※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!


カテゴリ:過去の道楽(たび)( 38 )
Top▲ |
2012年 07月 24日
そして、上海再び ★ ~MYK48 & PIP31 と行く 新年会・ まえがき~ ('12年1月)
a0074049_30024.jpg
                                        Jan.2012 @ Shanghai, PRC

現在は別の国の別の都市で 単身出張仕事が終わって休暇突入中なタイチョですが
新規投稿してるどころではないこの期間を利用して、以前から予約投稿機能を使って
水面下でちまちま進めていた 今年の年始の魔都記録を残しておくことにします。

'10年秋にウ子ちゃんに会いに単身で弾丸訪問して以来、「年に1度はいきたいぞw」と
すっかり魔都・上海に魅せられた私。 そんな中、pipiちゃんから「年末年始のお休みが長くて
退屈死しそう・・・かといってバリに行くには期間が短すぎるしエアも高い時期だから困る~。
2012年のお正月休みをどう過ごしたらいいか悩む~」というSOSを 秋頃(爆)にキャッチ。
私からの 「上海でよければ一緒に行く??」の問いかけに予想以上にくいついたpipiちゃん。
そして、確か みゆ大統領がJALのマイルが溜まってるのにデンパサール線が廃止になったので
マイルを持て余しているはずwwwみゆ大統領は模範的主婦なので正月3がにちは無理だろうケド
マイルでの特典をゲットできたら1/4からの合流をそそのかしてみると こちらも食いついたぞー★
かくして MYK48 (miyukyoto48歳) PIP31 (pipi31歳) TIC43 (taicyo43歳・・俺w)の3名は
年明け早々 激寒の上海へと向かうことになりました。


以下は、簡単なエピローグ。計画段階の覚書きをざざっと。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-07-24 23:55 | 過去の道楽(たび) | Trackback
2011年 02月 17日
これ どこよ?? ( 1998年 イスタンブール)
a0074049_2295221.jpg
                           May & Jun. 1998 @ Ayasofya, Istanbul, Republic of Turkey

1998年、スペインのアンダルシア地方を中心に モロッコやポルトガルに足をのばす予定で
5月半ばからの10週間の休暇をゲット。7月に入ったら東京の友人とバリ島で合流する計画や
その後にハワイで後輩の結婚式参列予定があったので 欧州そのものは約7週間の放浪ですが
たまたまキャンペーンでトルコ航空利用の欧州便が安かったので、往復共にイスタンブル経由の
トルコ航空を利用することになりました。せっかくなので往路で3泊、復路で6~7泊ぐらいは
トルコに滞在しようと思いつきまして、特に何の下調べもせず何の前知識もなく「ついで」のノリで
イスタンブルに上陸。往路の3日間で地理や段取りをふわっと把握しておいて復路で満喫する胸算用。

しかーし、結果的には往路経由滞在時(イスタンブルのみ)も 復路経由滞在時(主にボドルム)も
「観光名所満載のせっかくの旅先で、何してたねん!」と突っ込みどころ満載のトルコ滞在になりまして
周りからはあぁもったいないもったいないと言われまくるのですが、本人はいたって大満足。
もともと本来の目的地は スペイン南部とモロッコだった私にとって その旅の玄関口&終着点になった
トルコという国はまさに西洋と東洋の分岐点。旅程的にもいい役割を果たしてくれました。
そして、たくさんの人々との出会いのおかげで私にとってはトルコでの日々も特別な思い出になりました。

そんな中、イスタンでは偶然出会ったイタリア人のおかまちゃんとつるんで毎日大爆笑してたので
わざわざカメラを出すということもせず、イスタン滞在中の写真がこの場所での数枚ポッキリwwwwww
しかも暗すぎて これどこやねん??・・・ってずーーと疑問に思ってた。
でもbungaさんのトルコレポを見て「あ!アヤソフィアやったんや★ 」と 今更発覚した事実。
そういえば、ブルーモスクは無料なので入った記憶があるんだけど、それ以外のどこかに入るときに
「学生さんはタダでいいよ」っていわれて私もおかま君も学生でもないのにタダになった記憶が・・・w
それがきっとアヤソフィアだったのでしょう(笑) でもこんな写真じゃダイナシじゃねーか!!
・・・というわけで、本日はイスタンブルでのお話(往路経由滞在時の方を中心に)を。



では今回も、長いわりにはなんの役にもたたない単なる思い出話を。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-17 00:44 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(14)
2011年 02月 15日
インドとわたしの微妙な関係 (1993年 ボンベイ=ムンバイ)
a0074049_2037455.jpg
               Aug. & Sep. 1993 @ Dhobi Ghat, Mumbai, Republic of India

いきなりですが、私にとってのインドは あまりいい思い出がありません(爆)
別にぼられたとか騙されたとかではないんですが、1993年当時若造だった私にとっては
子供達や彼らを操る大人たちの商魂のたくましさやそのシステムに辟易したという感じ。
つか、子供の物乞いに冗談が通じないというか(通じてもなんなんだけどw)ひたすら悲壮
最後にはしがみつかれて「どいてー!」って振り払う自分を鬼のように感じて自己嫌悪になったり
たとえば道案内とかしてくれた子に何かあげても 後でボスみたいな人が全部かっさらっていったりして
本当にお礼がしたい相手には渡らないことだとか、あげることによって次の観光客が同じ目にあうこと
だとか、いろいろ考えると あげてもあげなくても心が痛い&誰もハッピーな気持ちにならないやり方が
あまりにも不愉快に思えたので、 正直 「こういう人達とは心通じたくない。しんどいだけ。」と
早い段階で自分の方からシャッターをおろして視野を狭めてしまったのが原因なのだと思う。
しかも、インドの直後に予定していた旅先では「インド帰りの人はイエローカードなけりゃ入国できない」
などと言われてたので ヴィザとるのが面倒だっただけでなく各種予防接種もしなきゃいけなくて
「そうまでしてインドに行きたいわけじゃないんだけど・・・」という訝しい気持ちで旅立ったから
ちょっと不愉快なことがあると「やっぱりなー。私は今来るべきではなかったんだなー」ってネガな気分に。
過去に旅先で腹がたったことやむかついたこととかなら俄然バリでの方が数百倍多いんですけど、
私の過去旅の中で 唯一笑えなかった旅先がインドだったのであります。
でもまぁそれゆえに ある意味 忘れられないディスティネーションってことになるんですけどww


当時、タイチョ24歳。はじめてのインドでもの思ふの巻 w 長いけど続きはこちらから。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-15 21:35 | 過去の道楽(たび)
2011年 02月 13日
南太平洋のしあわせな風景 (1995年 フィジー)
a0074049_20574968.jpg
                             Jul.1995 @ Viti Levu Island, Republic of the Fiji Islands

このトピで書いたのは1994年の初フィジーの時のことだったけど その時はマナ島滞在だったので
翌年1995年の再訪時には 本島というかビチレブ島に滞在して もっとローカルな部分も見てみよう作戦。
かといって南の島でのリゾート気分も少しは味わいたいから滞在先はコーラルコーストエリア。
ホテルの付近はリゾートエリアになってていかにもツーリスト向きという感じなんだけど
ローカルバスを使ってナンディーやスバまで行く途中に見える風景は素朴な海沿いの村そのもの。
この写真はその道中に撮ったもので なんてことない一枚だけどかなーりお気に入りのショット。
だって、青と緑の中に小さくて可愛いおうちと風になびく洗濯物。そして天然パーマのガキンチョ達。
これを平和な風景といわずして何を平和と言おうwwww

ちょっとここんとこ '97年のベトナム'94年のメヒコ'96年のインドネシア そして同時期のハワイ・・と
90年代中盤の普段着感覚での旅の思い出話が続いているので 今回も同じ時期の同じ感覚のものを・・
と思ってPC内の写真を探してみたのだけど、FIJI編は'94版も'95版も ろくな写真が見当たらず(爆)
でも、この写真だけはとっても気に入っているので データを削除する前にblogに残してみましたw

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-13 20:51 | 過去の道楽(たび)
2011年 02月 06日
14年前の ベトナム滞在再記録 ~ 居候生活編 ~
a0074049_22434191.jpg
前回は テト(旧正月)前後のことを中心に記録しましたが たった2週間の居候期間とはいえ
初のホーチミンシティで(しかも華人街に)居候生活というのは なかなか新鮮なことの連続で
大昔に軽~くUPしただけでは語りつくせない思い出深いローカル生活体験になりました。
そのかわりと言っちゃーなんですが、普通観光で行くようなフレンチコロニアルな町並みを歩いたり
オサレーなカフェに入ったり 可愛い雑貨を求めて洒落たショップに行くなどということは一切なかったけど
今思えばそんなことよりも もっともっと思い出に残る経験をさせてもらったなー、と。
そう考えると 2週間のうちのほんの一部の出来事ではあるけど、少しだけ写真がでてきたので
この機会に改めてこの14年前の滞在を振り返って記録しておこうと思います。

ちなみにTOP写真は 居候先のご夫妻(日本在住の友人の姉夫妻)ではなくその家の 近所のご夫妻。
家の隣でバゲットに挟むつくねみたいなものを焼いておられるんですけどいつ見てもめっちゃ仲良し★


長くなりますが 備忘録を兼ねて14年前の居候っぷりを振り返ってみます
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-06 23:59 | 過去の道楽(たび)
2011年 02月 03日
ヴェトナムのチャイナタウンで過ごすTet (旧正月)
a0074049_20411355.jpg
                Feb. 1997 @ Cholon, Ho Chi Minh City, Vietnum

節分だとかその直後に来る立春だとかいわれても、まだまだ春の気分には程遠い寒さの毎日。
そういえば今年の春節&テト(旧正月)は2/3なのね。 そして旧正月と聞けば思い出す14年前のヴェトナム。

ブログをはじめたばかりの頃に当時のことを少しだけ記録したんですけど、
あまりにも大雑把な記録だったので いつかもうちょっとじっくり記録に残しておきたいと思い続けていて
さらに お掃除してたら(相変わらずしょぼいけどw) 当時の写真も出て来たので 旧正月日繋がりということで
今日は ベトナム最大のチャイナタウンで華僑の人たちとすごした14年前の旧正月のお話を。


本日の春節の日にちなんで旧正月の過去旅思い出し記録になります。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-02-03 23:24 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 25日
Season's Greetings
a0074049_23252387.jpg
                                   Chiesa di Santa Maria delle Grazie @ Milano

May your Christmas wishes come true !

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-25 00:01 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 23日
Illumination @ Christmas
a0074049_16254372.jpg
                                               Dec. 2008 @ Hong Kong

2年前の香港大集合(12月の合同お誕生日会)の時の数少ない写真がでてきたので
今日は今の季節にあったものをと思って 記念にこの画像をUPしておきますw
この時は、私とR嬢は別のお宿に泊まってたのですが、親友夫妻はいつものごとく
香港ではペンに滞在中だったのでスパ利用も兼ねて遊びにいった時にR嬢が撮った写真なり。

今年もあと1週間ちょっと。ハワイ旅から帰国して以降、忘年会は毎晩のようにあれど
国内各地のクリスマスイルミネーションも見に行く暇がないほど日々バタバタしており
年末だなーという実感はあってもクリスマスが近いという感覚が全くないのもなんなので
ちょっと過去旅写真の電飾でも見てクリスマス前の気分になろうかな~なんて、そんな本日。

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-23 17:18 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 19日
どちら様ですか? (爆) 第2弾
a0074049_20225632.jpg
先日ハワイの家で 過去のハワイでの写真を整理していたらボンバヘッド時代の写真をまたまた発見
というわけで今日はさくっと「どちら様ですか?写真」の第2弾。サブタイトルは若気の至り
相変わらず小汚い爆発頭時代の私@20代後半。でもこの写真も楽しそうでかなり好きなんよね。ふふふ。

これは当時、レンタカーで水着&短パン姿で海に向かってる時の写真なんだけど
場所とマシーンと髪型こそ変われど現在も バリ滞在時はこんな格好でスクーターに乗って
ドリフ周辺をうろうろしている自分。・・・13~4年前とまったく進歩なしwww
つか、この水着(セパレート) 今でもドリフに常備しているぞw どんだけ物持ちええねん
※・・・というより古いけど捨てきれないものがバリに持ち込まれてドリフで置き服になるという運命・・※


ネイバーでは四駆だけどやっぱオアフではコンバチでしょ?
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-19 23:07 | 過去の道楽(たび)
2010年 12月 06日
どちら様ですか?(爆)
a0074049_23114293.jpg
                                        Mar.1997 @ ORD, Chicago, IL

当時、アメリカ経由で中米・カリブ方面に向かう際には乗り継ぎ便の兼ね合いで
アメリカの経由地で1泊・・なんてことも多かったんですが、前もってホテルを事前予約するよりも
空港についてから空港に設置されてるフリーダイヤルで空港近くの宿などに問い合わせて
無料シャトルで向かいトランジットの為の宿にチェックインするというパターンが多かった私。
この時もシカゴのオヘア国際空港で「今からいきまーす。おいくらですか?」と電話してる後姿は
今手元に残る貴重なアフロ時代の小汚い旅行者@私の姿www
腐れ縁友達からは「小汚すぎるしイメージ違うからblogに載せるべきではないww」と大不評。
でも、個人的には この写真大好きなんっす。よ!さすがジブンスキー★

目的地は常夏の場所なので、この上着は機内用に特化した100均レベルのナイロンジャージだし
この時の持ち物(バッグ)も足元に挟んでいる30リットル程度のバックパック1つ。
よくもまぁこんな軽装&軽荷物で3週間とかうろうろできたもんだ・・と若き日の自分に驚きw
今では体力的に無理があったりラクしたい部分も多いし 年齢と共に使える予算は当時より増えたし
急激に発展した情報社会のおかげで 行きたい所に行ってしたいことをするのは昔よりも今の方が
簡単で便利で効率がいいかもしれないけど、その便利な部分はありがたーく享受しつつw
昔のアナログな旅のおもしろさや楽しさや驚きなどは絶対に忘れずにいたいな~と思います。


ちなみにこの写真、機内で寝てて寝起き状態の頭なのでいっそう乱れているアフロなんですが
当時はいわゆるお洒落アフロではなく【旅行中に一番手入れがラクチン】というズボラ目線での
この髪型を愛用中の私でした。だって洗いっぱなし&荒い櫛を通すだけでお手入れはOKだし
寝起きも寝癖でペッタンコになった部分に霧吹きでシュッシュしたらすぐにくるんくるんに戻るし
お呼ばれの時とかは整髪料つけてまとめるだけでふわっと華やかにアレンジできるので
大ぶりのピアスやアクセサリーひとつあれば旅行中のお出かけにはすんごい重宝したんです。
まぁ、この写真で見れば服装も含めて単なる浮浪者なんで説得力ゼロなんですけどねっ!(爆笑)

※ どちら様ですか?的な写真、もう1枚発見されたので爆発頭第二弾は⇒ こちら でw ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-12-06 23:14 | 過去の道楽(たび)