※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。


<   2006年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2006年 11月 26日
Nobotel Lombok プチ写真集 ~お部屋とお食事編~
Styさんのロンボク旅レポに便乗してノボテル ロンボクの魅力を再検証!
というわけで、昨日はパブリックスペース編をお届けしましたが
本日はお部屋やお食事やアクティビティ・サービスなどについてご紹介したいと思います
**勿論styさんの ノボテル・ロンボクDEランチ に予告通りのTBずっきゅん**

a0074049_312126.jpgこちらはビルディング棟と1階のテラス
a0074049_322761.jpg
ここには2棟のホテル棟(ビルディング棟)に77室、そして敷地内に
ササックバンガローと呼ばれるヴィラタイプのお部屋が23室点在しており
ホテルの敷地が1つの村のような雰囲気を醸し出しています。
数ヶ月前に滞在したPちゃんからは「敷地内が楽しいから一番安いお部屋で充分!」
とアドバイスを受けていたにもかかわらず、もともとここに興味を持ったきっかけが
サイトのバーチャルツアーのササックバンガローのテラスを見て
「あ、メキシコっぽい♡」って惚れたからだったので初志貫徹でササックさんを予約~。
お部屋番号のRQを入れていたのですが希望のお部屋の設備に不備があり
到着後いろんな場所のササックバンガローを見学しまくって私たちが選んだのは
プライバシーが確保され、なおかつ閉塞感がなく、緑がいっぱいのNo.510でした。
ちなみにオーシャンフロントのお部屋は2つありますが前を人が通りまくるのと
パーシャルオーシャンビューのお部屋やガーデンプールに面した
いわゆくラグーンビュー仕様のお部屋は、ご近所からテラスがチラ見え状態。
ガーデンプールに面したお部屋は、マイプール気分でテラスからプールどぼんが
可能ですが、そのエリアは当時ファミリー客が多く落ち着けなさそうだったし、、、。
お友達同士ならその付近も楽しそうだったんだけどね。
まぁとにかく私達は青ビューより緑ビューを選んだわけです。
(※ お部屋選びの詳細は こちらの過去記事でドーゾ※)
お部屋の内装や設備はどこも変わらないのですが
同行者や滞在スタイルによっていろんな眺めの選択肢があるのも魅力ですね。

ではお部屋の写真をドーゾ!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-26 06:25 | bali & indonesia | Trackback | Comments(34)
2006年 11月 25日
Nobotel Lombok プチ写真集 ~パブリックエリア編~
a0074049_7341319.jpg今年の6月の夫婦旅で訪れたクタ・ロンボク。
以前にもここの記事は書いたのですが(コレコレコレ
記事内容も写真そのものもレイアウトも
あまりにも適当だったのと(笑)
styさんのノボテル訪問時の記事を見て
また思い出したので、データを紛失していないうちに
改めてNobotel Lombokの魅力を再推薦!
*って事で、styさんのこちらの記事にTBズッキュン♡*
ホテルのビーチもとっても気持ちよさそうでしょ??
a0074049_7314729.jpga0074049_812430.jpg
a0074049_7542535.jpga0074049_8001.jpg
ロンボク行きを決めた時、まず候補にあがったホテルがオベロイロンボク再訪でした。
でもセニョ~ル(旦那)にどうしてもギリトゥラワンガンに泊まりたいと言い張られ(笑)
北西部での宿泊は ギリ・トゥラワンガンのVila Ombakに。
そして南部でのお宿は有無をいわさずここ ノボテル ロンボク になったのです。
このたび、写真を整理していたらけっこうたくさん撮っていたので(ぺっぽこ写真ですが)
せっかくなのでこの機会に再UPしてみまーす。

本日はパブリックスペース編で。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-25 10:44 | bali & indonesia | Trackback | Comments(15)
2006年 11月 23日
うるんちゃんに捧げるバラード おめめだし編
まったく個人的な記事なのですが、先日より うるんちゃんの Amed 滞在時における
気になるポイント山の上の民家について写真を探しているのですが紛失したようなので
これは12月に再挑戦してレポることにして、とりあえず「高台のバレ」に行く途中の
「オメメダシ」もとい「MEDITASI」というバンガローの「PRABU CAFE」
というワルン?について、とりあえずご報告を~。
高台のバレに往復途中の寄り道ポイントとしてお考え下さいやし。

a0074049_14483692.jpga0074049_14465936.jpg
balikuよりもっと奥、海側のこの看板を目印にどうぞ。昼間は海ビューです。
ここは、特に是非お薦めというわけではないんですが
(なぜなら、オーナーがうっとおしいから &、この日、あまりおいしくなかったから)
だらだらと飲んで過ごすにはかなり気持ちのいい空間です。
**Pちゃんこの記事にTBズキューン!!**

このお座敷が気持ちよすぎ!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-23 15:46 | bali & indonesia | Trackback | Comments(27)
2006年 11月 21日
魅惑のW Seoul Walkerhill ~'06編 最終章~
a0074049_3571725.jpg
ちょっとやそっとじゃここの素敵さを伝え切れなくて、ダラダラとレポして早9記事目。
こんなに引っ張ってしまってスビバセン。でもね、すぐにいろんなことを忘れる私。
自分の次の滞在の参考にするためにもこうやって記録を残しておきたかったの♡
ここまで気長におつきあい下さったみなさん、ありがとーごぜーます
というわけで最終章のトップ写真は、このホテルのいつか泊まりたい野望のお部屋
その名も"wow suite" 行ってきますの時に使った写真のお部屋でもあります

そしてもう1つ、いつか泊まりたいと狙っているお部屋は"fantastic suite"
(旧名・スパスイート) ちょっとぉ~素敵すぎ~♡ もち夜景ビュー。
a0074049_3584056.jpg
、、と余談になりましたが、つまりこのホテルにはまだまだ知られざる魅惑のエリアが
いーっぱいあるわけです。だからね、タイチョーが全部ネタばらししちゃったから
行った時の驚きがないよぉ~なんて嘆かなくても大丈夫!

では、掲載しきれなかったphoto特集~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-21 03:38 | "W"onderland | Trackback | Comments(17)
2006年 11月 20日
TheLivingRoom&WooBar @W Seoul Walkerhill
a0074049_14266.jpg
ホテルの第一印象を決める"顔"となるロビーフロアー。
このホテル、エントランスが狭いのですが(オートマティックの回転扉が1箇所のみ)
中に入ると、女子なら「わぁ~♡ 」って高まるポイントが目白押し
外壁も水玉の鏡ばりなので外から中の雰囲気は見えにくいからさらに楽しく驚ける!
時にはラブリー、時にはスタイリッシュ、時にはスペーシー、クールかつワンダフル。
滞在2日目の夜、近場でサムギョプサルを食べてホテルに帰ったら、お部屋には戻らず
Woo Bar でチョット一杯コースを楽しんだ私たち。
というわけで本日は、ロビーの"The Living Room"と呼ばれるスペースと
"Woo Bar"を中心に、1階 ロビーフロアにある施設などのご紹介を~

ワクワクしっぱなしの1階
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-20 03:41 | "W"onderland | Trackback(1) | Comments(16)
2006年 11月 18日
ホテル周辺活用術 @W Seoul Walkerhill番外編
韓国にはあまり興味のない私ですが、やはり煩悩まみれには間違いない!
もしガイドブックを見たり繁華街に出てしまえばそれなりに煩悩が沸き、あの店も行きたい
これも食べたい、となるに違いなく できるだけ外出せずにホテル施設を満喫する為に
W Hotelに滞在中は、「ウォーカーヒルから降りない」を目標としてましたが
丘の上にはWとシェラトン&それに関連する施設やDFS,散歩道くらいしかありません。
職場へのお土産はWの『kitchen pantry』でチョコを買うことに決めてましたが
やはり「海苔かってこい」だの「キムチかってこい」だののご希望も多く
帰国時、空港で買おうかな?ぐらいに思ってました。

しかし空港に到着後ホテルに直行したのでお水やアルコール類、おつまみなどを
ホテルで購入するのはとっても不経済。食事だって高いわりにそんなにおいしいとも
思えなく、買出し&ランチと2日目の夕食は外出しようと決め、2回だけ丘を降りましたの。
初日の夕食は買出しで何か買えるだろうし何もなければルームサービスとればいいし
2日目のランチ?そんなの朝バフェでランチ食えないくらい満腹に決まってる(笑)

あと、私はお隣のシェラトンの地下にあるワクワクな場所にでかけずにはいられない
Wホテルのエントランスを出たのは都合3回(散歩入れたら4回?)というわけで
ホテルお篭り型の滞在でも気軽に行ける近場のおでかけ先を3箇所ご紹介します。

ホテル前から最寄の地下鉄駅(2号線Gangbyeonか 5号線Gwangnaru)
までは誰でも無料で乗れるウォーカーヒルシャトルが20分おきに運行してるので
それにのって行けば地下鉄に乗り継いで繁華街までも行けます。
しかし私達はとりあえず上記のような目論見のため、丘の上と最寄駅周辺で
すべての用事を済ませるつもりなので、以下に書くおでかけ先は
「ソウルの見所」ってわけではないのでそこんとこはご了承くださいませ。
(ちなみに、よくガイドブック等に載ってるシャトルの運行ルートは少し違います
どっちかのラインは両方の駅に寄ってくれますし、その路線はカンビョン停車後
現代アパート前にも停留所があってそこにも停まってくれます)

続きはこちら~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-18 02:50 | "W"onderland | Trackback | Comments(14)
2006年 11月 17日
Fabulous Room @ W Seoul Walkerhill
a0074049_23451032.jpg
WETで泳ぎ、青と白のお部屋で最後のバスタイムを満喫した後、
約束の午後2時にベルスタッフがやってきてお部屋移動の開始~
翌日は14:10ホテル前発のKALリムジンで空港に向かうので、これから丸々24時間
すごすお部屋は、お気に入りのFabulous Room(旧・スパルーム)
このお部屋の選択ポイントはズバリ「窓際にでっかいジャクージがあること」
とーってもシックで落ち着いたカラーの中にちょっと意外なフロストガラスが効いてる。
バスタブとリビングスペースの境にカーテンもドアもないので仲良しさんとじゃないと
泊まれないけど、Pちゃんが相手だから全然ヘーキ。

それでは、2泊目の紫&茶でシックな落ち着いたお部屋へどうぞ~

Fabulous Room (No.1166)
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-17 01:22 | "W"onderland | Trackback(1) | Comments(18)
2006年 11月 16日
WET & SWEAT @ W Seoul Walkerhill
a0074049_1243146.jpg
このホテルの"WET"と呼ばれるプールについては、以前も書きましたが、
ここはAway Spaのある3階に位置しています。(スパ設備のレポはこちらでドーゾ)
上の写真は"SWEAT(スウェット)"と呼ばれるジムエリアです。
スパやジム施設利用者が使うロッカールームはプールとは反対側に位置していて
スパ・ジム利用者専用になります。ジム利用は宿泊者も有料になります。

プールには子供用のロッカールームはあるので、お子様はその場でお着替えできますが
プールだけに行くゲストはお部屋で水着に着替えておいてその上からローブを羽織って
エレベーターで3階に降りて来る。そして受付でサインをしてプールへ向かう
というアメリカンなシステムになっています。
この日も、2時間かけてたっぷりとった朝食の後 腹ごなしの為にWETへGO♪

では、屋内プールへご案内~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-16 03:27 | "W"onderland | Trackback(1) | Comments(6)
2006年 11月 15日
Kitchen @ W Seoul Walkerhill
a0074049_1144446.jpg
今回も朝食付きpkg選択の為、レストラン『キッチン』のBFバフェを堪能♪
朝食の為に起きて化粧して身支度を整えて、というのが非常に面倒くさいワタシですが
Wソウルではルームサービスよりも、俄然パブリックエリアに行くほうがワクワク楽しい。
あんまりお料理の種類も多くないし、エッグステーションはないけれど、
レストランそのものがオープンキッチンになっていてスタッフが各テーブルに
温かい卵料理のオーダーを取りにくるので、卵料理はその時に注文してください。
(こちらもバフェ料金に含まれます)スタッフは若者ばっかりだけどかなり気がききます。
ここは、一箇所にどーんとバフェコーナーがあるのではなく、
レストラン内の4箇所に、少しずついろんな料理が点在しているので
取りに行くのが嫌な人にはかなり面倒かもしれませんが、
色んな場所からいろんな眺めやインテリアを見るのも楽しいので
ここに限っては内部をウロウロするのが大好きです。そんなに広くもないしね。
前回は夕食でも一度利用したけどとにかく高いしとはいえ"激ウマ"でもないので
今後も朝食付プランで朝ごはんをもりもり食べる、というおトク手段でお世話になる予定。

喫煙席は、一番エントランス寄りの4つぐらいあるテーブルのみなのですが
そこは暗いので、食事を終えた後にそちらに移動して改めてコーヒータイムというのが
お薦めです。窓際の席は人気があってわっさわさしている上にチェアーだったし
絶好の眺めのコーナーシートは朝は大人数様限定ってことで座れなかったから
今回私たちは、2日ともルクルーゼエリア(勝手に命名)の正面のソファー席でお食事。

では、朝のKitchenへどうぞ~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-15 00:32 | "W"onderland | Trackback(1) | Comments(12)
2006年 11月 14日
aWay spa @ W Seoul Walkerhill
a0074049_12405389.jpg
では本日は、Wソウルウォーカーヒル内の"アウェイ・スパ"のレポを。
Wメキシコシティにもアウェイスパはあるけどソウルの方が断然設備が揃ってて楽しい。
(W Mexicocityのaway spa のレポはコチラでどーぞ!)
この上の写真のまぁるいプールはwatsu(水中指圧)というトリートメント専用のプール。
私はWatsuがだーいすきなのでここに来るたびにwatsuの予約を入れてます
今回は到着日の夕暮れ過ぎにWatsuを(その間PやんはWetへ!)
そして滞在2日目には夕方からPやんはスウェディッシュマッサージを
私はアロマストーンタッチ(いわゆるストーンマッサージ)をしてきました。

ホテルの3階に『Wet(屋内プール)』『Sweat(ジム)』『Tonic(レストラン)』
『アウェイスパ』の受付、ショップ、サロン、ロッカールーム。
更にロッカールームの階下には、サウナやスチームやジャクージの施設と
スパのトリートメントルームがありまして、トリートメントの前後に風呂設備を使い放題
なので、オサレな健康ランド気分でかなり楽しめます。
(ちなみに、ジムと風呂設備のみの利用の場合は別チャージをとられます)
Spaのトリートメント料金はお安くはないのですが、今回予約したスパパッケージでは
1日US$50ぶんのトリートメント料金割引がつくのでちょっとトクした気分で
予約時間の1時間以上も前からエントリーして風呂で遊ぶ気満々の2人。

では、スパエリアへご案内~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-14 00:34 | "W"onderland | Trackback(1) | Comments(12)