※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Selamat Ulang T...

Ayung Terrace で... >>
2008年 07月 20日
AMANDARI ~ Pool Suite #14 見学記録 ~
a0074049_1572479.jpg
こんちくわ。ウブド編に突入したので調子こいて連日投稿しちゃいます。タイチョでつ。

Ayung Terraceでソトアサをした後 おのぼりな2人はAmandariに見学突入。
私、もちろんここに泊まったことはないけど10年ぐらい前に2度ほど食事に来たのです。
ところが、その時の味や印象がかなーりよくなかったんですよ・・・。その後 5~6年前かな?
知り合いが泊まっててお茶しに来たんだけどその時の印象も特に特筆すべきことはなく
お部屋も古い・鬱蒼としてて暗そう・・・の先入観が大きかったから、なぜに雑誌とかで
そんなにちやほやもてはやされるんだろう?バリ初のアマンだから?・・ぐらいに思ってました。

だって、キラの絶景は他のホテルからは味わえないからその魅力もあるけど、ダリの周囲って
同じような立地の景観が素晴らしいホテルもたくさん増えたし、ホスピタリティだって全体的に
どんどん進化してきてるから、「今ウブドでわざわざアマンダリ選ばなくても」の感があったの。
ただし、以前にリピーターの方から「#14が素晴らしいよ」とお聞きしていたので
#14のお部屋見てみたいなぁ~。でもRQとかで埋まってる可能性高そうだから見る機会は
なさそうだな・・なんて勝手に諦めていたから、今回だってウ子ちゃんからのRQがなかったら
敷地に足を踏み入れることもなかったと思うんです。

ところがなんと!「お部屋見せてくださ~い」と浮かれポンチで急遽おしかけたにもかかわらず
通していただいたのは、偶然にも人気のお部屋・プールスイート#14だったんです。
結果、去年5月のアマヌサに続いて先入観などというものは木端微塵に砕け散りました。
・・・・っていうか、この部屋 素敵王(ステキング)でございました。マジで。




a0074049_20785.jpg 到着するなり、ここでも蓮撮影に夢中。

今思い返してみると、今まで何度か
足を踏み入れたこのレセプションエリアが
なぜ好きになれなかったのかというと
ガッラーンとしすぎてるからなのかな?
もちろん、隠れ家的ホテルとしては
これぐらい静かで現実と隔離されてる方が
非日常感を味わえるからセレブな方々には
もってこいでしょうけど、いかんせん庶民な俺
「なんか、寂しいよぉ~。怖いよぉ~」と
かつては 思ってしまったんですよね。

この日は午前中で明るかったし人も居て
以前ほどの不気味さはなかったけれど
それでも 「寛いでいるゲストが置物みたい
な感じはな~んとなく感じたりして・・・
同じように、レせプション付近やパブリックエリアが、がっら~んとしてるホテルはいっぱい
あるのに、なぜ今までアマンダリだけが 淋しく&怖く感じたのかはいまだに不思議なんだけど。

レセプションから各所へ続く回廊
a0074049_1581466.jpg
レセプションからみたラウンジ(&バーかな?) そのむこうにシェアプール
a0074049_204989.jpg
a0074049_1574118.jpg レストラン

ま、みなさん多分お部屋でお食事をされる
のでしょうし 時間的にも朝食時間は終わって
ランチには早い時間だったから誰もいないのは
当然っちゃー当然ですが、やっぱり淋しいかも?

そんな中、案内して下さったスタッフ(おじじ系)の
やわらかーい物腰と会話は、さすがベテラン!
という安心感と、この静かな森の中で
「あ、やっと人が居た」という感じで(爆)
かなーりここちよかったです。

・・っていうか、やっぱりゲストのみなさんは
お篭りしてらっしゃるのでしょうか?
シェアプールにも、人っ子1人いなんです。

な?静かじゃろ?
a0074049_223340.jpg
a0074049_225128.jpg
a0074049_2453270.jpgパブリックエリアがあんなに閑散と
しているのは、きっとお部屋の居心地が
いいからに違いない!のポジティブな確信も
深まったところで、案内のスタッフに
「今から#14にご案内します。とても眺めが
良くて、オススメですよ」とにこやかに言われて
「おおっ!それは楽しみだぁ~」とテンション↑↑
しかし、「見れるってことは空いてるってことで
もしかして、お客さん少ないの?」と
余計なお世話的心配もしてみたりする庶民(爆)

アマン恒例・呼び鈴ならぬ呼び竹(笑)

アマンダリのプールスイートは、
全部屋渓谷ビューとのこと。(そうでなくっちゃね!)
プールスイートはお部屋の門を入って
直接プライベイトプールにも行けるんだけど
ひとまず寝室に入ってみましょう
入ってみて驚き!「想像より広~い!!開放感バッツグーン!!雰囲気も優し~い!!」

a0074049_232124.jpga0074049_245153.jpg
全然古臭くなんかないし、むしろピッカピカ。
a0074049_254025.jpg
TOPにも使ったウ子たんが撮影した写真だけど、かなり雰囲気よろし!でしょ??
a0074049_1572479.jpg
オットマンつきの王様椅子は1脚だったけど、デスクもベッドの両サイドに1台ずつあるし
2名で泊まっても各々が不便がないように配慮されてるのが嬉しい。デスク周辺の壁紙も
ちょっと和っぽくて癒される
し、ベッドの上部の落し物避け(笑)のすかし模様も美しい。
シーツ上に散らされたピンクの花びらが目にも心にも優しくてとっても可愛い。
もしかしたら、この日にハネムーナーさんがチェックイン予定だったのかな?
ウェルカムフルーツももりもり。/ 窓から見える黄色いお花も上品でいい感じ~

a0074049_25154.jpga0074049_38969.jpg
そしてお部屋からはプライベイトプールごしの緑ビュー!!
a0074049_3175539.jpg
プール広い!視界も開けてて明る~い!!気持ちよすぎ!!!
a0074049_10381226.jpg
プールの両サイドには バレブンゴンとサンデッキがあって完璧!
a0074049_2531947.jpg
うん、このプ-ルがあって 気持ちいいお部屋があったらパブリックエリア行かなくていい
つか、行く意味あんの?・・とまで思ってしまった。そりゃぁ閑散としてて当然っちゃ。

バスルームはあんまり写真撮ってないんだけど、こっちも2人利用の際に便利なダブルシンク
しかも、個別になってて配置はシンメトリー。片方(多分女性用)には拡大鏡もついてた。
バスタブはアウトサイドなんだけど、ちゃんと屋内にシャワーもあります。

a0074049_33435.jpga0074049_332085.jpga0074049_333719.jpg
a0074049_341462.jpg バスルームから寝室を見たところ

確かに、キラやヌサよりも古くからあるので
プール→バスルームの動線などを考えると
新しく建った方が工夫はされてると思いますが
来年で20年になるというのに、お部屋に
全くの「古くささ」を感じなかったのは
きちんとメンテされているからなんでしょうね
いろんな紹介写真で見る限りは
暗さ・古さが否めなかったので、やはり
一時期はちょっと古くなってたのかも
しれませんが、'08 2月下旬の#14は
ちゃんと伝統や年月を感じさせながらも
床などは、ピッカピカでございました

なんかね、よくわかんないけど 『和心』
所々に感じて、妙~に落ち着くのよ、この部屋。
a0074049_2475286.jpg
と、いうわけでミイラ取りがミイラ的な状態で#14がすっかり気に入ってしまった私。
もちろん、実際の宿泊予定なんて夢のまた夢ですが Amandariのお部屋へのネガティブ
だった感情は完全払拭。次は、レストランにおける過去のネガな記憶からのリベンジを兼ねて
お食事に関する印象も変えなくっちゃ♪ と 前向きな事を考えるゲンキンな私なのでした。

★ '10年5月 hiyokoご夫妻がご滞在された#15(2階建てタイプのプールスイート)にて
hiyoko奥様のお誕生会のディナーをいただきました。お部屋やお料理等は → こちらのトピで★



※ 追記 ※ アマンダリは'08年秋にリノベーションがあったようですが
     '09年GW, fukunosukeさんとhiyokoさんがバー利用&お部屋見学されています
     同じ#14をご見学されているので こちらのトピで 夜の雰囲気もぜひチェケナ~!※


バリ島内の3つのアマンを思い返してみると、ロケーションもお部屋のインテリアもそれぞれに
個性があるから、2つのアマンを巡るPKGとかを利用しても ホスピタリティはグループ共通の
レベルの高さのままで 各所で違った雰囲気を楽しめるのもすごくいいな・・って思います。
モダンでシックなアマヌサのお部屋 ・ シンプルで眺めのいいアマンキラのお部屋
トラディショナルで妙に落ち着くアマンダリのお部屋。 好みに合わせて選べるのも嬉しいよね。

<おっと!繁忙期のいい雰囲気のダリ敷地内のレポはベッティーナさんとこでどうぞ!>

この後、クデワタンまで来たついでに もう1件おのぼり全開で 宿見学しようということになって
The Royal Pita maha のお部屋も見に行ったんですけど、秋バリでご飯食べに行くかも
しれないので、レポはその時にまとめてUPしよっかな~なんて思うので 今回の記録からは
はしょる気満々。・・・というわけで 次回、やっとのこと CHEDI CLUB にチェックインします。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2008-07-20 18:10 | bali & indonesia | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/7321820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2008-07-21 07:15
アラックです。
ホテルは部屋を見せてくれるんですね。
アマンダリはビールだけ飲みました、写真はニコノス(水中カメラ)で
撮りました。
ロイヤルピタマハは3回泊まりましたが、最近はカキアンバンガローです。
今年は、テガルサリ(デラックスは取れなくて、スーペリアです。)です。
8月8日に出発します、1泊はPちゃんのところに、新築お祝いを持っていきます。
Commented by N-pipi-N at 2008-07-21 08:09
 タイチョ、パギー。セミがうるさい(笑)
 
 TOPの写真、可愛い!ベッドの上にばらまいた花びらがカワイイよね~♡
 ハネムーンで行くとこうしてくれるのか・・・(メモメモ)
 ホンマ部屋が和室みたい。窓枠(?)が日本の障子の紙が無いバージョン。
 っぽくない??壁紙が最初「ハワイアン」に見えた・・・。
 
 ね~来年向こうで遊んだ時、いいホテル廻りしようよ~♡
 (連れてってもらう気マンマンな私)
Commented by ウ子 at 2008-07-21 12:35 x
珍しくウ子リクエストのアマンダリでしたが、確かにガラ~~んとしてたね。
美しくて上品なお部屋はとても良かったけれど、そういえば
【ウ子的 心に残るお宿】にはエントリーしてないな。笑
でもかの有名なダリをどうしても見ておきたかったんだもん。
【怪しい】読んだ直後だったせいもあったかもしれないなぁ。
そして、ローカル料金があることを知って、ドライバー様(様?)担ぎ出すか?!
ってプチ盛り上がったのが印象的でしたわ。笑
Commented by mero at 2008-07-21 19:26 x
こんばんは~
素敵なお部屋ですね~♪
やっぱりアマン..上品ですね!
なんだか...うっとりしてしまいます^^
一度でいいから泊まってみたいな~
プールスイートの#14ですね!
家具の感じとかもいい感じですね。
Commented by JAM at 2008-07-21 20:20 x
こちらにも^^。本当、どことなく和を感じますね。蚊取り線香もお香みたい。いまにもサンダルウッドの香りがしてきそうな感じ、、、。
私もアマンダリは暗くて鬱蒼としてると思い込んでいましたが、明るくて落ち着きがあって素敵!このお部屋を見てかなり印象が変わりました。タイチョ、ありがとう!
Commented by titiang2 at 2008-07-21 20:52
タイチョ、こんばんにゃ!
アマンダリ、私的にはすご~く好きなお部屋だわん。
確かにレセプション周りはがらんとして寂しさ感じるけど、タイチョの言うとおり、ここはお部屋におこもりするんだろうね。
このプールがあればシェアプールなんて必要ないし^^;
う~ん、絶対に泊まることないだろうけど、好きだな~ここ。
Commented by la_viajera at 2008-07-21 21:45
>アラックさ~ん!
バリのホテルってすごーく気軽にお部屋見学させてくれるんですよ~
もちろん、空きがあれば・・でしょうし、中には見学予約が必要なところも
あるみたいですけど・・・。
ほんとはね、お茶とかランチのついでに空きがあれば見せてもらおうって感じ
だったんだけど、ソトアサしてお腹はいっぱいだったから、ちょっと失礼かな?
と思ったんだけどお部屋チェックだけさせてもらっちゃいました
見せていただけるのはすごーく嬉しいしありがたいんだけど、実際に見ると
泊まりたい煩悩が増えちゃって困っちゃいますよね(笑)
今年、スーペリアでもテガルサリとれたんですね!あそこいつも人気だし
お盆のシーズンだったからとれただけでもすごいです!
Commented by la_viajera at 2008-07-21 21:50
>pipiちゃ~ん!
よく、ハネムーン用には赤い花が敷いてある(ハート型とかにして・・プププッ)けど
このピンクのはなびらは優しくてすごく可愛かったっす。
そうそう、壁紙 ハワイアンっぽくもある(爆)それでなのかなー?妙に
落ち着くんよ。この部屋。窓枠もそうやけど、天蓋代わりのベッドの上の
布?はってあるやつも透かし模様になってて「いい障子」みたいにも見えたし。
やっぱり実際にお部屋とか見てみるもんだなーなんて再認識。

私が、徘徊&突撃に飽きてなければ(爆)いつでも見学おつきあいしましてよ~
Commented by la_viajera at 2008-07-21 22:02
>ウ子た~ん!(連コメ上等!)
こっちにもありがと。
そうそう、ドメ料金半額って言ってたよね~スタッフのおじじちゃん。
わしね、この部屋 なぜかかなり好きなんよ。でも、ホテルってお部屋だけじゃ
ないやん?もちろん高すぎて選択できない・・っていう関門が第一なんやけど(笑)
やっぱりまだパブリックエリアに関してはいまいち好きにはなれてないけど
お部屋の印象に関しては完全に今までの先入観が覆ったいい体験でした。
ウ子ちゃんが「行きたい」といってくれたおかげっす。ありがとう。
Commented by la_viajera at 2008-07-21 22:06
>meroさ~ん!
はい、プールスイートの#14でした!お部屋によっては景観がよくなかったり
するみたいなのですが#14なら問題なくバッチリでしたよ!
家具の感じとかも「バリらしい」とか「トラディショナル」なのは本来苦手
なんですけど、デコラティブなタイプではなくなんだか和風なテイストも
感じれたので年配の方でもすごく落ち着ける部屋だな・・と思いました
両親の世代ならモダンな所よりこういうところがしっくりくるんだろうな~って。
やっぱり、さすがアマンだけのことはありました!
Commented by la_viajera at 2008-07-21 22:13
>JAMさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがと! 蚊取り線香のにおいが何の香りだったかは忘れたけど
うん、白檀の香りがしそうな気がしてきた~(笑)
私も、このお部屋しか見てないので他も明るくて開放感あるのかどうかは
不明なんだけど、完全にネガティブなイメージは払拭されちゃいました!
あとは、またいつかレストランでお食事を味わってみなければ!!
Commented by la_viajera at 2008-07-21 22:21
>ふふちゃ~ん!
うん、ふふちゃん好きそうってのわかるー!
だよね、このお部屋とプールと眺めがあればパブリックエリア行かなくて
いいよね(笑) わたしもきっと泊まれることはないと思うけど
バリのホテルの好きなお部屋が1つ増えて嬉しいような切ないような(爆)
ほんと、バリのホテルって罪よのぅ~
Commented at 2008-07-21 22:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiyoko at 2008-07-21 23:16 x
ウブドならFSSかなーと思ったり、やっぱり高くてもアマンダリは行っておかなきゃ!と思ったり、他にも候補は沢山。
チェディクラブ、ロイヤルピタマハも候補なので、嬉しい♪
ところで、どこかでアマンダリのお部屋がかび臭いと見たのですが、♯14は大丈夫でしたか?
まあ、聞くだけ無駄でした?あまりにも高すぎて。。。。
オイル高騰で、来年はまた更に上がるのかしら???
Commented by bunga5 at 2008-07-21 23:38
viajeraさん、こんばんは〜。
クデワタンには老舗の定宿があって、、他に泊まる機会がなかなかありません。こちらもいつも素通りです〜。
viajeraさんもリンクされてるayhkさまが以前FSSはアメリカ人の文化、コモ・シャンバラはイギリス人の〜、アマンダリはアジア人の〜とおっしゃってたのですが、
villaの写真を拝見して色濃いアジア(=和)の雰囲気で納得です。
orientalな要素が充分あり、欧米人に人気があるのが頷けます。
Commented by la_viajera at 2008-07-22 10:37
>カギコメさ~ん!(7/21 22:40 )
わ!ほんとだ~今年多すぎ!(笑) こちとら例年になく今年は2回こっきり
なのにぃ~(でもトータルしたら一年の3分の一なので贅沢は言えぬ・・)
私も次々回は間違いなくその頃に居るのでその時こそぜひよろしゅう
お願いします!
Commented by la_viajera at 2008-07-22 11:05
>hiyokoさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとうございます!FSSだったらジンバランの方からhiyoko
さんの好みとかもちゃんと伝わってるかもしれないからそういう点でも
安心した滞在ができそうだし、ヌサ→キラの次はやっぱりダリも・・・っていう
気持ちもわかるし、ほんと悩ましいですよね~。
ダリの#14は、全然かび臭くなかったですよ!もしかしたら通気の悪い位置の
お部屋もあるかもしれないし、テロ以降バリへのお客様がぐんと減った時
とかにメンテナンス甘かった部分があるかもしれないけど、きっとどのホテルも
今はその点はすごく注意してメンテやリノベしてるんじゃないかしら?
(TSやキラだって、かつてかび臭い部屋があった時期があったみたいだし・・・)
でもほんと、このお値段では そこで悩む以前の問題・・って感じ(涙)

あの付近にはダリ、FSS,コモシャンバラ などなど hiyoko奥様
に似合いそうな素敵宿が目白押しだから迷っちゃいますよね~
Commented by la_viajera at 2008-07-22 11:20
>bungaさ~ん!
bungaさんには老舗の定宿があるっちゅーのが羨ましい限りです
やっぱり気心知れててスタッフもこっちの好みをよく理解してくれてる
決まったお宿というのはなにものにも変えがたい居心地の良さがありますもんね

ところでayhk様のそのお言葉、ほんとに言い得て妙ですよね!バッチリ!
そしてbungaさんも仰るとおり、アマンダリのお部屋は 日本人心も
くすぐるけど、これ絶対欧米人が好きだろうな~・・っていう確信犯的な
ものも感じました
あとね、あのお部屋の感じはやっぱりアジアの森の大自然の中だからこそ
一番しっくりくるんじゃないか・・とも思ったの。海辺でもなく街なかでも
なく、やっぱりウブドにあってこそ一層その美しさも引き立つというか。
今更ながら、「なるほどな~」って感心することばかりでした!
Commented by mahaloa at 2008-07-23 12:39
viajeraさん、こちらにもこんにちは!
私、アマンダリはお部屋が絶対に狭いと信じ込んでおりました。
しか~し、何ですかこの広いプライベートプールは~!?
パブリックプールかと思ってしまいました。
お部屋の雰囲気も、viajeraさんがおっしゃるとおりにとっても優しい感じ
だし、アマンダリ紹介のカメラマンさんをviajeraさんに交替すべきだと
思います!
だって、ガイドブックに載っている写真って、すごく暗くて狭そうなの
ばっかりなんですもん。(^^;;
このプライベートプールがあったら、もうお部屋に篭っちゃいますね♪
この緑の深さは癒されます♪
Commented by la_viajera at 2008-07-23 13:34
>mahaloaさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとう~。もしかしたら、プールじゃないスイートは狭く感じる
のかもしれないんだけど(でもヴァレースイートなら前が渓谷なので開放感
はあるかな?)このお部屋に関しては、狭くないばかりではなく「広すぎない」
という"こじんまり大好き小市民な俺"にも落ち着ける感じでしたよ~
昨日、pipiちゃんと地元の海水浴場に行って、泳ぎもせずに'09るるぶを
見てたんだけど「やっぱりこのベッドの上の花びらがある方が雰囲気
いいね~」(るるぶに載ってたのは花びらがなかった)なんて思ったので
たまたま見学した日のお部屋のセッティングの状態も素敵だったんだと
思うんだけど、予想以上に素敵だったので私も眼からウロコです!
このPPがあったら、ほんと篭るっきゃないですよね。あぁ篭りたい・・・
Commented by bettina777 at 2008-07-23 23:14
こちらにもお邪魔しまーす。私もダリってどうなんだろう?ってずっと
疑問だったの。だってブログ上でもあんまり話題に上らないじゃない?
いくらアマンでもやっぱり近隣の新興勢力に押されて、栄光も過去のものに
なりつつあるのかな?と思ってたんだけど、やっぱり素敵よねー。
確かにパブリックはがらんとしてるけど、お部屋やPPはすばらしいわぁ。
そして私も室内の壁紙見て、「あ、金屏風みたい」って言ってしまったほど
和のテイストを感じました。
ここはもっと渡バリ経験をたくさん積んで、もうどこにも出歩かずにホテルで
お篭りするだけで満足出来るようになるまで、とっておきたいホテルですわ。
(そんな日が来るのかな~??)
Commented by la_viajera at 2008-07-24 13:34
>ベッティーナさ~ん!(連コメ上等!)
そうなのよ、なぜかあまりブログ上でもダリってあんまり目にしないよね
ウブドっていう場所のおかげで誘惑おおすぎて引き篭もれそうにもないけど
これは、逆に、引き篭もらなかったらもったいない(爆)・・なんて思えた
素敵なお部屋でした。でも、どんどん値上げしていくこのご時世。
後回しにしてるうちに手の届かない金額になっちゃってるんだよね~(涙)
もちろん、ここに限らずどのホテルもそうだよね・・・はぁ~(溜息)
Commented by balisanursuka at 2008-07-24 19:05
実は↓にコメしたけどフォーシーズンズに泊まった翌年はなんとこのアマンダリに泊まりました(なんてバブリーな時代だったんだろう^^それも10日間も^^)))泊まったのはドゥプレックススイート(二階建てのプールなし)でした...たしかに食事はねぇ???11年前だったと思うけど一度だけで十分でしたけど、そういやぁこのバーは夜だけ営業だけどほとんど使われてなかったなぁ〜〜プールもたしかに人いませんねぇ〜おいらの時もほとんど毎日貸し切りでしたよ^^プールに行くと、レストランの下にスタッフルームがあって、そこからサッと!タオルと水を持ってきてくれる〜〜あの頃はこんなサービスに惚れ惚れしました〜って今じゃ普通か^^
何か懐かしいなぁ〜〜そういやぁ最終日はレイクアウトじゃなかったけど、、、サービスでプール付きの部屋を無料で貸してくれたんだよなぁ〜今もあんなサービスしてくれてるのかなぁ??
Commented by la_viajera at 2008-07-25 03:03
>サヌールさ~ん!(連コメ上等!)
わーい、こっちにもさんきゅう♪
ダリ10連泊もすりゃぁ~空きさえあれば帰国日のディユースなんて
こっちが頼まなくてもホテル側から「ぜひ!」って感じじゃないかしらん?
しかし、ほんとあの頃はバブリーだったわ~(私も遠い眼・・・)
私もあんまりバリでは贅沢っちゅう贅沢はしてない方なんだけど
他の国でもとんでもないところに泊まってた時代ってやっぱり10年前とか
その付近でしたね・・・。もちろん並行して予約なんかしない激安の旅も
してましたけど、その頃からよく友人に 「よくそんな極端な旅ができるよね」
って呆れられてました。例えばロスメンに慣れるとそっちの方が居心地
よくなって高い宿にお金払うのばからしくなったり、高くて快適な所に慣れると
ロスメン暮らしに戻れなかったりするみたいなんだけど、私の場合はもう
「別物」って割り切ってるのでどっちにも魅力を感じちゃうんですよねー
欲張りにもほどがあるっちゅーの(笑)・・っていうかいつのまにわしの
旅バブルがはじけたんだろう・・・あ、わかった。結婚が原因だ!(爆)
Commented by balisanursuka at 2008-07-25 10:50
結婚が原因!!??がははっ〜〜
旦那さんに怒られますぞ〜〜〜〜〜
ってこんな返コメでカキコしてしまいましてまぁ〜〜ふです^^

Commented by la_viajera at 2008-07-26 21:37
>サヌールさ~ん!
うちね、お互いが無駄遣い王なので完全別財布制度なの。でも、一緒に行動
するときは、好みが真逆ゆえにいつも意見が合わないから
望みをかなえたいほうが2人分払うシステムをとることで同意してあるので
「素朴宿やワルンがいい!」というセニョの意見重視の時はセニョ払い。
でも、ちょっとうっとりしたい宿の時は、結局私の意見なので全部私払いに
なるわけ。そうすると宿代は1人も2人も変わらないけど、滞在中の
食費とかもろもろまでもが倍かかるわけで~~。(涙)
しかもおっさんの飲み食い代が異常にかかるわけで~~(号泣)
私もリゾートに来てまでせこいこと考えたくないからその場ではいいんだけど
あとでカード請求が来て青くなること多し!なのです・・・とほほ。
ま、今では私も知恵がついたので別行動中心にしてますが、なにか・・?(爆)
Commented by Fukunosuke at 2009-05-23 10:43 x
こんにちは!

今頃こんな所にコメントスミマセン。文中リンクいただきました。

僕らも今回「見に」行きました。予想外によくてビックリ。泊まってみたいです。タイチョの記事写真をよく見たら、どうやら、我々が見せてもらった部屋も#14の様です。これで昼と夜の感じが両方確認できます。それにしても、この部屋はよかったー。
Commented by la_viajera at 2009-05-24 15:11
>Fukunosuke監督ぅ~!
わーい!いつでもどんなところでも大歓迎ですわー
リンク、ありがとうございまーす。こちらからも編集でリンク返しさせていただきます!
ところで・・・私達が見学してからリノベに入ったみたいなんっすけど、#14はどこがリノベ
されたのかしらん?寝室はリノベの必要がないくらいピカピカだったから水周りかな???
私も実際見て惚れました。この部屋。・・でもPPからの眺めだけならfukunosukeさんが
ご滞在されたプリウランダリの方に軍配かも?(笑)
・・それでも、ダリ#14に泊まる予算があったら迷わずダリ#14を選びたい私。
異常に落ちつきますよね、この部屋。・・・やっぱアマンマジック??
あとでそちらにもうかがいまーす。よろしくー!
<< Selamat Ulang T... Ayung Terrace で... >>