※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Kalyana bay ? V...

Alam Zempol で お... >>
2010年 01月 11日
Le48 ってどんなとこ?? @ Candidasa
a0074049_13253484.jpg
'09年秋バリで、久々にチャンディダサ付近をスクーターでうろうろしていて
いくつかのホテルやヴィラに、気まぐれに突入してみたので今日はその中の1件を記録します。

この日、すでに近郊で数軒のヴィラやお部屋を見せてもらってから 中心地でバイクを停め
ラグーン付近でうろうろしていたら 目の前にオードリーヘプバーンの看板が現れた!(爆)
正直、その対象が誰であれ 看板に有名人の肖像を使う時点でオーナーの趣味が出るわけですが
よくある往年のロックミュージシャンやブルースシンガーの似てない似顔絵看板のバーというわけでもなく
お洒落狙い?の写真というのもなんか唐突で、田舎のラブホ的違和感と言えば言いすぎかもしれんけど
チャンディダサのセンター街という雰囲気の中では、パッと見、浮いてんのとちゃう?というか
そのしっくりこなさ加減に 初見ちょっとひき気味の感情も含みつつ、好奇心で突入。
それが Le 48 / Zen&Happy Resort  (Le quarante huit boutique hotel) というお宿でした。

※この田舎で ル キャランテ ユイットっていう響きが小洒落すぎて?むずがゆーくなってしまうのは私だけ??
でも後で、この名前の由来はここの住所の番地だと聞いて "あーそういうことか"、とちょっとだけ納得※




同じチャンディダサエリアといっても、中心地のプチ繁華街?から離れたエリアなら
この南部っぽい雰囲気もアリだと思うんですけど、以前からのレストランや宿が林立する中にあるので
南部とかで感じるよりも、急に異空間が現れる感じ。
a0074049_13271668.jpg
こじんまりしたレセプションのエリア。(ただし、呼んでも人っ子1人出てこん!)
a0074049_1415823.jpg
このレセプション・ロビーエリアは、水が敷き詰められた中に浮いてるようなデザインなので
通路が「川の中の飛び石通路状態」なので、夜に酔っ払って宿へ戻ってくるのは超・危険かも?(笑)
a0074049_1330212.jpg
スタッフ呼んでもだーれも出てこんのでスタッフを探してズンズンと敷地に侵入したところ
あら、新しくてすっきりしてて気持ち良さそうなお庭とプール発見。
a0074049_14191940.jpg
庭の掃除をしていた人を発見したので 「部屋みせてー」っていうと即、快諾
お部屋は、プールに面して戸建てのバンガロー形式になっていて、各部屋設備は同じだそうです。
部屋番号とかは、この時点('09年11月)では表についてなかったのでわかりません
a0074049_3202128.jpg
こちらは、そのお部屋から見えるプール。
a0074049_14212146.jpg
下の写真のプール右側にちょっと大きめの部屋がありますよね?
a0074049_1561037.jpg
そこは、スイート仕様になっているお部屋だそうで
スタッフは「ファミリールーム」と言ってましたが、ベッドは1つなんですけどどこがファミリー仕様??
そして、現時点ではリビングエリアにあたる小部屋はテーブルとソファーがあるのみの超簡素。
a0074049_1519861.jpg
バスエリアは通常部屋より広くて、屋内、屋外ともにシャワーがありました。
a0074049_15192930.jpg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、少し離れたエリアに併設のレストラン・カフェ・バーエリアがあるのでそっちへ行ってみましょう

レストラン方面に行く途中、プール側を振り返ってみるの図
a0074049_14223793.jpg
これまたチャンディ中心部とは思えないほどモダンな空間。
a0074049_13351454.jpg
この中にいる限りはチャンディダサに居るとは思えまい・・・。
a0074049_1335386.jpg
ソファー席があるのはゆったりできて嬉しい。こちらはチャンディのラグーン(蓮池?)ビュー
a0074049_1336088.jpg
レストランは外部ゲストにも開放されてて、ラグーン側の歩道からも出入りできるようです
a0074049_1337590.jpg
参考までに、メインストリート側からラグーン越しに見たレストランの位置。
a0074049_13431358.jpg
↑ご覧の通り、リゾート全体は海に面していません。(すごく近いですけどね)

公式サイトが、現時点でトップページしか出てこないので
部屋のカテゴリーや料金などが確認できないのですが、この時点では通常ルームが65ドルくらいで
スイートになってる部屋はもっと高い・・・とスタッフから聞いたような曖昧な記憶。
東部のフリーマガジンAGUNGには55ドル(税・サ込み)って書いてあったけどオープニングレートかな?
まぁ、料金に関しては、時期や日数によって変わると思うのでそのつどお問い合わせしてみて下さい。
好みとかチャンディダサに求めるものとかは人によって違うので独断でしかないんですが
現時点では、個人的には 50ドル未満なら考える余地あるけどそれ以上だったら別の宿を選ぶかな?
(なんかイメージ的にthe harmonyとかの安カワ宿とオーバーラップするので40万ルピアとかじゃないと
いまいちお得感のインパクトにも欠けると言うか・・。ま、部屋はもっと広いから単純比較はできないけど。)


立地の点で、チャンディのメインストリート沿いなのに敷地に入ってしまえば静かでゆったりした空間なので
買い物とか外食に比較的便利な中心地で新しい設備の宿をお探しの人には選択肢に入ると思います!

ただしこの時、ゲストがいらっしゃらなくて客層が全然わからないのでその点が不明。
・・・というのも、比較的年齢層の高いゲストが多いチャンディダサで あえてこの雰囲気ですから
もしも若者ターゲットだったら、そして彼らがお祭り好きだったとしたら うるさいかもしれないのが心配かな。
まぁ、そういうのがメインの人は南部で遊ぶだろうからチャンディダサは選ばないと安心していいのかな?

個人的には、南部とかだったらわかるんだけど この垢抜けないエリアでこの雰囲気って
ちょっと周囲に比べて浮いてるかな??なんて。せめて同じ中心地でももうちょっと外れの
プリバグース通り上とかだったらこんなに違和感はなかったのかな?なんて思ってみたり。

ここだけを見るとそこそこ今っぽくて可愛いんだけど、その浮き具合ゆえに余計に安っぽく見えて(笑)
まぁその垢抜けなさがバリのおもしろいところでもあるのでむしろアリっちゃーアリだし
それゆえにヤスカワ宿としてお手ごろ価格をキープし続けられると思えば逆にありがたいのかな?
もちろん現時点ではできたてっぽかったので、おいおいもっとしっくりくるだろうし
今後周囲にもこういう【見た目スタイリッシュ系】のカフェや宿が増えてきたら馴染むのかもしれないなー。
なんか、「中国や韓国の若者が好きそう」・・・という初見第一印象のリゾートでした。

チャンディ中心地でこの雰囲気は珍しいから、このカフェはドリフ生活中の気分転換になると思うし
Le48という名前や、サイトのメールアドレス、そしてTrip Advisorの初期のクチコミから想像しても
オーナーさんはフランス人っぽいので、食事もこだわっていらっしゃるかもしれないから
次回、レストラン利用で お味やサービスの方もチェックする機会を作るのもいいかな?と思ってます。

★後日追記★ '10年5月にレストランで遅めのランチをした記録は → こちら をご参考に!


  Le48 ~le quarante huit~ Zen & Happy Resort
  boutique hotel , lounge , restaurant, poolclub


  所在地 : 48 Jl.Raya candidasa, Karangasem
  ※メインストリート沿い、ラグーンの東。道路の向かい側は Vinsent'sというお店です。
  電話 : [62] (0)363 41177 / 公式サイト : www.le48bali.com

                                        ※ 見学した'09年11月時点の記録です ※
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-01-11 20:42 | bali & indonesia | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/9633116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mamaka at 2010-01-11 23:41 x
お久しぶりです。
27日(在3週間)からの渡バリに向けてこちらのブログで復習させてもらってます。
前回 パンダン アスリー(スーパー)のスタッフ、その他チャンディの知り合いに聞いても分からなかったアラム センポールは是非ともです。(私の問いに皆、アラム センポール?アラム アスマラじゃないのでした。トホ)
ロンボク行きスピードボートのレポートもとても分かりやすく、目的がギリトラワンガンの私にはホントありがたい情報でした。
ここのレストラン トライしてきますね。気に入ればアマルタまで行かなくてもね。
Commented by marikkomekko at 2010-01-12 12:39
確かにいくらオシャレなものでも立地によっては浮きますよね・・・
スカイツリーがどうにも垢抜けない雰囲気に見えてしまうように(笑)。
ところで、↓のアロマショップ気になります!
アメドに行く途中に寄ろうかな~♪
Commented by JAM at 2010-01-12 20:00 x
こんばんは!チャンディダサの中心地にこんなとこできてるんですねー!ビックリ。でも浮いちゃってる感じもわかる気がします^^;
ここがオーシャンフロントだったらもっとしっくりくるのかもしれないけど、どろどろのラグーンビューってのが微笑ましい^^v。レストランのお味、もし次に行かれたらどんなのだったか教えてねー。
Commented by la_viajera at 2010-01-12 23:53
>mamaka@マダムKさま~!
おお!月末からバリですか!!奥様はチャンディ滞在率がお高いので
こちらこそなんかみっけたら教えてくださいねー。
気になるお食事どころはたくさんあるんだけど、胃が足りないのよ~!
アマルタのレストラン、今回いきましたよー。(ちなみにアマルタのスタッフは
「アラムセンポール」では通じなかったけど「石鹸工房」って言うと知ってました!)
予想では、アマルタのレストランの方がお味は確実かも?と思うんですが
もしもLe48の食事がいい感じ&お手頃価格だったら、中心地にスティ中は使えるよね
それはそうとラグーンの向こうの海沿いの宿やカフェってどうなのかしら??
いつも行ってみようと思いつつ、他のものに気をとられてしまう私。
3週間のバリ(&トラワンガンもかな?)どっぷり楽しんできてくださいねー!
むっちゃんにもよろしく♪ そしてスピードボート、たて揺れ注意でっせー!
Commented by la_viajera at 2010-01-12 23:55
>まりまりちゃ~ん!
私はさ、数年前にモンキーフォレスト通りにグリーンハウスとかいうカフェ?が
できたとき、その白すぎる外観が浮いててしっくりこなかったんだけど
もはや風景の一部と化しているのであーそんな風に見慣れてくるんだな・・と。
ここも、スカイツリーもきっとそのうち風景に溶け込んでくるんだろうね!

アラムセンポール、多分夕方5時ぐらいには閉まってしまいそうな感じだったので
その時刻までに通過される場合はちょっち寄り道もいーんじゃないかな?
センサティアも夕方5時くらいまでのようだから、どちらにしろ工房訪問の際は
日時にお気をつけあそばせ~!(オダランやウパチャラまでは把握できないけど)
Commented by la_viajera at 2010-01-12 23:58
>JAMんちょ~!
どろどろラグーンビューって!!(大爆)ま、蓮池ですからねー
蓮池にスタイリッシュ&モダン系はあんまり似合わないよな~。
ほんと、オーシャンフロントだったらソーダバー色の海に映えて
リゾートっぽくてしっくりくるのかも?あまりにもシティ色を出そうとしている
感を感じたので「えー!このもっちゃりした田舎にですかー?」って失笑半分で
乗り込んだ悪趣味な私。・・でも、可愛かったので慣れたら「アリ」です!
今思い出してみるとプール周りも気持ち良さそうだったし、ヤスカワとしては悪くないです。うん。
夜とかだったら周囲も見えないしライトアップもいい感じになりそうな気がするので
お食事のお味&料金事情をぜひ確認しに行かねばいけませんな。ふふふ。
Commented by mahaloa at 2010-01-13 12:10
viajeraさん、こんにちは!
おおおー!
スミニャックにありそうなスタイリッシュなお宿ですね~!
でも、スミニャックではあり得ないくらいに、たくさんの自然と緑に囲まれ
ているところが素敵です♪

お庭と椰子の木が素敵で、昼下がりの午後、の~んびりと過ごしたら
気持ちが良さそうですね~!
あぁ、ビンタン片手に半袖になりたい!! ←ノースリーブだと犯罪
Commented by titiang3 at 2010-01-13 16:07
タイチョ、こんにちは!
遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします♪

いつもウブドにいると、この解放感のあるプールと庭には憧れてしまうなぁ(笑)
だけど、ほんとオシャレなレストランだね~。
私は一人で突入する勇気はないっす^^;
チャンディダサ、いつになったら行くんだろ?わたし。
Commented by la_viajera at 2010-01-13 17:12
>mahaloaさ~ん!
そうなんですよ。南部の繁華街のヤスカワ宿に比べて庭が広いのは田舎の特権。
ここはチャンディでも一応メインストリート沿いの中心地なので、新しい宿って
狭い土地にうなぎの寝床のように無理やり配置してあって閉塞感を感じたりすることも
あるけど、ここはリノベされた宿なのかな??見た時点で5部屋ぐらいしかなかったけど
わりとゆったりと配置されててプール周りも余裕があったのが良かったです
ただ、焼き焼き大好きの国のゲストが多いせいか、プール周辺にパラソルだとか
陰をつくる設備がなかったのが、日焼けが気になるお年頃としてはちょっと恐ろしい。
口コミサイトを読むと、白人層の多い宿のようだから 彼らのボリュームに比べたら
きっと日本人のボリュームなんてちょろいちょろい。間違いなくノースリーブ上等!
Commented by la_viajera at 2010-01-13 17:15
>ふふちゃ~ん!
おかえり~&あけおめ~!!
うん、私もこの時せっかくだからお茶しようと思ったんだけど
他にゲストもいなくてなんだかこっぱずかしくて見学だけで脱出(爆)
これもね、もしレセプションに人が居て丁寧な対応だったら
「ちゃんとしてるなー」って見直したかもしれないんだけど
いきなり放置プレイだったから「なんや、結局見掛け倒しかよ」って
第一印象の方が大きくて記録は辛口になっておりますが(笑)
古い狭いの印象がありがちな中心地の宿で、この敷地のゆとりは良かったっす。
・・・とは言ってもレストランはそんなに広くないんだけどね。
・・っていうか、今RSSでちろっと見たけどお母さん大丈夫??
あとで、そちらにもうかがいまーす。
Commented at 2010-01-13 21:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bemnty at 2010-01-14 01:21
タイチョさん、こんばんは~
只今、今月末のバリ情報を収集のため、トリップアドバイザーでバリのレストランランキングを検索中、ありました~
こちらチャンディのレストラン1位を獲得していました!
って、チャンディのレストラン6件くらいしかでてませんでしたけど(爆)
いつか東部の方にも足を伸ばしてみたいです。
Commented by la_viajera at 2010-01-14 21:28
>カギちゃ~ん!(1/13 21:22)
はーい。了解です。ちょっと楽しそうなのでじっくりそちらに伺います~!
Commented by la_viajera at 2010-01-14 21:30
>bemntyさ~ん!
トリップアドバイザー、見た見た。チャンディダサ、ほんと情報すくねー(笑)
予算があったら雰囲気重視でキラやアリマンに行っちゃうんだけどそうじゃない時は
個人的には大外しがないという点でKUBUに行きがち。あ、でもね、Amartaは
さすがに評判がいいだけのことはあってチャンディの食の平均点超えてた!
もう1軒、ずいぶん前にマダムKに教えてもらったDONISは結局未踏なんだけど、
メニューにもよるんだろうが油が苦手という意見ちらほら。でも、ここも次回は行かなきゃ。
Amartaもdonisも中心地からはちょい距離があるからこのオサレなレストランが
ほんとにおいしかったらいい選択肢が増えていいんだけどな~
ぜひ次回はなんか食べてみたいと思います!!
bemntyさんの次バリは月末ですか!初サヌール滞在、楽しんできてくださいねー!!!
<< Kalyana bay ? V... Alam Zempol で お... >>