※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< おうちに着くまでが遠足です~帰...

フットレストのないC席@リゾー... >>
2006年 11月 09日
アガーニャ空港・トランジットにまつわるえとせとら
a0074049_11475553.jpg何度も言うようで恐縮ですが
バリ行きにコンチ利用はお薦めしません。
到着時刻の遅さ、経由地でのイミグレと
行程上セキュリティチェックの面倒くささ。
安全の為の検査の厳しさは大納得なので
すが、(むしろ厳しすぎるほうが安心)
なんしか私はグアムの空港や係員と
非常に相性が悪いようで、2回に1回は
ムカっとしております。
実際に過去3回大喧嘩しました。じゃーなんでバリ行きの時もコンチ利用なのさ?

理由①ワンパスの会員だからマイルが溜まる&使える
   ②C席で32Kg×3個の荷物を預けれる(ドリフ関連の持ち込み荷物が多いので)
   ③以前は、グアムに友人夫妻が住んでたので途中降機して数日間遊べた
   ④関空から撤退したので、福岡や名古屋発着にするついでに博多や名古屋の
     友人と遊ぶ時間を作れる(成田発も同じく)
   ⑤昔はCクラス89,000円くらいでチケットがあった。その頃から愛用なので
     値上がりした現在でもずるずる使ってしまっている。(惰性)

いやぁ~この理由を見てもらえば、ものすごーく個人的すぎでしょ??
だから他の人には何のメリットもなく、むしろデメリットの方が多いような気がするのよ

まぁとにかく、グアムのアガーニャ空港は好む好まざるに関わらず必ず通る場所なので
トランジット用のイミグレとセキュリティチェックを済ませたら、待ち時間(2時間以上アリ)
免税店で化粧品を買ってみたり、喫煙所で一服してみたり、そしてラウンジでぼけーっと
してみたりするのが恒例です。帰国便はそんなにゆっくりする時間もないんですがね。
だがしかし、この9月はロンドンテロ未遂の影響で手荷物規制ができており
機内に液体、ジェル系、クリーム類がもちこめないばかりか、免税店で買ったものも
没収されるとのことで、免税店で化粧品を見ようにも見て欲しくなったら困るので
とりあえず店頭サンプルで化粧直しをちょちょっと済ませて(だって持ち込めないもん)
フードコートの奥の喫煙エリアで一服~。この一服も、すでにライターをとられているので
マッチで火をおこすしかありません。ちゅーわけでお尻のポッケにマッチは常備ね。
<*注* '07・ 8月より100円ライター1個までは機内持ち込みできるようになりました
手荷物の液体&ジェル等も規定の大きさ内のジプロックに入れたら持ち込めるみたい。
でも、これは日本の空港での規定なのでグアムやデンパサールでどうなのかは不確実>

しかもこの喫煙所、わっさわっさしてちっとも落ち着けない(吸えるだけマシなんだけど)

だからおのずと時間をつぶす場所は"president club"(ラウンジ)になってしまいます
ラウンジ内は禁煙なのですが、徹夜明け出発が多い私はよくここで思いっきり寝てます

a0074049_11495030.jpga0074049_11503520.jpg
a0074049_11512161.jpga0074049_11515278.jpg
a0074049_11523935.jpgラウンジ内はホットドリンクのおいてあるコーナーに
午前中はベーグルとカップケーキ
午後からはバナナパウンドケーキがあります
アルコールやジュース類をもらうカウンターに
スナック菓子がおいてあるのでつまみながら
ラップトップを出してDVD見たりして時間をつぶします
たいした設備はないけどゆっくり座って
お茶が飲めるのはとってもありがたいです。
ここでスナックつまんだり甘いものつまんだりしているとお腹いっぱいになって
この後の機内食は食べれません。復路はゆっくりするほどの時間がないのですが
こうやって私がフライトブロイラーになってゆくわけです:笑:




a0074049_11563898.jpgここでは、911以降 トランジットでも
一旦入国審査が必要です
(税関申告書は不要です)
このラインが混んでる時は余裕で
1時間以上かかります
その後、トランジット客は
イミグレのブースを出て左側に進み
一旦乗り継ぎ便の搭乗券をチェックされて
セキュリティーゲートへ合流
ここでは靴もトレーに乗せます。ラップトップもカバーを外してトレーに乗せてくださいね。
本来、アメリカ式の乱暴さに加えてここはグアムいわば「田舎」なんです。
つまり、南国特有のいい加減さも併せ持っているので
「客の自己責任」の米国スタイル+「自分の適当」の南国スタイルのタッグは最強
油断しているとわやくそにされます。でも、米国式では「客の自己責任」
ってことになるので、自分たちのいい加減な取り扱いについては責任を感じてません。
無事に通り抜けたら、免税店でお買い物したりして搭乗時間まで時間をつぶして下さい
厳しい時は、搭乗口でも手荷物検査がある場合がありますがその場合も全員ではなく
運というか気まぐれっぽいしデンパサールでの搭乗口のチェックよりゆるいです

しかし、なんでアメリカを通るとスーツケースぼっこぼこ&ドロドロになるのかね?
一度、LAで、あきらかに重そうなスーツケースを投げて運んでる係員を見てから
(もちろん受け手がしくじると地面へ激突)中身の割れ物よりもケースそのものを
心配するようになったので割れ物が入ってなくても「fragile」シール貼ってます。

で、チェック厳しいのはここよりも帰国便のDPSングラライ空港なので
一応ングラライでのセキュリティチェックについても簡単にお話しておきますね
空港のチェックインエリアへの入り口でX線検査がありますよね?
でもコンチネンタル航空利用の場合はそれだけではなく
チェックインの時点で、預けるスーツケースもすべて開けられます
チェックインカウンターの奥でやるので手前にいる乗客は手を触れられません。
電池が入ってる製品は、電池を抜いて別々に入れさせられます
(とりあげられることはないのですが、適当に入れられるので最初から別々にして
荷造りしたほうがいいと思います)
このあと、デンパサールの搭乗口で手荷物の1つ1つをいちいち開封チェック
されるので、手荷物はなるべく少なくして帰国するのがいいと思います
<*後日注* '07 春より、チェックインカウンターでの預け荷物検査はなくなったみたいです
しかし、相変わらずゲートでの手荷物検査は長蛇の列で1つ1つバッグを点検されます>


ちなみにアメリカやアメリカ領を経由する場合、預け荷物にカギをかけてはいけません
経由地で乗り継ぎ時間がある場合は、持ち主の知らない間に開封検査があるからです
色んなものに対応できるスペアキーはあるようですが、ナンバーロックなどの場合
開封するために鍵を壊される場合もあり、保安上の理由で壊されても保証はありません
開封検査後はUSAの政府の「点検しました」の紙が入れられてあります
それがねぇ、、、せっかくきれいにパッキングしててもグアムの係員
(忙しいってのもあるだろうけど)一旦ほじくりだしてからあとでちゃんとリパック
できないみたいなのさ。もう、いっつもぐっちゃぐちゃにされてる。
たまーに、積み直し忘れとかもあったりして本気で腹が立つ。

:::::::腹立つついでに書いちゃいますけど以下はグアム経由情報に
    何の関係もないので、空港やトランジット情報のみをお求めの方には
    読む価値ありませんのでご了承下さいませ:::::::::::::::::::::::::


一度、グアムで一旦降りた時に、税関で開けさせられたんだけど
その時もぐっちゃぐちゃにされて激怒してやったわさ。その時は他にも
ムカツク係員の余計なお世話攻撃で、事前にウェスティングアムに予約いれてたのに
グアムに着くや否や到着ゲートで待ち受けていたそのコンチ職員に
「エアライン側が払うから」といって無理矢理ヒルトンに連れて行かれそうになり
さらに勝手にウェスティンをキャンセルされてて(キャンセルポリシーにより直前すぎて
お金は払わなきゃいかんかったのでウェスティンに泊まるつもりだったのに!)
散々もめて、散々待たされたあげくに「待ってる間税関通っといて!」っていわれ
いつもならノーチェックなのにカバンあけさせられてぐちゃぐちゃにされて
あげくのはてに「手違いがあり、ヒルトンには招待できません。ウェスティンには
再予約入れておきましたから、お気をつけて、、」ってそれで終わり。
はぁ?何それ?って感じ。もちろん人前省みず大喧嘩してしまいました。
もちろん、もともとは「親切心」からだったのだろうけど余計なお世話だし
こっちは最初から「エアライン側に払っていただかなくても、グアム泊は
する予定だったのでホテルの予約もいれてますからお構いなく」ってゆってるのに
強引に予約確認書とりあげて勝手にキャンセル電話かけて1時間以上のタイムロス。
なのに最終的には手違いで、しかも何の詫びのコトバもないってどうよ?

以前は、免税店エリアに呼び出しアナウンスが流れないという、意味ナッシンな
システムになってたので(今は改善されてる)
ラウンジを出て喫煙エリアでぼけーっとしてた私が悪いんだけど
帰国便に乗り遅れたのね。向こうは「呼び出した」っていうけど、アナウンス
自分たちのゲート付近だけに流れても意味ないっつーの
でもまぁ自分がウッカリしてて悪いわけだし、代替便(翌日の同じ便)に
振り替えてくれるといわれたからまぁ1泊くらいグアムで遊ぶかーと思ったんだけど
ここのイミグレってエアが到着する時間しか人がいないのね
一旦入国の波がおさまったあとだったから、私はグアムに入国さえできない。
係員を呼んでくるからここで待ってて、、ってゆわれて人っ子一人いない空港内で
結果、待つこと7時間!一人なのでトイレもいけんわ職場への電話にもいけんわ最悪。
午後3時前に、到着便にあわせてスタッフがいっぱい出てきたから
怒りの訴えをしたら、日本人のスタッフがでてきてもう平謝りで夕方に名古屋に着く便に
席を用意してくれました。なーんだ、当日便空席ないってゆってたのにウソツキ!
(当時は関空線もあって、名古屋線は夜帰国だったんです)
でね、結局最初の係員が朝8時交代とかだったらしくちゃんと引き継がずにとっとと
帰っちゃったらしいのよ。時間が米国的なのはかまわんが仕事として引継ぎしろよ(怒)
だから、他のスタッフは私の7時間の様子を聞いてただビックリ
私がここで待ってることやその事情すら知らなかったみたい。ありえん、、、、。
巡回のローカル係員は「おら、エアラインのスタッフじゃないからわかんね~
まぁ待ってりゃ来るんじゃないの?」って感じで全然あてになんないし、
空港内に設置してある緊急電話もかけてみたけど誰も出ないし(怒)
「あーここは米国領だけど、怠け者の南の島だったんだ~」って思い知らされたわ
まぁね、もともとは自分のミステイク(乗り遅れ)なのでしょうがないんだけどさ
しかも、ムカっとしながらもちょっとそんなありえない状況を楽しむ馬鹿な自分もいたし
待たされることはバリで散々慣れっ子だったからあんまり落ち込みはしなかったけど

でも、それ以前にも、関空線が午前便・午後便2本あったころ
バリでリコンファームしたとき(今は不要だけどね)なーんにもゆわれず
チェックイン時もなーんの説明もなく、乗ってから気づいたんだけど
グアムー関空間の搭乗券が朝便じゃなくて夕方便のフライト番号になってんの
でね、「なんで?」ってきいたら「朝便は数日前にキャンセルが決まった」って。

私:   「じゃーなんでリコンファーム時もチェックイン時も何の説明もなかったの?」
係員: 「まぁまぁ、エアライン持ちで夕方までヒルトンのディユース用意したし
     ヒルトンでの朝食とランチのバフェクーポンもあげるし、空港送迎もするから
     グアムを楽しめば~?」
私:   「今日、午後から仕事あるから絶対朝便で帰らなきゃやばい。岡山行きの便に
      乗せてよ!」
係員: 「えー荷物探してたら間に合わないよ。ムリムリ~」
私:   「じゃー職場に連絡させてよー」

、、この辺で係員が何故か逆切れ状態で最後には"ヒルトン用意してやるんだから
贅沢言うなよ。ありがたく思え!"
的な態度に出始めてviajeraさんカッティーン
「あほか、ヒルトングアム程度でえらそうにいうなボケ」って笑顔で日本語でお返事。
結局は、職場に連絡して、あとは同じような立場で代替便になった初対面の
若者たちとグアムで遊び、ヒルトンで食い散らかし、夜便で帰国しましたけどね。
諦めた後の私は、与えられた状況下を精一杯楽しまなきゃ損って思ってるので
その気持ちの切り替えの早さに、若者たちも驚き&爆笑してましたっけ、、、。
この場合もね、フライトのディレイとかキャンセルとかはある程度しょうがないと思ってる
そういうのは下っ端の対応係員のせいじゃないし彼らに怒ってもしょうがないしね。
でもその対応する係員のものの言い方とか考え方とかにカチーンときちゃったのよ

まぁそんなこんなでグアム&空港係員&ヒルトン、、という図式はその頃から
ひどく因縁の関係として私の頭にインプットされております
しばらくは、トラブルもなかったんですけど今年の頭に久々に"余計なお世話事件"が
起きたので「あーやっぱりグアムの空港とは相性悪いわ」と自覚いたしました
それでも、12月のバリもコンチ利用グアム経由で行くんですがね:笑:

今日も長々としょうもない個人的な話をしてしまってすいません。
単なる愚痴におつきあいいただき恐縮っす。ご静聴ありがとございまーす。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-11-09 15:05 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/4656281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りか at 2006-11-09 17:15 x
でたー。忌まわしきアガーニャでの色々。
ホントにねーねってすべての他のツキをこの空港で
決済してるって感じだよね。
でも、これぐらいのトラブルと引き換えに、他の場所でラッキー
なんだったらある意味ここでのドッキリは受けてたつべきなのかも?
Commented at 2006-11-09 18:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azure8888 at 2006-11-10 00:34
タイチョー!こんばんにゃ~☆
バリ行きコンチ!!!いや最高です!仕事で手配されたエコノミーなんて特にー!!
寝れない・・・狭い・・・、乗り換え、セキュリティーで大騒動のおまけ付き。
でも荷物は多く積める!でも機内のビールは有料!
なんだかんだ楽しいです^^
でもあまり使いたくありません・・・(爆
パスポートに付いたグアムのスタンプが良い記念になっていますYO(^^)v
Cクラス・・・う~ん、いつか利用してみたいにゃ~~☆☆
Commented by la_viajera at 2006-11-10 00:39
>りか!
そだね。ドッキリと解釈して楽しむべし!かな。
でもさ、3度目にキレた時はセニョ~ルも一緒だったから
私の剣幕にセニョがドン引きしてた。あれ以降、より一層こわがられて
おりまする:爆:
Commented by la_viajera at 2006-11-10 00:40
>カギやん!
またまた情報ありがとー。いやほんまにいっつも助かるわ~。愛あるわ~
Commented by la_viajera at 2006-11-10 00:48
>shinjiさん!
あ、私 COの機内でアルコールタダになる券いっぱいもってるよ~
でもどうせ飲めないし、調子に乗って飲むとしてもCだと元々タダだから
もしまたそんな楽しい(!)お仕事が入ったら是非ゆってね♪
COのエコ席だった場合はお見舞いにアルコールチケットあげちゃう~。
あ、そうそう帰国便、やっとグアム脱出したと思ったらエコ席の場合
後ろにガキでも座ろうもんなら寝れるどころの騒ぎじゃないよね(笑)
私は12年前にその仕打ちをうけてからCクラスに目覚めました~
Commented by suzu at 2006-11-10 13:34 x
こんにちは
なんだかトランジット情報を催促してしまったようですみません。
鍵や電池の件もとても参考になりました。ハワイやアメリカの
入国審査って混んでて時間がかかりますよね?グアムも混んでいる時
は時間がかかると覚悟しておきます。ありがとうございます。
Commented by la_viajera at 2006-11-11 00:42
>suzuさん!
いえいえどういたしまして~。ちょっとでもお役にたてれば何よりです!
グアムのイミグレは混んでる時は最悪ですが(アメリカ本土のように
フォーク状に分かれるポイントに整備係がいないからどのラインが
どこに続いてるのかわかりにくく、横はいりされまくりでムカツクこと多し)
すいてる時は駆け足スルー状態です。ほんとに差が激しいの。
もし長蛇の列でも乗り継ぎ便の時間が近づくと係員が来て優先ラインを
作ってくれるから乗り遅れることはないですよ~。安心して下さいね
Commented by la_viajera at 2006-11-12 00:34
>カギコメくん!
ぎゃはは~。その通り(児玉清で)
やっぱ君とは気が合うわ~。
でも、かつてのグアムの台風被害はわしの呪いのせいじゃないで~
もちろんインドネシアの地震もな。
Commented by azure8888 at 2006-11-12 02:42
隊長!アルコールタダ券ですか!?ありがとうございます!
しかし羨ましー!!
Cクラスはいくらでもサービスでアルコール投入できるのですね♪
仕事でコンチの場合99%エコノミーです(><;
その際は是非無料アルコール燃料下さいませ・・・☆
どうかヨロシクですっ(爆!
Commented by la_viajera at 2006-11-13 00:45
>shinjiさん!
いくらでも投入できても、わたしは下戸ですの~もったいなすぎる~
では、お仕事でCOエコ席利用の際は、グアムでもバリでもハワイでも
是非ご一報を~。「お見舞い」代わりに機内酒クーポンを送付させて
いただきまーす。南無~。:爆:
<< おうちに着くまでが遠足です~帰... フットレストのないC席@リゾー... >>