※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!


<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2006年 06月 30日
Buenos Aires の 3 amigos
a0074049_228255.jpg
           ~写真は Tango Bar "El viejo Almacen"にて~
もう、7年位前のこと。今から13年位前にケニア旅行で知り合ったMちゃんは、結婚して
ブエノスアイレスで暮らしていました。そこで、共通の友人Aちゃんの休暇にあわせて
私達3人、アルゼンチンで再会しようということになったんです。

駐在員夫人としてのMちゃんは、治安の悪いBsAsで 守衛がどど~んとかまえる
すっごい広い高層マンションでお手伝いさんを従えて優雅に暮らしていました。
彼女の、タンゴのレッスンにお邪魔したりもしたんだけど、お教室に行くのではなく
先生をおうちに呼んで何人かで集まってレッスンを受ける方式。
私たちがお伺いしたお宅は、日本のご自宅が高級インテリア雑誌に載ったこともある、
お洒落なマダム(日本人)のおうちで、そのセンスとかにも「ほぉ~」ってひたすら感心。
高級住宅街や、ちょっとウットリしたエリアはヨーロッパのお高級感漂うオサレな町並みで
ステキなレストランも、ランチなら陽射しも差し込んで気持ちい上にすごく安上がり!
*やはり人物中心写真のため写真がUP不可ですみません*

Aちゃんはすごい酒豪で、アルゼンチンってワインがすごく安いから毎日飲み比べ状態。
Mちゃんの旦那さんがタンゴバーに連れて行ってくれた時、すでに酔っ払ってた彼女は
ショーが始まったら一番前の特等席でゆらゆらと船をこぎはじめた!!ヤバイ!
他のお客さんにも出演者にも申し訳ないからとりあえず一番後ろの席に移動させて
放置プレイで寝させておいたんだけど、ショーの途中、1回もおきなかった模様。
せっかく来たんだから、とMちゃんがかろうじて起こすのに成功したのは
すでにカーテンコールの時。そういうわけで、あのすばらしかったショーで、
彼女が唯一見れたのがこの記事のトップの写真の場面だけだった、、というオチ。

ところで、このショーの帰り道ドライブで、Mちゃんの旦那さんが道を間違えて、
ちょっと治安が悪い通りに入っちゃったんです。ヤバイよ~って焦る在住夫婦。
そしたら、なーんか見覚えのある看板とお店と豆電球のネオンが、、、。
「あ!これ映画で見た~!」と、大コーフンのviajera。治安が悪い地域らしいので
翌日の昼間にもう一度つれてってもらう約束をして、おとなしくおうちに帰りました。

a0074049_414250.jpg見覚えのある方、
いらっしゃるでしょうか?
ウォン カーウァイ作品の
「ブエノス アイレス」
トニーレオンとチャンチェンが
仕事の後でよく飲みに行く店
として登場していた
”3 AMIGOS" でした~。
a0074049_422882.jpg
残念ながら、”飲み屋”は
夜のみの営業で
再訪したお昼は
お店に入れませんでしたが
セットだと思っていたので
”3人の友達”
”3 AMIGOS" が見れて
なんだか嬉しかったなぁ。
高級街だけでなく下町に紛れ込めたのもいとうれし。
(歩いてるのは現地のオカマちゃん♡)

一応、そのあと、カミニートにも行ったので写真つけとこう!
お高級な町並みのウットリも捨てがたいが、心惹かれるこの下町のポップさ(笑)
a0074049_442428.jpg



世界遺産も見ておく?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-30 00:02 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 29日
オトナなW
a0074049_5471963.jpg

ワンダーランドのブロウシャーを飽きるほど眺めては、L.AやN.Yに行った時は
絶対Wに泊まろうって思っていました。その頃一番気になっていたのは
ニューオリンズのフレンチクォーターのWだったのですが、
あわよくば全部行きたい、、なんて考えたりして。
そんなワンダーランドの中でいまいち食指をそそられなかったのが実はココのWでした。

その後何度かhawaiiには行きましたが、建物そのものが以前あったホテルを
リノベーションしたものでなんともアッサリしている(遊び感に欠ける)のと
インテリアが「バリっぽい」って聞いていたので、ハワイでバリもどうか?でしょう??
しかもこのホテル、プールもスパもないんです。(マッサージは呼べます)
でも、ここのペントハウススイートからの眺めには心惹かれるものがあって、、、。
ペントハウスの公示料金はUS$3,000を超えるので、庶民には高嶺の花。
US$1560くらいまで下がる時もあるのですが、どうしようか悩んでるうちに
PHは無理だけど最上階のダイヤモンドヘッド側の角部屋をRQSTすることができたので
泊まってみることにしました。

a0074049_675179.jpga0074049_644229.jpg
レンタカーでホテルのフラッグを目印に、エントランスへ向かったんだけど
「え?全然 Wonder じゃない!」ってちょっと拍子抜け
でも、ハワイらしからぬ雰囲気がかえって新鮮かも?
エントランスも狭いし、レセプションもすごくこじんまりしてる

a0074049_694752.jpg入り口の角に
ラブホチックな紫のディベッド!
a0074049_6282786.jpg
(テブレしまくりですみません)

トップの写真のロビーの雰囲気はとっても好きだし、
ホント、オトナなオリエンタルなんだけど
そういう空間って、実はこのエリアだけなんですよ!
もちろんWにつきものの週末がクラブになるバー(ここの場合はレストラン)は
それなりにオサレな雰囲気なんだけど
お部屋は、フツーのホテルとかわらない狭さと間取り。バスタブもナシ。
クローゼットも狭すぎ。シンプルすぎてぜ~んぜんおもしろくない。
でもすっごく寝心地のいいベッドとお部屋のテラスから見える景色で
不思議な快適さがあるんです。

ほら、お部屋のラナイからこんなにダイナミックに見えるダイヤモンドヘッド ↓
a0074049_6361894.jpg

この景色を見るために、またここに泊まってしまうんだろうな、って思います。
ラナイから見える反対サイドはオーシャンビュー!

その風景や、お部屋の様子はまた今度のおたのしみで。

ここはW Honolulu Diamondhead
好き嫌いがハッキリわかれるホテルだけど、viajeraは この感じもキライじゃないな~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-29 00:17 | "W"onderland | Trackback | Comments(2)
2006年 06月 28日
Aman Kila で 目撃ドキュン
a0074049_140234.jpg

雑誌やガイドブックなどに載りつくしているこの風景。やっぱりそれだけのことはあるね!
プーケットにアマンプリができてから数年間、プーに行く度に、プリに潜入したいなぁ~
という欲望はあったけど、当時は若僧のワタシには敷居が高すぎて諦めた。
ウブドのアマンダリにはじめてランチに行った時も「ランチオンリーだなんてセコイって
思われてるんだろうな~」ってドキドキしてた。(笑)今思えば、きゃわゆ~い話だワ。
今は、一応ちょっとだけ身だしなみとお行儀に気をつけて「ちょっとお茶しにキラへ~」
って感じでカフェ代わりに利用しているあつかましいワタクシ。

a0074049_284167.jpga0074049_2105099.jpg
ここでは過去、いろんな種類のスイーツを食べたけど、一番気に入ったのは
キーライムパイ。でもいつの頃からかメニューからなくなってて写真もないんだけど。
いつもブラックのホットかアイスコーヒーだけど、
キーライムパイの時は紅茶がお約束だった。

a0074049_2173462.jpg
←で、もちろんこうして撮影会突入(笑)
別にケーキだって
特別おいしいわけじゃないのに
どうしてこうも来てしまうんだろう、、
やっぱりいつも変わらない、裏切られない
この風景と雰囲気が、すきなのだとおもう。
以前は泊まりたくて仕方なかったけど
不思議と今は、泊まりたいとか
あのプールで泳ぎたい、とか思わないんです。
なんでだろ?
(お茶しに行きすぎて身近になりすぎ??)

a0074049_23074.jpg
多分宿泊客専用だと思うんだけど、
お客さんがプールにいないときは
ここでゴロゴロできるの~     
(スタッフの慈悲で許されているだけか?)→
以前ここに来る途中の坂道で
我が愛車が壊れてしまって
代車を呼ぶ間、ブティックとかで
暇つぶししてたんだけど
他にゲストもいなかったし
スタッフも優しかったから
最後にはデッキチェアで寝転がる始末。
ほんと、アンタ何様?
たまーに、段取りの悪い若いスタッフがいたりするのもバリらしい(笑)
インターンで来てた日本人のスタッフにも歴代で何人かお会いしてる気がします。

でも一番印象深かったのが、ブロウシャーの撮影会にたまたま居合わせたときのこと。
新しいGM夫妻が来たから新旧合同で記念撮影も兼ねてたみたいなんですけど
トイレに行くと、トイレ周辺で大勢のスタッフがソワソワしてる。「なんか変」って思ってると
西洋人のカメラマンの掛け声に合わせて、わらわら~~って出てくるスタッフ!!
帰ろうと思っていた私たちも足を止めて、カメラマンの奥さん(スゲー美人)と一緒に
撮影会を楽しく見学したのです。
一挙に”アマン”がフレンドリーに身近に感じた出来事でした。

撮影会実施中~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-28 02:12 | bali & indonesia | Trackback | Comments(8)
2006年 06月 26日
CUBA ・ Havana 旧市街地でスローにウキウキ
a0074049_5552192.jpgCUBAのいいトコ~
アメリカからの
直行ができないから
行きと帰りに
メヒコに寄れるトコ~
単純な理由でCUBAへ。

私が好きなカリブは
リゾートメイン。
でもこの街の雰囲気も
外せない。
この時の滞在は、初Cubaだったので海云々は抜きにして
同行者のhanaちゃんととりあえずハバナの旧市街地へGO!
↑の写真はSr.ホセ・ルイスのおかげで安くなった滞在先:hotel Santa Isabel

思ってたよりエレガントでいい雰囲気。 勿論パテオやお部屋のテラスもちゃんとある!
a0074049_685125.jpga0074049_675167.jpg
ポラロイド色あせ地獄でごめんなさい。
写真ではわからないけどカトラリーもかなり素敵なんです!

a0074049_613353.jpga0074049_6133348.jpg
この街でいちばんビックリしたのが、どこにいても生演奏が聞こえてくること。
お仕事じゃない路上のミュージシャン達でさえ、ものすごくレベルが高いから、不快感ゼロ。
そしてその音楽にあわせて どこでも誰でも自然に踊ってるんです!!お散歩する少女もCUTE♡

a0074049_6195274.jpga0074049_623268.jpg
そしてあちこちに花売りオヤジ ↓


a0074049_6295147.jpg みんなとってもフレンドリーだし、
とにかくそこらじゅうに音楽とダンスが溢れてて
viajeraも浮かれ気分で、ご法度のお酒をぐい~っとひっかけて
あえなく撃沈。でも楽しかったからヨシ!
乗ってみたかったココタクシー↓
a0074049_6511961.jpg
そして、、、、

結局海に行く女~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-26 03:09 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 25日
Westin Resort & Spa, Los Cabos にて
a0074049_1315853.jpg
毎年恒例のメヒコ巡り
その年はロスカボス
泊まりたいホテルは
目白押し。
Las Ventanas
えせセレブ気取りも
素敵だし
Palmilla
ま~ったりも
捨てがたいし、、。
でも結局私たちが選んだのはココでした。

同行者は”愛されキャラNo.1"のセニョリータ U。すっごく年が離れてるんですけど
そのバイタリティーにいつも元気をもらったり、時には年上のワタシが諭されたり、、、。
やっぱり、元気で可愛いもの好きな女子とは、砂漠をサンドバギーで遊んだり
そういうアクティブなリゾート体験もしておかなくっちゃね。
大型ホテルはあまり好きじゃないとはいえ、ここはパブリックエリアも楽しいし
SPGのスターポイントもつくし、アクティブなリゾート滞在にはぴったり。
もちろん、まったりしたければいくらでもマッタリできる荒野の真ん中。

”アネッサ”のCMで見た、砂漠にドドーンと建つ茶色い物体、、としか印象になかったのに
着いてみてビックリ!!もう、めちゃくちゃ”メキシカン・ポップ”
お部屋まで案内される道中も、かわいいオブジェや植物やカラーリングにメロメロ~。
中庭を通っては腰が砕け~、エレベーターホールを降りては腰が砕け~の繰り返し。
(写真ショボくて大後悔!デジカメ拒否のポラロイドマニアだった自分が悔やまれる~)

レセプション
a0074049_1523552.jpg
こっちは、当時の「クラブレジーナ棟」(現在のカテゴリー名不明)a0074049_1524892.jpg
滞在時は「ウェスティン レジーナ リゾート&スパ ロスカボス」っていう名前だったと思う。
建物の配色、植物、オブジェ、すべてが超ポップ♡ そういうのが写ってる写真がないのが無念!
↓お部屋はもちろんヘブンリーベッド&ヘブンリーバス

a0074049_2141487.jpg何がヤバイって、ソファーの壁にかかってる祭壇
♡かわゆすぎる♡ ↓
a0074049_2252586.jpg
敷地内で遊ぶだけで、十分、楽しい気分・女子で良かった気分・を満喫できます!
そして、ホテル内のレストランやバーは、たくさんあるのだけど
是非、滞在中1度は雰囲気を変えて
Arrecifiesで、ディナーを召し上がっていただきたい!
このレストランのエントランスロビーは、オトナの目で見ても、とっても素敵です。

ロスカボスの海~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-25 03:30 | mexico | Trackback | Comments(8)
2006年 06月 24日
Bali の日本食スーパーPAPAYA
a0074049_3143242.jpg休暇をバリで過ごす時、
南部や観光地に滞在中は
そこそこ食べるものには困らないんだけど
ドリフの家ヒキコモリ滞在中は
近所のレストランは、
ドナんとこを除いてはあまりパッとしない。
そこだって、僻地だから貴重なだけで、
おいしいものに慣れている人には
飽きちゃう味なのかもしれない。
オテツダイーヌが作るローカル料理は
容赦なく塩辛くて”勘弁してよ”だし、
近くのワルンのナシブンクスなら
1個3,000RPでお腹いっぱいになるけど
「ワタシはお野菜がタベタイノデス。
お野菜とは木の葉のことではアリマセン」
お気に入りのワルンのならたまに食べるけど、ローカルフードにはもう飽きた~
料理するの面倒くさい~って言ってりゃぁ、結局食べることそのものが面倒になっちゃう。

お料理上手のPちゃんや友達が来てる時は
「専属シェフ」(常時募集中)になってもらえるけど
ソロ活動?の時は自分でなんとかするしかないじゃないですか。
作るとまでいかなくても、新鮮な素材や食べやすい食材は田舎では入手不可なので
とにかく観光エリアにいる間にスーパーで食材調達は必須なのです

なかでも一番お気に入りはtubanにあるPEPITO
もちろん輸入食材があってデリもある DIJON はPEPITやBALI DELI
できる前の時代にかなりお世話になった一方的な”心のオアシス”。
ついに去年秋、日本食スーパーPAPAYAがバリにも出来たんで行ってみたら、、、、、、。

a0074049_3272354.jpg
ココ、日本ですか??
ホントに、日本のスーパーと
変わらない品揃え。

(でもゴメンなさい。スーパーや
デパ地下を見るのは好きだけど
自分で買うことがなくて
お値段の差や価格感覚は全く
わかんない@Sra.炊事放棄)
a0074049_3435153.jpg
魚の切り身コーナーがお気に入り☆

a0074049_3425785.jpg

a0074049_3541819.jpg
あれれ、intiの商品もおいてある。
サヌールのサロンより品揃え多くない??
(↑気のせい??)
生鮮食品だけでなく乾物・お菓子
調味料なんかも含めて、とにかく
日本のスーパーにあるものは
ほとんどおいてあると思うから
キッチン付きヴィラで長期滞在時や
高齢者や子供と一緒で
食べ物に気をつかう時とかに
重宝すると思うなぁ。
a0074049_431326.jpg小麦ベーカリーの焼き立てパンも買えるし、
こちらのケーキやサンドイッチもなかなかおいしそう♡ 
(料理はせぬが、お菓子作りは励むワタシ)
a0074049_444595.jpg
a0074049_4123979.jpg
「野菜や果物の品揃えとか
他の雑貨の品揃えも考えると
PEPITOの方が好きかも?」
(※ただし、パンは圧倒的にこちらに軍配!※)

でも、レジの女の子もすっごく感じよくて
ちゃっかりしっかり会員カードつくっちゃいました。

a0074049_4194378.jpg
海外では日本からの輸入食材よりも
他の先進国からの輸入食材の方が
たま~にキッチンに立っても
気分が「高まる」気がするので
やっぱり、南部で食材調達をするなら
別のスーパーの方が選択肢は多いけど
やっぱり日本語表記はありがたい!!
な~んて調子に乗って買ってしまった!

だがしかし、誰がどう調理するのか、どんな料理なのか それが大問題です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-24 02:37 | bali & indonesia
2006年 06月 23日
Wet
a0074049_0493930.jpg

viajeraは、若い頃は海遊びや乗馬で早朝から行動しまくっていましたが
もともとは完全夜行性なので朝にはめっぽう弱いです。
旅先ではたま~に朝日を見に行くことはありますが
「早く起きて見に行く」のではなく
「寝ずにそのまま起きていて見に行く」と言うパターンです。

そんなワタシでも、ココに来たら早起きをして、
漢江の向こうから差し込む光を浴びながらこのプールで泳いだり、
シャワーふりそそぐチェアで寝っころがるのが好きです。
プールは思ったよりも狭いのですが、目の前に広がる河と、向こうに見える市街地。
(夜はこれが夜景になってそれもまた美しいんです)
朝早いと他のゲストは誰もいません。ほとんど貸切です。

ここは「旅先」というよりも週末に国内の近場にいく感覚で行けるってとこもイイ♡
実際、ワタシはソウルに行っても 観光も買い物も食い倒れもせず、
このホテルでリフレッシュするだけ、っていう道楽を
お気に入りに追加しました。

a0074049_0525016.jpg

これは、
Wet (プールエリア)に入って
右側の子供用プールですが
子供が入ってるのって
みたことない。

a0074049_0575271.jpg
さて、早起きして
プールで一泳ぎした後は
ここ「the kitchen」で朝食を!
「休暇」・「リゾート」感
じゃなくても
別のリラックス
&リフレッシュ感を
味わえるんです。


a0074049_0583562.jpgこちらは、「tonic」っていう
Wet のある
SPAエリアのレストラン
朝からここで健康な朝食を
いただきたいのだけど
11時openだから
ブランチ代わりにするか
朝食の後、Away spa
ゆーっくりトリートメントを受けて
こちらで軽くランチがいいかも?


ここはW seoul walkerhill
Wet っていうのはここのindoor pool のコトなんです。
このホテルにはお気に入り空間が他にもたくさんあるので、そのお話はまた今度~。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-23 03:38 | "W"onderland | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 21日
Novotel Lombok~enjoy stay の巻~
*はじめに~&おことわり* 
すみませんがワタクシ、セニョ~ルといると おふざけ度&キレ度が共にUPします。


ashtari を出て、クタとタンジュンアンのビーチを経由して
♪ジャージャジャ・ジャッジャジャ ジャージャー♪(born to be wild のイントロで)
と、くちイントロ大会を繰り広げながらホテルに戻ろうとしていたワタシタチ。
素朴なクタビーチにて,次は ♪う~びべにワイクを停べて♪ と
鼻歌まじりで調子に乗ってるとどこから沸いてきたのか物売りの人だかり。
もちろん最初は私の方にもわらわらと寄ってくるのだけど、
寄るなオーラにより何故かここでもしつこくつきまとわれることはなく
モノウリーズの標的はセニョ~ルへ!結局タバコを根こそぎモノウリーズに
ミンタされて持っていかれてヨレヨレのセニョ~ル。
セニョ大統領による「タンジュンアンもこんな調子なら、ビーチへは行かん宣言」発令。
大統領夫人だってダンナのそんなヘタレな姿なんて見たくありませんことよ!
ってことでホテルに戻る。(自分ら、誰?)

a0074049_4172463.jpga0074049_4211153.jpg
そういえば、お部屋選び編でテラスからの眺めばっかりチェックして部屋の中無視してたわ
a0074049_11234627.jpga0074049_49115.jpg
昼間はsunnyな室内↓         スタディールーム?↓
a0074049_11145962.jpga0074049_11153643.jpg
↓天井の灯りとり?ランプ?
a0074049_4331232.jpg
お風呂のお湯がでてくるトコとかもきゃわゆいのよ♡↓


a0074049_4445051.jpg
でも、お部屋やお庭が
予想以上に快適となると
せっかくの
パブリックエリア満喫が
面倒くさくなんないかな~
なんて贅沢な
悩みもでてきたりして、、。
だって、ホテルの敷地内、こんなに気持ちよさそうなんですもん!!!
a0074049_4583639.jpg

a0074049_513821.jpgこちらは、フィットネスセンターで調子に乗りすぎて
翌日筋肉痛になったセニョ~ルがお世話になった
"Le Spa"の屋外バスルーム

a0074049_50525.jpg
で、Pちゃんからしつこくすすめられていた「丘登り」にもチャレンジしてみたら・・・・。

a0074049_5122690.jpg丘の上から見る海、 きれい~

正確には3つある丘。
バカは高いところが好きなので
まずは一番高い方の丘
(崖っぷち状態)に
よじ登ってみたのだけれど
この丘でもモノウリボーイズに
お約束のように
とっつかまるセニョ~ル。
向かいの緑の丘にも
行きたかったのに、またまた
パーマー大統領による
「モノウリーズがいるから
もう行かん宣言」発令

Pちゃんがおススメしてくれた
「左の丘」には行けず!

a0074049_5251355.jpg
とりあえず、
ホテルの敷地全景と、
反対側のタンジュンアンビーチは
拝めたのでOK!

ワタクシ達コンビが
登る前に、
韓国人の新婚さんが
いらしたのですけど
降りる時、旦那さんが奥さんの手をとって足元に気遣いながらエスコートしてる姿が
とーっても、とーっても可愛くて、 「ねーねー、ウチも、、、」と言いかけたら
セニョ~ル、すでに、とっとと降りようとしてました。
しかも、モノウリボーイズにつきまとわれながら、、、、、、、、、、、(!)
一瞬ムカっときましたが、その後姿がかなりおもしろかったのでヨシとします。

食事のこと忘れてた!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-21 03:09 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(4)
2006年 06月 19日
Novotel Lombok ~番外編 おでかけにおススメなAshtariの巻~

a0074049_4242165.jpgさて、お部屋は決まったものの、
お部屋をセッティングし直すのに
30分ばかりかかるらしい。
インドネシアの30分は
約2時間と相場がきまってる(爆)
どうせ数日間ここで過ごすんだから
せっかくの空いた時間。
レンタルバイクで高台のカフェへ!
master cardのCMもどきで
セニョ~ルとタンデムで繰り出した所は
← " ASHTARI "
以前から豪州系のサイトに登場してた
ベジタリアン&オーガニックカフェで
ちょっと気になってたのよね~
で、ホテルスタッフに場所をきいてGO!
クタのメインストリートを越えて、看板のあるところを直進(マウン方面へ)して
10分ほど道なりに進むと、そのうちに山道にさしかかって、、、、

a0074049_4594530.jpg
「わーめっちゃ景色ええやん♡」~バカは高いところが好き~
、、とはしゃいでいたら山道の左側にカフェの看板発見~☆
建物 かわゆい、、ここホントにインドネシアですか??
メキシコ好きにはたまらん素材感と質感と配色、、、。
ランチメニューは日替わりで1種類だけど、
その他フォカッチャやサンドイッチ系も少々あり。
オーガニックのベジタリアンカフェです。
ナスと卵のフォカッチャは茄子苦すぎました。チャイはおいしかったよ♡
a0074049_5244388.jpga0074049_5255532.jpg

a0074049_5443943.jpg
オーナーはオーストラリア人女性で
敷地内に住んでいらっしゃいます。
オージーのサーファーが入れ替わりでやってきてて
みんなすっごくのびのびリラックスしてました。
カフェの室内がかわゆくて
超リラックスできるのはもちろんなんですが
テラスの方に出たら、風が気持ちよくて、、、
私たちも、食事?の後は
飲み物だけ持って屋外でだらだらしてました。


a0074049_5204326.jpg
a0074049_5222024.jpg
何が素敵かって、この景色! コラコラ、中央で陰になって写ってるヒト!寛ぎすぎ!
a0074049_539633.jpg
山の上から、クタ方面がドド~ンと見渡せます。
 みなさんもぜひ、機会があればお茶しに行ってみてくださ~い

トイレもcute♡
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-19 04:05 | bali & indonesia | Trackback
2006年 06月 17日
Novotel Lombok ~お部屋選びの巻~
a0074049_0593915.jpg

さて、他力本願の面倒くさがり屋さんであるワタクシは、
帰国後Pちゃんに写真と偵察結果とその他情報だけバンッ!
と渡してほったらかしだったのですが
彼女もバカンスまで1週間を切ったご様子で、ワタシもこのblog公開したので
今後は本人がロンボクのレポートの続きをバトンタッチ!
Pちゃんのレポみたいに簡潔できれいにはできないけどおつきあいよろしくです。

今回は”めおと旅”でしたが、偵察指令が出たため
渋々フェリーでロンボクまで渡り~
どうしてもギリ・トゥラワンガンのビーチでビールを飲みたい!
というセニョ~ルの希望でVila Ombakでのんびり遊び~
次は南部のKutaにあるNovotel Lombokへ!
ここはPちゃんが数ヶ月前に滞在してたのでアドバイスいっぱいいただきました。感謝。

a0074049_113848.jpgこのお宿のsasak villa(bungalow)
に泊まりたくて、
迷いに迷ったあげく
選んでRQSTしたお部屋が
メンテナンス上不備があった
とのことで
ホテル側が気を利かせて
別のお部屋を
用意してくれてたんですけど
そのお部屋の眺めが
気に入らなかったワタクシ。
「もしよろしければ、
あいてるお部屋で気に入った所に
セッティングしなおしますので
色々ごらんになりますか?」
とのことで、もちろんイエース☆
お部屋選びの探検開始~

ササックバンガロー事体のインテリアや間取りはどの部屋もほとんど一緒。
要は、立地条件と眺めと敷地(庭)の雰囲気が大事っしょ?
プライベイト重視か、海が見えるのが重視か、プール遊びが重視か、
カップルかファミリーか友人同士か、、
なんてのでも選ぶお部屋の場所って変わってくるし。
敷地の見取り図はPちゃんのレポで確認してね~

ウチは、海とかはどうでもいいから、とにかく庭が緑で開放感があって明るくて
それなのにプライバシーが確保される、、、ってのが理想だったんです
そしてできれば敷地の端のゴミ置き場や工事資材置き場の隣とかよりも
パブリックエリアへのアクセスのよいところだったらいいな、、、と。

a0074049_171776.jpga0074049_173642.jpg最初に案内された
502とその眺め
海はちょっと見える感じ。
504や506も
行ってみましたが、
502~506にかけては、
それぞれのテラスから
お互いが
丸見えなのがチョット、、、

a0074049_1135615.jpgここは一応
オーシャンビューの
508テラスからの眺め
悪くはないんだけど
うちらー夫婦には
いまいちピンとこない
つか、
目の前ヒト通り過ぎ~

*507と508は
ビーチに
面しています*

a0074049_1363874.jpg
  405からガーデンプールエリアへ侵入!
  プールそのものはいまいちだけど
  401・402・404~406はちょっとしたプールアクセスで
  ファミリーさんには楽しそう
  実際、小さいお子さん連れのゲストが
  このエリアに滞在していらっしゃいました
  でも、ここのテラスからも
   他の部屋のテラスがチラ見え~
↓これは404付近からと406付近から見たガーデンプール

a0074049_1244034.jpga0074049_125819.jpg

よくもまぁこのズボラさんが色んな部屋見たもんだわさ、と呆れつつ
各部屋テラスの眺めチェックをして最終的にたどり着いたお部屋が、、、、

510へようこそ
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-17 03:46 | bali & indonesia