※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< 10/4 ・主婦達の午後 ~イ...

日・豪マーメイド競演 @ Ba... >>
2009年 01月 19日
IL RISTORANTE でディナー @ Bvlgari Resort , Bali
a0074049_23414111.jpg
おはようございまーす。週末はちょっと寒い所に蟹食べに行ってました。タイチョです。
いや、ほんまはね 皆さんは雪山でスキー目的だったんですけど 私雪山では頑張れない
ヘタレさんなので、温泉&蟹に逃げておりました。次の週末は 老舗宿&鹿の予定です(笑)
不況不況といわれているときこそ消費を!・・ってことで、実情は『定職もないのに消費してる
場合ではない』のですが ちょっと2月の大掛かりなおでかけ予定も決まってしまったので
ますます3月の渡バリの予算危うし!ま、でもバリは低予算でも充分楽しめるから先の事は
考えない俺。うはは~。それより今のうちに秋バリ記録を終えておかなきゃ次に進めない気分。
・・・というわけで、今日からは 10/3~10/5までの 、Miちゃんと南部滞在時の記録を・・・。

この期間、私達が過ごした宿は 先にUPしていたスミニャックの節約宿でしたが
10/3,バリの東の端っこ・アメッドを出発して私達が向かったのは スミニャックのお宿ではなく
南の端っこのリゾートでした。予算的にもキツイし他にも気になるホテルはいっぱいあるから
リピートお泊りは まずないと思うけど、お泊りして以降も何度かバー利用は行ったものの
(過去記事は、こちらのタグからどうぞ!)ここのイタリアンレストランでのディナーは未踏
だったので せっかくお嬢との同行時なんだから この機会に行っておこう!という魂胆。
折りしもレバランホリデーで満室の為、Miちゃんが希望していた【お部屋見学】はできなかった
けど、バーでサンセット鑑賞→レストランでディナー、と4時間あまりを過ごしてきたので
今日はその時の BVLGARI HOTEL の様子をお届けしたいと思います。




この日、ここに行くことしか予定を入れていなかったし、もしアリラウルワトゥが見学できる
状態だったらそっちに寄り道もしたかったんだけど案の定工事は遅れているらしく
見れるような状態でもなかったようなので 意外と早くブルガリに着いてしまった私たち。
敷地内の現状も見せていただこうと思ったのですが レバランホリデーで満室だったのと
以前とは違って宿泊ゲスト最優先が徹底されているため、その日は敷地内見学も不可。
(ただし、これはブッキングの状態や時期によっては可能な日もあるかもしれませんね)
ビジターさんも多かったようでエントランスホールがてんやわんやになっていて段取り悪めで
「なんかわっさわっさしてるねー」っていう感じ。今回もフランジパニタワーはなかったから
最初に来たときほどの感動も感じず、ま、これは時期が悪いからしょうがないのかなという感じ

逆光でダイナシですいません。
a0074049_23415831.jpg
カート移動も、宿泊ゲストを邪魔しないようにと ビジター用の通路は決まってるようなのですが
ドライバーさんはちょっとだけ遠回りして雰囲気を見せてくれたみたい。でもスパへの寄り道は
不可だったから、プール手前で一旦カートを降りて 散歩がてら徒歩でスパまで行きました。
(こういう規制については『宿泊ゲストのリラックス最優先』という姿勢は私たちも賛成というか
多いに同意する部分なので、歩かされたからと言ってその点には全く不満はないです。)
スパの写真は撮ってませんが、メニューをもらおうとすると 以前対応してくれた女子
居たので「あー、まだここで頑張ってるんだ~」って、なんだかちょっと嬉しかったなー。
そして、スパでメニューをもらった私達はまた徒歩でパブリック プール周りまでお散歩。

ここのブクブク、大好き。
a0074049_23424194.jpg
満室なのに全然わっさわさしてないプール。(なぜかプールだけはすいてた)
a0074049_23425728.jpg
ちょっと時間早いけどバーに乗り込む私達
a0074049_23434610.jpg
※ ここで注目※ 2月には雨よけの為だったのか バーの周囲にガラスが入ってましたが
10月は取り外されてて 開放感のある状態に戻っていました。やはりあれは季節物なのかな?
あるいは、かつてのやまさまのようにぶつかる人が多くて撤去されたのであろうか・・・(爆)

お気に入りのシート#1(最前方のディベッド状態のお席)を予約してたんだけど、まだ陽射しが
まぶしくてちょっと辛そうだったから最初はカウンターで過ごすことに・・・・・。

このあと食事もするからボトルワインでいっちゃいまーす。おつまみも登場!
a0074049_23432887.jpg
15分ほど飲んでしゃべっているうちに、日も傾き始めたのでそろそろお席を外に移動~
a0074049_23454141.jpg

まだちょっとまぶしいけどこんな感じですね。
a0074049_23443413.jpg
お嬢の後方には レストラン 『SANKAR』
a0074049_23445286.jpg
おや?水面を歩くゲスト・・・?!どうなってんの??
a0074049_2346813.jpg
こうなっとるんです! でもアクリル板?は つるつるすべるから気をつけてねー
a0074049_23462598.jpg
水上ウォークで盛り上がる私の後方に 今夜のディナー会場 『IL RISTORANTE』
a0074049_2343125.jpg
席に戻ったらお嬢さん、ワイン浸り。 / 私はお酒弱いので パフェを追加する(笑)

a0074049_23465428.jpga0074049_23471364.jpg
a0074049_1322134.jpg実はこの席に座るのは4回目なんだけど
4度目にしてはじめて気づいたことがコレ!
敷布団状態で気づかなかったけど
寒くなればブランケットというか掛け布になるのね
ミニスカでものびのびと足のばせて嬉しいかも?
・ってミニ履いていくな!ちゅう感じですけど@40歳。
相変わらず、夕陽のコンディションは雲で残念な
感じですけど バーのゲストも増えてきて
少しずつ賑わってきた感のある、この時間帯。
そして、サンセットショー。
a0074049_23441089.jpg
a0074049_23474199.jpg
a0074049_141811.jpg
個人的には、やっぱり沈んだ後の色が好き。
a0074049_143567.jpg
で、この時間帯のお約束・突き出し。今回はこの4品。(ブレブレですいません)
a0074049_23484524.jpg
↑もちろん運んでくださるときに メニューの説明はあるんですけどいちいち覚えちゃいない。
確か、コロッケみたいな感じのお野菜の1品、コールドカッツ、魚料理、肉料理の順だったかと。
ゆっくり順番に出てくるので1口サイズなんだけどなんかお腹いっぱいになっちゃうんだよね

サンセットタイムと平行して、プールサイドからガムランの音が聞こえてきたぞー!
a0074049_23491095.jpg
当時まさかドガログ終了とは思ってなくて、YOUTUBEにUPしなおしましたが
UPするほどでもない適当な撮影でした。すんません。でも一応雰囲気重視ってことで。

   

ところで、このバーで、私達のうしろでこの時間をエンジョイしていらっしゃったカップルが
立ち居振る舞いもユーモアのある会話もほんとに粋でフレンドリーでとっても素敵だったのよ。
「あのカップル素敵だね。リゾートって感じするよね~」とMiちゃんと噂してたんだけど

彼らが「一緒に飲みませんか?」って誘ってくださったのね
a0074049_23493154.jpg
結局、私達はこの後レストランに予約を入れていたので、すぐに中座しないといけないのは
逆に失礼だから・・ってことで少しだけ会話を交わして名刺をいただいてお別れになったけど
お2人はロンドン在住のカップルで、女性はブルガリ関連勤務のイタリア人とのことで
Miちゃんとはイタリア語でコミュニケーションとってました!きゃ☆かっこい~。
男性は、日本でもお仕事される機会が多いようで なんと翌週は日本でお仕事が入ってるらしく
実は簡単な日本語も理解できるみたい。ぎゃ!私達が「あのカップル素敵。かっこいいねー」
なんて噂して酒の肴にしてたのがバリバリばれてたかも??はっずかしー!!あはは~
でもね、このお2人のとってもナチュラルで楽しくてそれでいてスマートなリラックスぶりは
かなり目の保養にさせていただきました!それでいてユーモアのセンスもあるんだもんな~

この日、忙しい時期でけっこうスタッフもバタバタしてたのもあって あまりブルガリの良さが
いまいち感じれなかった部分はあったんだけど、こんな素敵なカップルにお会いできて
なんかそれだけでも気分高まり度倍増だよねー♪なんて 満腹状態でレストランへ移動。

a0074049_23501966.jpgもちろんワインはレストランへ運んでもらいました
(だって、私は殆ど飲めないからMiちゃん1人で
ボトル空けるには時間的にも短すぎるバー滞在)

2月の傍若無人バー滞在の時は
残念ながら貸切でこちらでの食事を断念したから
本当ならしっかり覚えておくべきなんだけど
それがね、この時点で私お腹いっぱいだし
眠くってあんまり覚えてないんだよね。あはは~
しかも、店内が暗くてムーディーなので
写真ブレブレで レストランに申し訳ない感じ。
でもせっかくだから何枚かご紹介しますね。
一応トピタイトルもディナーがメインみたいに
書いちゃってますし・・・(苦笑)

ジノリのmade in Florence が大人好み
想像力を膨らませていただくために'08年10/3時点のメニュー掲載。
  ※クリックすると大きくなります※ (金額の単位は1000ルピアで、多分 +21%税サです)
a0074049_23505670.jpg
今回何をオーダーしたのか殆ど覚えてないんですよね。(ほとんどお嬢とシェフにおまかせ)

こちらはスターターとして?出てきたスープ、おいしゅうございました!
a0074049_3155085.jpg
シェフのお奨めより、マグロのたたきクラッシュピスタチオのせ云々・・と思う。
a0074049_4525673.jpg
primi piattiより、うに・えび・フレッシュバジルのタリオリーニ
a0074049_3413028.jpg
これ、全く覚えてない・・・ごめん。
a0074049_3531528.jpg
途中でマンゴーシャーベットがお口直しででてきたような記憶あり・・・。(写真撮ってないし・・)
写真では、1皿1皿が少なめに見えると思いますが、これが充分おなかいっぱいになるのよね
パンもおいしかったし、パスタもこってり目のソースを選んだから味のボリューム感あり。
デザート大臣の私もデザートを食べる胃の余裕ナシで残念無念。
a0074049_3541051.jpg

雰囲気も、サービスも落ち着いてて良かったし おいしかったけど「また絶対これを食べたい」
というほどの情熱は感じなかったので やっぱり東京に移られたシェフがいらっしゃったころに
食べておくべきだったかな?ってそこのところがちょっぴり後悔しちゃうところ。
銀座店の方がバリより近くても 私にとっては気分的に遠いし敷居高いぜ。畜生(笑)
・・なんていうとネガティブにとらえられちゃうかもしれないけど誤解なさらないでね!
前のシェフのお味があまりにも評判良すぎたので幻想と妄想を抱きすぎてただけであって
この日のお料理も、ちゃ~んとおいしゅうはございましたのよ。
そして今、冷静にメニューを見ると他にも試してみたいお料理がけっこうあるんだよね
実は、もう何度も南の端まで行っちゃってるからしばらくはバー利用とかも行かないかな?
なんて思ってたけど 機会があれば きっとまたひょいひょいと行っちゃうと思う。
で、バーでサンセットの後はやっぱり余韻に浸っておきたくてお食事もこちらでという感じで。
ルピア安が続けばおトク感も味わえるし・・ってその前に値上がりしちゃうかな??あはは。

レストラン内は他のお客様もいらっしゃったので撮影しなかったけど、トイレに行った時に
渡り廊下のようになってる通路から、バーを撮っててみた
a0074049_235267.jpg
日が暮れてからの雰囲気が これまたすごくいいんですわ
a0074049_23515280.jpg
こちらはもう1軒のレストラン SANKAR方面
a0074049_23522632.jpg
この後、カートを呼んでもらって、サンカールでお食事された他のビジターゲストさんと一緒に
エントランスまで戻る途中、カートのバッテリーが不足ってことで途中のレセプションのところで
一旦停止。・・・っていうか、わしが重いから動かんといいたいのか!?(爆)
で、その時の段取りの悪さも スタッフのエクスキューズもあっぷあっぷ・・って感じで
更に、やっと代車が来たと思ったら あとからふらーっとレセプションに来た人が乗って行った。
ま、宿泊者様ご優先で全く異存はないですが、「代わりのカート、来ましたよ」って私たちに
ついゆっちゃったドライバーさん、立ち場なし。フォローの言葉もナシで ただぽか~ん。
きっと今日は忙しくててんてこ舞いだったんだろうね。ちょっとそのバリらしさに笑ってしまった。
でもさ、一応ブルガリなんだから そこんとこはプライド持って毅然と応対して欲しいな。
私に「やっぱバリだ!」っておもしろがられてる場合じゃないよね~。

この後、エントランスで カートから降りて 駐車場からネコフミ(ドリフのドライバー)呼んだ時も
私は電話しててよくわからなかったんだけど、Miちゃんが その場に居合わせた韓国人だか
中国人だかのどあつかましい団体に 軽く突き飛ばされたのね。その人たちが謝らないのは
毎度のことなんだけどスタッフはそれを見て知っていたのに「大丈夫ですか?」の一言もない。
でもそれは気が利かないというよりもそんな余裕もないほど現場が人でわっさわさしてたのよ。
つまり、ド繁忙期はもちろんだけど断食明けのシーズン中も要注意!という教訓。

そしてこの後、ネコフミにスミニャックまで送ってもらって 私たちは節約宿にチェックインし
ネコフミは夜のバイパスを飛ばし東のはしっこまで帰ったのでありました。ごくろうであった!

では次は、10/4 Miちゃんが東生活での油断をリセットするため「自分自身のメンテナンス」
と称してお部屋でマッサージやヘアセットをしている間に、恒例イブMとドライブデートに
おでかけした時の 「主婦達の午後」の記録をお届けしたいと思います。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2009-01-19 06:08 | bali & indonesia | Trackback | Comments(29)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/7827841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lautbiru at 2009-01-19 10:46
こっちもぱぎ〜
このカップルさん、かっこい〜、絵になる〜、お似合いだね。
こういう、出会いが旅の醍醐味なんですよね。
私も、レンボガンでドリームビーチを知ったのも、一緒に島に渡った時に出会ったカップルに一緒にシュノーケリング行きませんか?って誘ってもらって、その後一緒に連れて行ってもらったのがきっかけでした。その後も結構一緒に居たからお邪魔じゃないのか心配だったけど(新婚さんだったので)聞くと、
奥さんの方が「いいのよ〜!、ずっと2人だとけんかばっかりするから、その方が」なんて言われて(笑)なるほど

Commented by mahaloa at 2009-01-19 12:37
viajeraさん、こんにちは!
ブルガリのバーでゆったりと食前酒 → 予約をしたレストランへ移動して
お食事・・・なんて素敵なんでしょ~♪
私達姉妹なんて、そんなオサレさも余裕も無いものですから、「晩御飯ー!」
と一気に夕食へなだれ込むのみです。(笑)
素敵なロンドンからのゲストとのCCもこれまたオサレ♪♪
珍道中姉妹とは遠い世界ですー!

viajeraさん、私のレポで文中リンクさせて頂きました♪
事後報告ですみません。
文中リンクの仕方がわからなくなり、しばらく腕組みして悩みました・・・。(爆)
Commented by JAM at 2009-01-19 20:12 x
こんばんは!確かに訪問する時期によって印象はずいぶん違いますよね。賑わっているほうが活気があっていい部分もありますがドタバタはちょっと残念ですねー。それでも壮大なロケーションと素敵なゲストとムーディーなレストランで美味しいディナーをゆっくりと味わえて良かったですね!私もなんだかんだ言っても一度は行ってみたいリゾートです。できれば円高のうちに^^v。
Commented by manis55 at 2009-01-19 21:34
こちらにもこんばんはー!
ブルガリ・・・結局未だに足を踏み入れたことないのよねん。。。
私もこんな夕陽眺めながらまったり飲みたいよう!
タイチョと滞在かぶれば、うっとり系な場所で遊んでもらいたいけどなあ・・・次回は滞在重なりそうなんだけど、私両親連れなんだよね。。。

それにしてもこのカップル、白が似合ってて素敵~♡
Commented by gunungpohon at 2009-01-19 23:53
こんばんは!
そうだそうだ、かつてのやまさまのようにぶつかる人が多かったから
ガラスは撤去されたのに違いない。と思いたい(爆)。
でもきっと季節ものだと思うので、これから行かれる方は気をつけて~と
非常に言いたい(笑)。

ブルガリでの正しい過ごし方&ふるまいをじっくり拝見させていただきました…。
ありがとう。
あの日の傍若無人ぶりをめちゃ反省したわん。めちゃ楽しかったけどね♪
Commented by hiyoko at 2009-01-20 00:56 x
大変懐かしゅうございます、ブルガリホテルのバー&イタリアンレストラン。
ブルガリでも満室ですかー、すごいですね。
で、混み混みだとイマイチなんですね、スタッフ陣。残念。
私の時はまだ空いていたお陰で、いい印象しかないし、内緒のお土産まで貰って(←言ってみるもんだ:笑)、何も文句ありません!状態でした。
ほんと、たとえ混んでいたとしても、その上で出来る限りの事はして欲しいですよね。

このサービスプレート、本当に素敵で好みでした。
これとほぼ同じ色・柄・形はジノリで見たことがあるのですが、それとはやや違う気がするのですが、、、特別仕様?
むしろ、これの方がなんだか趣きがあって、好きかも。
Commented by miyukyoto at 2009-01-20 10:20
やまさまがぶつかったガラスが無くなってるのは残念なような・・・
Mさんはさすが絵になってますよね
え?タイチョもミニスカポリスな格好だったのですか?うひょ♡
水面ロードでマイケルジャクソンがムーンウォーク踊ったら素敵っぽくない?
パフェは底が深くって食べにくかった?
素敵なカポーに声をかけられるなんて、タイチョ達も素敵だったからに
違いなく、ましてやイタリア語でお話なんてウットリですね
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:46
>lautbiruさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもコメントありがとう♪
そうそう、こういうコミュニケーションが旅の思い出を一層彩ってくれるよね!
「来週富士スピードウェイ(だったかな?)に仕事で行くんだけど来週日本に帰ってる?」
みたいな話になったんだけど残念ながら私達、10月中旬までバリ滞在予定だったから
ほんと残念!「ロンドンに来たら連絡してね」なんて、社交辞令的挨拶だったとしても
そういうの嬉しいよね。10年前の私ならほんとに遊びに行っちゃってただろうけど(爆)

うちは、夫婦旅の時にだれかと合流するの大好きです(笑)
よく、夫婦旅の途中で旅行者と仲良くなってそのまま拉致してます(爆)
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:46
>mahaloaさ~ん!
イタリアンの方のレストランが、6時半にならないと開かないのと
そこからはサンセットが見えないので(もうひとつのレストラン・サンカールの方
は朝からあいてて、サンセットが見える席もあるんですが・・・)
せっかくだからバーでサンセットタイムを楽しんでから・・っていうのが定番に
なっちゃってる感じです(笑) リゾート周辺に、他にハシゴできるようなところも
ないし せっかくココまで来たんだからリゾートのいろんな表情を楽しんでおこう
・・といういつもの欲張り根性まるだしなのであります!あはは。
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:47
>JAMさ~ん!
そうなんですよー!繁忙期は、賑わってるほうが活気があっていい部分と
わっさわさしててちょっと残念だな・・って思う部分とで痛し痒しですよね
バーはお客さん多かったけど一番前の席だったからドタバタ感は感じなかったし
レストランもとってもおちついてて、敷地の中に入ってしまえば全然気にならなかったけど
偶然出入りの多い時間だったからなのかエントランスの車寄せのところの
混雑振りはすごかったです。レバランホリデー、おそるべし(笑)
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:49
>manisちゃ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもコメントありがとう♪
あら!次はご両親とのバリ行きなのね。よっ!親孝行娘!
それも貴重な機会だから次はしっかりパパとママの接待に集中していただいて
そしてまたいつか現地でご一緒しましょうぜ。どうせ私達2人とも
まだまだバリに通い続けそうだしさ(笑)いつでも、機会はあるってもんよ!
あー、私もそろそろ母の希望するジヲへ案内の野望、果たしておくべきかなー
一応目標は母の70歳記念(あと3年)なんだけど足腰が元気なうちに
つれてってあげるほうが親孝行だよね~。ま、父は現時点で私より健脚ですが(爆)
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:49
>やまさま~!
ガラスにぶつかっても他のお客さんにはぶつからない、そんなところも含めて
私的には、あの2月にご一緒した時ののびのびっぷりが「正しい過ごし方」かと(爆)
あの日もほんまに楽しかったわー。あの時は、お部屋もちゃんと見れたしネ。

ええ、これから行かれる方には 繁忙期の団体さんと、ガラス枠に気をつけて
いただきたいと心から思う次第・・・。
Commented by la_viajera at 2009-01-20 23:57
>hiyokoさ~ん!
この時期、ここに限らず南部はどこも満室続きで大忙しだったみたいです!
私も、初めて行ったお泊りの時の手際の悪さはオープン直後ってことで
しょうがないとして(あの時はミラクルUGのせいで判断力おかしくなってたし:笑:)
バー利用の2度目もやまさまとご一緒した3度目も接客は文句なし!
いえ、今回も文句はないですよ!!バーとレストランはゆっくりできたし。
ただ、繁忙期っていろんな人いるから人を突き飛ばしておいて何も言わないような
マナーのなってないお客さん達が平気でのさばってる状態はどうかと・・。
あ、これはエントランスホールだけだったけど。
・・・って バーのディベッドで大の字な私には言う資格なし?(爆)あはは~
プレート、「きれいですね」っていったらスタッフが「リチャードジノリ。メイドインフローレンスです」
って仰ってましたよ~。だからすっかりドッチア工場で作られたジノリの高級ラインか、
あるいはそういう名前のラインかと。ジノリは祖父宅で天使の絵のデミタスカップ見たことぐらい
しかないから鵜呑みするしかなく・・。あのお皿、素敵~!
Commented by la_viajera at 2009-01-21 00:00
>みゆちっち~!
多分ガラスは取り外し式で雨が吹き降る季節にはセットされてそうな気も
するんですけど、やまさま理由で外されたと思いたいのが俺の親心(←親?!)
膝丈スカ&ヒールポリスの私は水上ウォークでつるりとすべりそうで腰ひけまくり。
ここでどひゃーってこけてたら次に行ったときは水中の板が外されてるのかもねー(爆)
くそー!すってんころりんしておいて次あるかないかチェックする楽しみにすればよかった(笑)

食べにくそうなパフェは、むさぼるように食べたさ!おいしかったよ。
っていうか普通にアイスクリームだったんですけど、それならプレートで
出してもらったほうが食べやすかった・・という説もあり。
素敵なカポーにお声をかけていただけたのはMiちゃんのおかげさまでござる
私はね、いつものごとくもんのすごい油断した格好で美観損ないまくりでしたからー!!
Commented by lautbiru at 2009-01-21 10:54
もしや…
富士スピードウェイでお仕事… 時期的にちょうどF1グランプリの日本開催時期だ。。。
もしかするとレーサーかも? きゃ〜
みんな知らないだろうけど、昔イギリス人のレーサーのマンセルって人大好きだった。おもわず反応してしまった(笑)
Commented by えこ at 2009-01-21 12:55 x
またも行ってきたのネ。ブルガリ・・
あのガラスが外された理由がとっても気になるあっしデス。
きっとぶつかった人が多かったに違いない!!!(≧m≦)ぷっ!

いや~さぞかしスタッフも一流と思い込んでたけど、
やっぱりバリ!なとこもあるんだね。なんかウケル♪

で、
みんな思ってること一緒だよね!
同じアジアでなんだけど、なんであんなにうるさいかな。
なんであんなに群れで行動すんの!?
ずうずうしいしネ~。
レストランとかプールとかで近くに来られるとホントにうんざりして
私の機嫌が悪くなるから旦那さんによく笑われる・・(^^;
せめて声だけでも小さくお願いしたいよネ!!
Commented by koutatsuma at 2009-01-21 15:12
こんにちは!タイチョ
キャッ☆懐かしや~ ブルガリ様!(笑)
私が行った時はオープン直後だったので、ほとんど泊まっている人がいない状態だったけど今は満室の時があるんだね~(驚き)
それにスタッフも私達が滞在中はオープン間なしにもかかわらず、いたせりつくせれの文句なしでさすが ブルガリ!と思ったんだけれど、どうしたのでしょう・・・
イタリア料理は東京に行ったシェフが喋りにばかり来て、食べられへんやんと思うくぐらいやったけど、味はかなりのものでした。
タイチョの記事を見て、今度パリに行ったら久しぶりにブルガリを訪れてみようと思ってきました。
泊まるホテルも近くだしね(ニヤリ)
Commented by mero at 2009-01-21 17:18 x
タイチョさん~こんにちは。
うわ~っ、Miさん絵になってるぅ。きっとタイチョさんも絵になってたんだろうな~^^お二人に声をかけたカップルも、超素敵だし~私の場合、ちょっと場違いになりそうな気が...汗。
でも行ってみたいな~食事やカクテル頂いたりしながら、優雅に夕日を見てみたい~^^
でもあまり混雑している時は、スタッフの接客が雑になりそうなのですね~^^きっと食事もお高い料金だろうから、「バリだから」では、すまないですね~もうちょっとレベルアップを期待しますね^^
Commented by la_viajera at 2009-01-21 21:33
>lautbiruさ~ん!(再び!)
なんかね、レーサーさんじゃないだろうけどF1関係者みたいだよ。
直前にシンガポールでやってたようでその後の日本開催までの間を彼女と
待ち合わせてバリでバカンスしてる所だったみたい。フジテレビがどうのって
ゆってたから放送関係なのかな~?って思ってたんでーす。

私信ですが、先日はちゃんと届いたみたいで安心(笑)また話詰めたら
改めて連絡しますのでよろしくー!
Commented by la_viajera at 2009-01-21 21:35
>えこさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもコメントありがとう!
そうよ、また行っちゃった。あはは~。だってあの時、イタリアン
たべれなかったからリベンジしておかなきゃね!ってわけで。

もう、その団体さんの件は繁忙期はしょうがないんだけど
お盆よりお正月よりレバランホリデーが一番きっつい・・と思う近年。
大陸の御一家だけでなく、インドネシア中の大家族旅行みたいなのも
重なるから、どこ見ても団体だらけ(爆)そのパワーや活気は
嫌いではないんだけど、優雅なリゾートの公共部分で大声で喋ったり
走って他の人に迷惑かけたりするのはどうかと思うのよね。
ま、ディベッドで傍若無人・大の字の私に言われたくはないだろうけど(爆)
Commented by la_viajera at 2009-01-21 21:36
>kouta@妻様~!
こんばんわー。バーとレストランのスタッフはとっても良かったですよ!
多分、バトラーではないカート用ドライバーと思われる下っ端君が
まだなれてなくて気の利いたエクスキューズや会話ができないという感じと
それどころではないエントランスの混雑のせいだったんだと思われます。
同じリゾートで同じスタッフでも行く時期(こみ具合)や居合わせた他の
ゲストで印象が変わることってありますよね!私達も、「え?」という
こともあったけど、素敵カップルとのご縁のようにとても楽しくいい思い出も
できたから、行ってよかった~と思う気持ちは大前提での意見なんです(笑)
次、お泊りになるホテルからのブルガリへのおでかけも楽しそうですね!
レポで拝見するのが楽しみだわー。って気が早すぎですいません。あはは~
Commented by la_viajera at 2009-01-21 21:36
>meroさ~ん!
こんばんは!タイチョさんは全然絵になってなかったよ~(爆)
Miちゃんに何枚か写真撮ってもらったけど美観を損ないすぎるので
私のうつってる写真は掲載不可にしました(笑)
バーとレストラン内での接客はとっても丁寧でしたよ!
雑だったのは すべて、車寄せの所(エントランスホール?)とカートでの出来事
なので、その点は 忙しいときは少しは覚悟していくほうがガッカリ度が少なくて
済むかな?程度の感覚で(爆)。もちろんこれだけのリゾートなんだから
完璧でいてほしいのは山々だけど、こういう大忙しの時期を乗り越えて、
次のド繁忙期には忙しくても優雅に丁寧に的確に対応できる術を身につけて
「お!さすが!!」と思わせていただければ嬉しいな、と期待をこめて(笑)
Commented by faites-meilleur at 2009-02-01 01:39 x
以前のエントリーにコメントでごめんなさい!
ステキですねーーーー!絵になりますねーーー!

ブルガリ、ワタシが行った時コースをオーダーしたのですが
前菜2品出てこなかったのですよねーーーー
突然スープが出てきて、?のまま食べ進んだのですが
メニューを見返してビックリしましたよ~~~

確かに、また食べたいと思うものはなかったのですが
雰囲気は最高ですよね~~~~♪
はぁ~また行きたいーーー☆
Commented by la_viajera at 2009-02-01 02:11
> faites-meilleur 様!!
過去トピでも何でも上等っす(笑)コメントありがとうございます!!
私達、コースを食せる容量の胃がないので(いえ、私はけっこう食べるんですけどね、
1回に入る量が少なくて1日に少しずつ5食くらいを食べるタイプなんです)
メニューはパスタだけ選んであとはシェフにお任せしたんです!
もしお任せしてなかったら前菜ばかり何品か頼んでたような予感・・・
だっていつも「酒のあてになるかどうか」を基準にしてオーダーしてましたから(笑)

ほんと、雰囲気は最高~。このムードを味わいに行く価値はありますよね
Commented at 2011-04-29 11:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 笠原 明日香 at 2011-04-29 11:46 x
comments 残してるみなさんも、優雅ですねー。
私も、そんな風に気軽にいってみたいな♪
今は、予算とか、ぱっつんぱっつんだけれど、余裕を持とう。
Commented by la_viajera at 2011-04-30 22:59
>笠原 明日香様!
はじめまして!ご訪問&コメントありがとうございます
私なんて普段はドリフのコントのような「オチのある生活」をしてるゆえに
たまーにはウットリさせていただきたいっ!!ってなもんでw
分不相応なことにもたまにはやっちゃおう♪という感じなんですよー
バリというところは懐が深いというか敷居が低いんで、バリだからこそちょっと勇気を出して
ゴージャスな世界に踏み込める・・というか、私にとってはたま~の機会なんです(笑)
予算はいつだってパッツンパッツンですが、他の面でけっこう安上がりな女なので
これからもたまーのウットリの為に、やりくりがんばりまーす!



Commented by risa at 2011-10-15 13:55 x
はじめまして。とっても素敵なレポートですね♩
来年のGWに夫婦でブルガリホテルに行こうか迷っています。迷う理由は主人が蚊に刺されると猛烈に腫れあがってしまう事と、私は虫、特に蛾や蝶が凄く苦手な事にあります。
その点はいかがでしたでしょうか?
まだ全部拝読してないので、レポに書かれていたらすみません。
色々参考にさせて下さいね。
Commented by la_viajera at 2011-10-16 01:56
>risa様!
ご訪問&コメントありがとうございます!
私が滞在したのはオープン年だったからほぼ5年前になるし
このレポも既に3年前になるので、現在のところどんな感じかはわからないんですが
季節的にはGW時期だったら全体的に虫害はマシな時期かと思いますし
リゾート内も害虫駆除はちゃんとやってるとは思うのですが
なんせ屋外リビングなので、全然虫や蚊がいないということはないとおもいます
私はそのあたりのことにかなり鈍感な方なので(慣れっこともいう)
楽観的すぎるかもしれませんが、ウブドとかよりはマシなんじゃないかと思います
もしご心配であれば、ホテル側に事前に虫除け対策をお願いしておくとか
(お部屋に蚊取り線香多目に用意するとかその程度かもしれませんが)
ホテル側に現状や、対虫のアドバイスをきいてから検討されるのもありかと思います
ちなみに、このレポの時一緒だったお嬢も虫刺されに弱い体質なのですが
虫除けでの完全防備が功を奏したのか、もともと蚊が少なかった時期だったのか
ここでの数時間内では、虫さされの被害はなかったように記憶しています。
こんな回答で参考になるかどうか怪しいのですが・・。
<< 10/4 ・主婦達の午後 ~イ... 日・豪マーメイド競演 @ Ba... >>