※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。


カテゴリ:bali & indonesia( 1408 )
Top▲ |
2017年 06月 24日
この春の階段地獄は Mata Air Guyangan @ Nusa Penida (‘17年5月)
d0368045_1329721.jpg
ヌサペニダ2日目。本来なら設備の整った宿に連泊して2日目はシニアを
リゾートに置き去りにして保養所状態でのんびりしてもらいながらアラフィフ2名は
バイクを借りて行きたい観光地まで冒険しようと思ってたんですけど
目的の宿が2泊目しか空いていなかったために宿移動やむなし。そうなると根本的に
2日目の予定も変えざるを得ず、ドライバー君に観光地でのあれこれをきいたところ
シニア達が辿り着くには無理そうな場所も、駐車場付近に待つ場所はあるという点や
見所というか観光ポイントには今の所観光客向けのレストランはないけど
ローカルワルンはあるので飲み物はあるしポップミー程度なら食べれるとのことで
もうこうなったらシニアも連行で1日観光地巡りしちゃえ!という結果になりました。

当日、約束より30分遅れて到着したドライバー君は別の運転手を連れてやってきた
昨夜電話で打ち合わせしたのにおいおいまた1から旅程説明かよwww
とにかく1泊目の宿をチェックアウトして真っ先に目指したのがマタアイルグヤンガン
Peguyangan Waterfall と表記があるので滝目当てに来る白い人達も多いようですが
実際は滝というより水が岩場の上から下へと流れているという感じでした。
でもね、私達が今回ここを目指した理由は 滝目当てではなく階段目当て!!
そう、私が今回ヌサペニダに来た1番の目的がこの階段地獄体験だったんですぅ~★


目的が「階段」なので下り階段中心にお届けしますw
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-24 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 22日
Agung View Accommodation~敷地全体編~ @ Toya Pakeh, Nusa Penida ('17年5月)
d0368045_20415333.jpg
ヌサペニダ・プチ旅行の初日に1泊したAgung View Acconnodation について
直前トピのお部屋編では少々小姑モードで辛口気味に記録してみましたが、
お宿そのものは眺めのいい位置にあり、そのためまだ今の時点では車でのアクセスが
遠回りで悪路ですけど日中ならば徒歩でお店のある場所まで近道はあるし
ちょっとした高台にありながらもそんなに苦労なくビーチに出ることも可能。
敷地内に設置された階段から宿のプライベートデッキを経て簡単に海遊びも可能だし
なんといっても敷地内からすばらしい夕陽を見ることができたのが良かったなー、と。
確かに、併設のワルンは制限されたメニューだったので食事面では不自由な部分も
ありましたが その部分は滞在直前に滞在を決めたとはいえわかっていたことなので
1泊程度なら問題なかったし、出てきた食事そのものはとても美味しくいただけたし
家族でワルンを切り盛りしている女性はとても気さくで明るくて融通が利いたので
併設のワルンについても 【アットホームな感じで良かったよね~】っていう感想。

というわけで、本日は敷地内の設備についてのえとせとらを記録しておこうと思います。


ヌサペニダでの初日のお宿。併設ワルンや敷地内の記録です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-22 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 20日
Agung View Accommodation~お部屋編~ @ Toya Pakeh, Nusa Penida ('17年5月)
d0368045_19592780.jpg
もともと、行き当たりばったりでバイク移動の出たとこ勝負のプチ旅行のつもりだった
ヌサペニダ行きが、話の流れでシニア同行の家族旅行みたいになったこともあって
ならばお宿はちゃんと設備が整っているWarung Coco Resort に連泊しよう!
と目論んだのですが、ギリギリまで行動にでなかったせいで出発2日前に問い合わせたら
既に1泊目の日程が満室。かといって他にそこそこ設備が整っているお宿に変更しようにも
どこも片方の日程しか空きがなかったり連泊で空いてる部屋は1部屋しかないとかで
いずれにせよレストランもスパも併設でお部屋の設備も満足が行きそうなめぼしいお宿は
1泊ずつの移動が必要なので、とりあえずココリゾートは空いている2泊目だけをおさえて
宿移動が必要と決まれば1泊目は2泊目の決定宿とは環境や雰囲気の違う所にしよう!と
各所検索後にK子さんが急遽whatsapp経由でオーナーさんに連絡を取ってくれて
やっと1泊目の宿泊先が決まったのが滞在前日の夕方だったというギリギリっぷり。
結果的にはリサーチ不足が祟って設備的に「思てたのと違うー」な点が逐一あって
それに比べて2泊目のココリゾートが同行者全員大満足だったということもあり
1泊目のお宿の印象が薄れがちなんですけど、お部屋からはオーシャンビューで
敷地からは夕陽も見えてビーチアクセスも可能という点はなかなか良かったので
本日は1泊目のお宿 Agung View Accommodationで私達が滞在したヴィラの2階部分
にあたるAgung Suite Roomというお部屋の記録をしておこうと思います。


ヌサペニダ初日のお宿のお部屋についての小姑メモです
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-20 23:55 | bali & indonesia
2017年 06月 18日
1泊目のお宿へ向かいますよー~SuanaからToya Pakehへ~ @ Nusa Penida ('17年5月)
d0368045_19394726.jpg
いろんな文化と歴史と宗教観を持ったたくさんの島が1つの国家になっている
インドネシアにおいてはバリ島そのものも他の島とは違う独自の宗教観や文化がある中で
レンボンガンやチュニガンやペニダのような離島は、行政的にはバリ州クルンクン県だけど
更なる独自文化がありそうだし地形や植物などもバリ本島とは少し違う感じなのかな?
それにいまだに未開の地みたいにいわれてるから まだまだ観光地としての設備的な
整備もされてなくてめちゃめちゃ不便なところのかな?などと思っていましたが
バリ本島内でも田舎を見すぎているせいか、思ってたよりもお宿やワルンも多いし
(観光地と観光地をつなぐ道は山越えがあるのでかなり悪路だけど)船着き場から
お宿がいろいろあるエリアまでは道も全然問題ない。想像以上に開発されてるやんw
田舎と悪路に慣れている私にとっては「えーもっともっと田舎かとおもてたー」
ってちょっと拍子抜けだったぐらい。更に海に関しても事前に人に聞いた時点では
チュニガンみたいに崖や岩場だらけでビーチが少ないとの話だったけど
トヤパケから北の海岸線から東海岸のGoa Giri Putriぐらいまではビーチだらけやんw

初日は北の海岸線と東側の海岸線のゴアギリプトゥリまでの道しか通過していないけど
あーここってスラヤみたいだねーとかイエサニの辺りみたいだーとか言いながら
初日の移動中に見た風景と印象を'17年5月時点の記録として残しておこうと思います。


はじめてのペニダ島の北方面海岸線沿いの様子です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-18 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 15日
まずは Pura Goa Giri Putri でスンバヤン @ Suana, Nusa Penida ('17年5月)
f0319208_16333996.jpg
私達を乗せたスピードボートがヌサペニダのサンパランに到着したのが午後1:30
船着き場で本日のドライバーさんと顔合わせをして、4人揃って送迎車に乗り込んだら
目指すはサンパランから海岸線を時計回りに約6.6Km先にあるゴアギリプトゥリ寺院

アメッドあたりで近所の人に「ヌサペニダに行ってくるわ~」っていうと
皆さんから「スンバヤンに行くの?いいなー」って言葉が返ってくるんだけど
むっちゃんに聞くと団体でチャーターボートなどをしてお参りツアーに行くぐらい
地元民にとっては【ヌサペニダ=数々のお寺にお参りに行く】の構図なんですって!
いくつか有名なお寺がある中でお参りに行く順番もあるらしくて、中でも一番行くべき
お寺がなんちゃらかんちゃら・・といろいろ教えてもらったけど、私達の場合は
ひとまず最初にどこかのお寺でお参りはして「お邪魔します」的なご挨拶はしたいけど
特に巡礼やお参りが第一目的ではないので主要どころ全部は回るつもりはないよw
その中で行きたいなと思っていたのがPura Goa Giri Putriという洞窟になっているお寺。
めっちゃ小さな入り口を入って洞窟になってるお寺という前知識しかなかったんだけど
ここでのお参りは、洞窟内はお母さんのおなかの中というイメージで、スンバヤンや
沐浴?を順次しながら外に出ることで「生まれ変わる」という意味もあるらしい。
そんな大きな意味があるなどとはつゆ知らず またハイキング気分で恐縮なんですが
この時のゴアギリプトゥリ寺院でのお参りの様子を記録しておこうと思います


ヌサペニダでの最初の目的地は Pura Goa Giri Putriです。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 11日
Air Asia Premium Red Lounge を利用してみた + おまけ @ KLIA2 ('17年4月)
f0319208_16471243.jpg
いつも帰国後の個別トピ1発目はエアライン・エアポートネタにしているので
今回は久々に利用した復路のガルーダ直行便のことにしようかな?と思っていたけど
写真もほとんど撮ってないし、機内では快適に爆睡していたからよく覚えてないので
ちょっと記憶が遠いけど 往路エアアジアX乗り継ぎ地のKLIA2で3時間利用した
エアアジアプレミアムレッドラウンジについて記録しておこうと思います。

こちらのラウンジはKLIA2インターナショナル乗り継ぎのサテライトビルディング内に
設置されていて去年の秋にオープンしたのですが、エアアジアのプレミアムフレックスや
プレミアムフラットベッドのお席の人は搭乗券を持っていたら3時間無料で使えるとのこと。
もちろん、お金さえ払えばエアアジアの普通の席のお客さんのウォークインでの利用も可能。
エアアジアXに乗り継ぐ人なら少しお安く事前予約もできるのですが、私は往路の利用で
乗り継ぐ便がエアアジアインドネシアの機材(Dで始まる便名ではなかった)ということで
事前予約ができず 当日飛び入りの3時間79マレーシアリンギで利用してみました。
この日は夜11時前に到着して翌日のDPSへの出発がもともとは9:30とかだったので
2:30-8:30はSama-Sama Express KLIA2(※過去記事※)に予約済みで「ちゃんと寝る!」
と決めており、到着から2:30までの時間つぶしと体を休めることも兼ねて
エアアジアのPremium Red Loungeをお試し利用してみようという魂胆です。


プレミアムレッドラウンジの備忘録と、その後利用したトランジットホテルをオマケで。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-11 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 08日
'17年春バリ その11 ~ 春バリ最後の1週間はアメッドで過ごし、GAで帰国~
f0319208_1714145.jpg
72時間ぶりに、春バリ最後のごきげんよう~。
無事に'17年春バリ約60日間の日程を終えて帰国して日本の生活に戻っていますが
毎年6月は欧州からの友人たちが日本にやってくるのでその案内行事に追われ
夏には恒例の中米方面へのお出かけが控えているしお盆前にはK子さんも一時帰国する
っていうし、この春バリの余韻に浸る間もないうちに次の秋バリがやってくるはず。
でも、やっぱりこの春バリでの自分メモはちゃんとブログに残しておきたいから
ぼちぼちと出来る範囲で綴っていくつもりではありますが、個別記録に進む前に
最後の1週間+帰国時のダイジェスト的備忘録をざっとまとめておくことにします。

5/30夜にウブドから戻ってきて6/6の深夜便に乗るまでの1週間はアメッド生活。
毎度のごとく最終週は家の掃除や片付けをしたり冷蔵庫内の食材消費に追われて
帰国2日前からえりちゃんやむっちゃんのところに挨拶に行ったりするぐらいしか
予定を入れてなかったんですけど、予定では5/26に開業すると聞いていながら
案の定開店が延期になってたibus beachのイタリアンが6/3にオープン★
お店からご近所ご招待があったのでうちのおっさんも後から合流という形で
アクアテラスのえりちゃん一家とオープニングパーティーに参加してウェ~イ状態w
そこは新しく開業したアクアマリンビーチヴィラの併設のイタリアンレストランで、
えりちゃんから、スタッフはトラットリアでしばらく研修を受けるとは聞いていたけど
開店してみるとほんとにTrattoria の支店(アメッド店)だったという驚き。
その辺りの事を中心に帰国までのえとせとらをメモっていきますお~。


約60日間にわたる旅程の最後の1週間はやっぱり本拠地で。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-08 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 04日
'17年春バリその10 ~ 座敷で尻に根が生えるルナゲ滞在編@Ubud~
f0319208_1781181.jpg
72時間ぶりのごきげんよう~。今年の春バリもいよいよ終盤。
5月上旬のウブド滞在時は合流者もあって個人でゆっくりとした時間がとれなかったのと
それ以降ルナゲが満室続きだったので、お部屋が空く28日をめがけてウブドへGO!
5/28~30だったらギリギリ帰国1週間前にはアメッドに戻っていられるからね★
(もちろん今の所、最後の1週間は東にひきこもって片付けやらなんやらするつもり)

この時のウブド行きはお座敷トークが第一目的なので、特に行きたい場所ややりたいこと
などは考えてなかったんだけど、無計画なら無計画できっとずっと座敷に座り込んで
しまうであろう自分の性質をよく知っている為、GWに行きそびれてる元定宿@ベラ
への挨拶と、いつも自己満で行っているえこさんちのメモリアルストーンのお掃除は
自分の中でMUST事項と決めて、特に食べたいものもないしその時の気分で動こう
そんな感じのウブドでの2泊3日間の顛末をメモっておくことにします。


今年の春バリ、エリア外最後のお出かけはウブドでーす
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 06月 01日
'17年春バリその9 ~Styrofoam Airplane & flip flopsを追跡するアメッド と1日だけ北へ~
f0319208_12112537.jpg
またまたさぼって、96時間ぶりのごきげんよう~。
ヌサペニダへのプチ旅行後のアメッド滞在は、約1週間のダラダラモードの予定。
だがしかーし。これが帰宅翌日のお昼前からイベントが待ち構えてるんだよなー。
というのも、ちゃりんこトーマス君が2年ぶりにモロコシ王子(男前)を連れて
アメッドにやってくるというんだな。そんでたこ焼き作れ!というんだな、これが。
道具もほぼあるし、うまい具合にヌサペニダ帰りでK子さん親子が近場に居るから
たこ焼きはK子さんに焼いてもらう約束をして開催は決定したんですけど
まぁまたこのちゃりんこ達のバリ滞在スケジュールがいつもながらに過密すぎて
東部到着が推定夜10時とかだろうし、1泊したら翌日は昼過ぎには南部へ帰る模様。
到着日は私達もヌサペニダから戻ったばかりでお疲れモード間違いなしなので
とりあえず会場はトーマス&モロコシが泊まる予定の宿のレストランに話をつけて
翌日のブランチ的な感じで朝10時頃準備しに行ってお昼前から開催の運びとなりました。

その日を含む5/21からの1週間にあった出来事と言えば、毎度のごとく各1日ずつ
おっさんの用事でデンパサールやシガラジャに日帰りで連行させられ、
シガラジャ行きの時はおっさんの用事後はロビナのK子さんちで遊んでもらったりも
しましたが、ほとんどはアメッドでそして家でぐうたらぐうらたしておりました。


5/21~27までの7日間は初日と最終日のみイベントです。あとは、ぐうたらw
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-01 23:55 | bali & indonesia | Trackback
2017年 05月 28日
'17年春バリ その8 ~ CLIMB HIGH !! シニア達のNusa Penida編~
f0319208_2193289.jpg
48時間ぶりのごきげんよう~。GW前からあっちこっち行ったり来たり合流ありで
楽しく忙しくしていましたがそれらはどこも自分にとってはお馴染みの場所だったので
誰かと一緒に色々分かち合うという楽しさや、地域の変化に目を見張ることはあれど
目新しいどこかへ旅行してる!的な未知のものへの高揚感は正直なかったんですけど
やはり滞在中に1か所は「いつも行かない所へ行っときたい」というのがワシのサガ。

1年前にとっても楽しかったレンボンガン・チュニガンの思い出も記憶に新しく
秋に崩壊したイエローブリッジが既に再建されたときいて、一時はぐっと観光収入が
減ったであろうチュニガンの観光業復活を応援するためにも、またチュニガンへ行く
ということも考えたのですが、ペシンガハンから片道5万ルピアでスピードボートが
出てると知ってからは「そらこの勢いで、今年は行っとくべきやろ、ヌサペニダ」
最初はロビナのK子さんと2人で行き現地でバイクを借りて回るつもりだったんですが
GW明けからの約1か月間K子さんのお母さんがバリに遊びに来られることになり
少し前から膝が万全でないお母さんを無理させてもいけないなーと思案していたら
うちのおっさんが「洞窟の寺に行きたい」と言い出したので 結局は決行が決定。
かくして、40代(私)・50代(K子さん)・60代(おっさん)・70代(K子ママ)という
無謀にも平均年齢59歳のシニア層チームでの決行。それゆえに交通手段も過ごし方も
当初の予定とは大幅に変わったけれど、滞在中は島の大自然を思いきり満喫。
次は絶対バイクであの道に挑戦したい!と再訪の野望もムクムク沸いてます。


私にとっては初のヌサペニダ上陸です。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-05-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback