※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Kayumanis Priva...

Each Individual... >>
2008年 11月 21日
Kayumanis Private Estate At Jimbaran ~序章~
a0074049_1035210.jpg
こんちくわ。今週は寒さにも負けず仕事に遊びに精一杯で更新遅れがちなタイチョです。
秋バリで、バリ在住25年にもなるヨーロピアンのマダムとお話してて言われたこと
「あなた、1人で居たらショップのローカルスタッフに見えるし、お友達と一緒だったら留学経験
があるバリニーズが友達を案内してるように見えるし、夫婦揃ってると成功したイネ人マダム
に見えるわ」・・・あのぉ~、どっちにしろインドネシア人に見えるってことですよね?私?
あんまり嬉しくないんですけどぉー!(爆) と、同時にハワイに行くと2世3世に見られるし
メヒコでもたまに(これは負けじとアイラインを上下くっきり描く為か)住んでる人って思われる。
基本的に、どこに行ってもなじんでるっつーか態度がでかいからまさかよそ者とは思われない
って感じ? ま、そういう調子ノリなところもある意味インドネシア化といえばイネ人化(爆)

そんな図々しい私が、このようないきさつで 到着日に便乗させてもらったカユマニスジンバラン
(Special Thanx to MiCETTAちゃん) お迎えのカユカーに乗り、オレンジジュースもらって
クッキー食べながら車内ではトライバー兼バトラー君と なぜか話が楽しく盛り上がって
あのカユマニス最高峰のカユジンに乗り込むのだ!」の妙な気負いも緊張感もなく
(しかも眼鏡姿で)バリ到着後 車内でいきなりリラックス・おうちモード。・・・ある意味、ヤバイ?
Miちゃんはお友達とジンバランカフェで夕食中とのことで、そちらに合流されますか?
それともお部屋の方に直接ご案内しましょうか?・・と聞かれたのでとりあえずお部屋へ、と。
本日のこのトピでは、到着日の夜の記録を、そして続けて同時にUPする次のトピでは
便乗させてもらった 『VILLA PAANG』 について記録していきたいと思います。




a0074049_10352726.jpg素朴系で礼儀正しく穏やかなバトラーさん相手に
いきなりジュース完飲&クッキー減らす(笑)
更に 「タバコ吸いてぇ~!」 と、緊張感なしの俺。

でもね、このバトラーさんが
到着してほっとできるような柔らかな雰囲気を
与えてくださったのだと思う。
もしかしたら、バトラーさん側も最初は
Miちゃんのお友達だからどんなゴージャスな人が
来るのかとちょい緊張してらしたのかもしれないけど
すまん!わしで!!(爆)

でね、Miちゃんと夕食に出かけているお友達を
Bapak○○・・と言っていらしたのを、私が勝手に
フォトグラファーのShinjiさんのこと?と勘違いして
「きゃ☆あとでshinjiさんにも会えるかも?」と
思いつつの カユジンまでの道のり。
わ~い!到着・・・・って,写真 暗っ!!
a0074049_10354497.jpg
レセプションでチェックインの手続きをして、案内されたお部屋は アンドラタイプ・レミタイプと
2種類のお部屋があるカユジンの中では異色のハネムーンヴィラ 『PAANG』(アンドラタイプ)
ご招待してくれたMiちゃんがまだ帰ってきてないのにいきなりリビングで寛ぐ私。
眼鏡はずしてー部屋着に着替えてー Miちゃんが戻る前にタバコタイムを満喫して~(爆)
そこへ、2月にクラブチェディでお世話になったKeikoさん(8月からカユジンに勤務!)が
ご挨拶に来てくださって 以前のお礼をゆったり ホテルやお仕事関係なく東部の話で盛り上がり
バトラー君は日本語不可だったので、私のヘボい英語よりKeikoさんのイネ語通訳を介して
Miちゃんが戻る前にお掃除してもらったり蚊取り線香を付け替えたり、、と大変助かりました!
私の方も 「2人きりの時はホテルの人&お客さんっていう関係は無礼講で!」ってオフ会気分。
私は夜遅くに到着するし翌日はお休みだと聞いていたのですが、この日Keikoさんは泊まり
勤務だったので、お会いできて興奮気味の私達。到着早々どんだけしゃべったか!(笑)
(そういえば、チェディでも主婦トークに花が咲きすぎて夕食送迎時間ずらしてもらった)

夜のヴィラのダイニング
a0074049_10364765.jpg
そうこうしているうちにMiちゃんが、お友達を連れて帰ってきた。「ひさしぶりー!」ってhug。
この時点で、暗めのカユジンの広いヴィラ内で眼鏡を外した私にはそのお友達の顔は見えず
しかも根拠もなく勝手に shinjiさん だと勘違いして思い込んでるから 
青年の「おひさしぶりです!」の元気なご挨拶にポッカーン(笑)

後で 「あのぅ・・・・私、直接お会いしたことありましたっけ?」って堂々とヌケ作なことをきいて

「わー!ショック。僕、The BALEまで行きましたよー」 (その前にKUDETAでも食事してる)

「ぎゃー増田君やぁ~!ごめ~んっ!」

・・・・そんなわけで平謝り。増田くんのことは、めっちゃ好きやのに ほんまにごめん。
そしてMiちゃん、あなたの増田君このトピ参照)に失礼ぶっこいてしまってほんまにごめん。
いやぁ~、思い込みって怖い。そして 鳥目ってバリの夜には大きなハンディキャップ@言訳
以降、私の中では増田君=にせもののshinjiさん と命名。勝手に勘違いしておいて何を言う!
ちなみに、この数週間後サヌールで 本物のshinjiさんにお会いできる偶然があろうとは!

くっちゃべってると 飲み物と食べ物がでてきたぞー!(笑)
a0074049_10362439.jpg

この日、これまたここでのお仕事関係なくとてもお世話になっている人の勤務が23時から
とのことで、そのかたのお仕事中に私用で焼き穴子片手に会いに行くという反則攻撃(笑)
私、カユジンになにしに行ってるねん?でもさ、到着日にMiちゃんが泊まってて しかも親切に
ご招待して下さったからこうやって一挙にいろんな人にお会いできたわけで幸先良すぎ!
名前をエントリーしててくれたので私まで特典のマッサージも受けれる手はずになってたし
ほんま、いろいろとありがとう・・と感謝せずにゃぁおれんです。
(マッサージに関しては、到着後の私都合で急遽変更させてもらったんですがその話は後日)

実は、予約の時点でいろいろと行き違いや誤解があったりなんかして、結果的にお世話に
なってるかたにご迷惑かけちゃったり、私が便乗するがためにお手数かけちゃったり、
ほんま、ドキドキハラハラだったんですけど ご尽力くださった代理店さん、GROのKeikoさん
そして誰よりもMiちゃん。皆様のおかげで 貴重な時間を持つことができました。ありがとう。

a0074049_10372477.jpg Miちゃんと増田青年、ツーショット

4人でお喋りの後
増田君はクタ方面の宿泊先に戻り
keikoさんも宿直用?のお部屋に戻られ
お風呂に入ったりだらだらしたりしながら
やっとMiちゃんと再会の激トーク祭り開催(笑)

Miちゃんはカユジン3回目で 今回は4泊。
以前とのシステムの違いに戸惑うこととかもあって
前日にC'kINしてから悲しいことがあったみたいだけど
少し落ち着いてきた頃だったし
お掃除の不備の部分等はちゃんとkeikoさんにも
伝わったから改善されるだろうと期待して

「じゃ、気持ち切り替えてこれからの時間を
いいものにしようね」って2人で誓う。
私自身、便乗の身分というだけでなく滞在時間があまりにも短かったから、いい部分も??な
部分も共に十分堪能する暇もないって感じで、ただ、いろんな人に会えて楽しかったことと
到着直後からカユの素敵空間にいられた喜びの方が大きかった中で、到着前にMiちゃんが
悲しい思いをしてたことが残念だったな。という感想。でも、その思いはホテル側にも伝わったし
誤解だった部分もあると思うし、数日後Miちゃんと再合流したときには表情も明るかったので
その後の2泊はそれまでよりもカユジンで元気に過ごせたみたいで良かった、、って少し安心。

そして温室状態のロマンティックな天井からみえる空を眺めながら眠りについた女子2名。
そんな、一風変わった『PAANG 』のお部屋の詳細は、同時UPするこの次のトピで
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2008-11-21 12:29 | bali & indonesia
<< Kayumanis Priva... Each Individual... >>