※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< Abang と Tirtaga...

Undangan @ Upac... >>
2007年 07月 13日
Upacaraにお邪魔しまーす ・ Part Ⅱ
a0074049_05115100.jpga0074049_0515784.jpg
a0074049_053392.jpga0074049_0551087.jpg
こんちわ。台風に備えて、明日からの予定を微調整で大忙しのタイチョです。

さて、珍しく積極的にウパチャラに訪問した'07年・春のバリ滞在。もちろん全部掲載してると
キリがないので、いくつかピックアップしてご紹介しているのですが、以前UPしたガベンのトピ、
そして昨日のUndangan・・・PartⅠに続き、本日はPartⅡを。
一応これで、2007年・春バリでのセレモニー関係の記事は〆ることにします
だって、夏バリまでに他の春バリ記事も全部終えておきたいんだも~ん

TOPの写真4枚は、以下にご紹介する4箇所での各ショット。どれもローカル度100%。
以前は「こんな汚い敷物に座りたくな~い」とか失礼な事を本気で思ってたけど
まぁ今回はそれも含めて 状況を楽しんでおこうとの目論見。ヲイヲイ・・・ホント失礼なヤツ!




まずは、トップの写真の左上の写真。
春バリの滞在中、前半戦の4週間最終日。知り合いんちの子供のウパチャラがあるとの事で
その日、南部に行く前にお祝いに立ち寄ってみました。
え?ここどう見てもお寺なんですけど個人宅ですか!?儲かってるのねぇ~(爆)
a0074049_121337.jpga0074049_151771.jpg
エントランスの前と奥が宴用厨房でした。サンバルうまそうやね~
a0074049_161590.jpga0074049_164929.jpg
まぁ、立派なエントランスですこと!!
a0074049_185054.jpg

ここでのお茶(つか、コピだけど)とお茶菓子はこんな感じでした~~
a0074049_1175864.jpga0074049_1182715.jpg

videoムービーの本体が壊れたとかで『日本製だけど何が問題なのか見て欲しい』と言われ
いきなり修理係を引き受けることになったんですが、そりゃSony製品だけど説明書は
わけわからぬ言語だったのでわしにゃ読めぬ。家の奥で奮闘しましたが充電器が故障
しているようで、いくら配線が得意でも専門的な事は私にはどうすることもできまへ~ん。

相変わらず男衆がおしゃべりに夢中。 マントラ隊?祝詞隊?も何か詠んではりました。
a0074049_122996.jpga0074049_1224560.jpg
マントラ隊のエリア。あ!石像がカメラ構えてる・・と思ったらここんちのお兄さんやった!
a0074049_1232335.jpga0074049_1242472.jpga0074049_1244878.jpg
ここはご挨拶程度に寄っただけだったので、儀式的なことは見てないのですが
お祝いにかけつけた私達がすることはどこに行っても同じかな(笑)
お祝いの品を持っていって、お茶とお菓子をいただいてしばしくっちゃべって、食事を戴いて
お土産をもらって帰る・・・というパターンね。日や時間に寄っては踊りや音楽隊が来たり
ワヤンクリがあったりするところもあるけど、そういう特別な催し物がなくても
東部では、近所の人が集まればゲンジェが始まるからいつ行っても宴会気分です(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そしてこちらは、Topの写真の右上のウパチャラ。 多分オダランだと思う。

a0074049_133333.jpgこの日も2~3軒のウパチャラが重なったセレモニー日和。
何故か「ダリ インディア?(インドから?)」って聞かれまくり。

お供え物を持っていって、僧侶にお祈りしてもらうんだけど
すでにたくさんの人が来てたので奥に通されちゃったべ。
そこにはマントラ隊がいてはったので、お茶飲んだり
たいして興味もないのに(爆)「そのうたはどういう意味~?」とか
聞いてみたり、写真を撮ってもいいポイントやタイミングを確認して
写真をとりに行ったり、ずーっときょろきょろうろうろしてましてん。うぷぷ。
a0074049_1341326.jpga0074049_1365048.jpg
村人さんは順番にお祈りしてもらってます。生演奏隊も奥にいらっしゃいました。
a0074049_1382348.jpga0074049_1385476.jpg
この田舎にしたら小規模ながらも盛大やわーと。お供え物の山でした。
a0074049_1394315.jpga0074049_1401858.jpg
バビちゃんはお供え物にも欠かせない。 あ!これもお供え物?いやいや僧侶っす
a0074049_1412252.jpga0074049_1405492.jpg
でね、昨日「明日書く」と書いた祝いの時に振舞われるナシチャンについてなんだけど
昨日書いたウパチャラは1人分ずつナシチャンがサーブされたのね(写真ないけど:汗:)
他にも、バフェスタイルの所なんかもあって、街の方やお金持ちのおうちはそのパターンが
多いみたい。私も、そのスタイルならごはんやおかずを少なめに自分で配慮できるので
味見程度に食べる事もあるんだけど、それ以外の時は殆ど最初から断ってます
でね、この日のここの食事は、トラディショナルスタイルというか、久々に見たスタイルだったの

a0074049_1422380.jpgいくつか座があって、4人ずつが呼ばれて各座につきます。
真ん中に白ご飯、ナシチャン奉行の横におかずがおいてあり
奉行がおかずを白ご飯に加えていき、みんながそれをつまみます。
ご飯おいてあるペーパーの4隅に、ガラムとチリが完備されてて
みんなでおしゃべりしながら手で食べてました。
これって合理的だよね。食器やスプーンを洗わなくていいし
残ったら紙ごと引き上げて、新しい座を作れば次の4人が食べれるし
食べる方も好きなものだけ選んで食べれる。
白ご飯、最初の状態。後は各座の奉行の匙加減次第
a0074049_1434267.jpga0074049_1441677.jpg
どんどん豪華ナシチャンに・・・。もちろん、ごはんやおかずの追加はできまっせ~
a0074049_1452038.jpga0074049_1455556.jpg
a0074049_1463561.jpgもちろん、手で食べるわけですから
フィンガーボウルは用意されちょりました。
そして、デザートはスイカでした。
この後、もう1軒に寄らなきゃいけなかったのに
同行者とドライバーがここんちの人に捕まって
なかなか移動できなかったので
私は子供達がわいわいしてたエリアで
コーヒーもらって地図見たりしてました
a0074049_147524.jpga0074049_1472974.jpga0074049_1482820.jpg
チビッコたちと『指差し会話集』でイネ語レッスンして暇つぶしができたので
目の前にあったワルンでおやつやパンを買って来てガキンチョにふるまっておきました。
a0074049_149772.jpga0074049_1494468.jpg
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ふと気付くと、20分位で移動すると聞いてたのにすでに2時間経ってるし・・・
そしたら同行者達はすでにへべれけに酔っ払ってるし・・・次の会場でも更に飲んで騒ぐのは
目に見えてたし、この時点で待ちきれなくなったので「車内で寝る」と宣言して
次の会場には入らずに車内で寝てたら、なんや知らんオバチャンに窓をドンドン叩かれて
むりやり車のドアを開けられ、そのまま腕ずくでワルン裏のオバチャンちに拉致られる(爆)
a0074049_1504733.jpga0074049_1511386.jpg
ここでもテボトルをふるまわれてもうお腹チャプチャプなんですけどぉ~
a0074049_151567.jpga0074049_152323.jpga0074049_205690.jpg
このオバチャン、強引ながらもめっちゃいい人だったんだけどいかんせんイネ語オンリー。
さっきのガキンチョの方が英語通じたやん!ってぐらい英語も通じない。ちょっち疲れた(笑)

そこへ、酔っ払い連中から 車に様子を見に行ったけど私が居ないので「今どこー?」って
SMSが届く。「わしこそここがどこか知りたいわい!」って感じ。
で、おばちゃんに 連中が訪問してる家まで手を引いて連れて行ってもらう・・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おばちゃんに案内された先が Top写真の左下のウパチャラ。これもオダランだったのかな?
(上記のような経過でここに向かったので、事前に何のセレモニーなのかきいてなかった)

写真ではわかりにくいんだけど簾みたいになってる先にリンゴとか果物がぶら下がってんの

a0074049_1555100.jpga0074049_155293.jpg
やっぱりローカルさん達もみんな飲みすぎでテンション高いしゲンジェ始まるし・・
a0074049_212798.jpga0074049_22282.jpg
ここでもまたお茶がでてくるし・・・もう今日は水分とりすぎやぁ(涙) 宴席のおつまみはサテ
a0074049_22459.jpga0074049_26134.jpg
勿論この日は暗くなるまで盛り上がっていらっしゃったのでグッタリ疲れたviajeraさん。
だって、運転手さんを含む同行者達が帰る気になんなきゃ自力で帰れないんだもん(涙)
セレモニーに訪問するとそれが面倒なのよね~~。自力でスクーターで来れば良かった・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最後に、Topの写真の右下の儀式。
これはなんと呼ぶのかはわかりませんが私にとっては初めて居合わせた儀式でした。

a0074049_284255.jpgその日、アンラプラにお買物に行って、案の定全員財布は見事に空っぽ。
一文無しの一行が、帰路の馴染みのワルンで「ツケでスマヌ!」
ってご飯食べてたらドライバー&世話係の元に1本の電話が・・・
どうもそこからすぐそばの知り合いの家で誰かが亡くなられたらしく
お悔やみに寄らねばならなくなっちったー。
慌てて、手土産?入れの籠を借りて、更に近くの馴染みの露店で
お米と煙草をツケで購入して、更に顔見知りの家にサルンを借りに行く。
その家でお部屋をかりてサルンに着替えてお茶をいただきまーす
つか、どんだけいろんな人に借りを作る気よ?俺達。
a0074049_294237.jpga0074049_2101865.jpg

そこから徒歩ですぐのおうちが、お悔やみに行くおうちだったので移動~
急な話だったから、わけわからずに連れてこられたけど
ここでもお茶を出されてただひたすらグダグダするばかり。一体何が始まるの?
話を聞けば、今から息子達で死んだ人(ここんちのお爺さんらしい)を担いで
バリアンの所に祈祷してもらいに行くのだけど、息子さんの一人がジャカルタ在住なので
今こっちに向かってるのを待ってるとのこと。彼が到着したらまた移動するらしい。

a0074049_2134779.jpga0074049_2112329.jpg
女性達はやっぱり厨房付近で固まってます。   子供達も一箇所に集まって遊んでます
a0074049_212769.jpga0074049_2125777.jpg
既に酔っ払ったおっちゃん達と写真撮影大会とかして息子さんの到着を待ちます
到着後は、一応ご挨拶をしてその後家族ではない私達は一旦表通りにでて
家の中ではご家族だけで何か儀式をされていました。そうこうしているうちに女性陣が頭に
お供え物をのっけて外に出てきました。子供(孫)達は松明を持って行列に参加するようです。

a0074049_2142133.jpga0074049_2174347.jpg
最後に男性達がデッドボディーを運び出します。
a0074049_2195534.jpg

ご一行はバリアンの元に向かい、私達はお見送りをしてそのまま帰途につきました。

今まで、お葬式に参加したことは何度かあったし、その規模や雰囲気も各家庭によって
様々だと感じたのですが、(財政事情に寄るってのが大きいかも?)
この、日本で言えば『お通夜』っていうのかな?こういうのを見たのは初めてだったので
これがこの地域では普通の習慣なのかそれとも珍しいものなのかもわからないんですが
子供達が松明を見上げる瞳と暗闇を照らす炎はとっても幻想的で印象に残りました。

以上、長くなりましたが田舎の一般家庭でのウパチャラの模様の一部をお届けしました。
私なんぞは一観光客なのでほんの一部分にしか接してないくせにすぐ退屈しちゃうけど
何かあるたびに3日くらいぶっ通しでやってるでしょ?すごいよね。あの労力。マジで尊敬!
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-07-13 18:10 | bali & indonesia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/5864427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-07-14 01:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by balibalichan at 2007-07-14 14:17
ちはー!
台風で部屋に缶詰状態のばりばりでっす(涙!)
ウパチャラって言ってもホント色んなのがあるんだね~。ほんとバリニーズって、ウパチャラにおわれる毎日って感じんなんやろーね(笑)
突然おばちゃんに拉致されたり(爆)、インド人に間違えられたり(笑)、なかなか楽しそう♪それにしてもローカル色が強過ぎ(爆)
Commented by JAM at 2007-07-14 14:40 x
隊長さん、こんにちわ。
一般家庭のセレモニーってこんな感じなのですね。各家でそれぞれの
ナシチャンプルも興味あります。それにしても4人一緒に召し上がるご飯、
ローカル度満点でおいしそう。催事・祭事の厨房は男性なんですね。
Commented at 2007-07-14 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2007-07-14 23:23
>鍵コメしゃま!(7/14 01:54)
もう、完璧にI氏の連れてきた台風よな?(爆)
でもまぁ無事に飛行機飛んだし、天気云々抜きにして楽しむ我らっす。
Commented by la_viajera at 2007-07-14 23:29
>ばりばりちゃ~ん!
おうちの方ダイジョブ~??
私は台風なのに来ちゃったよ(爆)だって飛行機飛んだんだもん(笑)

しかし、ウパチャラも最初のうちは観光気分でワクワクしてたけど
今や、どうやって行くのを断るか悩むよー。できるなら参加したくないし。
でもさ、ローカルさんたちにとっては「祭り」だから「viajeraさんも
絶対行きたいはず!」とか勝手に決め付けて誘いにくるんだよ。困った。
お寺関係なら、女子の場合は「生理中なのでムリ」って嘘ついて断れるんだけどさ。あんたいつも生理じゃん・・って感じよ(爆)
今回はほんとに久々に積極的に参加してみました。
またばりばりちゃんと滞在が重なったら一緒にウパチャラ体験しとく??
Commented by la_viajera at 2007-07-14 23:35
>JAMさま~!
祭事のおもてなし料理は男性陣ががんばってはりますねぇ
女性チームもお給仕がんばってはります。
親戚&ご近所さん総出って感じなので、みんないつ仕事行ってるんだ?
とちょっと不思議な気分になります(笑)
セレモニーのナシチャン、嫌いじゃないんだけど、野菜が少ないのと
肉が固いので、口の中痛くなるからあんまり食べたくないんです(涙)
・・っていうか飽きただけなんですけどね。やっぱたまに食べるからよいのね!
Commented by la_viajera at 2007-07-14 23:37
>カギコメっち!
うん。無事に着いてるよん。ミスター41歳が一番元気やわ(笑)

ところで、この記事、本気でローカル度100%やろ?
わし、めっちゃ浮いてたしぃー。
Commented by ササヤン at 2007-07-15 02:28 x
コメントでは、お久しぶりです。宿泊レポにブルガリがあったりクラブアット
ザレギャンがあったりザバレがあったりカユヌサがあると思えば各地の
エコノミーな快適宿もある。高級ホテルでの食事やティータイムもあれば
お手頃レストランやローカルワルンの記事もある。それに加えてローカル
ライフの文化習慣にも突入。街では街の過ごし方。田舎では田舎の過ごし方。
なんとブラボーな滞在か、と非常に羨ましい限りです。
連休中は悪天候のようなので家でじっくり他の記事も読ませてもらうとします。
また来ます。よろしく。
Commented by la_viajera at 2007-07-15 21:14
>ササヤンさ~ん!
おひさしっす!ほんとに私って過ごし方に節操ないでしょー?
でもあわよくばずーーーっと豪華にゆったりしてたいんだけどね
そうも予算が許さないのと、飽き性なのと、おもしろがりーなので
いろいろ体験しておこうという欲張りっぷりっす。この強欲ぶりに呆れずに
また来てねー!こちらこそよろしくぅ!
<< Abang と Tirtaga... Undangan @ Upac... >>