※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< The Oberoi Lomb...

ドラゴンボートでギリ巡り&シュ... >>
2009年 12月 09日
Tugu Lombok ~ 2日目・アフタヌーンティーやその他もろもろ~
a0074049_1884972.jpg
Tugu Lombok 滞在2日目。
【Full day Original boat tour】 と題された ドラゴンボートでの海遊びから戻ったのが15:30。
あら、丁度アフタヌーンティーをオーダーできる時間じゃないですか~!!
でも、私達はこの後 17:30からお出かけするざーます。それまでにお風呂にはいって
お洋服も着替えてそこそこ化粧なんぞしてみたりしなければなりません。

「じゃー今日はお部屋にアフタヌーンティーを持ってきてもらいましょう
meroさんがお風呂にはいってる間に届けてもらっておくね~」

ってことで 今日の記録は トゥグのアフタヌーンティーのお話。
でも、あんまり写真撮ってなくて お出かけ準備にもかまけてて内容も薄っぺらくなるので
この機会に 3日分のおやつをまとめて掲載!結果的には初日のおやつが一番美味しかったので
その時間はチェックイン前だったmeroさんに味わっていただけなかったのは残念なんだけど
この翌日のアフタヌーンティーサービスで気づいたトゥグらしい演出もあったので
そのことなども便乗掲載しながら、この日の夜のお出かけまでの時間を綴ってみたいと思います。





海遊びから戻ったら、まずは風呂。ちゃっちゃと入るからお先にいただきまーす。(ありがとうmeroさん)

a0074049_18265482.jpga0074049_18272242.jpg
このバスタブ、見た目より広いんです。深くてゆっくり肩まで浸かれるし、
シャンプーの後は大きな天井シャワーで一気にすすげるし、湯量もたっぷり出るからこのお風呂、大好き。
石鹸も、レモングラスのソープで香り爽やか&蚊よけにもなりそうでなかなかお気に入り。

そして、お風呂交代して meroさんの入浴中に 本日のアフタヌーンティーをオーダー。

届きました~。お部屋の中のダイニングテーブルに並べてもらいました。
a0074049_18372399.jpg
この日のお茶は、meroさんはジャスミンティー、私はジャワの緑茶で。

運ばれてきた 今日のおやつ はこんな感じ。
a0074049_19242420.jpg
ここのアフタヌーンティーは「甘いもの」だけでなく「おつまみ系」も混在しているんです。
この日は、中華っぽい(点心というかなんというか)「甘くないつるんとしたもの」2種と かき揚げと
クレポンと とうもろこしの入った甘いスープ。(ぜんざいのとうもろこし版??)

これが、昨日 プール前座敷席(ほぼディベッド席)で1人のときは2人前盛られてたのに
なぜに今日は 2人居るのに クレポン以外は 1つずつなのか??・・・うーむ不思議だ・・・。

でも、前日に学習したことがあーる!!この白っぽいゼリーっぽいやつには「要注意」と。

参考のため復習してみよう。初日のアフタヌーンティーのお菓子たち。
a0074049_18462795.jpg
大好物の胡麻団子(しかも、できたてだったのよー!)と 2色のクレポン
それに【白いぜんざい】みたいな温かいスイーツも とっても美味しかったんです。ほんとに。
でも、白いういろうみたいなヤツに要注意

普通、他のものが甘いから これも牛乳かんみたいな甘いものかな~?なんて思うじゃない??
ところがNON NON NON !! これ、中に「お惣菜」みたいな具が入ってて
多分中国系の惣菜おやつなんだと思うけど 激マズなんです。
しかも甘いものだと勝手に想像して食べるもんだから、そのギャップはすさまじく・・・・・・
中身の具だけじゃなく、ガワの白い羊羹みたいな部分にも独特な味がついとるんです・・・。
いや、中国的には不味くないのかもしれないんですけど 完全に 私の口には合いませんでしたの(涙)

で、この日(2日目)も お菓子のお皿に 形は違えど同じようなものが乗ってたから
「meroさん、これ、覚悟しいや~(爆)」って一応前振り。つか、その隣の黄色いのも同系っぽいぞ!

念のため、もう一度 2日目のアフタヌーンティーのおやつ 〈問題のブツは、下方の白と黄色!)
a0074049_19274548.jpg
結果・・・・やっぱり・・・・(爆)

というわけで2日目のオヤツは、恐る恐るのバツゲームのようになっておりました。
こんなことなら、クレポンだけ6つぐらい盛ってきてもらえばよかったよー(泣)
しかし、そのクレポンも初日の2色クレポンの方が美味しかったんですよー。あの違いは何だったんだろ?
でも、この後の予定を思えば ここでお腹いっぱいになるわけにもいかなかったので丁度良かったのか。

ちなみに、また後日ロケーションはUPしますが この翌日にSPAのオープンスペースでいただいた
↓ 滞在3日目のアフタヌーンティーのおやつの内容はこちら
a0074049_19295385.jpg
この日の「お惣菜系」はサモサだった。恐怖の白い食べ物がなくてほっとする(爆)

私達は、連日ともに好きな場所に持ってきてもらったので気づかなかったんだけど
なんとこのアフタヌーンティー、厨房でセットしてそれぞれにサーブしているわけではなかったのです

・・・というのも 3日目のアフタヌーンティーを終えてお部屋に戻る途中、プールの横で見つけちゃった!

アフタヌーンティーの時に使われるであろう演出の残骸。
a0074049_1913993.jpg
はい、カキリマ〈屋台)スタイルだったんですよ!

もしかして、カキリマに出向いて直接「おっちゃん、これとこれ頂戴!」みたいなオーダーもできたのかな?
ただし、私達が見たのは 終了後の残骸だったので どこでどのようにサーブされてるのかは不明のまま。
でも、この演出、楽しくないですかー? ちょっと キュン★ となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アフタヌーンティー絡みで話がそれましたが、2日目のティータイムに戻ります。

この日はお部屋でいただいたわけですが、この時の写真を見て気づいたこと。
お部屋のフルーツがちゃんと毎日変わってたんですねー。(食べないから気づかなかった!!)
ささやかだけど、初日はオレンジとアップル 2日目はバナナとサラックになってました★
3日目はテーブルの上の写真を撮ってないので何のフルーツだったか覚えてません。

そして、写真をよーく見ると テーブルの上のお花だって毎日変わってたんです。
そうだよねー。この時に載せたけど、毎朝スタッフがお花のデコレーション、作ってたもんね~。

そして、お花に挿してあるアンティーク風のウェルカムレターをよ~く見ると(これは初日の写真です)
a0074049_19394367.jpg
表 モザイクにしてますが、ちゃんと私とmeroさんの本名宛てになってるんですー
a0074049_19411743.jpg
裏  こちらも同じく。たとえ印刷だとしても 凝ってると思いません??
a0074049_1943122.jpg
国境だけでなく時間も越えた TUGUの世界への招待状・・って感じで、この演出 粋なんですけどー!!
宛名面ににじみや紙魚のようなものもあるんだけど、それも最初から「わざと年代物風」にしてあったんです
切手とか消印とかの部分もちゃんと凝ってて、こういうこだわり1つ1つが私を虜にさせてくれる♥
えぇ、少々アフタヌーンティーのおやつにハズレが混ざっててもそんなことは取るに足らない事。
予約課のとんちんかんに???となっても、現場スタッフの対応能力があるなら結果オーライだし。

微妙なお惣菜系オヤツに一喜一憂しながら お茶タイムを楽しんでいたらあっという間に17:30。
この後、17:45ぐらいに・・・ってことでホテルの送迎カーをお願いしてあるんです。
だって、せっかくロンボク北部・Tanjungまで来ているんだから ギリ巡り以外にも
この機会に ぜひmeroさんに過ごしていただきたい場所があったんです。

最初は、オートマのレンタルバイク('09年10月時点でのホテル価格は24時間で15ドルほど)
夕方から四十路女の大冒険を繰り広げようと思っていたんだけど
島内幹線道路からTuguのあるsire beachへと続く道が思いのほか舗装されていなくて、
しかも外灯らしきものがほとんどない!!戻ってくる頃は夜なので危なすぎるだろう。と不安になり
ホテルカーでの送迎を依頼することにしました。(片道10ドル・往復だと17ドル)

明るい時間だったら、バイクで寄り道しながら探検も良かったのかも知れないけど
そこへはどうしても夕暮れ時に行きたかった理由があるんです
だって、我らが TUGU LOMBOKのあるビーチは東側に向いてるんです。
朝焼けは見れるみたいなんだけど夕日はリゾートの後方の椰子のジャングルに落ちてゆくのです
(ちなみに、早朝は3日とも爆睡でサンライズの様子は確認しておりません)
これまた未確認ですが位置的にtugu敷地内の Barong Templeと呼ばれる塔の上にある
テーブル席からだったら、椰子の林に沈んでいくサンセットを拝むことはできるのかもしれません。

・・・となると、海の向こう側に沈む夕日を見ながらまったり~としたい場合、どうすればいいのか?!
ホテル主催の サイクリングやチドモや馬でのサンセットライドなどに参加するのもいいと思うし
夕食を兼ねて西海岸に位置するスンギキの方まで出かけるのもいいかもしれません。

でも、ビーチから見て右はす向かいの岬(?半島?)に燦然と輝く あの素敵ホテルがあるじゃない!!
そう、あのうっとりホテルからならリゾート内でのんびりしながら海越しのサンセットを楽しめるんです!
しかも、車で15分くらいで行けるとなれば スンギキへ出るより近いから 行っとくっきゃないでしょう!!

約束した時間にレセプションに行くと、「はーい、車の用意はできてますよ~」って。
a0074049_2048626.jpg
この時間帯のトゥグのレセプションホール、雰囲気あるわぁ~
a0074049_20515089.jpg
では、しばしこの独特のアンティークの世界から大人のうっとりリゾートの世界へとショートトリップしますか!

道中、車の中から 椰子のジャングルへと沈んでいく夕日を追いかけながら 先を急ぎます
a0074049_20551512.jpg
そして、やってきたのがこちらのリゾート!
a0074049_20561492.jpg
はい、もうみなさんおわかりですね。 THE OBEROI LOMBOK
a0074049_21165888.jpg

今夜はこちらで サンセットタイムを過ごし、そのまま食事事情の現状確認をする予定ざんす~。

以前の滞在時の印象で 【味がイマイチ】という記憶があったので 食事には期待せず雰囲気重視で(笑)
ディナーは現場で流動的に、と思っていたので 前もってのシート予約はしていなかったのですが
ここでは いろんな偶然が重なって 必要以上に「いい気分」になった一夜となりました。

長くなるので その様子は、 同時UPの The Oberi Lombok での夕べ へと続きます・・・・・・・

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-12-09 18:26 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/9393741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Oberoi Lomb... ドラゴンボートでギリ巡り&シュ... >>