※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Upacaraにお邪魔しまーす...

街スパ万歳 @ Glo, Pa... >>
2007年 07月 12日
Undangan @ Upacaraにお邪魔しまーす・ Part Ⅰ
a0074049_2401133.jpg
こんちわ。まじかよ~!やっぱり嵐男が台風を連れて来た~・・と週末が心配なタイチョです。

Topの写真、なんじゃろげ?って思った方も多いかと思いますので、ご説明しましょう。
これは、Undangan = 招待状。一体何に招待されてるのか、って?そりゃぁ~
写真から想像すると、Upacara pernikahan=結婚式・あるいは披露宴って感じ?

正装でどこかに出かけようとするローカルのおじさん達に「なんかあるの?どっか行くの?」
って聞いたら「ウンダンガン(クンダンガンって聞こえるので、ke undanganってこと?不明)」
って言われる事があってどういう意味なのかずーーっと不思議だったんだけど、それって
"招待受けちゃったからウパチャラ行ってくるよ"って感じなのかな?

気になるのはの写真の2人が結婚する本人なのかそれとも単なるイメージ写真なのか??
これ本人達だった場合、随分凝ってるしお金かかってるよね。金持ちカップルとみた!
本人かどうか確かめる為にも、ここにはお邪魔したかったんですけど式の日はあいにく
2泊3日の博多満喫中だったのでこのウパチャラには参加できなかったviajeraさん。

それにしても、春のバリ滞在中、ご近所さんや知り合いさんちはウパチャララッシュ。
Upacaraってのは、バリの各種儀式の総称。結婚式(upacara pernikahan)だったり
お葬式(upacarangaben)だったり、お寺の祭事(odaran)だったり、
子供の成長を願う儀式だったり、ポトンギギだったり内容は様々。
でもって暦上、良い日にやるからお祝い事が重なって1日に何軒もハシゴの日もあったり。

イネ語わかんないし長居も無理だしローカルフード食べれない(ふりをし続けてる)し、
立場は外国人観光客だからわからないことも多くて、無意識に失礼ぶっこかないように
行かないほうが迷惑かけなくていいんじゃないか・・ってずーっと思ってきたし
何時間も炎天下でクバヤ姿で待つのはウンザリなので参加を避けてきた近年。
でも、行けば行ったで そこんちの人たちは異常に喜んでくれる。やっぱりたくさんの人に
祝ってもらうのが主催者としても嬉しいんだろうね。

以前は、ガベンのレポをお届けしましたが、今日は滞在中にお邪魔した
その他の儀式やお祝い事の一部をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います~。



先にお断りしておきますが、私はイネ語もバリの習慣や文化にもかなり疎いです
で、一応その場でいろいろ聞くんだけどすぐ忘れるし、覚えてたところで
教える方もそれぞれがいい加減な事言うパターンが多いので、間違って覚えてたりして
お詳しい方から見ると「それ、違うよ」って点も多いかと思うので何か指摘する点があれば
この機会にご指摘くださいまし~~。

ところで、トップの写真のインヴィテーション・カードはなかなか凝った作りになってましてん。
筆箱くらいの大きさで金色の布の袋(巾着状態)に入ってたんですわ。

a0074049_325189.jpga0074049_3263637.jpg
箱の中にはロンタル風のものに挨拶の言葉や招待日時が書いてあって地図までついてた!a0074049_3271840.jpga0074049_327539.jpg
a0074049_3322343.jpg上のような↑凝った招待状は初めて見ました
ほかにも筒入りで巻物のようになったものや
いろいろと種類はあるようですが
田舎で普段目にする機会が多いのは
←↓こういう感じばかりっす。

も結婚式の招待状ですな。

は、絵で判断したら子供の儀式みたい。
a0074049_3434932.jpga0074049_3445247.jpg
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ところで、本題本題・・・
シベタンでガベンの日、すぐ近くで知り合いの結婚式をやってたのでお祝い梯子を決行!
結婚式に限らずバリの儀式って3日間くらいやってるので、ほんと労力もお金もかかるよね。
この日はもうすでに3日目だったと思うけど、それでもたくさんの人が集まってました

a0074049_4111161.jpgお米や煙草やコーヒーやサロンなどの
お祝いお土産を籠に盛って持って行きます
それを入り口で渡すのですが帰りには
この籠にサテなどのお土産を入れてくれるので
大勢が集まる大きな宴では籠に番号シールを
貼って、同じ番号のシールをもらったりします。
引き換えナンバーって感じやね(笑)
毎度の如く、まず席についてお茶とお菓子で
お出迎えされます。(食事は別場所へ移動っす)
ひとしきりくっちゃべって、その後場所を移動した同行者達が食事を振舞われてる間
私は いわゆる「祭りの厨房」に潜入~~(すいません、ナシチャンの撮影忘れました)
新郎のお父さんがめっちゃお茶目な爺さんで:笑:いちいち案内してくれましてん

若者達は煙にまみれた焼き焼き(バカール?)エリアで楽しそう
a0074049_4195389.jpga0074049_4201784.jpg
お、こちらは内臓処理班ですな。そして親父達のポトンポトンエリアは超にぎやか。
a0074049_4211267.jpga0074049_4213379.jpg
こちらは『ココナツ娘。』 ならぬ 『ココナツ親父。』達
a0074049_422188.jpga0074049_4223673.jpg
かまどとご飯コーナーはこちら。サンバルもうまそうじゃ~~
a0074049_4233834.jpga0074049_424540.jpg
とにかく豪快さん。     娘さん達はお客様にサーブするお茶係。
a0074049_4245799.jpga0074049_425276.jpg
ここんちの食事は、一人前毎にナシチャンを盛って出てくるタイプでした。
この食事のサーブの仕方もいろいろあっておもしろいんです。(詳しくは明日の記事にて)

そうこうしていると、道を挟んで向こう側の会場からものすげーシブい詩吟みたいなのが
聞こえてきましてん。おーーっと、はじまったな(笑)、ゲンジェ。
導入部分からドラマティックで、その詩吟みたいな語りみたいなマントラみたいなものから
自然にいろんなパートが参加していつの間にかチャッチャ・ゲセジャなゲンジェに発展。
すごく大勢の声に聞こえたのでデジカメをムービーに向かいの家に入って行ったら・・・・・ 
え?こんだけの人数で(もちろんマイクもなしなのに)あの声量と一体感!?
17~8人の集団なんですが、道挟んで向こうの広場まで地鳴りっぽく聞こえるほど。

a0074049_426214.jpga0074049_4265572.jpg
さすがにみなさんファミリー&親しいご友人とのことで息もピッタリの
感動的なゲンジェでございました。しかもノリノリでめっちゃ楽しそうだったし。←これ大事!

ドガログUPしようと思ったんだけどこの時、デジカメのメモリーが足りなくて
解像度を低くして撮ったのでドガログでお見せするには粒子粗すぎで断念!

こっちの会場に来てもおやつがでました。 ゲンジェ宴会組の前にもおつまみとトゥアック。
a0074049_4273171.jpga0074049_428266.jpg
女性陣も揚げ物をしながらつまみ食い中。新婦さんもめっちゃつまみ食い中。
a0074049_4285134.jpga0074049_4291428.jpg
a0074049_4295594.jpgこの後、新郎に「踊れ踊れ!」と
酔って絡んではやしたてるみなさん。
シャイな新郎は照れてて踊らなかったけど
ゲンジェに合わせて酔っ払った親父連中や
歩くのもふらふらのどこかのお爺ちゃんが
急に踊りだしたりして場内は爆笑の嵐。
楽団呼んだり特別な事をする日ではなかったけど
この日のアットホームで楽しい祝宴は
とっても印象深かったです。
今日は、他にもオダランや子供のウパチャラなどのご紹介もしたかったのですが
いつもの如く、非常に長くなってしまったのでその他のレポは明日に続きます~
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-07-12 16:11 | bali & indonesia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/5860128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pieces-of-bali at 2007-07-12 19:45
あ、これとは直接関係ないけど、このトピ読んでたらふと思った。
私も”アイル シー ウンダンガン♪”って聞こえるんですが、あの歌(笑)
"I 'LL SEE UNDANGAN♪”?のわけないか。
”アイル シー ブンガンダン??”あれなんだっけ、分からんくなってきた。
あ、独り言みたいなもんやから、レスはてきとうにしとって。
Commented by hinata_1130 at 2007-07-12 20:48
タイチョさん、こんばんは!
なんだか、準備から手作り感あふれてて楽しそうですね~!
その感動的ゲンジャも見てみた~い!
明日のレポもとっても楽しみです!^^
Commented by balibalichan at 2007-07-13 05:00
連コメ~!
招待状って、すごく凝ってるものもあるんだね。これがもし本人達の写真だったら、ホントにびっくりするほどの懲りようだわ(笑)
アハハー!思いっきりつまみぐいしてる新婦には、大うけ~!
でもホント、みんなでワイワイ準備も楽しそう♪(でも準備するほうは大変なんだろうけどね!笑)続きもすごーく楽しみ♪
Commented at 2007-07-13 05:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gunungpohon at 2007-07-13 10:13
このセピア調写真の結婚式の招待状、3月にデンパの知り合いのおうちでも
見せてもらったのですが、それは新郎が後ろから新婦をハグしてる
写真だったの。てことはいろんなイメージ写真のパターンがある既成カードなのか、
それともやっぱり撮りおろししてるのか、なんだか気になってきたっすー(笑)。
そして私もつまみ食いしてる新婦さんの姿にウケてしまいました。いいな。
どの写真からもハッピーな感じがとても伝わってきますわん。
Commented by la_viajera at 2007-07-13 17:12
>Pちゃん!
わしゃ、あの歌が何語かさえ聞き取り不可やわ。
アフリカの歌やのに「チンタ」に聞こえる部分があってそれがイネ語と同じ
意味だったから共感して気に入って歌ってはるらしい。
その点、言語学上の成り立ちから考えてアフリカーンス語かと思ったんやけど
歌の内容考えると違う気もするし、そもそも どこからあの歌を仕入れて
きはったんやろ?で、もし改めて元ネタ聞く機会があったとしても
絶対歌詞も原形を留めてないだろうと確信するわたし(爆)
Commented by la_viajera at 2007-07-13 17:20
>ひなちゃ~ん!
招待状は雛形があるだろうし発注すれば業者がやってくれるだろうけど
写真がもし本人オリジナルならすごい手間かかってるよなー(笑)
そのゲンジェ動画はPCに入ってるから来月田舎で披露するわ~
Commented by la_viajera at 2007-07-13 17:54
>ばりばりちゃ~ん!(連コメ上等!)
じゃろ?この招待状の写真もすごいけど新婦のつまみ食いっぷりも
スゴかろう?この日新郎新婦は連日の接待接待ですげー疲れてたんだよね
でもこうやって家族で団欒してるときはめっちゃリラックスしてんの(笑)
ここんちは英語通じる人がわりと居たから退屈せずに楽しかったわー
お客さんの中にも顔見知りが多かったしね。
あと、ココナッツ親父の中にバカボンのパパみたいなおっちゃんが居て
目が釘付け!!人間ウォッチングも楽しいセレモニー参加っす。
Commented by la_viajera at 2007-07-13 18:04
>カギじくん!
ほんまに嵐を呼びよったな。あいつ。ま、うちらーは明日欠航になったら
明日はこっちで過ごすとして、1週間前に沖縄入りしている本人は
どないするつもりなんやろ?つか今日誕生日やのに無事でいるのか?
明後日には関西チームは飛べそうやからうちらーは日程1日ずらしで
済むからいいけど関東チームは、時間がたつと羽田発が止まりそうやから
今夜のうちに新幹線で関西に移動してくるらしいぞ。気合いやな(爆)
Commented by la_viajera at 2007-07-13 18:08
>やまさま~!
多分既製品で何パターンかあるような気がするけど、それにしても
凝ってるよな~。わたしも普段は紙切れ一枚の印刷物しか目にしたこと
なかったからちょっとビックリした。
でもさ、既製品なら既製品で、どんなパターンやどんな種類があるのか
すごーい気になりだした(笑)デパートに行ったらサンプルないやろか?
・・といってまた調査にでかけてしまいそうな予感(爆)
<< Upacaraにお邪魔しまーす... 街スパ万歳 @ Glo, Pa... >>