※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< Amlapura を うろうろ...

イブとドライブ @ なぜかパン... >>
2007年 10月 13日
MELASTI BEACH RESORT &SPA (Cottage Suite)
a0074049_23491375.jpg
こんちは。今日も長編になりますがおつきあいよろしくお願いします。タイチョです。

夏バリで南部にお泊まりしたのは到着日の1泊(後日UP予定)と お盆前にオフ会兼ねて
2泊3日でおでかけした3泊のみ。せっかくだから全部違う宿にしちゃえ~!というわけで
ばりばりちゃんと合流日に選んだのは以前にレポしたThe Seri Suites@ウマラスでしたが
プラマシャトルで南部に下ってきた日、イブMとドライブしてランチして 更に お茶した後に
チェックインしたのが 今日ご紹介する 『Melasti (legian) Beach Resort &Spa

この夏は外泊数が少なかったのと、南部おでかけ日程が決まったのが7月中旬だったので
繁忙期の8月中旬の手配なんて、空いてる所に飛び込むしかないトホホな状態
計画時点での当初の希望は『レギャンエリアのビーチ側のリノベ済みな中級宿』
第一希望の レギャンビーチホテル は直接予約でも8月中は毎日Full Booking
時間がないのと1泊のみだったから いつも手配をお願いしている代理店さんには頼まず
WEB上でカード決済のできる英語サイトの代理店にて急遽そのエリアの空室確認。
やっぱり希望宿はどこもFull(涙) でもPuri Raja が繁忙期のくせに約50ドルで取れた!
いぇ~い♪と 安心しきっていたら数日後、その確約がWeb代理店の手違いだったと発覚!
結局 ムラスティレギャンのコテージスイートなら空いてるので、ホテル棟からUGという形で
不備上等のお値段据え置き特別措置で そこのCottage Suiteを確約してもらった次第。

以上のようないきさつのワケアリ価格で泊まる事になったこちらのお宿のコテージのお部屋。
本当は2回くらいに分けてご紹介したかったんですが、宿泊日は曇天オブ曇天
更に人生いろいろ・ご機嫌いろいろ。 すっかり写真撮る気分ではなくてマトモな写真がないので
またまたすごーく長くなりますが今日は1本化して 一挙にご紹介させていただきま~す♪




はい、そういうわけでやって来ました ムラスティ・(レギャン)ビーチリゾート&スパ。
ものすご~~く久々のレギャンエリアでのお泊りは初心に戻った気持ち・・・。
でも曇天のパドマウタラ通りはいくら繁忙期でもうらぶれ感満載でちょっと怖い~
これも、晴れてたら全然印象違うのにぃ~!そんな中でもすぐ近くのプリラジャ
さすが改装後だけのことはあって通りから見ただけでも明るい雰囲気・・・。隣の芝は青い・・・

a0074049_023995.jpga0074049_03610.jpgここは団体さんも多いようで
レセプションにてチェックイン時に
ウェルカムドリンクをもらいました。
ロビーは思ったより広かったし
スタッフもすごく良かったんだけど
ザッツ・インドネシア感がムンムンで
(ロビーのネット用テーブル下の
スカートとかの趣味、わかります?)
少し、イヤ~な予感(爆)
つか、1人泊・更に寝るだけなのに広すぎ~!しかも外も曇ってるからなんだか暗い・・・
ベッドもでかいし、寛ぎスペースも広いし、TVや冷蔵庫などの必要なものは全部揃ってるけど
クローゼットの上の棚に変な置物がいっぱいあって寝てたら目が合う。怖い・・・(涙)

a0074049_041578.jpga0074049_044270.jpga0074049_051245.jpg
バスルームにはシンク・バスタブ・シャワースペース・トイレ・ビデと設備は十分
改装された後らしく、古いホテルなのに明るく清潔感あり!お湯の出具合いや水はけもOK!
アメニティの質は中級宿なので期待しないでね~。右端はバスルームから見た寝室。

a0074049_054831.jpga0074049_06776.jpga0074049_062782.jpg
寝室が広すぎてちょっと怖い & ベッドの絵が怖い & 棚の置物が怖い
・・といった私のわがままな感想は別として、お部屋自体は全然悪くなかったんだ~
お掃除具合も良くてバスも明るかったし。ワケアリUGとはいえ料金を考えるとすごくいい。

でも、私がどうしてもダメだったのが 部屋に入ってすぐのこのリビングスペース
これ、バリの田舎のちょっとお金持ちの人の家みたい・・・ しかも蛍光灯・・・ググッと萎える・・
これも別の状況なら楽しめたかもしれないんだけど、田舎で節約生活期間の つかの間の
南部泊なのに、「なぜ観光地に来てまでローカルの小金持ちんち居候気分なの~!?」って
なんか人んちに一人取り残されたみたいで落ち着かぬ/ ガウンもプチ成金風味。

a0074049_064675.jpga0074049_071312.jpga0074049_0233912.jpg
お庭に面したテラスはバリのお宿気分満喫でいい感じでした!(晴れてたら尚良し)

a0074049_073989.jpga0074049_075569.jpga0074049_081117.jpg
別に霊気を感じたわけでもなく、スタッフにも不満はなく、お部屋自体も悪くはなかったし
今思い返しても、なぜあんなに気分がロウになったのか自分でもわかんないんですけど
うまく言えないけど この部屋とその時の自分との相性や噛み合せが非常に悪かったんです。
この2階建てのコテージは一棟に4部屋(1階に2部屋ずつ)なんですが 周りの部屋も
殆ど埋まっていて、しかも西洋人の家族連れだらけだったので圧倒されちゃったのもあり、
多分誰かと2人だったら大丈夫だったんだろうけど、鍵も勿論原始的なタイプの鍵だし
なんかここで1人ってのはセキュリティ的にもなんか心もとなくて・・・。
安いんだから贅沢言うな!と自分でも思ったんですがやっぱり一度気になっちゃうとねぇ・・

で、どんなしょぼい部屋でもいいからホテル棟の方の部屋に変えてー!!って頼んだら
「満室なんだけど、夜7時前にチェックアウトする人が居るから7時半頃にまた来て!」
って言って下さったので、とりあえずそれまで外で時間をつぶして(部屋にいたくないので)
7時半に行ったら 別のスタッフが「すぐゲストが入って埋まっちゃいました」とな。がっくし・・
しょうがないから お出かけして深夜にぐったりしながら戻ってバタンキューで寝ると決意。

ところがお出かけ先で、たまたま知人@救世主から「今どこー?」って電話が入ったのね。
元々はその翌日の午前中に空港で会おうって話だったので翌朝連絡が入る予定だったんだ~
でも、よく聞くと その日は友達とTubanのホテルに泊まってるっていうじゃな~い。近いぞ~!
「じゃ、今日は頼むからわしのホテルに来て泊まってってくれ!」と交渉成立。
ホテルにも「あの部屋 気が滅入るから、友達も一緒に泊まってもいい?」ってOKもらって、
呼び出して泊まってもらいました~。あ~助かったぁ・・・。つか、そんな偶然に大感謝。

そして、悲しいかな翌朝も曇天・・・(涙)ただでさえ涼しすぎる時期なのでプールもガラガラ。
せっかくなのでプールの写真を・・・。ここにはプールが3つありますがこれはコテージ側の
メインプールになります。この周辺、ワイヤレスで有料ネット通信できますがめちゃ遅い!
a0074049_0151515.jpga0074049_0153198.jpg
レストランや海まではこんな道になっちょります
a0074049_0155784.jpg

海の前のレストランで朝食バフェに向かいます。そしたらさすが満室。レストラン激混み!
a0074049_0165155.jpga0074049_018498.jpg
一応海の見える席を陣取りましたが、そこは料理のおいてあるところまで遠すぎ!
しかも、トースターやエッグステーションは長蛇の列!恐るべし繁忙期のバフェ まじでか~(涙)a0074049_0184294.jpga0074049_019952.jpga0074049_0192888.jpg
とりあえずこんな朝食。おいしくないし 曇ってて海が灰色で景色も怖いし・・・(涙)a0074049_0195612.jpga0074049_0201677.jpg
これ、晴れてたらもっと雰囲気もいいんだろうけど 曇り空の海はどんよりしてて
なんだか怖くて海に写真を撮りに行く気にもなれず・・・。このレストランも古いので屋根とかが
外から見ても薄汚れてるし、なんだか変な布がひらひらしててインドネシア感ムンムンで
更に白人の団体さんがどひゃーっと押し寄せる朝メシどき。この状況、1人ではキツイっす。
ほんますんません。 いい宿だと思うんですが、私は玉砕されてばかりでした。ごめんちゃい。

a0074049_2255649.jpgこのホテル、エントランスの所にBarもあるのですが
ロビーで無線がキャッチできなかったのでBarに
ネットしに行ったら2階に通されました。
通信速度がありえないくらい遅かった上に
通りの前の店から聞こえてくるマリアッチのような音楽に
メキシコシティの路地裏のうらぶれ感&危険な香り(爆)を
思い出さずにはいられなかったワタクシ・・・
ある意味、メヒコっぽくて嬉しかったりするんだけど
やっぱり、せっかくの南部おでかけにこのシチュエーションは
イヤだ~(号泣)・・と切なくなったひとときでありました。
しかもお部屋にはいろんな置物が待ってるし・・・
でもね、でもね、
きっとホテル棟の方だったら私でもまだ大丈夫だったと思うのよ!
曇天の薄暗い中、あの広いコテージにぽつ~んと1人の孤独感。しかもインテリアは苦手な
インドネシア感ムンムン。だから本当に個人的な好みや相性だけの問題なんです。
お値段もお手頃だし、デラックスルームはリノベーション後のようだし 繁忙期でワッサワッサ
してなければあのレストランも古き良き感さえ感じるティスティなものに思えたかもしれないし。
きっと天気が良くなかったってのもすごーくマイナスイメージになっちゃったんだろうな
つまり、このホテルが悪いわけじゃないんです。そこんとこご了承のほどを!

で、これはホテル棟の方のプール。(この位置のカテゴリーは不明)
a0074049_0215784.jpg
やっぱり曇天が雰囲気を悪くしてますがこんな感じっす。/ もう1箇所プールありますa0074049_0222585.jpga0074049_0224128.jpg
それにしても、さすがに団体客さばくホテルだけはあってスタッフはそつがない。
1泊だけだったのに、顔を覚えられてしまうほどスタッフさんには色々お世話になりました
(・・っていうか他に日本人いなかったから覚えやすかったみたい・・・)
利用してないけどSPAもあるので設備面でも充実してるホテルだと思います。

a0074049_023896.jpg 実は、部屋に居たくなくて夜うろうろしてる間に
サンダルの底がめくれてしまって(さすがインドネシア製!)
ここにきて「可哀そうな子度」急上昇。
もうお店とか開いてない時間だったので新調もできず
更に救世主を呼んだので、急いでホテルに戻ってレセプションで
「グルーある?」って聞いたら「朝9時に来て!」と言われ
なぜ今ないのに朝になったらあるのだろう・・と不思議に思いつつも
朝9時に向かうと、スタッフが缶のボンドを持ってきてくれて
ベンチに座る私の足元にひざまずいて(爆)
丁寧に壊れたサンダルを修理してくれました・・・ありがとう・・・

他のスタッフもわたしのワガママやRQになるべく応えようと頑張ってくれたんだけど
(逆に、スタッフの笑顔や気持ちいい対応がなかったら玉砕記憶ばかりだったかも??)
曇天や繁忙期という悪条件と お部屋との相性という点で 残念ながらこの時の私の気分には
合わなかったお宿。それも、ド繁忙期にギリギリになってから予定をたてた自分が原因!
なのに、年末年始の南部お出かけの日程・予定も全然たってない私・・・学習しろよぉ~(涙)
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-10-13 17:39 | bali & indonesia | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/6302780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by titiang2 at 2007-10-13 18:08
タイチョさん、こんばんは!
相性の合わなかった宿で一人にならずに済んでよかったですね^^
写真を見る限りでは、私は全然気にならない宿です(笑)
ただ、リビングスペースの小金持ち風は私も嫌だなぁ・・・。
ベッドルームの置物なんかは、私的には全然問題なし!
私の母は置物系が大好きなので、家の中や玄関周りなんてウジャウヤあるんですよ(^_^;)
趣味で彫塑をやってるので作品もいっぱいあって。
今はリビングにお化け屋敷のように首から上の色塗りがされてない白い作品が2点転がっております(爆)
父の部屋には茶系に塗られ完成している作品が所狭しと並んでいて、私でもこの部屋で寝るのは嫌だわ・・・と思えるほどです(^_^;)
きっと、私の家ではタイチョさんは眠れないぞ~(笑)
Commented by ササヤン at 2007-10-13 23:42 x
隊長さんこんばんは。僕はこの手のお宿はわりと好きな方ですが
リビングスペースに関しての
>「なぜ観光地に来てまでローカルの小金持ちんち居候気分なの~!?」
>人んちに一人取り残されたみたいで落ち着かぬ
の両発言には納得納得で思わず笑ってしまいました。
テーブルクロスのスカート部分に嫌な予感 という表現もツボ突かれまくりです
お天気が良くなかったのも残念でしたね。でもこればかりは運ですから。
そこに救世主が現れてよかったですね。それも運と縁なのでしょうね
Commented by balibalichan at 2007-10-14 06:35
おはよ、タイチョ♪
あははー。ココがバリで色々お話聞いたちょい苦手だったお部屋ね(笑)
まあ、タイチョのいうよに、曇り気味の天気やタイチョのこの時の気分っていうのが色々相まって合わなかったというか、相性が悪く感じちゃったんだろうね。確かに一人滞在じゃなかったら、全然そんなこと感じなかったんだろうけどね。
でも救世主が現れて、助かったね!
Commented by えこ at 2007-10-14 11:09 x
タイチョ、おはようございます!!
そういえばタイチョはゴデゴデのバリちっくなインテリアは苦手でしたね・・
悪くないけど、しっくりこない感じ。よーーくわかります(^^;
朝食も白人さんに圧倒されて・・・これもわかるぅ!!
今回うちが泊まったホテルにはアジア系の団体がいて、
声も大きいし大勢いるからそれだけで、圧倒されて・・いなくなるまでなんか落ち着かなかった(^^;
でも、しっくりこなかったこのホテル、スタッフが優しくって良かったです!!これで感じ悪かったら凹みますよね・・(^^;
Commented at 2007-10-14 15:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ULUN at 2007-10-14 16:26
タイチョ、シアンです♪
ふむふむ~、なんか分かるわぁ~。
私ね、結構バリコテコテ好きなんだ~って、ずっっと思っていて、今も好きなんだけどね(笑)、ただ~し、一人で泊まると、最近ちょいこわい~って思うこともあるのだ(笑)。コテコテすぎる部屋内、どどぉ~んとベット上空にあるバリ絵画、さらにその周辺の調度品。夜がふかまるにつれ、こわ~い!!ってなっちゃうのよ(笑)。でもさ、怖い!!って思い出すと、もうとりとめもなく怖くなるので、なんとか気をまぎわせてるの(爆)。

でも、この通りのホテル、雰囲気あってお値段もお手頃だから、色々調べてみたのだけど、特にプリラジャ!!私も、フルブックで、予約とれなかったよぉ~(知ってるか・笑)。
でも、立地、お値段、など考えると、いいエリアだよなぁ~って思います。
Commented by bettina777 at 2007-10-14 21:21
こちらにもお邪魔しまーす。
話に聞いていたのはここのホテルね。ほんとリビングなんであんなになっちゃうのかしらね?
寝室は細かいこと抜きにすればそんなにイヤな感じでもないのに、蛍光灯は
いただけませんわ。
私、到着の晩はローカルワルンや屋台から漏れる蛍光灯の灯り見ると
妙にせつなくなっちゃうのよね。すぐに慣れるんだけど。
そのイメージがあるから部屋が蛍光灯なのは絶対ダメだわ。
でもね、曇天は結構好きだったりするんだ。だからタイチョが朝にビーチに
怖くて近づけなかったっていうのなんかかわいくて笑っちゃった。(ごめん)
Commented by la_viajera at 2007-10-15 00:51
>ふふちゃ~ん!
亀レスですみませ~ん(汗)
ぎゃはは~。ふふちゃんちは置物屋敷なんですね!
よく考えるとうちにもアニキ系のオモチャやルチャグッズやらメヒコの
ガラベラ(ガイコツの置物)とかがごろんごろんしてるのである意味
置物地獄なのよね(爆)だから、うちも「怖い」って思う人いると思う

多分、置物そのものは大丈夫なんだけどうっすら暗がりにあったり
蛍光灯で照らされてたりすると「ギョ」ってなっちゃうのよね~私。
でも、ふふちゃんちのリビングのお話を聞いてここのお宿の置物なんて
「おびえるにあたらず」って思っちゃった(爆)ある意味ふふちゃん宅に
興味しんしん~!ちょっとその首から上、見てみたい(笑)
Commented by la_viajera at 2007-10-15 00:54
>ササヤンさ~ん!
こんばんは! うぷ。わかって下さいますか(笑)
そうなんですよ。こういう雰囲気はそれはそれでインドネシアらしくていい
んだろうけど、なんだか本当に小金持ちの人んちに居候しててぽつんと1人
取り残されたようなわびしさを感じたわけで・・・・
救世主の乙女は、朝シャンしてトゥバンのホテルに戻っていきましたが
できるならあの怒涛の朝ごはんラッシュも一緒に味わっていただきたかった・・・
Commented by la_viajera at 2007-10-15 00:57
>ばりばりちゃ~ん!
そうね、翌日ここのお話したよね!ほんとになんであんなにロウな気分に
なったのかわかんないのよね~。今写真見ても「なかなかいい宿じゃん」
って他人事みたいに思えるのに・・・(爆)
でもやっぱりあのリビングは苦手だわー。あのリビングさえなければ
大丈夫なんだけどなんせあそこを通らなきゃ出入りできないのよ@Suite
ホテル棟のリノベ済みの明るいお部屋だったらまた印象は違ってたと思うわ!
Commented by la_viajera at 2007-10-15 01:04
>えこさ~ん!
こんばんわー。そうなのよ・・タイチョはコテコテインドネシアとういか
インドネシアの小金持ち風インテリアと蛍光灯のわびしさが苦手なの。
大成金風になるとそれはそれで笑えるから突っ込めるのでまた別なんだけど
薄暗くて中途半端な感じが苦手なのよ・・・。(わかるかなー?この感覚)
たまーにそういう雰囲気でも大丈夫気分の時もあるんだけど
この時は「南部に来てまでこの感じは悲しすぎるー」って(笑)
やっぱお天気がよくなかったのも敗因だよね。
全くもってその時の主観のみの感想で、ホテル自体はいいお宿だったのよ!
Commented by la_viajera at 2007-10-15 01:12
>カギコメちゃ~ん!
ほいな。正解だす! ちょっと業務連絡がございますのでそちらに
お伺いいたしますわ。お覚悟あれ~
Commented by la_viajera at 2007-10-15 01:20
>うるんちゃ~ん!
あら、わたくし ナチュラル系とか素朴系なら大丈夫ですけど
小金持ち風のインドネシアテイストが苦手なんざます・・・。
それもね、友達と一緒とかだったらいろいろ突っ込んで笑えるからネタには
なるんだけどやっぱ1人はキツイわ~。バリテイスト大好きなうるんちゃん
でもやっぱり置物は夜中怖いのね・・うぷぷ。ちょっと安心した(爆)

この通りは車が一方通行なのが面倒だけど、私も昔はレギャンではこの通りの
安いバンガローが常宿だったのですごく懐かしいエリアなんだよね~
Commented by la_viajera at 2007-10-15 01:31
>ベッティーナさ~ん!(連コメ上等!)
それがね、サヌールでの曇天はタンジュンサリだったということもあってか(笑)
憂いがあって良かったんだけど、このエリアの曇天は 古い建物や看板が
おどろおどろしげに見えて、しかもビーチも決してもともと美しくないでしょ?
波もあるエリアだしね。だからなんか怖かったんだ~。

蛍光灯・・・なんか切ないよね(涙) センゴールとかならそれらしくてOK
って割り切れるんだけど、部屋に入ってすぐのリビングが侘しいと辛い・・
Commented by gunungpohon at 2007-10-15 09:38
プチ成金風味のガウンに思わずウケてしまった…(笑)。
でも確かになんとな~く相性が悪い空間や部屋ってたまにあるのよねー。
いろいろ自分の経験も思い出しつつ、ちょっとわかるなぁ、その感じ。
とうなずきながら読ませていただきましたわー。
Commented at 2007-10-15 14:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahaloa at 2007-10-15 20:51
viajeraさん、こんにちは!
お宿との相性って、絶対にありますよね~!
決定的に何か悪いものがある訳じゃないのに、何故が居心地が
良くない・・・。
viajeraさんの心細い気持ち、とってもとっても良く分かります。
私はトラック島に行ったときに泊まった、島で唯一の大きなホテル
がダメで、妹と2人だったのですが、それなのに毎日超ブルーで
超ホームシックで、Gs母に国際電話しまくってました。
(^^;;
お友達が一緒に泊まってくれて、本当に良かったですね♪
思わずほっとしてしまいました。(笑)
Commented by la_viajera at 2007-10-15 22:29
>やまさま~!
これ、バスローブというには水を弾きすぎで、寝巻き代わりなのかな?って
思ってたけど「ガウン」という表現がピッタリなのに気付き、救世主な乙女と
爆笑で異常に盛り上がってしまいました。一見プチ成金風なんだけど
よく見ると襟?部分の布がちょっとメルヘンなパッチワークなのがいかにも
・・という感じで一層突っ込みどころであります。
こうやって、最初から2人だったら楽しかったのかも・・・? 無念じゃ(笑)
Commented by la_viajera at 2007-10-15 22:35
>カギコメ様~!
あ、ほんとだ お久しぶりです~。
そうですよね、パドマウタラ通りもお宿が増えましたよね。昔はもっともっと
距離があると思ってたけどこんなにお宿などが立ち並ぶと散歩してるうちに
何故かあっという間にバグースタルナからレギャン通りに出てました
(気付いたらレギャン通りまで、ものすごい遠回り・・・笑)
ま、天気が悪くて暑くなかったから歩けたんでしょうけど
おかげでサンダルが破壊されましたわ(爆)
Commented by la_viajera at 2007-10-15 22:45
>mahaloaさぁ~ん!
こんばんわ~。姉妹揃っていても心細いってチョット辛いですよね(涙)
私は同泊者が決まった時点で妙に安心して気分上がりました@単純(爆)
ほんとにね、最初はこのホテルに対しての不満は全くないにも関わらず
史上初めてといっていいくらいにロウな気分になっちゃったんですよ。
だからぶっちゃけ、ホテルにも申し訳ない気分でいっぱいなんですが
やっぱり相性とか好みとかって重要ですよね。
mahaloaさんにもご経験があると聞いてちょっと安心しちゃった~(笑)
<< Amlapura を うろうろ... イブとドライブ @ なぜかパン... >>