※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< ポイント利用で節約 @ Wes...

安宿の条件 @ BAMBOO ... >>
2007年 10月 19日
BUNUTAN で SANTAI なランチタイム @SANTAI HOTEL
a0074049_17545063.jpg
こんちわ!「みなさんの考える安宿の条件」・・いろいろなご意見ありがとうございます!
安宿話をしつつも実は国内で2泊だけおフランスな気分を味わい、先程帰宅のタイチョでつ:笑:

一方、バリでの滞在中は ドリフ生活中心の為 最近ウットリスティとは縁遠いわけですが
日常とは違う場所に身をおくという意味では、Amedの田舎暮らしもそれもまたViaje(旅)
今日も、前回に続き アメッド スクーターうろうろ生活の収穫を1件ご紹介させていただきま~す

本日は、Amed・Bunutanの 『Santai Hotel』 にランチに行った時のお話を・・・。
こちらのホテル、以前は 『GUBUK (KUBU?) KITA』 という名称だったと思うのだけど
5~6年位前(既にSANTAIに改称して以降)に お茶を飲みに行ったきりご無沙汰中。
当時は、SAILS はもちろん、BALIKU・PAVILLIONANDA AMED RESORT
まだなかったから、ウェスタンフードを食べたい時の数少ない選択肢の1つだったんです。
(他のお宿にも西洋料理はあったけど、当時はどこかインドネシアテイスト否めず、だったので)
かといって、なかなか食べに行く機会もないままずるずると何年も経ってしまったんですよね~
スクーターをGetした結果、この夏 やっと気軽にご飯を食べに行くことができたわけで・・・




a0074049_17555059.jpgこちらがレストランやホテルへの入口
道路沿いの入口から海方面に下った所にあります。
小さい門を抜けるとレセプションからレストランへと続きます
右手にルームタイプのカテゴリーらしき客室があります。
プールの方まで出るとバンガロータイプのお部屋が見れます
まわりが木で鬱蒼としていたのと、わりと古い建物っぽかった上
いろんなサイトでチェックする限りはそうお安くもなかったので
その時点では「泊まる事もなかろう」との判断で見学はせず(笑)
でも、閑散期ならかなりディスコンしてくれそうな雰囲気もあり。
レストランにはテーブル席とバレ席があり、小規模ながらギフトシュップコーナーもあり!
a0074049_18142119.jpga0074049_1805795.jpga0074049_1815765.jpg
レストランの向こうには細長いシェアプール。プールの向こうが海です。a0074049_18153061.jpga0074049_18192123.jpg
最近では新しい宿やレストランやワルンが多いので、若いスタッフが多い中
レストランのスタッフにちょっと年配の女性が居たのがなんだかホッとしたヒトトキ
ここのダイニングは料金が、税サ込みの表記なので明朗会計でありがたいっす。

この日の私の食卓。 / バレ席プール側からの眺め
a0074049_1832532.jpga0074049_18112517.jpg
Ice Lemon Tea Rp 16,000 net ←高っ!おつまみはピーナツ (左)
  Minute Steak filled with Mozzarella and Tomato  Rp69,000 net (中)
  Key Lime Pie Rp 24,000 net (右)
a0074049_1812317.jpga0074049_18122097.jpga0074049_18124288.jpg
付け合せはマッシュポテトが春巻の皮?に巻いてあった。/ お肉の切り口。
a0074049_1841561.jpga0074049_1843591.jpg
a0074049_18131718.jpg お肉にモッツァレラとトマトが巻いてあり
ソースはマッシュルームソース。(パンチ不足)
付け合せの芋春巻き棒?は、朝食で食べたい感じ。
全くバリっぽい味がしない点では、イネ飯に飽きた時
かなり嬉しいですが、全体的に何かが足りないお味。
 デザートに キーライムパイ。
大きさも丁度いい感じで、デザートの選択肢の少ない
田舎においてはかなりありがた~い存在かも?
メイン1種をたべただけなのでお味の判断はできませんが、ちょっと決め手に欠けるかな?
盛り付けが、そこらの田舎レストランに比べたらかなり可愛いので女子的には嬉しかったっす。
Anda Amed のオーナーが以前ここのオーナーだったという話も聞いたのですが(真相不明)
そういえば Anda Amedの朝食のフルーツ(*ばりばりちゃんのレポ参照*)も
このキーライムパイの盛り付けのスイカみたいに丸くくりぬいてあったよな~。
お値段の価格帯も同じような感じだし、やっぱり何か関連があるんだろうか・・・。
他にもいろんなメニューがあったので今後も機会があれば他のメニューも試してみようかな?
眺めが格別なわけでもないし 他にもウェスタンメニューのあるお気に入りのダイニングが
あるので なかなか再訪はしないと思うけどデザートはまた食べに行きたいな・・と思います。

敷地内の緑がダイナミックすぎて(笑) 敷地内探検はしてないのですが
ご参考の為、海が見えるプールはこんな感じで~す
a0074049_18163876.jpg
お部屋の1つですが え?草むらの中?(爆) 多分、ガーデンビュールーム?a0074049_18165859.jpga0074049_1817175.jpg
お部屋の中は今回見ていませんが、バンガローのカテゴリーは ロフトスタイルで定員4名。
エアコンやミニバーにヘアドライヤー、半屋外バスのようですがお湯シャワーも完備とのこと。
お安いほうの Room Type のお部屋については 定員2名(EXチャージで3名までOK)。
敢えて確認していませんが 金額的に考えるとお部屋の設備は変わりないような気がします。
建物は古いと思われますが、さすが女性オーナー!設備は ホテルクラスなのね。
このホテルはウェブサイトもあるし、ディスカウントレートのあるWeb代理店でも取り扱ってる
ので 予約や連絡も取りやすいから お値段によっては選択肢の1つにはなると思います。

またまた余談ですが、BVLGARI HOTEL に泊まった時 最初にお世話をしてくれた女子・
バトラーのYuniちゃんが、随分以前に ここで働いていたとゆってたんだよね~ 大出世??

★★追記★★  '11年春に デザートを食べに行った記録は ⇒ こちら でドーゾ!!

    *** SANTAI HOTEL ***
  Bunutan, Amed, Karangasem, Bali, Indonesia
  (Postal Adress : P.O.Box 116 Amlapura, Bali, Indonesia)
   TEL : +62 (0)363-23487 / FAX : +62 (0)363-23585
WEB SITE : http://www.santaibali.com/ / MAIL : info@santaibali.com


< 場所は この地図 では2枚目の上から3つめの紫の
ライドンスクーター記事では このページ の ⑤ になりま~す>


東部案内が3件続いたので続きはまた後回し。次回は南部でのお話に戻りま~す。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-10-19 17:21 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/6329164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-10-20 01:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pieces-of-bali at 2007-10-20 08:39
おはよー!わぁサンタイってキーライムパイとかのこじゃれたデザートあるんやね。
また機会があれば行ってみたいな。

このお皿の横にお星さんみたいに模様描いてあるのはチョコやんな?
ケチャップマニスで描いてあったらどうしよう~とか心配ドキドキするのは
アメドならでは感じ(笑)


Commented by hinata_1130 at 2007-10-20 21:46
こんばんはー!
へ~、アメドにはまだまだいっぱいホテルもレストランもあるんですねぇ・・・
そりゃ2泊じゃ全然行けるわけないけど(笑)
じゃあ私もここに行く機会があれば、デザート食べてみたいです。
そして、お部屋ほんとジャングルの中にあるみたい・・・
ワイルドですねぇ。

Commented by ササヤン at 2007-10-20 23:05 x
今夜もこんばんは(笑)
Amedのアコモデーションは海辺なのに森みたいな所が多くて
その点でも興味深いですね。そんな海辺のジャングルでこんな可愛い
盛り付けの料理がでてくるというのも意外性があっておもしろいです
Commented by bettina777 at 2007-10-20 23:29
レストランは明るくて緑いっぱいのプールビューでステキ!
キーライムパイもかわいくておいしそー。
でも確かにバンガローはちょっとワイルド過ぎる環境だわ。
アメドらしいと言えばらしいけれどね。
それにしてもブルガリのバトラーちゃんが働いていたなんて、ほんと
大出世だー。ブルガリなんかに勤めるコは最初からエリート街道まっしぐら
なのかと思っていたけど、地道にキャリアを積んできたのだとすれば
頭が下がる思いっす。
Commented by la_viajera at 2007-10-21 00:47
>カギコメちゃま~!
ほいな~ ぐふふ。お互い、楽しみじゃね(笑) Good Luck♡
Commented by la_viajera at 2007-10-21 00:56
>Pちゃ~ん!
お皿の模様はチョコのはず。(味見してないからわからんけど:爆:)
そういえば、バナナ嫌いの私にとってはアメッド内でアタリのデザートって
少ない。今の所、アンダアメッドのチョコムース(メニュー名忘れた)と
このキーライムパイはもう1回食べたいなーと思う感じかな?
バリクのスイカゼリーは、ゼリー自体はおいしいんやけどチョコとクリームで
トッピングしてあるから味が混ざってちょっとなんか違う感じやし(笑)
マハラスタ2のバナナたっぷりのロールケーキみたいなやつは、
苺とホイップ持ち込むからそれで「まるごと苺」作ってくれたら
かなり機嫌よく食べれそうなんやけどな~。
田舎のデザート開拓、今後も頑張るわ(笑)
Commented by la_viajera at 2007-10-21 01:10
>ひなちゃ~ん!
お宿やレストランの数はほんとたっくさんあるので今後も突撃が楽しみ。
このキーライムパイはブンクスもできそうなので、ブンクスして家でお茶タイム
もいいかな~とか思ったり・・・(笑)
でも昔から全体的に食べ物は高い気がするんよね@アメッド。
食材売りのトラックが頻繁に来るようになったから食材は以前より充実
してるみたいやけど、田舎のコープさんは、高いからしょうがないん
だろうな~。
Commented by la_viajera at 2007-10-21 01:14
>ササヤンさ~ん!
今夜もコメントありがとうございま~す♪
このジャングルの中でわりと古い、木で作った建物なのに 中には
ミニバーもエアコンもある・・ってのもちょっと面白いでしょ??
今はWebsiteを持ったお宿もたくさん増えたけど、
以前はウェブ上で予約できるところはこの付近では少なかったから
その頃からのリピーターさんも多いみたいですよ!
Commented by la_viajera at 2007-10-21 01:26
>ベッティーナさ~ん!
でしょー?@Yuniちゃん大出世(笑)
もちろん、その後南部のお宿で働いたりしてスキルアップしたんだろうけど
5年程前にここにお茶のみに行った時、オーナーさんが3人(全員白人
女性)いらっしゃって、近所の某宿のレストランの某女子スタッフのことを
めちゃくちゃ褒めてたの。その子って、ほんとに気が効く子で私もずっと
「あの子は田舎に置いておくにはもったいないくらいデキルコだ~」って
思ってたから、ここのオーナーさんのことも「よそのスタッフのことも
よく見てるよね~。さすが・・・」なんて感心してたのよ。
・・ってことはここのスタッフにも当時から田舎にしては高レベルを要求してた
のかもしれないよね。
Yuniちゃんがいつ頃、どれくらいここに居たのかはわかんないけど
給料、当時のここのスタッフはRp3~400,000ぐらいだったと思うから
きっと給料的にも大出世だよね。

ちなみに、近くの某宿のデキル女子スタッフちゃんは当時の職場は辞めて
現在はバリクのレストランで働いておりますわん♪
Commented by gunungpohon at 2007-10-21 11:38
こんにちは~!
キーライムパイって食べたことないけど、南国っぽい感じでおいしそ♪
タイチョのレポのおかげでアメドで行ってみたいところがどんどん増えてきて、
次回の渡バリがすんごく楽しみ~。でも滞在中に果たしてどれだけ訪問できるの
かしらと思うと、ちょっと悩ましかったりもするけれど(笑)、
そんなことを考えるのもまた楽しいものですわ~♪
Commented by kouta@妻 at 2007-10-21 17:06 x
こんにちは! タイチョさん
キーライムパイってどんなお味でしょう?
まだ、バリではデザートをあまり食べたことがないので、興味深々です~
次に行くバリでは初心者向けのコースで行こうかと思っていましたが、タイチョさんところでアメドの情報がてんこもりなので何としても行きたくなってしまってます(^^;)
いきなりのアメド訪問でも大丈夫かな?〈笑〉
Commented at 2007-10-22 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahaloa at 2007-10-22 12:56
viajeraさん、こんにちは!
おおお~!
アメドらしい、自然いっぱいのお宿ですね~!
やっぱり南の島に行ったら、緑に溢れているお宿に泊まりたい・・・。
お庭の小さな橋も可愛らしくて、オサレですね♪
viajeraさんのように、お茶をしに気になるホテルに行ってみるって
楽しそう♪
今度是非是非やってみよ~~!!(^^)
Commented by hiyoko at 2007-10-22 13:56 x
タイチョさーん、お久しぶりですー。
タイチョさんのは、読みでがあって毎回すごく楽しみなのですが、今はあまりPCの前にいられなくて悲しい。。。
こちらのお料理、美味しそうに見えますが・・・。
キーライムパイ、美味しそう♪
キーライムパイのお皿の飾り、一瞬、虫ちゃんいっぱいいるのかと思ってしまった。。。

私の安宿の最低条件は・・・、全てにおいて清潔なこと、安全なこと、ダニなどの迷惑な虫がいないこと。トイレ・シャワーが部屋についていること。
臭いのもイヤだなー。(笑)
つまり、水まわりが清潔で、プライバシーが守られ、安眠できる環境があるということかな。
お湯は、暑い地方なら無くても我慢が出来ると思いますが、夜寒くなる地域ならやっぱり欲しいかな。
ACも、寝苦しいほど暑いところなら欲しいです、やっぱり。

私も一人っ子なので、ドミトリーはちょっと。。。
どんなに狭くても、個室がいいです。
トイレも共同はいやだな。
Commented by la_viajera at 2007-10-22 14:52
>やまさま~!
またまたのろまなレスでごめんちゃいね~(謝)
キーライムパイというよりここのはキーライムタルトと言うほうが正解かも(笑)
もともとはフロリダ名物らしいよ。フロリダで食べたのは上にメレンゲ
が乗ってて2層になってたんだけど、いろんな種類があるみたい。
よく思い出したらアマンキラにキーライムパイがあった頃に食べた時も
今回のと同じようなキーライムタルト・・って感じのスタイルでありました。
お味はきゅーっとライムの味と甘さのハーモニーって感じなので
普段はコーヒー派のタイチョですがキーライムパイの時はお紅茶を選びまつ♪

バリ計画、お互いたくさん悩んでたくさん楽しみましょうぜ!うしし
Commented by la_viajera at 2007-10-22 15:07
>kouta@妻さま~!
またまたレス遅くなってごめんなさーい。
キーライムパイは↑のやまさまへのレスにも書いたけど、もともとは
フロリダ名産のキーライム(小さいライム)果汁の入ったカスタードっぽい
フィリングとメレンゲの2重になったパイ(あるいはタルト)なんだけど
フローズンにしたり、ここで食べたみたいな一見チーズケーキ風のものも
あるみたいっす。
バリにもわりと小さいライムがあるからバリではきっとそれを使ってるん
でしょうね!私もドリフでも作ってみようと思いました。フローズンタイプ
にしたらあとあとも食べれるしね(笑)
Commented by la_viajera at 2007-10-22 15:19
>カギコメさま~!(10/22 00:39 )
またまたコメントありがとうございまーす
うひょ~!そうだったのですか!Santaiに改称して以降?
私、その頃なぜか近くの宿には泊まってるんですけどSantaiは
お茶しに行ったことしかなかったからまたこのエリアの事も
いろいろ教えてくださいね~。 そして Sの件、アタリですわ。さすが!
Commented by la_viajera at 2007-10-22 15:37
>mahaloaさぁ~ん!
気になるところ突入したくなる症候群は 滞在期間が長くて暇だからこそ
なのでしょうが(笑)、おかげでアメッド滞在中に外に出る習慣ができました。
放っておいたら、ずーーっとドリフに引き篭もってますからね(爆)
景色も朝陽も夕陽も海も「いつでも見れるしー」とか思っちゃって怠けてしまう。
最近では「1日1回は外に出る」と決めて、脱・不健康を目指してますが
そんなぐうたらさんにとって ご近所探検は新しい発見もあって一石二鳥!
夏の滞在ではちゃんと1日1回は外に出ましたが、ドリフの2階部分には
一度も足を踏み入れませんでした(爆)
Commented by la_viajera at 2007-10-22 16:01
>hiyokoさ~ん!
ネト環境が不自由な中、ご訪問&コメントほんとにありがとうございます
うちの記事、長い上に背景が黒でプリントアウトにも適さないという
大迷惑な感じになっておるのですが、それでも楽しみにしていただいて
大変嬉しゅうございまつ・・。

今はそうでもないけど、かつては一人っ子って少なかったですよね??
昔よく「へぇ~一人っ子なんだ~」って言われることは
「へぇ~じゃぁきっとワガママなんだろうな~」ってゆわれてるみたいな気が
してたけど、実際旅に出るようになって「あ、私ってわりと贅沢なんだ」って
ハタと自覚した次第。
でもやっぱり若さがあるうちはどんなものも楽しめるけど歳とってからは
体力もついていかないから無理はしないようになってますが・・・(笑)
今後も、節約宿やロスメン級の安宿を選ぶ場合も自分の得手苦手を
自覚して納得のいく宿選びをしていきたいなぁ~と思います
<< ポイント利用で節約 @ Wes... 安宿の条件 @ BAMBOO ... >>