※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Waka Ganggaで サン...

アニキよりお知らせ と アニキ... >>
2008年 05月 22日
Canggu の 宝石箱 @ Hotel Tugu Bali 見学記録
a0074049_0431452.jpg
ぐっもー!現在、ハワイ諸島を満喫中ですが レポは冬バリの時のネタでスマヌのタイチョです。

過去記事の流れで考えたらTSネタを連続でいっとくべきかもしれませんが、TSについては
写真が整理できてないのとまだ検証中の事項があるため 帰国後に詳細UPがんばりまつ。
・・で、今日は Tandjung Sari ほどの長い歴史や 渋いおじじスタッフはなくとも
「時代と文化の宝石箱やぁ~!」ともいうべきアンティークの数々や他国文化との融合っぷりや
オーナーさんのハイセンスなこだわりと遊び心・そして地域愛が存分に感じられる点なんかは
どこかTSに通じるものがあるんじゃない?となんとなーく感じたHotel Tugu Baliのお話を。
(もちろん両者はそれぞれ違う個性なんですよ。でも なんとなく通じる部分を感じたんです)

以前 ダイジェストでも書きましたが 冬バリでは、急遽思い立っての見学のみっだったけど
せっかくの、芸術的ホテルなんだから 私の「記録的写真」ではなく 今回も他力本願炸裂で
同行者、ウ子たんのデジイチバージョン多用の反則ワザで楽しんでいただきましょうか~~
数ある魅力はトピ1件では語りつくせないけど 無理矢理1本化の長編で参ります。お覚悟を!





エントランスホールでは 名物の巨大ガルーダ像がお迎えしてくれます
a0074049_13293611.jpg

アンティークでアーティスティックで美術館みたいなホテル・・というにふさわしく
暗めのエントランスですが 奥は海からの風が心地いいスペースになってます
a0074049_13284326.jpg

ムーディーで落ち着く演出 / 渋いBARコーナーもこちらに。 / ダイニングにもなります。
a0074049_13522765.jpg
このホテルには 「レストラン」として決まった場所はなく 会議室やダイニングにもなるお部屋
だけでなくゲストの好みでどこにでもお食事をセッティングしてくれるようです
レセプションエリアの奥、窓際になったところでは ソファーでゲストが思い思いに 寛いだり
中には Wi-Fi繋いで インターネットをするビジネスマンらしき人もちらほら。

テーブルのあしらいもとってもお上品 / プールの向こうに海も見えます
a0074049_13411683.jpga0074049_13414967.jpg

ところで、館内に4つあるというレストラン兼ギャラリーですが、それぞれコンセプトがあって
細部にわたって凝ってあるのでタイムスリップした気分になれて楽しいです
ダイニングへの入口の水色や 石造りのあしらいにどことなくメヒコを思い出す私(笑)
a0074049_1535796.jpg

よく、雑誌などで見る ダイニング 『Bale Sutra』『Bale Puputan』
実際に見るまでは、中国かつ王朝風で「怖いかも~?」と思っていたけど なんのなんの。
その雰囲気には少々圧倒されますが 1つ1つのアンティーク品を見るとなかなか味わい深くて
可愛い(・・というかちょっとマヌケな感じでキュート)なものも多くて『おもろ像』 の虜<笑>
なんか、いろんな所に案内していただいたので 名前とか場所とかすっかり忘れてるんだけど
予約が入ってて 手前までしか覗けなかったダイニングエリアもあった記憶・・・。

左: 「Bale Surta 」 / 右: 「Bale Puputan」の手前のホール(だったと思う・・)
a0074049_13573592.jpga0074049_1359963.jpg
赤い部屋ばかりじゃないよ。クラシカルでモダンな雰囲気の場所もあるし・・・
    敷地内は緑もきちんと整ってて 土着の習慣もちゃんと崇められてるし・・・a0074049_13582633.jpga0074049_13594890.jpg
個人的に気に入ったダイニングが 『Waerong Tugu』(これはブロウシャーをスキャンしました)
a0074049_14335100.jpg
コンセプトは、1920年代のジャワやバリの様式を再現したキッチン&ダイニングとのこと。
古いとか素朴とかだけではなく、味わい深いアンティークのなかに、食材のディスプレイなども
とても素敵で 「見せ方」にもこだわってありました。(ここでも何故かメヒコを思い出す私)
a0074049_15585926.jpg


ホテルの敷地内には、ジャムゥ(インドネシアの漢方)を楽しめるコーナーもあります。
a0074049_143317.jpg
薬草の種類も多いし 棚やその上の看板もいちいちアンティークで楽しい
a0074049_14391397.jpg

お庭でリラックスできるポイントもたくさんあって、ゆったりと過ごせそう
a0074049_1495217.jpg

宿泊棟の向こうには、手入れされたお庭があって ビーチへと続く扉も・・・・
a0074049_14173524.jpga0074049_1417343.jpg
a0074049_14412638.jpga0074049_1442956.jpgビーチへの扉の手前には屋外スパ。
ここには、屋外・屋内のスパがあり
屋内の方も 入口からして
メヒコちっくで 興味津々なワタクシ。

Spaについては GWに体験された
Fukunosukeさんとhiyokoさん
ご夫妻の こちらのレポ

是非ご参照下さい~!

マッサージベッドの下の花あしらい
a0074049_14113986.jpg

そして扉の向こう側には 道をはさんで ビーチが広がっています!
a0074049_14265832.jpg
ここでお詫び・・・敷地内をうろうろしたにも関わらず プールを撮影するのを忘れてました!

ところで、肝心のお部屋ですが、こちらには 6カテゴリーで合計21部屋あるようです
一番興味のあった 『Warter Spies Pavillion』は 空いてなくて見れなかったけど、
今後 宿泊する場合 経済的に一番可能性の高い Rejyang Suiteと Dedari Suiteを
見せて頂きました。 池上に浮かぶ 『Puri Le Mayeur 』 に関しては 桟橋からチラ見(笑)

蚊の発生が気にならなくもないですが、なんとロマンティックなロケーション!

a0074049_14161758.jpga0074049_14192767.jpg
メイヨール部屋周辺は 池と桟橋で迷路のような趣き。これもすごく楽しい!
  この池の上のバレスペースでロマンティックディナーもアレンジしてくださるそうです!
a0074049_14275858.jpg


では、ようやくですが 2種類のスイートのお部屋へご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、『 Rejang Suite 』(オーシャンビューと、そうでない部屋があるようです)

<b>↓ 螺旋階段を上がって(外壁の色もメヒコっぺぇ~!) 2階がお部屋です。
a0074049_14484423.jpg
お部屋に入ってすぐの部分は、品があって淡い色で落ち着いたベッドルームエリア
素敵~!いい意味で期待を裏切るこの上品さ!ウェルカムフラワーもトラディショナル!
a0074049_1551418.jpga0074049_1552681.jpg
お部屋の奥(海側)に進むほど、ノスタルジックな雰囲気が盛り上がってきます。
なんていうのかなー、「昔の学校」みたいで 日本人心もきゅんとくすぐられます。

窓の向こうに海がほんのり見えます。 / 見た目埃っぽそうだけど全然そんなことないっす。
a0074049_15535060.jpga0074049_1553076.jpg
ね、なんとなく 日本の昔の雰囲気も感じませんこと?
a0074049_14432287.jpg

バス周りの小物や、トイレ・シンク周りの演出も全く手を抜いてないんですよね
a0074049_14495245.jpga0074049_14501582.jpg
ドアノブひとつにしても とってもこだわりを感じるのに「懲りすぎて疲れる」と思わせないのは
木のぬくもりを感じる造りの中で オーナーのセンスと遊び心が活かされてるからなんでしょうね

<おっと! ヒヨコ・イン・ザ・ワールド の こちらの記事 でも室内を ご覧になれまっせ~>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に 『Dedari Suite』です
1階だし、眺めはないけれど各部屋にプランジプールがついています。

門を入って小さな池の小窓からバスルームが見えて、またこの雰囲気が
    メヒコ気分で心奪われる俺。 ところが お部屋の中そのものは至ってモダン!!
a0074049_167439.jpg

もちろんアンティーク満載なんだけど 明るくて癖がなくて想像以上に万人向け!
a0074049_1681276.jpg

私の写真の腕が下手すぎてなんだか古臭く見えますが、実物はもっと明るくて
    素敵なんです!これでイメージダウンになったらほんと申し訳ないくらい<笑>
a0074049_15204767.jpg
バスルーム、女子心くすぐられるでしょ~?(・・やっぱりメヒコっぽくて俺、虜。)
a0074049_15121281.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は この時この時 にも書いたけど ここはアーティスティックなアンティークな
超・個性派ホテル・・というイメージが強かったので、ある意味 アクが強すぎるというか(笑)
どこかその悪趣味ちっくな部分も楽しみにして行ったのですが<私は実は ちょっぴり下品で
魔女ちっくなものも好きなのでね・・> それどころか 斬新ながらもトラディショナルで
奇抜ながらも愛嬌があって、ノスタルジックなのに新しい・・そんなオリジナリティーを感じて
下品な魔物どころか、気品のある優雅な空間に感じました。
いわゆる美術館ホテルの敷居の高さや緊張を感じなかったのは 案内して下さったスタッフの
礼儀正しい中にもフレンドリーで温かみのある対応に拠る所も大きかったと思います。

上記でご紹介した他にも、落ち着いた大人の寛ぎ空間と呼ぶにふさわしいライブラリーや
「なんでこんなものがここにあるの?」って思わず笑っちゃうような『おもろ像』や、
タイムスリップできそうなアンティークの馬車が ただの飾りとしてではなくちゃんと稼動してたり
気になるものが満載で、"いくら時間があっても足りな~い!"って感じです。
a0074049_15331369.jpg
a0074049_1328732.jpg案内して下さったコマンさん(だったっけ?)が
「今年はロンボクにもオープンするんだよ」と教えて下さいました。
場所はオベロイの近くらしいのでいつかロンボクのTuguも攻めねば!
でもまずは TuguBaliに滞在する機会を持ちたいですなー。
ずーっと前から気になってたホテルだっただけに
見るまでの想像と 実際に敷地に足を踏み入れた感想っていうのは
いい意味で目から鱗的ギャップがあったので
実際に滞在してみたら、またどんな風な感想をもつのかしらん?
なんて、一層興味が沸いた空間となったわけでございます。
あぁ、やはり 俺の煩悩はおさまらず・・・とほほ。
※ 追記 ※   Tugu Bali ではありませんが '08年にオープンした姉妹ホテル Tugu Lombok で
meroさん・はるららさん・kumakoさんと '09年10月に過ごした記録は こちらの章から!※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2008-05-22 02:12 | bali & indonesia | Trackback | Comments(36)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/7134757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahaloa at 2008-05-22 07:58
viajeraさん、こんにちは!
すご~~い!!
バリのトラディショナル感満載のお宿ですね~!!
トラディショナル感があると言われるチェディも、足元にも及ばない程
です~!!
何だか楽しい♪
さすがに緑も多くて、お庭に続く道とか海への出口とか素敵ですね~。
朝のお散歩が毎日楽しみになりそうな道です♪

ジャムーの材料のお写真、すご~く素敵♪
静かな時間と緑の香りが漂ってきそうです。(^^)
Commented at 2008-05-22 08:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harurah2 at 2008-05-22 11:16
タイチョ、こんにちは。
はい、好きです。
確かに好き嫌いがあると思うけれど、昭和中期生まれには、たまらんで。
どこから、どのように、トゥグバリのコメを書けばいいかわからんくなっとりやす。素敵じゃ。ノスタルジー、チャイナ風、ジャワ風、・・・多々・・・
ミュージアム系宿というのでしょうか。 

リンクいただいて帰ります。またゆっくりメールします。
Commented by JAM at 2008-05-22 19:43 x
タイチョさん、こんばんは。私もメからウロコ!今までの雑誌や媒体のイメージでは、暗くて個性的過ぎて落ち着けないかも?とハナっから敬遠してました。反省ーm(_ _)m
Rejangの寝室、好みです。壁がほのかにピンクなのも優しくていいですね
中国やジャワやバリや西洋の文化の融合はもちろんだけど、所々がメヒコっぽいってのもなんとなくわかる気がしますーーー^^
Commented by mero at 2008-05-22 20:35 x
タイチョさん~こんばんは。
うお~っ、素晴らしくレトロなお宿ですね♪
怖いというよりも、落ち着くお宿なのですね~
お庭の感じも、寛ぎ所がたくさんあって気持ち良さそう...
しかもビーチでもサンチェアで寛げるなんて♪
確かにタンジュンサリに近い存在かもしれませんね~
マヌケでキュートな『おもろ像』....
笑えました~☆
おもろ像探しして、マイNo.1を決めるのも楽しいかも。
Commented by balibalichan at 2008-05-22 22:15
こんばんは!
わー、このお宿よくガイドブックなどで見て気になってたのよね。
でも私もタイチョ同様、きっとすごくアクが強いっぽいんだろうな・・・って勝手に想像してたので、実際色んな画像が見れて、うれしいし、いい意味で裏切られた!って感じだわ。
色んなモノに目が奪われそうだわね(笑)
Commented by hiyoko at 2008-05-22 23:37 x
タイチョさん、こんばんは!
わーー!リンクしてくださって、ありがとうございますー!
ホテルの感想、まったく一緒です。
私達も、タンジュンサリを見学したときとどこか通じるものを感じました。
そして、古いけれど清潔、奇抜だけれど上品、、、などなど、相反するものが上手に溶け合って、いい雰囲気を醸し出していますよね。
これだけのものが溢れかえっているのに、決して暑苦しくならないところがすごいですよね。
オーナーが、素晴しい審美眼の持ち主なのだと思いました。
是非今度は、夜の料理行進ディナーを、体験してみたいです。
Commented by Fukunosuke at 2008-05-23 00:10 x
タイチョさんこんばんは。hiyokoの後を三歩下がって付いていくFukunosukeです。

タイチョさんの記事、いちいち「うんうん」うなずきながら読んでしまいました。まったくそんな感じですよねー。ちなみに、ショウルームした2つの部屋はまったく一緒ですね。この2部屋は、「開いている場合はショウルーム用」と決められているのかな。

それにしても写真。きれい。ウチの写真とは格が違いますね。被写体も一段上等に見えます。もちろんデジイチ欲しいですが、あんなもん持って歩くの嫌なんですよー。だけど、こういうの見てしまうと、悩んでしまうなー。
Commented by bunga5 at 2008-05-23 00:10
viajeraさん、Alohaです〜。
Tugu Bali未踏だったのでコチラで詳細見れて嬉しいです。。
Tugu Hotelsってオリジナリティ溢れてますね。
ブローシャーやネットで得られる情報と違う良さっていうか、そこに身を置いてみてわかる良さみたいなのがあるような気がします。本家未踏のくせに、、ロンボクのTuguに次回渡バリの際は行ってみようと目論み中なチャレンジャーな私でした。。
Commented by lautbiru at 2008-05-23 21:21
こんばんは〜
バリにはこんな所もあるんですねぇ〜
かる〜くカルチャーショックです(笑)
なんだか独特で個性があって、それでいてみょ〜に落ち着くような・・・
昔、来た事のあるような・・・
不思議な感じを受けました。
Commented by carambola at 2008-05-23 23:31
ホテルでジャムー体験って
ローカルだと怖いけど…って人も安心してチョバできるかも!
こういうのってなかなか無いよね~.すばらしい!
あ~,癒されたい!
Commented by magical_cat7 at 2008-05-24 01:57
たしかにキュン!とくる、昭和の匂いがする~。洗練されてはいないけど、古きよき時代のアジアの匂いを感じますね。(それも計算されているのかもしれませんが・・・・)
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:22
>mahaloaさ~ん!
毎度亀レスですいません(汗)足を踏み入れるまではこのホテルに関して
違った印象を持っていたので とても新鮮な驚きでした。敷地はそんなに
広くはないけど、あさんぽしながらおもしろそうなものがいっぱい見つけら
れそうだし、西海岸だから海に沈む夕陽も見れるし、日々の煩雑を忘れて
3日間くらい引き篭もるのも楽しそうだな~なんて思っちゃいました
・・っていうか、俺、これ以上日常を忘れたら現実世界に戻れぬぞ(爆)
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:25
>カギちゃ~ん!
うん、カギちゃんの記憶正しいス。うきゃきゃ将来の参考上等!(笑)
ぜひ、甲斐性のある旦那をゲットしたまえ!(爆)

・・・・ぎゃっ!約1日日付が違うから呑気してたらもうそんな時期?
あとでそっちにもお邪魔しますが、間に合うかなー?
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:34
>(NEO)はるららさ~ん!
ね、ね、たまらんでしょー?このなんとなーくレトロな雰囲気。
ほんと好き嫌いあると思うけど、あたいも好きさ♪
dedari suiteなんて 意外にも万人受けしそうな感じだったから
ほんとのこと言うと、最初は拍子抜けしたんだ~。もっとアクが強いと
思ってたから(笑) でも決してつまらなくはないしむしろ感心しちゃった。
もちろん好みはrejang suiteの方。もしかしたら日が暮れたらちょっと
怖いのかもしれんけど、やっぱり泊まって確認してみとうございますー。

こちらもあとで、堂々と(!)リンクいただきに参上しまーす。
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:40
>JAMさ~ん!
こんばんはー。ヤバイ?JAMさんもまた煩悩増えちゃった?(笑)
そうそう、壁の色が優しいのはいいよね。そして「なんとなくメヒコ」も
わかっていただけたでしょうか?(笑)ほんとはね、ウォルターシューピス
パビリオンのバスルームのステンドグラスが見たかったんだけど
そのお部屋に泊まるには高いし、いつかお泊りできたときに、そこも
見れる機会があればいいなーなんて思ってます
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:45
>meroさ~ん!
きっとね、夜だと怖いかもしんない(爆) 見学が夕方だったのでまだ
明るくて、しかも西海岸だから西日燦々で 暗くなったところが想像できな
かったってのもあるけど それでも「怖い」というにはあまりにもお茶目すぎる
像がたくさんあったから じっくりおもろ像ウォッチングがしてみたいです!
私は 何事にもなかなか順位をつけられない性格なんですが 間違いなく
勝手に名前(呼び名)はつけちゃうと思いますね。ここの像たちに!(爆)
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:48
>ばりばりちゃ~ん!
そうそう、アク強そうだし チャングーって遠いイメージあるよね。
でも思った程アクは強くないし、チャングーだってスミからそんなに遠くないし
いつか、スパビジターとかで訪問する機会があったらぜひ敷地内を
じっくり探検してみてほすぃーよ。いっぱいいろんな発見があるよ。
しかも、ウ子たんの写真は美しいけど 私の写真なんてここの良さが
これっぽっちも表現できてないから、実際に見るともっと驚くと思うわ!
Commented by la_viajera at 2008-05-24 18:56
>hiyokoさ~ん!
コメントありがとうございます~。hiyokoさんとこのspa記事を読んで
「あー私もspaしてみたらよかった」なんて思ってます。マッサーは苦手
なので何か別のもので(爆)
でも、ほんとにオーナーさんの審美眼やバランス感覚が素晴らしいです。
夜の行進ディナー、最初雑誌で見たとき(そしてTVで見たとき)は
「いやーこれは怖すぎるわー。ないわー」って思ったけど今では興味津々
一夜の殿(王?)&姫(女王?)気分、 やっぱ結婚記念日とかのイベントに
しておくべきかな??来年はうちも10周年だし・・なーんて<笑>
Commented by la_viajera at 2008-05-24 19:06
>Fukunosukeさま~!
3歩下がる旦那様、素晴らしい!セニョにツメの垢を煎じて飲ませてやりとう
ございます(爆)
私の場合は見学のみでしかも飛び入りで1時間弱敷地内に居ただけでしたが
fukunosukeさんも同じような感想を持たれたと聞いてなんだか安心しました

あとね、デジイチ ウ子たんのを見てたら心底「デジイチいいな~」って
思いましたよ。でも私も 重そうなのが面倒くさいなーってのと、
ガサツなので大事に持ち歩ける自信がない・・ってのと 何よりも
「わしが使っても おセンスがないから宝の持ち腐れじゃろ?」というわけで
デジイチへの煩悩は消化いたしました(爆)
現時点での写真もとっても素敵に撮られているFukunosukeさんなら
デジイチゲットしたら鬼に金棒でしょう~。タイチョ的にはデジイチ作品も
みてみとうございますが、やっぱ旅先では身軽気軽でありたい気持ちも
よぉーく、わかりますわ!
Commented by la_viajera at 2008-05-24 19:12
>bungaさま~!
私もね、今までtuguに行こうとしたことは何度もあったんだけど
どうも、スケジュール的に無理があったり同行者が乗り気でなかったりで
ずーっと行きそびれていたんです。でも今回ウ子さんも興味あったみたいで
ほんとに急遽見ることになって大変おもしろうございました
bungaさんがLombokに行かれたら是非レポをお待ちしちょります。
うちは、ロンボクだったら多分オベロイ再訪になると思うので それを
ロンボクのトゥグは後回しっぽいなー。でもいきたいなー。
オーナーさんのセンスに関しては信頼できると思うので、予備知識ナシに
tugu lombokに泊まるっていうのは その分発見が多くて楽しそう!
Commented by la_viajera at 2008-05-24 19:17
>lautbiruさま~!
この、「昔来たことがあるような・・」っていう部分がなんとなく落ち着かせて
くれる要因かもしれませんね。 いやはやほんとにバリにはいろんな所や
お宿があって、興味は尽きません。
もちろん、慣れた所でのんびりできるのが一番のリラックスなんだけど
こうやって好奇心を刺激される物件(?)がある限りは、気分に寄って
いろんな滞在ができる楽しみも享受できて ほんとバリの魅力って
さまざまだなーと感心するばかりです
Commented by la_viajera at 2008-05-24 19:23
>鯔ちゃま~!
野性のジャムゥ・・ある意味 ジャムゥ屋の袋入りの粉よりワイルドですが
おばちゃんがアクアのペットに入れて炎天下で売ってるやつよりは
腹もこわさんだろうし 効きそうな気がするよね(笑)

私もここ10年、ドリフがらみで3ヶ月に一回はバリに行ってたのに
今回は半年以上行かないことになるからいつ禁断症状がでるかヤバイな~
なんて思ってましたが、ハワイのおかげで気が紛れまくってます(爆)
Commented by la_viajera at 2008-05-24 19:28
>まじかるさ~ん!
昭和のレトロな匂い、するよね?(笑) なんかね、行く前までは 中国の王朝風
だったり、ジャワやバリの土着風だったり、オランダ統治下のコロニアルな
名残だったりの部分は想像してたけど、まさか「日本の古い学校の教室」を
彷彿とさせるものがあるとは思ってなくて 驚くやら楽しいやら。
洗練とは呼べないかもしれないけど とっても粋だなぁ~って思う部分も
たくさんありました。いい意味で、金持ちの小粋な道楽やね・・って感じ(笑)

Commented by titiang2 at 2008-05-24 22:20
タイチョ、こんばんにゃ!
うんうん、昭和のレトロなにおいする~。
でも、昭和のレトロといってもハイソな感じ(笑)
日本人が落ち着く雰囲気なんだよね、この濃い木の色って。
前、テレビでタレントさんがこのホテルに泊まって王宮料理を食べてるのを見た時に、タイチョと一緒で中国、王朝風で薄気味悪いような気がしたんだけど、タイチョの写真でイメージが変わったな~。
私が泊まることはないと思うので、これだけたくさんの写真を見ることができて良かったよん♪
Commented by bettina777 at 2008-05-25 22:41
レポありがとうー!!やっぱりますます興味が湧いてきました。
私も美術的興味からシュピース部屋は見てみたいけど、泊まってみたいのは
ルジャンスイートのほうです。あのバスタブにひと目ボレしてしまったのでね。
お部屋も落ち着いてていいわー。確かに昔の日本の学校みたい。
または高原の由緒ある山荘ホテルって感じ?
私もタイチョや皆さん同様、以前は薄暗くてちょっと不気味なイメージが
あったんだけど、タイチョのレポのおかげで払拭されました。
こういうホテルは実際に行ってみないとわからないものねー。
Commented by ウ子 at 2008-05-26 10:28 x
いやぁ~。私たちの役目は充分に果たしたね~~!!!って気分です。笑
皆様のコメント読んで、あのtuguの魅力をちょっとでも伝えられてるわ~ってなんか充実した幸せな気分ですよ。
写真提供した甲斐があります!!いつも素敵に使ってくれて本当にありがとうです★
そして、デジイチをお迷いの皆様!!
持ち歩くのは重いけど写真撮るのが好きなら手を出してソンはないとおもいますぞ!
その際はレンズ付キットじゃなくて、レンズにこだわることをお勧めします!
先日、全く同じ機種のカメラを持っている友人と横浜に出かけたときに解実感したんだけど、レンズ付キットのレンズだと全く違う感じになっちゃうんですよ!
せっかくのデジイチの楽しさ半減!!その友人は私の使っているレンズを買い足すようです。笑
Commented by えこ at 2008-05-27 12:51 x
タイチョ、こんにちは!!
わぁーお!素敵なホテル・・インテリアがたまらなく好きだわ~
最初のBarもいいかんじだけど、
部屋、いいねえ~。
ソファとかテーブルセットとか寛げるスペースがいっぱい。
バスルーム・・よーく見ると小物とかかわいいよね~
色合いも好きだし、ぜひぜひのんびり滞在してみたいもんだわっ!
宝くじ当たんないかな~(* ̄m ̄)プッ
Commented by la_viajera at 2008-05-28 03:02
>ふふちゃ~ん!
またまた亀レスごめんね~。
昭和のレトロな感じ、するっしょ? しかもハイソ&ハイカラで(笑)
確かに、この濃い木の色といいあの王宮風ディナーといい、夜は怖いかな?
なんて思わぬでもないけど、その確認も含みで泊まりたくなっちゃったよ。
いろんなホテルを見学してみて、「あ、ここは今んとこ泊まらなくてもいい
かも」って見学だけで納得しちゃうところもあるけど、こうやってもっともっと
興味わいちゃうところも多くて、ほんと煩悩が増えすぎて困るよぉ・・・・

でもって今から、ふふちゃんの煩悩増やしちゃうかも?なトピUP予定(笑)
Commented by la_viajera at 2008-05-28 03:14
>ベッティーナさ~ん!
コメントありがとぅー♪ お楽しみいただけて何よりです!
でもね、しつこいようだけど夜は怖いかもしんないよ~(未確認の為
自信をもって「大丈夫!」と言えず:爆:)
でも、rejang suite, きっと実物もベッティーナさんお好みだと思われます!
万が一このお部屋に、ステンドグラスなんかあったら私多分メロメロだわ
残念ながら、シューピス部屋のバスのステンドグラスは見れなかったけど
あれ見ちゃうとあっちに泊まりたくなりそうだから 私的にはこれでよかった
のかも?(爆) すっかりrejang suiteの雰囲気にヤラれちゃいました
もしいつか機会があれば是非ベッティーナさんの目で
このホテルの意外な素敵さ&おもしろさを確かめてみて下さい、是非!
Commented by la_viajera at 2008-05-28 03:24
>ウ子た~ん!
いつもいつも 写真勝手に使用させていただき、まことにありがとぅー!
今回はウ子たんのデジイチのおかげでわしのおんぼろは「記録」に徹底
できたから、いつもならすぐに忘れることがらもしっかりデータ残ってて
確認するたびに記憶が鮮明になってます(笑)
冬バリでは、わしは日記書かなかったからこうやってブログに詳細を残して
おこうとあがいてるんだけど、それが自分達だけの思い出記録のためだけ
でなく どこかで新しい魅力を伝える役にたってると思うと やっぱ嬉しいよね!
さすがに1ヶ月も一緒に居たからこれからもウ子さん提供の写真はたくさん
登場すると思われますが、ほんにおおきにです。
帰国したら、またメールするっす。 ところで、春からのもろもろ(笑)は順調?
Commented by la_viajera at 2008-05-28 03:27
>えこさ~ん!
おはよー♪ ここのお部屋、えこさんの大好きなバルコニーがないんだけど
(あ、池の上の最高級のお部屋にはありましたが・・・)それを差し引いても
魅力あるよね~!しかし、ほんとこういうところに「もう飽きた」って言うくらい
のんびり滞在してみたいもんです・・・。やっぱ宝くじ狙うべき??(笑)
Commented by ウ子 at 2008-05-29 15:01 x
にゃ~ん。
tuguの続きで次はワカかなぁ~って思ってたらビンゴだった!嬉しい。
夕焼けハンターとしてはここのディナーは落ち着かなかったわ(そっちのトピに書けって・・・笑)でも、ワカのロケーションも素敵だよね。迷っている人の背中を押すに違いない!
もうちょっと天気がよかったら・・・午前中はピーカンだっただけに残念だったよね~。
で。もうすぐ帰国するの?東京来る?やまさまとにゃん子先生と共に待ちわびてるけど?!笑
とりあえず、春からのモロモロは予想外に順調です。笑
こりゃ、アメドの【奇跡の浜】のご利益じゃないかな?と真剣に思ってますことよ。感謝★
Commented by gunungpohon at 2008-05-30 18:00
こちらにも出遅れコメで失礼します~。
ほんと、今まで本や雑誌の写真で見ていたよりも、ずっと素敵だわ~、Tugu。
魅力が伝わりまくりで心奪われまくりです。
タイチョもウ子ちゃんもブラボー♪

そして横レスですが、そうなのです、待ちわびてまぁ~す(笑)。
Commented by la_viajera at 2008-05-30 19:22
>ウ子た~ん!(再コメ上等!)
にゃ~ん。 あはは、まだハワイじゃ。今、PC片付ける直前の最後のメール
チェック中。・・ってわけで月末の東京上陸はないです。すんまへん。
6月中には行きたいんだけど、時間も予算も工面できなさそうでしょぼん・・

そうそう、この日の午前中~昼間はピーカンもピーカンですごくいい天気
だったよね。午後3時すぎたころTuguあたりから曇り始めたんだったっけ。
確か、偽ヒルトン姉妹のコンバチに会った時雨降りそうだったよね(懐!)

ほんと、ワカでの夕食はウ子さん全然落ち着いてなくて味わう余裕なかったよね
夕陽は一期一会だもんなー。ある意味、いちばんのごちそうだったよね。

春からのもろもろ順調上等! 私は金運以外は絶好調なんだけどなぁ~
奇跡の浜で金運おいのりしておけば良かった。 よし、秋は!(笑)
Commented by la_viajera at 2008-05-30 19:40
>やまさま~!(連コメ上等!)
出遅れ全然上等よん♪こちらにもありがとう!
やまさまには是非見ていただきたい『おもろ像』がたくさんございます@tugu
なんかね、最近どのホテル見ても「気に入ったとしても泊まるかどうかは
別」って感じだったんだけどここは是非滞在したいと思ったな~
今まで未踏だっただけに余計に。未踏だったところで今回初めて見て
「いつか絶対泊まりたい」って思ったのは、こことセントレジスでした!
(St.Regisに関しては案内して下さった人の人柄に拠るとことが大きいです)

そして↑でウ子にもレスったけど 月末東京かも?の夢はあえなく撃沈。
あと数時間、ハワイに居させてもらいます<爆>そして帰国したらすぐに
知人の結婚式@地元に参加してその後は求職活動せねば!!
帰国後またゆっくりメールするね。 
<< Waka Ganggaで サン... アニキよりお知らせ と アニキ... >>