※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< COで行きKEで帰るフライト記...

Sensatiaの工房でお買い... >>
2008年 11月 10日
階段地獄の先にある天国 @ Pura Lempuyang 
a0074049_1532751.jpg
こんばんにゃ。ここんとこ東部エリアより2件の補足トピが続いたので東部つながりでもう1件、
'08・秋の記録からになりますが 今日もバリ東部のネタ いっときます。タイチョです。
'07-'08の冬バリ記録でUPし損ねている Ride On A Scooterシリーズの、
Amed~Seraya~Taman Ujungコースも早く記録しておかなきゃ、次に行く頃には
道中の風景が変わっちゃってそう!・・という焦りもある半面、データまとめるのが面倒なので
またそれは いずれ改めて投稿するとして、今日は ティルタガンガ付近に来られる場合の
個人的イチオシ観光スポット 『ルンプーヤン寺院』についての記録をひとつ・・・・

東部で大きなお寺といえば 『ブサキ寺院』 ('08.1月、ガルンガンにお参りしたトピは→こちら
でもね、このルンプーヤン寺院も バリヒンドゥーの6大寺院の1つに入るほど
バリニーズにとっては有名なお寺らしいんですー。地元民いわく 強いパワースポットらしく、
かつては聖水をもらいに行ったり、ハイキング気分で頂上までお参りに行ったりしてたんだけど
田舎ウパチャラ続きで「もう、土着行事はうんざり」的な感がなきにしもあらずだった近年の私。
でも、秋バリの滞在中にオダランか何かがあるとの事で「ルンプヤンなら行く~!」と前向き。
だって、ここからの景色はめっちゃすばらしいんです!まじで。
でもそのかわり、そこにたどりつくまでには6000段の階段地獄という大きな試練が
待ち受けているのであーる。そう、頑張った人だけが味わえる達成感とすがすがしさ!

でもこの6000段っていうのはこの山にあるお寺を全部一気に巡った場合の段数(歩数?)だそうで
普通に参拝するにあたっては、そこまでハードな道のりではありません(笑)
(大きな寺は3つ4つ5つと各説あり、聞く人によって答えが違うので私には真相は不明。
私がお参りしたことがあるのは①白い龍階段のお寺と②今回記録する所と③頂上寺のみです)

一気に全部まわらなくても、一番下の龍の階段のお寺詣でなら龍階段だけが少ししんどくて
時間もそんなにかからないので 軽く観光程度だったらそのお寺まで・・ってのでも全然アリ。
私も全部一気に巡ったことはなくて、「今日は頂上の寺に行く」とか日によってまちまち。
今回はLempuyang Madyaにある2つ目?のお寺で祭事があったのでそこでの記録です。
(ちなみに、お寺は3つ4つ5つだけではなくて小さいのを合わせると数はもっとあるそうです)




私はドリフ@アメッドから出発だったけど、みなさんが行かれる場合は西側から来られる
と思うので、タマンティルタガンガを出発点と仮定して道順を進めますね。
タマン・ティルタガンガからチュリック方面への1本道を道なりに6Kmほど進むと、右手に
こんな「ルンプーヤンはこちら」的な分岐点があるので右折しまーす。
a0074049_12532397.jpg
ここからは道なりに行くのですが近年近道ができたらしく、今回通った道は初めての道
だったので道中の細かい記憶が曖昧です。ただ、「ほんとにこれって道?」って思うような
場所も通ったのでかなりのショートカットをしたのかもしれません。ま、その辺の人に聞けば
pura lempuyangといえば誰でも知ってるので(多分看板もでていると思われます)
たどりつけると思います。(肝心なところがめっちゃ適当ですんまへん)

メイン通りの分岐点から、アグン山ビューの山道を走りながらピクニック気分
a0074049_12592649.jpg
そうこうしてるうちに寺ゾーンに到着~/ 更に車を寺方面まで進めます (分岐点から約10分)

a0074049_1324025.jpga0074049_133277.jpg
1つ目のお寺(龍の階段があるお寺・名前失念で失敬!)が見えてきましたっ!

a0074049_1353537.jpg本来はこの手前で駐車するようですが
この日の目的寺はもっと山上なので
白い龍の階段のお寺はスルーしま~す
時間があれば徒歩で山登りもいいんだけど
暑いし、帰国前日でやることいっぱいあって
更に帰りにウパチャラ寄り道の予定が
あったので、ここは車でいけるところまでGO!

参考の為、龍の階段のお寺正面
a0074049_13132948.jpg
階段はてすり?部分が白い龍になってて↑この階段だけでもしんどそうでしょ??(笑)
でも、<この時点でけっこうな高度なので階段を登ればそりゃぁいい景色がみれますとも!
(このお寺は、ブログ放置中:笑:の うるんちゃんのこのトピの1枚目の写真のお寺です!)

軽く観光程度であれば、こちらのお寺にお参りするだけで十分すがすがしさは味わえますが
本日、オダランのある寺はもっと山上なので車はさらなる山道を登ります。たいていは、
下に車を置いて徒歩で登るのが強制のようです。あるいは 車が多い日に登れる車数を制限してる
だけかもしれませんが、この日も多くのオジェックが待機してましたが利用者少なし!(笑)
外人さんも遠足気分でえっちらおっちら登ってはりました。炎天下やのに元気やわぁ~。

龍階段のお寺から車で3~5分、左右の絶景を見ながら上のお寺の階段口近くまで侵入。

a0074049_14432228.jpga0074049_14453060.jpga0074049_1444636.jpg
「車はここまで」っていう場所から、元来た道を振り返ってみると、WOW~!山、美しス。
a0074049_1427487.jpg
そこから先は「峠の茶屋的」 かつ 「祭りのテキ屋的」ワルンが道沿いに並んでました

a0074049_1428338.jpga0074049_14281886.jpg
※大きなお寺4つ説の場合は、ここの近くの斜面にあるお寺を2つめとカウントするのかな?※

50mほどのワルンロードを抜けたら、いよいよ 山道階段ロードに突入~!
a0074049_14285086.jpg
最初のうちは、横目でちらりとアグン山をみながらのトレッキング気分で調子いい感じ~

a0074049_14303986.jpga0074049_14305788.jpg
山道なので木陰が多く、みんなそれぞれ段差に座ってうま~く休憩をとりながら進みます。
途中で、座り込んでるおばちゃんが居るな~って思ったら ジュース売りだったり・・・。
クバヤ姿でお供え持っての行脚の為、山道の写真が少ないんですが、12~3分歩いた所で
Lempuyang Luhur側へ行く道と、今日の目的地Lempuyang Madya側に行く道の
分岐点まで到着~ 。 一応、私的には恒例の水分補給ポイント。
a0074049_14322351.jpg
私達は、MADYA方面に進むため、↑のポイントを右に曲がりますが、LUHURを目指す人は
ここからひたすら登り階段をただ上昇するのみ!って感じになります。
ただし、頂上のお寺までの道から見える景色もすばらしいので 時間と体力のある人は
ぜひお参りはしごを決行されるとよいでしょう。以前、朝早くに頂上のお寺にお参りに行った時は
高度が高すぎてクバヤでは寒かったんですが、持参したお供え物を、お参りがすんだら
ピクニック気分でお弁当代わりに食べる・・という楽しみ方をローカルさん達に教わりました。
しかも、朝靄に けむる風景もそれはそれは幻想的で素敵だし、山を降りる頃には
陽射しは強くなってるのでキラキラした緑の風景も堪能できるのでなかなか良かったス。
頂上寺へは空のペットボトル持参でHolly Water(聖水)を汲ませてもらいましょーね。
今回は見なかったけど、頂上のお寺への階段には当然のごとく野生のお猿さんもいたなぁ~。
(※この階段から頂上寺近くの位置に1つお寺を通った記憶がうっすらとあるので
もしかしたら大きなお寺5つ説の場合はそこを含むのかもしれません※)

話は戻って・・・私達は今回の目的地に向かってまたまた階段と山道を進みます
 (※スマヌ!↓左の写真は 頂上への階段っぽい。私達の目的地は右のような山道だった記憶)

a0074049_14461975.jpga0074049_1447363.jpg
山中のあちこちに小規模のお寺などもたくさんあるようなので
途中「○○方向はこちら」等の看板がありますが その方向を見ると「え?これ道?!(笑)」
  (※ 今回の目的のお寺へ行くには、この↓右のような獣道は通りませんのでご安心を)

a0074049_14474037.jpga0074049_14481129.jpg
分岐点から10分程で目的地への案内看板が見えてきた。看板には→の方向へ進めって
書いてあるのに 豪無視で近道する村人を見習う俺達。/ でも、めっちゃ山道~!

a0074049_14484064.jpga0074049_1449025.jpg
ワープのせいでお寺の上側に到着してしまったので クバヤ姿で道なき崖を下りるのに一苦労。
でも、ちょっとちょっと!眺めがめっちゃいいんですけどぉ~!
a0074049_14493060.jpg
お寺もなんだか新しくないですか~?(改築した祝いなのか?!)
a0074049_1564082.jpg
目の前にアグン山が どどどぉ~ん!
a0074049_1455516.jpg
ガムラン隊が音楽を奏でております。わぁ~雰囲気あるわぁ~
a0074049_1450039.jpg
その奥でトペンの公演中。子供達釘付け。
a0074049_14504495.jpg
この見晴らしのいいお寺の周囲&景色を動画で、ざっとご覧下さい。




じゃ、境内(?)に入ってお参りさせてもらいまひょか~。
a0074049_1572193.jpg
ザッツ・晴天! 階段&山道ちょいしんどかったけど来て良かった~♪
a0074049_1454040.jpg
丁度境内では、カランガセムの市長さん?が地政に関するお話を演説中だったので
お参りタイムはちょっとおあずけ。でも記帳とかする関係者席に知り合い発見!ラッキー♪
「上がっておいで」っていわれて飲み物とかもらったりしたので運動会のPTA席での見物気分。
市長さん?演説中。だがしかーし、全く言葉が理解できない俺は飲み食いに走る無礼っぷり。
a0074049_14524152.jpg
演説終了後、スンバヤンタイムになる。
a0074049_14531352.jpg
大きいお寺だと、この流れ作業チックな感じがいまいち釈然としない私(贅沢言うなー!)
a0074049_14543032.jpg
お祈りが済んだら、また眺めのいい催し物エリアに戻って風景を堪能してみる。
写真の右より緑の中にぽつぽつと小さく見える建物もルンプーヤンの中のお寺らしい。
a0074049_14552938.jpg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すがすがしい気分になったところで、元来た道を戻り 山道や階段で 今からお参りに行く人と
すれ違いざまに挨拶したりなんかしつつ 車を置いた地点まで戻るわけでー。
そして急な坂道における縦列駐車地帯から脱出するのに異常に時間がかかるわけでー(爆)

元来た坂道を車で降りながら目の前にまたまたアグン山がどぉ~~ん!
a0074049_14562824.jpg
左側遠くに、さっきお参りしたお寺見えた (赤いしるしの部分ね)
a0074049_16381517.jpg
アグン山の裾野の緑も美しくて 高原の避暑地に来た気分。
a0074049_14565815.jpg
この日は、他にもウパチャラにおよばれしていたのと帰国前日だったこともあって時間が選べず
たまたま昼12時すぎ・・という過酷な時間帯にお参りしたので、陽射しと階段と山道に
体力をかなり奪われたけど、お天気が良かったせいもあって眺めは抜群~でした。
ちなみに、この日はAMEDのレアン地区から龍の階段のお寺まで車で40分ほどかかりました
<*Amedからの道中の風景は、ひなちゃんのこちらのトピで見れるのでTBズッキュ~ン!*>

ティルタガンガからルンプーヤンまでの場合は車で片道20分くらい・・って感じかな?
この付近なら、タマン ティルタガンガや タマン ウジュンやカランガセム王宮などが
観光地として知られていますが ここ、ルンプーヤン寺院もなかなか行き甲斐のある場所です
ウパチャラ参加が苦手な私でも、ここで何かある時は率先して行きたいと思う不思議。
確かに階段はラクじゃないけど、急ぐ必要ないんだからのんびり行けばいいんだしね。
・・・って結局いつもハイキング気分のノリで、バリの神様すいません~っ(汗)

「人生の節目に訪れるといい」と言われてるこの寺院、観光兼 強運祈願兼 エクササイズ兼
での参拝ってことで いかがでしょう? 満月や新月の日のお参りもいいかも~~!

※ '08年11月 meroさんのルンプーヤン詣でのご様子もぜひチェケナー♪※
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2008-11-10 22:07 | bali & indonesia | Trackback(1) | Comments(34)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/7648407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from * Happy Slow.. at 2009-01-25 12:42
タイトル : 「ココロもお肌もツルッツル~^^になる旅へⅢ」~パワース..
昨年11月にバリを訪れた理由のひとつ.... バリ・ヒンドゥのスピリチュアルな力に触れる^^! できればパワースポットを訪れてパワーアップした~い♪、という単純な理由から行って参りました~ルンプーヤン寺院へ。 ネット検索してみると.... バリ島の東部に位置し、1175mのスラヤ山と同峰の山、ルンプーヤン山の中腹にある寺院。 バリヒンドゥ教の6大寺院、サド・カヤンガンの一つ。(サド・カヤンガンは、バリ全島から崇拝される6つの寺院のことです) 寺院内に生息している竹には不思議なパ...... more
Commented at 2008-11-11 01:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mero at 2008-11-11 09:35 x
タイチョさん~こちらでもこんにちは。
今回の渡バリで....間違いなく最高の思い出になるであろう、と思われるのがこちら....。タイチョさんお勧めのルンプーヤン寺院^^♪
ここで、た~くさんのパワーを頂いてくるのだ~
体力的にちょっと心配だけど、頑張ってきますね^^
Commented by harurah2 at 2008-11-11 10:26
タイチョ、おはよ~(^^♪
人生の節目?そしてパワースポット?行く行く。
けど、この山道、カバヤ&サロンで登れるのか?
ソレまでに足腰鍛えておくぞ(^_^)v
イブスビーチも入水したら、パワー全快やろ?



Commented by mahaloa at 2008-11-11 12:05
viajeraさん、こんにちは!
あ~~!
ホントにいいお天気ー!
清清しいですねぇ♪
空の青が本当にきれいです。
窓の無い仕事場ではるさめスープを啜りつつ、一緒にハイキングをさせて頂いた気分です♪(笑)

龍の階段のお寺もきれいですねー!
脂肪を体力に活かせない私は、この辺りで挫折しそうですが、きれいな
アグン山をこんなに眺められるなら、少しは頑張れるかもです。(^^;;
Commented by N-pipi-N at 2008-11-11 13:32
 シアン~♪
 パワースポットやからタイチョも登れるんかな?
 不思議な力があるんやな。
 私も来年いろんな意味で節目やと思うねん。だから登ってみたいわ。
 新たな人生出発~って感じで(笑)
 しかし・・・キツそうやな。
 クバヤにサロンで頭に荷物のっけてビーサンで登る女性・・。
 さすがだわ。
 頂上からお山を拝みたい。
Commented at 2008-11-11 13:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marikkomekko at 2008-11-11 13:59
アグン山って富士山みたい!!
こんなにきれいだったっけ~と記憶をたどってみるけれど
タイチョの写真がこれまたきれいだから余計にすごくみえるのだわ♪
しかしかなりきつそうなルートなので、私には無理だなぁ^^;

あ、バリ熱、旅行熱が冷めていたはずなのに、なぜか突然思い立って来年のGWにカルマカンダラを予約しちゃいましたっ!!
お金ないのに行けるんかいな~
Commented by miyukyoto at 2008-11-11 18:33
わー、私、「~の先にある天国」とか「個人的イチオシ」って言葉に弱いの知ってたぁ?
まだサヌールも行ったことないのに東部熱アップ中で
もう無性に行きたくなっちゃってるの知ってて書いたぁ?
山の裾野って、関西にいるとなかなか見ることがないので
高原なんかで、しかも両側が見えちゃうとめっちゃ嬉しいんだけど
アグン山はその典型ですね、すんばらしい~
それにしても秀逸な記事で、参った!って感じです
タイチョ、本出したらいいのに・・・と何気に本気!
あ、ほんとにお仕事が物書き系だったらごめんなさい
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:08
>カギコメ様!(11/11 01:17 )
おはようございますー。ええ~?そうなんですか~!
ちなみに私は1968年生まれなんですが
カギ様の旦那ちゃまとどこかで接点あるかもー。きゃー☆
・・ってわけで、あとでそちらにいきまーす
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:12
>meroさ~ん!
きゃぁ~。成田からコメントありがとぅー。
レスは間に合わなかったけど、このトピが間に合ってよかった(笑)
もう今頃バリか~。3週間、日ごろの疲れをゆっくり癒してきてくださいね
ルンプーヤン、ちょっとしんどいかもしれないけどきっと気持ちよくなれると
思います!お天気に恵まれますように!
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:13
>はるらら奥様~!
地元女子たちも、サロンまくりあげて登ってたから
お行儀良く登る必要はないのだー(笑)
それよか足元が、ヒールつきサンダルだときついのらー
ここにパワーもらいに登るというよりも、到達できたことで
「あ、俺 がんばれるやん!」っていう達成感っちゅーか
自信がつくっちゅーか、そういう点でパワーもらえた気もする私
私は不健康で愛煙家の体力ナシ子さんなのでゼーハーゆってたけど
多分うちのとーちゃん(トレック大好き71歳)なら楽勝だろうな~
ってぐらいの道なので、無理せずゆっくり挑めば
チロのお散歩で鍛えている奥様ならきっと大丈夫だと思う!ぜひチョバ。
一方、イブスビーチは牛さんの糞に注意。ある意味「運がつく」?!
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:15
>mahaloaさ~ん!
ここはね、車で到着するまでの道も高原気分味わえて
なかなかハイキング気分で楽しいんです
ブサキもそうだけど、道中が気持ちいいと俄然テンションが
上がっちゃう単純な私。ローカルの人たちは元気だし
健脚だけど、みんな自分達のペースで休憩しながら登ってるので
そういうのも気がラクというか、ほのぼのしてていい感じなんです~
あと、頑張った自分をほめてあげる感じ。←これけっこう癖になるわけで(爆)
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:16
>pipiちゃ~ん!
タイチョは面倒くさがりやけど一旦やるとなったら頑張りやさんやねん
実は休み休み行けばそんなにしんどくないんやけど、アホやから
いっつも「わぁぁぁ~」っちゅーて途中までダッシュで登って、あとで貧血気味で
後悔する・・ってパターン多し。でも、さすがにもう距離感覚えたから
無茶することもなくなったし「あとどんだけあるんよ~!」って先の見えない不安
ゆえのヤル気喪失・・ってのもなくなって、楽しく登れる感じになってきた(笑)
pipiちゃん来年はたっぷり時間あるねんから、できたら祭事がある時に
お参りしてみるといいかもよ~
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:16
>カギpiちゃ~ん!
ごめんごめん、なんかここ数日、いっぱいっやることがあって思考回路
おいついてないー。とにかくさっきそっちにいきましたー。
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:19
>まりまりた~ん!
この日は、お天気が良かったからアグン山もとても美しく輝いておりましたわ!
ほんと、形といいその象徴的な存在といい、富士山みたいだよね。
アグン山も臨む方向によって、山頂の形が微妙に違うのだけど
どこから見てもさすがに雄大っすわ~。
ところで、カルマカンダラ、スミニャック滞在中にイブMと「どこにランチ行こう?」
って話してて「カルマカンダラ眺めめっちゃいいらしいよ~」って言われたんだけど
「スミニャックからだと遠いねー」っつーて結局ボツになっちった~
今思うと、お天気悪くなかったんだからランチでも行って
あの絶景を拝んでおけばよかったかも?と、ちょっぴり後悔。
夢と野望は大きいほうが頑張り甲斐があるってもんよ!私も来年、別の国
だけど、某・たっか~いホテルを勢いで予約しちゃって焦ってるところ。きゃー!
・・っていうか、その前に バリ・ハワイ・メヒコでもないその国へ来年行けるのか?俺(爆)
Commented by la_viajera at 2008-11-12 08:23
>みゆちっち~!
いやほんまにね、苦労してたどりついた所って感激もサ~ン倍増し!
でも、残念なことに東部は、それこそサリーさんの望む
「気軽にぷら~っと歩いてたらなんでも揃う」というような町ではないので
こりゃ~、みゆさんがお友達と鬼嫁旅行の際ぐらいしか
東部滞在のチャンスはないかもしれぬぞ~。うひょひょ~
残念なことにカユは東部にはないし!(爆)あ、でもカユウブのレジデンス
マネージャーさん?はカランガセムの人らしい。
カユマニス・チャンディダサとかできねーのかなぁ?できねーよ!(1人ツッコミ)

私は逆にみゆさんの発言がいちいちツボですねん。今、奈良公園行きたく
なってるしー(爆) な~にぃ~?うちらーもしかして相思相愛?きゃ♡
Commented by hinata_1130 at 2008-11-12 09:10
TBありがとうございます。
めっちゃいい天気で、写真が綺麗ですねー!
写真見てたら、このお寺が懐かしいのと、ウパチャラの様子を見て
死ぬほどバリに行きたくなってしまいました・・・
私は前回、龍の階段だけで疲れちゃったけど^^;
やっぱり写真見てたら、上まで行きたくなりました。
しんどいけど、でもそれを乗り越えてこそ出会える絶景ですね。
Commented by hiyoko at 2008-11-12 09:47 x
おはようございます~!
去年東部に泊まった時、こんなにきれいなアグン山は遂に一度も見られませんでした。
ほんと富士山みたい。姿が美しい~。
裾野も、御殿場の富士の裾野となんだか風景が似ているわ~。
バリのお年寄りは、こんなすごいところを登るんかい??
お籠はないのーー???
体力まるでなしの私は自信ないけれど、これ以上歳をとったらもっと行かれなくりそうだから、早いうちに行っておかなきゃ。
あ、それより、高所恐怖症の私としては、下りの方がもっと苦手だったりして・・・!!
Commented by koutatsuma at 2008-11-12 17:31
こんにちは! タイチョ
私はアグン山を去年、機内から見たことがあります。
晴れていたので、はっきりと見えて、富士山に似ているって思いました。
でも、上から見るのは良いけど下から行くのはかなりきつそう・・・・
もし、行くのなら早めに行かないと年なので、足腰が動かなくなり、登れなそう。。。
神々の島、パリと言われているのはこのアグン山の神々しさがあるからなんでしょうね。
来年の足腰が丈夫にうちにチャレンジしてみることにします!
Commented by arak_okano at 2008-11-12 21:41
アラックです。
これがバリなんですか、富士山だと思ってっしましました。
バグースです、私が知らないバリをもっと紹介してくださいね。
Commented at 2008-11-12 21:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2008-11-13 06:39
>ひなちゃ~ん!
龍の階段だけでも十分達成感あるある!
今回は上の階段口まで車やったし頂上ではなく2番目の寺
やったからちょっとラクさせてもらった気さえした。
登るなら曇りの方がしんどくないんやけど
やっぱりお山どどーんと見えるのは晴れてる時やから
体力消耗覚悟でお天気のいいときにいつか上まで挑んでみてね!
そうやってたどりついたところでみんなでお祈りしてる姿見たら、
いつもに増して背すじ伸びる思いがする。
でもな、なんでか私は日本の神社でもそうなんやけどこういう状況で
神頼みってどうしてもできひんねん。とりあえず自分や家族の
健康をありがとう、って言うだけな感じ。もっと欲張っとくべき?!(爆)
Commented by la_viajera at 2008-11-13 06:40
>hiyokoさ~ん!
私ね、実はアグン山運があんまりよくなくて、てっぺんが雲にかくれてる時が
多いんだけど この秋はシデメンでもここルンプーヤンでももちろんアメッドでも
雄大なお山を見る機会がすごく多かった気がする。
多分ウパチャラに良い日が重なってたので島中の念が届いてたのかもしれんね
ただし、サヌールの海辺から見ようと思ってたのにサヌールからは拝めず、無念。
そうそう、お籠あったらいいのになー。でも山道狭いから邪魔(爆)
さすがによぼよぼの人はいなかったけどおじいちゃんおばあちゃん世代の
人も登ってたよ。日ごろから足腰使ってるもんなー@農耕民族。すごいわ
Commented by la_viajera at 2008-11-13 06:44
>kouta@妻さま~!
富士山みたいだから余計に日本人の心もくすぐるのかも?@アグン山
なんかね、大航海時代の楽園の条件って ①島であること
②(休および活)火山があること だったらしいんだけど、
それって文明ナイズドされていない独自の信仰がある・・って
ことなのかな?ハワイにしろタヒティにしろバリにしろそうだよね??
で、実は日本だって火山のある島じゃーん♪って(笑)
ルンプーヤン、東に滞在中にお時間があればぜひトライしてみてください
私もいつかお遍路さん気取りでここのお寺ハシゴ、してみたい~
アグン山そのものに登るのは足場や傾斜がもっとキツイみたいだけど
ここなら、休み休みマイペースでいけそうですよ!でもくれぐれも
お互い、無理せぬように挑みましょうぜ(笑)
Commented by la_viajera at 2008-11-13 06:46
>アラックさ~ん!
アラックさんにはぜひこの山道を駆け上がっていただきたいっ!
でも一応お寺なのでサロンとスレンダンとウダンを片手に
走っていただかなくてはいけないような気もするんですけど(笑)
アラックさんの体力なら楽勝と思うのでいつかダイビングで東に
滞在された際、もしお時間があればこの景色の中で走って
みてください!めっちゃ気持ちいいと思います!特に龍のお寺から
上のお寺の階段口に行くまでの車道!ぱぁーっと青空の下に緑が広がります。
階段は走れとはいいませんからー!!(笑)あとはお遍路さん気分で!
Commented by la_viajera at 2008-11-13 06:47
>カギコメさ~ん!(11/12 21:46 )
おおお!実は私、その直前まで箱根です!でも戻ってくる日と時間が
間に合う感じなので、明日メールします。今日は朝から桃太郎王国に
鬼退治されに(笑)いくので連絡は明日になりますがよろしくー
Commented at 2008-11-13 10:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-14 14:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2008-11-15 13:52
>カギkaさ~ん!
私播州拠点ですよ~。帰省でもなんでもなく。・・ってわけで、結構簡単に
時間が作れたりするわけで・・・。(但し、臨時の仕事が暇な時期限定)
というわけで、またあそびまひょ♪よろしくっす!

Commented by la_viajera at 2008-11-15 13:58
>カギららさ~ん!
昨日、一昨日はほんにありがとぅー!次?また行く行くー!泊まるー!(笑)
夕食もがんばらなくていい、いい!またpipiちゃんに作ってもらおう!
そんでみんなで女学生気分に戻りまひょ。私も結局は桃太郎王国に
行くと思い出すのは高校時代のことやからめっちゃ気持ちが若返る
(そのわりに、年齢重ねたからこそのへヴィーな爆話してたけど:爆!:)
次の会合は、大学時代の毎夏の合宿先地区なので またアホに戻れそうで
めっちゃ楽しみー! ほんま、ありがとう&末永くよろしくです。
旦那ちゃまにもよろしくね。旦那ちゃん、めっさ優しいしー、うらやま~!
Commented by JAM at 2008-11-16 10:09 x
おはようございます。大きなお寺にも行ってみたいと思いながら、行くならオダランか何かやってるときがいいななんて思っているうちにタイミングを逃していました^^。総本山@ブサキもガイド客引き問題ですっかり足が遠のいていましたが、アニキの記事を読み直して興味再発。このルンプーヤンの龍の階段のお寺、バリでヒンドゥーの寺院なのに外観が白いって珍しくないですか??ここもやっぱり地元の人と一緒に行く方がいいのかな?上のお寺からの景色、自分の目でも見てみたいです!
Commented by la_viajera at 2008-11-16 17:36
>JAMさ~ん!
それがねー、私多分イネ人と間違われる確率多いみたいで
どこに行ってもあんまり物売りとか客引きに絡まれないので
よくわからんのよ・・・。1月にブサキ行った時も客引き事体が居ない
祭事の時だったし、ルンプーヤンでももちろんいつも問題なし。
土地の人にはついていってもらうけど、客引きよけとかそういうのではなく
マナーとか順番とかが単独で行ってもわかんないのでそういう点で
ご指導願ってる感じかな?それは運転手さんだったりチャーターの
ガイドさんだったりでもローカルならハウトゥーがわかるからいいんじゃないかな?
(でも、ブサキはガイドも行きたがらないって言うよねー??)
滞在時期が重なったら、一緒にいこいこ!ルンプーヤンならいつでも行く~!
Commented by mero at 2009-01-25 17:04 x
タイチョさん~こんにちは。
今日....いよいよこちらの記事をUPしました~^^
ということで、TB&記事中リンクさせて頂きました!
やっぱりここって....半端じゃないですね~山に入ってる間は、前日まで出ていた慢性蕁麻疹が(悪化してたのです~)、綺麗になってましたから~ガイドのマデさんもビックリ^^
バリの神さまにお礼を言わないとです~♪
Commented by la_viajera at 2009-01-27 19:10
>meroさ~ん!
TB&リンクありがとうございまーす!後ほど私からもTB返しさせていただきますね!
え?体調悪かったのが直ったの??すごーい!
ちょっと週末から遊びほうけてて今やっと落ち着いたので
あとでじっくり訪問させていただきますね。たのしみ~
<< COで行きKEで帰るフライト記... Sensatiaの工房でお買い... >>