉を楽しむ+知人に会いに東京へでかけてたタイチョです。

丁度同じ期間、うちの両親ってば 親戚のチビ達とディズニーシーに行っていた様子。
ぐうたら娘@わし が孫を産んでくれないもんだから親戚の子可愛がる可愛がる(爆)
私もまだSeaには行った事ないのにぃ~。・・ってそれ私が遅れすぎなんですけどね・・・

Disney と聞いて思い出すのは デビューがかなり遅かった私のDisney Land 体験。
先日のお掃除中にでてきた 旅日記(これは写真ナシバージョン)を読み直してみたら
あった、あった!!その1ページが TOP写真。時は1994年・とある夏の日@L.A.
これは、私の日記部分ではなく同行者「たかちゃん」(当時19歳) が書いたページ。
バリ話ではないけど、今日はせっかくだからこの機会にその時のお話をさせていただきます。

彼女にとっては10代最後の1ヶ月間。一緒にメキシコを旅しよう!ということになり
周遊のチケットだけ持ってあとは風任せ的な2人の大冒険が繰り広げられたんだー。
でも今思うと彼女のご両親がよく許可したなーって。彼女にとっては初海外だったから。
本当はメキシコだけを楽しむつもりだったけどUA利用だったからアメリカ本土でも同料金で
当時は3ヶ所ストップオーバーができたの。丁度その頃、共通の友人達がバンドのツアーで
N.Yが初日だっていうから、その日にあわせてメキシコからN.Y入り。楽日はサンフランシスコ
だっていうから千秋楽に合わせてシスコへ行く事に。間の期間はL.Aでレンタカー借りて
モーテルのハシゴしながら遊ぶかーー!・・って計画段階でどんどんと旅程の期間が延びて
日数調整のオマケみたいな形でLos Angelsに滞在することになったんだったっけ・・・・。

知らぬ間にディズニーの虜になっていった私達の変遷をどうぞ~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-24 22:21 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(22)
2007年 11月 21日
日本盛と 10年以上変わらぬ朝食 @ Four Seasons Jimbaran
a0074049_22471965.jpg
こんばんは。今年は年末の大掃除ができないので、今のうちにと思ってお片づけをしていたら
昔の写真大量発見!そうなるとお片づけどころではなくなって本末転倒のタイチョです。

先月も、過去の旅日記&ポラロイド日記を発見して かつての『全てがアナログな旅』
ノスタルジィ感じたりなんかしたわけで、冬眠までにたくさんUPしたいネタがあるんですが
丁度ベッティーナさんのところでFSSシリーズが展開中なので、旬のうちに便乗UP・・と
思いまして(笑) エリアは違うのですが今日はフォーシーズンズ・ジンバランでの昔話を!

FSJへの思い入れについては、過去記事でも少しご紹介させていただいたのですが
今日の写真も当時(10年以上前)のものをスキャンしたので画質が悪くてすいません。
しかも、なんでこのTOP写真なのかと申しますと 過去の写真や日記等を見直してみても
ここまで冷蔵庫の中身が充実してたホテルは珍しかったんじゃないかと急に思ったから(笑)
<ちなみに、散乱するパイナップルやバナナはウェルカムフルーツを冷やしてるだけです>
もちろん、もっと高級なものが並んでたり豪華なミニバー完備のホテルは数々ありましたが
何が、改めて私の目を釘付けにさせたかと申しますと・・・・・

では、冷蔵庫にまつわるえとせとら 及び、朝食にまつわるえとせとらをドウゾ~~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-21 01:47 | bali & indonesia | Trackback | Comments(26)
2007年 11月 19日
BALI Off The Beaten Track
a0074049_1833311.jpgこんにちは。エキブロメンテナンス終了後から
画像のアップロードが困難で四苦八苦。
軽くイラッときているタイチョです。
偶然なのかこれはUPできたので
今日は、この冊子のお話でも・・・・。
これは、春バリで発見の東部情報誌に続いて
Baliku の受付においてあった無料の冊子
分厚さも8mmもあって144ページで読み応えアリ!
エアパラダイスが発行しているようなんだけど
NOT   Kuta, Nusadua, Sanur
BUT   The Bali
you have never seen before

の 見出し通りの 「バリ、田舎案内」
この表紙は ジュメルクのビューポイント@Amed
もちろん東部だけではなく西部・北部・ウブドなど
地域やお宿やアクティビティの案内が掲載。
いわば「広告」なのであまり具体的なガイドには
なっていないけど、「へぇ~こんなとこもあるんだ」
って、奥深いバリの魅力を発見できますぞ。
ところで、夏バリで むっちゃんのとこに遊びに行った時、
「Amed 滞在の後は Mundukに向かうっていうヨーロピアンが多いんだけど流行ってんの?」
っていう話になったんだ~。 確かに以前から彼らは田舎好きだったけど近年はいろんな冊子
でも、田舎エリアが大フューチャーされてるみたいなんだよね。

次回の長期滞在では、計画をたてた時点ではジャワやロンボクやリンチャなどにも行くつもり
だったけど、まだセニョールの健康状態に不安ありなのでそこまでいけるかどうかは別として
この冊子を参考にしてバリ島内田舎巡りってのもおもしろそうかも~?
「Off The Beaten Track」・・・・常道を外れて・・・・うぷぷ我が家にピッタリの言葉(爆)

普通なら旦那が病み上がりの時に のほほんと4ヶ月も自宅を空けるなよー!って感じですが、
セニョも『ついでにドリフで暫く療養する』って言い張るんだからしょうがねぇ。決行じゃ。
おっさん長めの同行のおかげで前半2ヶ月は自由時間が削られてドリフ中心生活やむなし。
つか、あんな田舎で急に病状再発とか悪化とかするなよな! まじで。 ←鬼発言

前回書いたヴィザの延長も、Amedからならシガラジャの代行業者で頼むほうが近いので
北部方面にもちょくちょく行く事になると思うんだ~。いろんな所に突入したいし、
できる範囲&行ける範囲でいろんなバリの風景や変化を見て来たいなーなんて。
バリに着いてしまったら、ドリフ生活ではなかなかネットできないので、今のうちに情報収集に
明け暮れております。もし、バリ北部情報でみなさんのオススメとか気になるところとかが
ありましたら、是非教えていただきたい「北部は3年ぶり」のタイチョです。 よろしくっす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-19 19:48 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
2007年 11月 17日
期間限定・セミリタイアごっこへの道
a0074049_1282993.jpg
こんばんは。冬眠まであと2週間。やっと実感が沸いてきたタイチョです。

そもそも、個人的には老後はハワイで暮らす妙な確信があったのと、
経験上「旅行先としてならいいけど絶対バリに住むのは無理」と頑なな思い込みもあって
『老後はバリ』派のセニョ~ル@旦那と常に意見が対立していた我が夫婦。
鬼嫁的にはそれぞれが好きな所で別々に過ごせばいいじゃん!って気だったんだけど(爆)
幸い、ハワイでもバリでも両方とも住む所はあるのでヴィザ関係が一番の関門になるわけね。
いずれにせよあと20年後とかの話なのでその頃には規定も状況も変わるだろうから特に
具体的にはアクションは起こしてなかったし具体的なヴィジョンもなかったわけ。

ところが今年のはじめ仕事を辞めた私。でもいずれはまたどこかで働くことになるだろう。
働いていても こ~んなに旅行しまくってたとはいえ、その頃でも 2ヶ月を越える休暇はNG.
無職のうちしか長期滞在できないぞ!・・と思って春にのべ2ヶ月をドリフで過ごした結果
「あれ?やっぱりハワイ希望だけど、バリでも思ったより楽しく過ごせそうじゃん」って。(笑)

そしたらうまい具合にセニョが冬以降、ジャカルタとかバリの近くの島への仕事や、
慈善事業での訪問が増えるとのこと。訪問前後の休暇にあわせて私もバリから便乗すれば、
他の島も見に行けるぞ~!出張前後や私の誕生日付近や結婚記念日付近もセニョが
ドリフに来れば話は早いし~と、まことに自分勝手な自分都合の鬼嫁的長期バリ滞在を計画。
「冬に4ヶ月間過ごしてみるから『大丈夫』と判断したら老後のバリ移住も考えてもよくってよ~」
・・・と、宣言。リタイヤ後のシュミレーションを兼ねて、12月からのドリフでの
4ヶ月の期間限定セミリタイヤごっこに相成ったのでございます。 うぷぷ~
ぶっちゃけた話 日本で過ごすよりバリに居るほうが経済的だからという懐事情もあるんだけど。
で、TOPの写真は 数日前にゲットしたソシアルヴィザ。今日はそれについてのお話を~~

では、ソシアルヴィザ取得にまつわるえとせとらをドウゾ~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-17 19:00 | bali & indonesia | Trackback | Comments(28)
2007年 11月 15日
よいものに触れるということ @ TANDJUNG SARI でお茶する
a0074049_22441638.jpg
こんばんは。久々に整体に行ったら骨ガタガタだったタイチョです。もしかして歳のせい?

さて、細かいネタはたくさんあるのですが一応キリということで これが 夏バリレポの最後の記事
になります。何事も最後というとちょっとしんみりしちゃうので この夏のシメは次の冬バリに
続くものを・・・と考えた結果、Tandjung Sariでのお話をシメにさせていただきま~~す!

ぶっちゃけ、老舗の有名宿はそう簡単につぶれる事ないだろうから急いで行かなくてもいつか
お泊りする機会はあるだろうな~なんてずーっと後回しになってたタンジュンサリ体験。
ドリフ以降、田舎生活が多かったせいもあって 南部に行くときぐらいモダンに過ごしたかったし
古いお宿やインドネシアテイストのお宿を避けてきた・・ってのも遠ざかっていた要因かな。

だけど、いろんなお宿にお泊りしたり見学させてもらって、だからこそそれぞれの良さを再発見
できるようになった近年。セニョ~ル@旦那は私とは逆の好みなのでモダンな箱よりも古くても
地域色を感じさせるお宿が好みだし、やまさまの過去記事に触発されることもあって
夏バリの間にサヌールで半在住の友人に会う時、タンジュンサリでお茶待ち合わせをして
その雰囲気に直に触れてみよう。そして気に入ったら冬バリでお泊りしてみよう。と思ったの。


では、Tandjung Sari に お茶しに行きましょう~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-15 20:09 | bali & indonesia | Trackback | Comments(32)
2007年 11月 13日
『TAPIS』 で ランチ @ Kayumanis Private Estate At Jimbaran
a0074049_20195339.jpg
こんばんは。友人の結婚式で、本人達や親族よりも外野の私達の方が感動して大泣き。
最近、更年期障害疑惑もあるタイチョです(爆) いや~、めでたい席ってのはいいもんですね

ところで、タイチョがうかつにも<笑>結婚したのは'99年。(当時既に三十路。セニョは四十路)
今年の結婚記念日には 豪華じゃなくてもと~っても素敵な あのお宿 で過ごせたけれど
来年はどこに泊まろうかな?・・なんて野望を抱きつつ 夏バリの滞在中に、雰囲気チェック
も兼ねてランチビジターしたのが 『Kayumais Private Estate At Jimbaran

というのもKayumanis系列では '03の Ubud, '06の Nusadua.と、共にとっても気持ちよく
過ごせたので、「カユマニスにハズレなし!」と個人的に絶大な信用をおいており
いつだってviajeraさんのうっとり滞在の野望の中にエントリー中。
サヌールのThe gangsaは Pちゃんが泊まってる時にキャンドルディナーでお邪魔したり
他にも私用で出入りしたことがあるので雰囲気は掴めてるんだけど、カユジンにはまだ未踏
だったので 繁忙期でお部屋は埋まってて見れないとしても雰囲気だけでも確かめたかったの。
そして、短い南部滞在中 少しでもたくさんのウットリを味わっておきたかったしね!
・・というわけで 今日は、カユジンの『TAPIS』でランチをいただいた時のお話を~~

Kayumanis Private Estate At Jimbaran へ GO GO~~!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-13 00:35 | bali & indonesia | Trackback | Comments(24)
2007年 11月 11日
ワタクシ的日常 と 突撃近所の晩ごはん @ AMED
a0074049_17135587.jpg
こんばんは。日本でも料理を作らない(作れない)ダメ嫁のタイチョです。
バリでのドリフ生活中も、朝は適当に作るとしてその他は 差し入れかブンクスか外食続き。
でね、夏バリでのドリフ滞在時に バニュニンのちょっとアアス寄りにある別荘のオーナーから
夕食にご招待されたので、本日はそのヴィラ・フランボヤンのお話をしたいと思うんですけど

・・・・ちょっとその前に!!

やまさまから 「YouTube上でAmedの動画を見つけた!」 って教えてもらったので
早速チェックしてみたら、その動画に ちょっと いや かなり感動!!
投稿者さんは レヤンの宿 『ライフ イン アメッド』 (この過去記事に少し掲載)のゲストか
関係者の方かもしれないんですけど、このお宿とアメッド全体のプロモーションヴィデオに
なってます。6分強の長丁場ですが、これを見てもらったら タイチョが普段アメッド滞在中に
 (ただし、ツーリスト的な滞在ではなくドリフの住民@一村人として過ごした場合の話ですが)
どんな風景でどんな環境の中でぐうたらしているかがよ~くわかっていただけると思い
急遽ご紹介させていただきます!!(投稿者の方、無許可ですいません)

*動画タイトル* Life In Amed Bali(You Tube より)←タイトルをクリック♪

これね、どこからどこを撮ったか全部わかっちゃうぐらい見慣れたシーンばかりで
ちびっこ達の中にも、知った顔がちらほら(笑)。 もしも 「なんだよー 6分以上も見たのに
田舎の小汚い村の映像流してるだけじゃん!」って思った方がいらっしゃったらすいません。
でも、馴染み深い光景がどんどん出てきたタイチョとしてはこの映像を見て、なぜか無性に
自分がこの風景の中に居れることの喜びや平穏や幸せを感じずにはいられなかったんだ~
(だからといって ウットリ快適ライフも捨てられませんが・・・@ 強欲ばばぁ:笑: )
また、この投稿者の方の他の動画も、バリ全体の田舎の魅力がいーっぱいなので
素朴好きの方は必見ですぞ!!  教えてくれたやまさま、ありがとう♡

・・・・と、前ふりが長くなりましたが
予定通り バニュニンの奥のお宅へ訪問したお話に進むと参りましょう~~

では、突撃 「Villa Flamboyan」 の 晩ごはん ~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-11 00:27 | bali & indonesia | Trackback | Comments(30)
2007年 11月 09日
Banyuningで遊ぶ日々 ~BALIKU & MAHARASTA~
a0074049_16405420.jpg
こんばんにゃ~。お友達の結婚式に着るつもりのドレスがパッツンパッツンで焦るタイチョです。
あの~、買ったの1ヶ月前なんですけどぉー。知らぬ間に肉がついてる日本の秋。ヤヴァし!

さて、夏バリレポのAmed編はAMEDの道順にご紹介していますが、レヤン地区からは
しょっぱなにSAILSをUPしてしまった上、セランの BlueMoom や BatuTangga の増築も
夏の変化編でお先にご紹介してしまったので、急にバニュニンエリアのお話に飛びま~す!
< 各エリアの位置関係は、この地図で ご確認くださ~い!地図上にバニュニンの記載は
ないですが、地図3枚目の一番下付近から更に下の地図にない部分になります>


本日ご紹介する2軒は以前にも何度もご紹介していますが 個人的には このエリアを含めて
更に奥のエリアの景観が大好き!もちろん夏バリでもしょっちゅう遊んでいたのがこの付近。
もう何度もブログでUPしてるので今回は割愛させていただこうかとも思ってたけど
殆どドリフ周辺で過ごしたからにはここでの日々は自分の記録として残しておかねば。
ってわけで、またまた長くなるけど、2軒でのこの夏の収穫をご紹介させていただきま~す!

では、まず 丘の上の Baliku Resort からどうぞ~~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-11-09 01:03 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(28)