※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< UBUDで Net ! Net...

深夜の 肉食 (Warung ... >>
2007年 06月 09日
ガベンの行列 @ SIBETAN (ドガログ付)
a0074049_19101669.jpg
こんばんにゃ。ちょっと食ネタ続きすぎて当時の胃もたれを思い出してしまったタイチョです。

バリ滞在の楽しみ方は千差万別・十人十色・・・というわけで今日は田舎ネタを・・。
ドリフ以降、「ローカルっぽいのはもう飽きた~」とわがままぶっこいていたviajeraさんも
今年は、初心に帰ってドリフのご近所づきあいやローカル行事も楽しもうと決意。

そんな意を知ってか知らずかこの3月後半~4月後半にかけては
ウパチャラ・セレモニーラッシュ。お邪魔した先は数知れず。
今日は、その中でも特に印象的だったSIBETANでのガベンのお話を・・・・




東部での俺達のお世話係@ドリフ管理人ミスタースズキ(仮名)に連れられて
やってきたシベタン。見たことある人がいっぱいいたので挨拶しようと思ったら
私だけ先に火葬場のある見晴らしのいい丘の上へ、主催者の親戚の車でショートカットされる

a0074049_1913664.jpg

a0074049_19135427.jpg

「Ibu viajeraはカメラを持っているのでこの丘の上から行列を撮影してください」

「え?でもガベンの行列の正面から写真とっちゃいけないんじゃないの?」

「Ya.でもみんなの記念になるから、この丘の上から記録してほしい」

「あーそういうことなのね。」

a0074049_19143896.jpg

デッドボディー(トップ写真の白い布で包まれた担架)を担いだ男性陣は、道中わざと
左右に大きく揺れたり、ぐるぐるしたり、「え?オゴオゴっすか?」って感じで進んでました。

このドガログではそのシーンはないけど、行列の雰囲気をドーゾ!




行列が向かう先は、広場になってて みんなここで火葬を待ちます。
a0074049_19321089.jpga0074049_19323645.jpg
山の天気は変りやすい。でも折りしもこの時は快晴。ちょー気持ちいい~

a0074049_1934945.jpg

おっと、♪ターララ・ターララ♪の曲に合わせてアイス屋が丘の上に登場。よ!商売上手!

a0074049_19352149.jpga0074049_19353866.jpg
a0074049_1936673.jpg
この炎天下では、アイスはすぐ溶けるのでカップタイプか
コーティングされたものをオススメしまっす。

ずーーーっと昔、知り合い宅のガベンを見に行った時に
暇な時間に引っ付き虫と蟻の大群を投げ合う青年たちの
闘争のとばっちりを受け、散々な目にあったviajeraさん。
「もう、ガベンなんか絶対に行かん!」と憤慨でしたが
こんな、のどかなセレモニーならまた見て見たいな~との感想。
実はこの日、この斎場のすぐ近くで、知り合いの結婚のウパチャラが開催されていたので
火葬を待つ間そっちにもお邪魔してきましたが それもすんげー楽しかったので
そのお話は、また別の機会にお届け予定っす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2007-06-09 19:21 | bali & indonesia | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/5679014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by titiang2 at 2007-06-09 20:32
タイチョさん、malamです~^^
ドガログ見ましたが、なんか楽しそうな音楽ですね(笑)
私のバリ滞在中もいろんな場所で結婚のウパチャラがあったようです。
バリでも結婚のウパチャラは時期のいい頃に集中するみたいですね^^
私はまだガベンは見たことないので一度見てみたいけど、短い滞在だとなかなか重ならないなぁ。
バリでアイス・・・食べたことない!今度の課題はバリでアイスを食べるにします^^
Commented by la_viajera at 2007-06-09 21:03
>ふふちゃ~ん!
きゃ。さっきふふちゃんとこ行ってきたばかり@すれ違い~
なんかね、今回は知り合いだけでも結婚式3組・子供のウパチャラ2回
オダランは数えきれない程。クレメシオンやガベンもたくさんあったの。
そりゃー2ヶ月もいりゃぁいろいろあるわな(笑)
バリ渡航歴は長いほうだから、もちろん過去にもいろいろ参加したけど
今回初めてだったのが、知り合いのお父さんが亡くなって、その家に
ジャカルタや各地に住んでいる息子たちを一斉に帰省させて
バリアンの所に死体を運んで何か祈祷してもらう・・っていう儀式を見たの
もちろん家族じゃないからバリアンさんのところに持って行くまでしか
見届けなかったけど、孫たちが松明とか持ってなかなか幻想的でした。
いやぁ~同じバリでも地域や経済具合によっていろんなやり方があるのねー
って思いました。このシベタンのガベンは厳粛というよりもお祭りっぽかったよ!
Commented at 2007-06-10 01:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tantantomotan at 2007-06-10 02:11
この原っぱで火葬ってどっかで見たぞー。
・・・って、ずっと考えてたら思い出したぞー。
火垂るの墓だー。せつこぉ~~。(;´Д`)
なんちってー。
バリのガベンは悲しい感じとかしなくって、のどかだねぇ。
なんかいいねぇ~。
アタシもこんなふうに天国に召されたいわ。

ところで、このアイスおいしーよね。
バリだとハーゲンダッツよりもこんなんのがエエずら~。
そして、チャーリーとチョコレート工場のWONKAのチョコを思い出してしまう~。
・・・と、どっちにしても思い出しっぱなしなのでしたー。
Commented by ULUN at 2007-06-10 14:28
タイチョ こんちは~!
>ガベンの行列の正面から写真とっちゃいけないんじゃないの?
ぎょぎょ(←さかなくん風に読んでね・笑)!ガベンは正面から写真撮ってはいかんのね。大変勉強になりました~。な~んか私、知らないうちに失礼なことやらかしてそう~(汗)。
ドガログ只今何回も再生中(爆)
♪ターララ・ターララ♪のアイスって食べたことないよぉ。
↑なアイスがあのボックスには詰まってるのね。丘の上まで来たってことは、ガベンに乗じて商売しよう~ってことよね(?・笑)。うん、ほんとタクマシイです。


Commented by gunungpohon at 2007-06-10 18:46
ドガログの行列の映像、いいですね~。やさしい感じの音色がよいわー。
道中わざとオゴオゴみたいにぐるぐる回したりとかするのは、
魂が家に戻ってこないように方向を狂わせる意味があるとかも
聞いたことはあったのだけど、実際にはガベンの行列に遭遇しても
そういうシーンは見たことがなかったので、タイチョの記事で知ることが
できてうれしいなと思いました。それにやっぱり自分ではそう体験できる
ことじゃないので、ホント貴重なレポですわー。ありがと♪
Commented by la_viajera at 2007-06-10 20:04
>カギコメさま~!
了解しました。プー太郎のタイチョにとってはお安い御用なり。
あとで必ず連絡しますのでそちらにて!
Commented by la_viajera at 2007-06-10 20:15
>ともた~ん!
とーってものどかだし、立派に供養や儀式ができることに対する喜びや誇りや
死者への敬意も含めて、家族がめっちゃ嬉しそうなの。親族大集合なので
子供たちは楽しそうだし、全く辛気臭さがないのがバリのお葬式の良さだよね。
そういえば友達も「この現場、火垂るの墓っぽい~」ってゆってたゆってた!!

そしてWONKAのチョコが本当にあったら俺も前歯をまっ茶色にして食べたい~。
Commented by la_viajera at 2007-06-10 20:23
>うるんちゃ~ん!
くわしいことは知らないタイチョですが、ずーっと前に、なんかの正面
(死体なのか塔なのか?)から撮っちゃダメってきいてたので
失礼がないように今まで写真撮るときも正面には回らないようにしてきたの。
なんかね、セレモニー関係に行くと「撮ってくれ」って人も多くて、いつも
「これはOK?」「今はダメ?」とかの確認に明け暮れてるタイチョっす。
だから、わしもいまだに、"ぎょぎょ!"なことだらけだよ~

このアイス屋、仰る通り!。広場で待ち時間多いから売れてたし商売上手よのぅ。
実は、♪ターララ・タ~ララ♪のアイス屋のドガログもあるのじゃ(笑)
Commented by la_viajera at 2007-06-10 20:30
>やまさま~!
ワーとかギャーとか騒ぎながら死体をぐるぐる回してるドガログもあるんだけど
アホな私は要らんズームとか触ってしまって知らんおばちゃんアップとかの
シーンも含まれてたため、ここにUPするにはどうかと思い自粛しましてん(笑)
オゴオゴみたいにぐるぐるするのには、そういう意味があったんですねー
田舎ではよく見る光景なんだけど、ウブドとかで偶然すれ違うガベンの行列では
そのシーンは見たことがなかったので、「田舎ゆえの祭りノリか?!」と思ってた~。
実はちゃんと伝統的なものだったのねん・・・と、やまさまマメ知識に感謝!

担ぎ隊は、焼き場?に着いたあとも広場中をぐるぐるヨタヨタしてましたわ!
Commented by harurara0528 at 2007-06-11 12:22
タイチョさん、シア~ン。
撮影隊、ご苦労様でした。ローカルさんにも頼りにされてるタイチョさん、かっこい~い~~。
このガベンの音楽&あたりの雰囲気&お天気は、以前私がプネスタナンで見たものとは、まったくの別物。所変われば、これだけ違うものかと、関心しました。 東部のウパチャラ、オダランも体験せんとな~あ!!
Commented by la_viajera at 2007-06-11 20:24
>はるららさ~ん!
マラ~ム。 田舎はね、カメラとか珍しいから(爆)あてにされちゃうのよ
うん、私もウブドで見たもっと規模の大きい(きっととても偉い人の)ガベン
とは違うよなーって思う。この日は同行しなかったけど、焼いた後に
みんなで海まで行く行列についていったこともあるんだけど
その時も「厳粛」とか「圧倒」とか「宗教儀式」っていうよりものどかな
「祭り」って感じですっごくほのぼのしてよかったよ~
Commented by hinata_1130 at 2007-06-11 20:55
こっちにも失礼しま~す!
ほんとこの音楽いいですね~。バリのお葬式って全然暗くなくっていいな。こんな、大勢の人に見送ってもらえるなんて、なんだか幸せですよね。
いいな~、いつかちゃんとクバヤ着て参加するようなセレモニーを体験
してみたいなぁ。
Commented by la_viajera at 2007-06-12 17:41
>ひなちゃ~ん!(連コメ上等!)
この時も、本来ならば朝~夜まで拉致される予定だったらしいんだけど
絶対途中で飽きて機嫌悪くなるだろうと見越した現地人チームが、行列の
始まる直前ぐらい(昼ごはんたべてからぐらいの時間)を狙って連れてって
くれたみたい。しかもこの後、近所の結婚式にハシゴしてたし、私的には
飽きなくて良かったんだけど、朝~夜までクバヤで炎天下で言葉もわからん
トイレにも不自由する&食べ物もちょっと苦手・・ってのはツライかも?
でも、貴重な体験には違いないから滞在中に何かセレモニーが
重なるといいね~
<< UBUDで Net ! Net... 深夜の 肉食 (Warung ... >>