※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< '09年2月 西インド...

ヘリから見る大地の裂け目 @ ... >>
2009年 02月 27日
気球から見る朝陽 @ Masai Mara National Reserve , Kenya
a0074049_13143984.jpg
1993年 9月。マサイマラ国立保護区。早朝のバルーンサファリより。
ヘリから見たイグアスの滝に続いては、「バカは高いところが好き」関連でこちらの記録を。
(流れ的にBsAsでのネタにしようかと思ったけど、"乗り物シリーズ"で続けようかと)
・・・とはいっても、空からの写真は使えるのがほとんどないんですが・・・笑
アルゼンチンでご一緒させてもらったMちゃんAちゃんとの出会いがこの時だったという
関連も含めて、viajeraさん24歳の秋・東アフリカはケニアでの思い出をば。

当初は、旅友でもあり私の分身ともいうべきフタゴ君(※男女の仲ではありません:爆:)
と個人旅行で東アフリカを巡る予定だったのに、フタゴっちは当時中近東方面を旅してて
ナイロビ合流の予定だったのに「9月までに脱出無理そう~!」って連絡があったのが8月。
でも、気持ち的には「この秋は動物いっぱい見る!」と決めてたからフタゴっちが居ようと
居まいと私の決意は変わらず。でも旅先で数々の危険を乗り越えてきた彼からすると
私の楽観主義は時に危なっかしいし、1人では逆にいろいろとロスタイムが多いだろうから
「動物見る目的で初めての東アフリカならパックツアーで行け!百歩ゆずって ナイロビ発で
日本人の主催するツアーのサファリに合流参加せよ」との指令。ま、気持ちはわかる。
だって今みたいに体験記がリアルタイムでネットで配信されてるような時代じゃなかったし。
その結果、単独参加することになったツアーで一緒になったのがMちゃんとAちゃんでした。
いわば私の'99年アルゼンチン紀行はこの時に扉を開けたと言っても過言ではないかも?



この時に回ったのは、たしか アンボセリ国立公園 ナクル国立公園 などなど たっだと思うけど
マサイマラ国立公園でのバルーンサファリ@早朝 が印象深いな
a0074049_13454482.jpg
古い写真しかないので美しくなくてすいません・・・
a0074049_13441060.jpg
バルーンサファリは名物になってるみたいなので行かれる方は是非参加してほしいですね。
360度の地平線を見渡して、低空飛行しながら安定感のある遊覧を楽しめます!
ただし保険きくのかどうかは不明。 自己責任の念書も書かされるし。
現時点での料金調べたら 当時の倍くらいしてますねー。高いー!でもオススメ!!
乗るとき、降りるときの体勢はけっこう笑えるのでその点もお楽しみあれ♪
朝から太陽と大地の動物をおいかけて、サファリが終わればサバンナでの
シャンパンと朝食が待ってます。そしてお昼間は、サファリカーに乗って地上を攻めます。
色あせちゃったけどすんごいお気に入りの写真
a0074049_13522184.jpg
※※ 以下、動物シリーズ※※ (年月経ちすぎて紛失した写真もあり、ほんの一部ですが)

卵を守るダチョウさん。
a0074049_1353314.jpg
キリンさんが好きです!(背中の小鳥が可愛すぎー)
a0074049_13534229.jpg
でも、ぞうさんは もっと好きです!(家族、仲良さすぎー)
a0074049_13532913.jpg
トピ?(動物しらなさすぎー)
a0074049_1354372.jpg
ヌー (川くだり、みたかったなー)
a0074049_13541839.jpg
ヌーを食べるライオン (わ!いよいよ野生の王国っぽい~)
a0074049_13544166.jpg
ライオンてんこもり (居すぎてありがたみなし:笑:)
a0074049_13545931.jpg
あれ?左に食べられかけの動物 そして右に・・・
a0074049_1355233.jpg
チーター、余裕の舌なめずり (口の周り、血がべっとりの臨場感)
a0074049_13554364.jpg
野生動物は立ち居振る舞いは意外と美しい。メスのウォーターバックかな?
a0074049_1356268.jpg
意外と危険らしい、カバさん
a0074049_13561368.jpg
↑ 実はこの数日後のナクルでの宿では「夜間外出禁止」だったのね。なんでかっていうと
夜中に敷地内をカバが徘徊するから踏まれると危険ってことだった。「踏まれる」って!(爆)

そういえば、マサイマラだったかアンボセリだったかで泊まったテント風ロッジでは朝は
シマウマの鳴き声でお目覚めだったな~。サファリに行ってる間に猿がお部屋に侵入してたり
Aちゃんが「サンダルを猿に持っていかれたかも?」ってホテルで大騒ぎしたのに、
結局はスーツケース開いたときに、スーツケースの下敷きになってただけで
無事発見したときはそのオチに大笑い。ホテルの人には平謝りで本人は恐縮してたけど
いろいろと小ネタがあったなーって 日記読み返すたびに懐かしい。

サバンナをサファリ中も、同じツアーに参加してた人がお腹痛くなっちゃって
いわゆる野外トイレを試みたんだけど、ブッシュを探した後 私達の車は、獣が近づかないよう
見張りをしてたのね。そしたら、珍しい所に私達の車が停まってるもんだから
他のサファリカーが「動物が居る」って思って集まってきちゃって「違うねん 違うねん!」
って大騒ぎしたり・・・。本来ならサバンナに降りちゃいけないのに、同乗者が用を足すついでに
私達もちょっと地上におろしてもらうという反則をかましたり・・・(笑)

そんなサバンナでの楽しい時間の中でも、特に感動したのが 遅い午後の風景。
もともと、夕方より少し前の時間帯の空って大好きなのね。

ここでは、雲の隙間から水平の大地に降り注ぐ「エンジェルロード」がはっきり見えて
こんな写真しか残ってないけど、現物はすっごい良かった!(パノラマを切ったので小さくてスマヌ)
a0074049_13564940.jpg
朝の風景もすがすがしかったけど夕暮れのサバンナも素敵
雲多いけどそれはそれで幻想的な夕陽
a0074049_13572728.jpg
キリンさんも小鳥を背にのせたままおうちへ帰るところかな?
a0074049_1357754.jpg
あー!バルーンサファリの話だけにするつもりがすっかりまとめてしまった!!
この他にも、湖をピンクに染めるフラミンゴの写真は色あせすぎて全然きれいじゃないし、
目玉的動物「犀」や大好きな水牛の写真は、大事にしすぎてどこ行ったかわかんない状態だし
ナイロビでの夜遊び写真は フラッシュたきすぎて使えねーし、それぞれにエピソードはたくさん
あるんだけど なかなか使える写真が残ってないのがちょっと残念な所。
本当の「大地の裂け目」グレートリフトバレーの写真も白黒かとみまがうほどのヘボ写真だし・・。

アフリカ大陸にはこの後 数回足を運んだけど、サファリメインだったのはこの時だけだったし
なんせ、Aちゃん&Mちゃんとの出会いがあったのがこの時の大きな収穫だったなーと。
ナイロビのホテルから無断で遊びに行ってて、ホテルに戻ったら添乗員さんにこっぴどく怒られた
(しかもホテルのエントランスで腕組みして待ち伏せ!)のも懐かしい思い出。
ケニアにまた行きたいかどうか問われれば、それよりも再訪したい場所がたくさんあって
答えに困るけれど、バルーンサファリだけは ぜひとももう1回乗ってみたい私です。


※※ 今日も作り置き非公開にしてた過去旅ネタのUPで手抜きですいませ~ん。
お財布カラッポに近い状態で もうすぐ帰国しま~す(笑) 今回のカリブバカンスについては
凄すぎて顰蹙ものなので(っていうか同行者都合で掲載NGなので)、もしUPするとしたら
長期間をおいてってことになりますが、帰国後に足跡記録だけは残しておこうと思ってます ※※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-02-27 15:12 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/7955803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyukyoto at 2009-02-27 17:33
タイチョ、軽くアフロで、大仏パンチパーマに何故か毛皮のコートのタイチョを
想像し、ハクナマタタを口ずさみながら読ませていただきましたー
キリンさんの背中の小鳥、なんかリアル・ライオンキングみたいでかわいいなー
アップの写真の数々は、望遠レンズで撮ったの?
どれもめっちゃ素敵で、やっぱりタイチョは上手やわーと尊敬申し上げ。
サバンナでのキジ撃ちは、かなりエキサイティングですね(背後が怖い)
ものすごく行ってみたいと思うけれど、長時間の移動に耐える自信がないし、
体力のあった若い頃には行く勇気もお金もなかったし。
やっぱり若い時にこういう旅をするのは意義深いねー、うらやましすぎます
Commented at 2009-02-27 19:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by JAM at 2009-02-27 19:43 x
こんばんは!毎日毎日もう帰国されてるかなー?なんて思いながらのぞきにきてまーす。思い出が南米大陸からアフリカ大陸に移動ですね!それにしてもこの頃からバルーンサファリってあったんですね。のってみたいなー。動物好きのJAMなので野生の王国は興味あります^^v。
Commented by N-pipi-N at 2009-02-27 20:26
 タイチョ、すてきな写真公開ありがと・
 樹の写真、素敵やね。
 タイチョのイメージがバリ ハワイ メヒコだったからここ数日のトピは
 タイチョと結びつかなかった(笑)
 ほんと世界は広くって素敵な処がいっぱいあるんやな。
 バリを嫌ってほど満喫したらよその国も見てみようかなって気持ちに
 なれました。が、あくまで予定(爆)

  そういえば私も高いところが好き。新幹線より飛行機が好き。
  って事はバカだったのね、私。

  タイチョ、ほんとにありがとう★
Commented by tidakapa-apa2006 at 2009-02-27 22:30
動物王国ですね~動物バンザイ。
バリがなかったらなぁ、アチコチ行ってるのに
バリに出会ってしまってからバリばっか。
今度こそ色んな国を見たい!と思いながらまたしても
バリに・・・でも若いうちに(まだ若いつもり)一回アフリカとかも
行ってみたい 南米も・・・うお~!!!!
キリンの背中に小鳥が乗ってるんですか?(笑)無賃乗車っすか。
Commented by bemnty at 2009-02-27 22:36
タイチョさん、こんばんは!タイチョさんの記事には毎回パッションをもらいます。
子育てに追われていて、忘れかけていたものを思い出させてもらうというか。。。。
最近になって、行きたいところが沢山あって困ってます!
長生きしなきゃね~
いつも素敵な写真&文章ありがとうございます!
Commented by ウ子 at 2009-02-27 23:23 x
最後のキリン写真最高!!!!!!!!!!!!
始めてタイチョと会ったときのナミブ砂漠の写真を思い出しちゃった。
あの写真を見て以来、ウ子の合言葉は【ハネムーンはアフリカ☆】・・・。
これが婚期を逃したことも数知れず。笑
というわけで、若干変更。
【ハネムーンはどこでもいいけど、いつかは必ずアフリカ!!】
Commented by mero at 2009-02-28 00:33 x
タイチョさん~こんばんは。
うわ~っ^^究極ですねぇ!!動物シリーズ....
大自然を見ただけで感動するだろうに、大好きなキリンさんや、もっと好きなゾウさん一家(笑)、ライオンが動物食べてるとことか、食事終わったばかりのチーターとか....汗....スゴスギ。
カバの昼寝姿も可愛いけど、ウォーターバック?の凛とした姿には魅かれるものがあるなぁ^^やっぱり野生の動物って、筋肉スゴイだろうから姿見も美しいのかしら~
日の出のサファリも幻想的って感じですね!でもキリンさんが、夕日に染まった大地を歩いてる姿....実際見たら見惚れそうです^^
いつか行ってみたいなぁ。年とってからだと、ここってキツイでしょうか?(爆)
Commented by manis55 at 2009-02-28 10:15
タイチョ、おはよー!
アフリカかあ。。。
動物コワイ(笑)私はそっち系は全然興味なしなんだけど、ホントの自然の中に生きてる沢山の動物見ると、やっぱ圧巻だね。
最後のキリンの写真はすごくステキ~♪
いやあ。世界にはまだまだ未知の世界が沢山だ。もっと色んなモノ・景色・国・人に出遭いたい!って思う。
Commented by carambola at 2009-02-28 16:45
すご~い,タイチョいろんな経験してる!
動物三昧ツアー,迫力ありすぎ!!!

でも鯔は気球を降りてからの
シャンパン&朝食の方が気になっちゃったりして(笑)
広大な土地でシャンパンって!
夜まで飲んでカバに踏まれないようにしなければ…
Commented by titiang3 at 2009-02-28 23:32
タイチョ、こんばんは!
もうすぐ帰国かな?お財布空っぽで帰国!カッコイイ♪

アフリカで動物三昧ってすご~く憧れるんだけど、きっと行かずに終わるだろうな。
動物の写真、どれもこれもカッコいい!
でもね、やっぱりオレンジ色のキリンさんが一番好き♪
自然の中で生きてるってすごいなぁ。
Commented by momokka at 2009-02-28 23:36
こんばんわ~。
今日、動物園行ってきたとこだったの~。
そいでもってキリンを見ながら
『こんな優雅な歩き方するキリンをアフリカで見たら、どんなに感動するだろうね。』ってコメントしたとこでした。
miyukyotoさんじゃないけど、ホント羨ましすぎ。

私は、24歳の頃、アフリカ行こうとは思わなかったし
その辺りが、やっぱりタイチョさんのすごさですね。
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:06
>みゆっち~
軽くアフロで毛皮でセグウェイに乗って・・って・・ストロベリー矢島になってもうた!
アップはズームなり。当時はバカチョンをメインに、父上に借りた一眼レフも
持っていってたけど到底使いこなせる俺ではない。数打ちゃ大作戦(爆)
この時、同世代の参加者よりも年配のご夫婦とかが多かったし、けっこうおじいちゃん
世代の人が単独で途中合流&解散でガイド雇ってタンザニア方面にも行ってたりして
意外と年をとって金銭的にも時間的にも余裕がある状態の方が、ラクにいけるんじゃ
ないか・・・なんて考えちゃったよ。バルーンサファリなんてバックパッカーの若者にとっては
めんたま飛び出るぐらいの金額だとも言えるし。(笑)
でも、日本からアフリカ大陸までの距離はどうやっても縮まらないからやっぱ体力勝負だよね
そんなみゆっちの心に届けと、贈るほどでもない言葉・・・♪し~んぱ~い ないさ~♪
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:07
>カギちゃ~ん!(2/27 19:27)
はい、ありがとうござる~。私もやっと帰国したので今からメールしまーす
いろいろご足労おかけしてすまぬー&ありがとう~
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:07
>JAMんちょ!
はーい、昨夜やっと帰国しました。アフリカ大陸ネタ、まだまだあるんですけど
また北アフリカ編や、写真出てきたからいつか再UPしたいナミビア編とかは後回しにして
とりあえず、春バリ出発までにはいくつかの過去の記憶を振り返ってみようと思ってます
アニキネタもずっと写真だけまとめて放置してるからいつかUPしたいんだけどな~

今や、バリででもサファリできるところあるし、日本の地元にもサファリパークがあるけど
やっぱりアフリカのサバンナのスケールは私にとっては格別でした。特に動物が好きなわけではから
なかった私ですが(ただし、爬虫類は大好き!)それでも興奮したし楽しかったー。
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:08
>pipiちゃ~ん!
私の古くからの友人たちいわく、私にアジアやBALIのイメージはあまりないらしい(爆)
よその国そのものは見なくても、バリでたくさんのよその国の人たちと交流して
いろんなことを聞くのもアリだと思うべな~
あ、タイチョは基本的には移動は地上が好き。景色が変わると「移動してる」って気分だから。
飛行機も、低空なら下が見えるから好きなんやけどね。今はもっぱら時間短縮と体力温存の為に
飛行機派。でも、けっこう私の旅好きは「移動好き」だったりもするので、【どこでもドアは
便利だけど旅のロマンがない!】と思ってしまう派やねん。それよりもバーバパパに
気球になってもらってそれに乗って行きたい。時間はかかりそうやけど(爆)
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:09
>アパさ~ん!
そうそう!バリに会ってしまったら他にいく時間が足りないよね!!
私、以前は「予算が少ないときはバリ」って感じで選択してたのに、ドリフ建ててから
なんかノルマみたいになっちゃってすっかりバリ中心っぽい感じになっちゃってる私。
若くなくても気力と体力があればどこでもいけるってのはうちの父を見てて思うのですが
社会情勢などの変化で「あの時行っておけばよかった」と思う場所がいくつかあるので
それが心残りだなー。だからまた情勢が変わって渡航しやすくなったときに
自分の身体も元気で、いつまでも若い気持ちでいられるようにありたいものです!
私の記憶が正しければ、小鳥が背に乗ってるだけでなく巣ごと背にのってたかと・・(爆)
無賃乗車の上に、不法占拠? いわゆる共存社会?(笑)
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:10
>bemntyさま~!
私もね、過去旅を振り返ることであの頃の新鮮な気持ちとかいろんな思いが
蘇ってきて、自分自身いろいろ考える機会になったり刺激になったりするんです
私としては人生経験の中で一番スゲーなと思うことは「出産&育児」だと思ってまして
それを通り過ぎていない&その道を避けて生きてきた自分にとっては、子育てもして
ご自身の趣味も謳歌されてる方々のバイタリティやパッションや愛には敬服するばかりで
私の方こそママさんブロガー様達にたくさんの大切なことを思い出させていただいてる次第です!
お互い、健康で長生きしてこれからもたくさんの野望を実現していけたらいいですね!!
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:11
>ウ子ちゃ~ん!
お褒めいただきありがとぅー。でも最後のは撮影操作してズルっこ作戦だけど(大爆)
だから、ハネムーンはアフリカっちゅーのは相手の好みが限定されるから
モロッコとかの欧風テイストエキゾティック方面かセイシェルかマダガスカル、モーリシャス
あたりのアフリカ大陸近くのリゾートにする以外は婚期も逃すっちゅーの(笑)
モロッコだったら私もまた行きたいからいつかつきあうぞー!ウ子の写真も見たいし。
ただし、現在、世紀の散財直後なので近年中のお約束ができないのが情けないところ。
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:14
>meroさ~ん!
あのね、この時のツアーも意外と年配の方の参加が多かったので
年をとってからでもアリだとおもいますわ!当時よりも快適なホテルができてるし。
私ね、もし子供が居て男子だったら小学生高学年ぐらいの時に家族旅行で
つれていきたかったなーなんて思います。国立保護区だから国に守られてる
エリアとはいえ、飼育係もいない自然の動物園。目的の動物に会えるかどうかも保障ナシ
そして360度の地平線。国立公園によってはホテルやロッジの敷地にはキャンプエリアもあって
そういうところでテント住まいなんてのも楽しそうだなーなんて。テントチームもロッジのレストランで
食事するんだけど食後はラウンジのピアノ使ってゲスト全員でアフリカンソングの大合唱
になったり、各国の旅行者が集まってそういうのも楽しかったんです。自然の偉大さとともに
国や世代を超えて人と人との交流も味わえる。とってもいい経験だったから。
きっと家族旅行で来るパパママ年代の方も多いと思うので私達の年齢でも決して遅くはないさ!
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:16
>manisちゃ~ん!
正直、私も特に動物好きだったわけではないんだけど(でも、爬虫類は好きー)
大興奮させていただきましたー。っていうか、この時から好きになったかも?
だって、野生動物はほんとに美しい。たくましい。ドライバー兼ガイド氏にいろんな
動物の性質や習性をききながら行くからそれで愛着を持ったってのもあるかな?
これからもいろんな所に行っていろいろ感じることで身近なことのなかの大事なことや
忘れかけてたことにも気づけたり考え直すきっかけになったらいいなーなんて思う今日この頃
自分がどこまでやれてどこまでできないかの自分の尺度を計るバロメーターとしても
とーっても興味深いからまだまだ旅行はやめられまへん(笑)
できれば、たまには行った事ないエリアにとびこんでみたいな~
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:16
>鯔ちゃま~!
いやいや、ディープなアジア諸国漫遊記の鯔せんせにはかないませんことよ!
大きい動物も良かったけど、小動物もなかなか興味深いのよ~
あと、姿は見てないけど朝起きたら敷地内にのこされた小動物の足跡が
異常にかわいかったり(笑)

>夜まで飲んでカバに踏まれないようにしなければ…
じゃぁ私は酔いつぶれた鯔ちゃまの寝返りにつぶされないようにしなければ・・・
あ、寝返り女王はpipiちゃんだった!!(爆)
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:19
>ふふちゃ~ん!
お財布カラッポで帰国なのはいつものことだけど、今回はカード等の
引き落とし用口座もギリギリというドキドキハラハラ状態。
私ね、今あえて過去旅の記憶を巡っているのは
思い立ったらあんまり何も考えず、地域安全情報以外は詳しい下調べもせず
予算の事もあまり気にせず(「なんとかなるわー」って)ただ「行ってみたい」という
気持ちだけで渡航してたかつての自分を振り返って、ちょっと基本に帰りたい
気分なんですわ~。もちろんあの頃と違って体力も落ちてるし、生活環境も違うし
どこかに行こうと思ったら情報は溢れてるからそれだけ煩悩も増えるし、
かつてのようになんでもかんでも興味があるほど好奇心も旺盛ではないんだけど
「あーこんなこともあったなー」なんて思い出すことで、当時の新鮮な気持ちを
呼び覚ましたい自分が居るんだと思う。いつも、今と前しか見てなかったけど
振り返ることも時には大事だね。たくさん貴重な経験をしてるのにいろんなこと
忘れかけちゃってる自分を反省(笑)
Commented by la_viajera at 2009-03-01 13:21
>momokkaさ~ん!
キリンって優雅ですよね!水を飲む姿勢(足の折りたたみ具合)なんて芸術的!
ほんとはね、20歳のころに行きたかったのだけど、その頃は北米大陸やアジア内に
行くのが自分の身の丈的にいっぱいいっぱいだったから、経験値つんである程度
自由旅行に免疫と自信もてるのを待ってたら24歳になっちゃってた(爆)それでも
旅友からすれば「甘ちゃん」だったんだけど。うち、今じゃ考えられないけど成人するまでは
意外と厳しい家庭だったから、それまでも祖父と一緒に各国にいったりホームスティで
イギリスとかも行かせて貰ってたけど、成人して社会的に自己責任とれるようになってから
世界のいろんな所に遠出しよう!って野望持ってたんです。
本当なら、ツアーじゃなくて自由周遊で他の国にも行きたかったんだけどヘタレなので
旅の師匠・フタゴ君からNGがでました~(泣)でもツアー参加のおかげでたくさん動物
見れたし、お友達もできてよい経験になったのでほんとによかったなーって。
Commented by magical_cat7 at 2009-03-01 18:19
タイチョ、おかえりなさ~い♪カリブバカンスもステキなお宿に泊まられたようですね~(^^)
それにしても、アフリカの写真の数々、すごい!雄大な大地。臨場感あふれるチーターやライオンの写真も、こんなの間近でみられるなんて・・・!夕焼けのキリンもダイナミックなアフリカだわ~。バリももちろん自然は豊かだと思うけど、どうしても人間的な文化とか宗教的なものとかに目を奪われて、それが心地よいとおもうけれど、アフリカは自然の力が圧倒的で人生観変わりそうだね。
Commented by la_viajera at 2009-03-02 11:40
>まじかるさ~ん!
ただいまでーす。カリブではひっさびさに全行程うっとり宿で贅沢しちまいました。
この、アフリカに行った頃から並行してうっとりバカンスもちょくちょく行ってたんですけど
当時は俄然、うっとりバカンスよりも冒険旅やぶらぶら紀行の方が楽しかったし
感じるものが大きかった気がするのはやっぱり若さゆえかな?(笑)
ケニアの時は人生観や世界観がかわるというよりも、現場では「わーすげー!」
と始終興奮しっぱなしでアホ丸出し(恥)。宿に戻ってきて添乗員さんや
他のサファリカーに乗ってる人たちといろいろ話をしてるうちに自然世界のことだけじゃなく
この地の歴史や文化やいろんなことを考えるきっかけになったというか・・・。
同じ本を読直後でなくあとからじんわり感じることがあったり年をとってから読み返して
当時と感じ方が違うように、本質は変わらなくても自分の感じ方で自分の身の丈を知ったり
自分自身のキャパをはかれるという意味でもやっぱり旅はおもしろいですよね。
<< '09年2月 西インド... ヘリから見る大地の裂け目 @ ... >>