※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< 荒野と砂丘を越えて @ Lo...

ありがとう、傷だらけの三菱ミラ... >>
2009年 03月 04日
うれしいしらせ、かなしいしらせ @ 自分メモ
a0074049_1418281.jpg
こんちくわ。昨日の【桃の節句】は私にも女子としての恩恵があったようで、かなりいい1日でした。

なのにさきほど叔母の訃報が届き我が家はてんてこまい。叔母さんの件は、余命を宣告されてから
宣言期間よりも5年以上家族と共に普通の生活が続き、最後も多くは苦しまずに旅立ったので
深い悲しみはあれど"いい人生だったね"と見送ってあげられることが何よりだと思っているんだけど
私が頻繁に旅行に出かけるのを、自分の事のように楽しみにしてくれてた叔母ちゃん。
うちの親族は、祖父母でさえも「viajeraちゃんが旅行中に、もし私が死んでも、お葬式で
呼び戻したりせずに旅を続けさせてやりなさい」と言ってくれてたほど 変に理解があったんだけど
もしもそういう状況になったら最後のお見送りぐらいはしたいから連絡してくれる方が嬉しいのに
・・・なんて思ってた。でも、そう行っていた祖母も10数年前にたまたま私が台湾から戻って
バリに発つまでの10日間の間で 従兄弟の海外転勤2週間前に大往生という奇跡をおこしてくれた。
今回の叔母さんに関しても、私が旅と旅の間で日本にいるこの2週間のうちにお見送りできるのも
やっぱり何かの縁が働いてるのかもしれないな。思い込みでしかないのだけど、私が今まで旅先で
危険な目に合わず元気で帰国できてるのは大好きだったおじいちゃんが天国から見守ってくれてる
からなのだといつも思ってる。たとえ1人旅でも いつだって決して 1人ではない。
私自身の健康だけでなく、やはり家族が健康で幸せでいてくれないとおちおち旅にもでてられない。
ほんとうに、いろんな人や環境に支えられて私の生活があるのだな・・と今更ながらしみじみ思う。

昨日、そう 昨日、出発2週間前を切ったのにまだドキドキハラハラで決まっていなかったバリ旅行の
期間中のとある計画が実行されることが確定されてファミレスでpipiちゃんと2人で大喜びした。
その夜、父と母に「とあるお願い」をされて今年中に予定外の場所に旅に出ることが決まった。
今朝起きて、メールチェックしたらコンチネンタル航空からお知らせメールが届いていて
コンチが正式に10/28の便でスカイチームから抜けて以後はスターアライアンスに加盟するとの
ことで、「これで今年の冬からワンパスのマイル使ってSQやTGに乗れる~!」って更に興奮してた。
やっぱり旅の神様は私を見放してないわー!これで本当に大殺界なの?私?!って大はしゃぎ。

そして、そんな浮き足立った状態で 過去旅の思い出トピを投稿しようと思って記事を作成してる時に
叔母さんの訃報が届いた。(こんな時ですが、作成中だった過去ネタも同時UPします)
昨日からの個人的なうれしいしらせを手放しで喜んでいられない状態なのは明らかなんだけど
「あなたは、私の分もたくさんたくさん旅をして、好きなことをして楽しい人生を謳歌しなさいよ」
・・といつも言ってくれていた叔母さんのことを考えると
もしかしたら、昨日決まった2つの旅計画はおばちゃんからの最後のプレゼントかも知れないな。
都合が良すぎる考えだけど、だからこそ春バリも存分に楽しんでこなきゃ、なんて思ってみたり。
今日は留守番なので両親の代わりに家の事をさせてもらうけど、明日と明後日はお見送りに行くよ。
49日法要の時に 元気に旅の報告ができるよう 春バリもいい旅にしたいと心を新たに、自分メモ。

覚悟はできてたけど、こんなに早く 行ってらっしゃいを言うなんて思ってなかったから
まだ戸惑いはあるけれど、叔母ちゃん、長いことよく頑張ったね。行ってらっしゃい。どうか安らかに。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-03-04 17:49 | たびにまつわるえとせとら
<< 荒野と砂丘を越えて @ Lo... ありがとう、傷だらけの三菱ミラ... >>