※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< フィジーで見た夢

Casa de Sierra ... >>
2006年 07月 22日
ドリフのわけ
a0074049_1375750.jpgバリ田舎情報はPちゃん
お任せコースの私。
でも本日は珍しく田舎ネタでも。
とはいっても、今日は旅行情報ではなく、
私が自分んちを"ドリフの家"
と呼ぶワケをご説明しようかと。
私@viajeraの場合
どの国の島でも、何故か東部と
非常に磁場が合っちゃうんです。
で、バリの東部にも 永らく
遊びに行ってたんですけど
当時は便利に快適に
過ごせる宿がなくて
(なかったわけじゃないけど、
不満があったので)
それじゃぁ自分や友達が遊びに行った時、ある程度快適で
少しでも便利な空間を作ろう! って思ったのが、悪夢の始まりでした。
南部には素敵な宿はその頃からもあったし、便利で快適になってきたバリでの休日
でも、やっと電気がやってきた!・・・てな具合の当時の東部僻地
5年間程休暇をエンジョイできたらそれでいいや!的ノリで
お金をかける気はなかったからだいたいの希望と譲れない点だけ伝えて、
地元の大工さん達に頼んだもんだからさぁ大変。

そもそも、当時 田舎者に「ダイニングキッチン」という発想はない。
生活習慣も違えば文化も違う上、わしには彼らのセンスが全くわからん(毒)
自分達がいいとおもうから、というお節介な理由で勝手に色々変えちゃってる。
何回ダメだしして変えさせたか。とほほ。 最低ライン譲れない点だけはなんとかしたけど
それでも満足度は10%未満、、という感じで、ヤなとこは見ないことにして過ごす今日。
しかも、ワタシは頑なにイネ語拒否者。当時、田舎の大工が英語を理解できるわけもなく
(※当時は、「知らなくていい内容」の話をきくはめになるのが嫌でのイネ語拒否。)
すったもんだありながらも「安上がりだから許そう」と、約束の金額以上はビタ1ルピアも
払わずに、約束より数ヶ月も遅れて2002年にできあがったおうち。
ルピアや物価が安いうちに支払い用の両替も、家具購入も済ませていたんだけど
建築中にすでに家具をわやくそにされていて、それ以降はこのおうちを
かわゆくしよう!とかオサレにしよう!などという気力も沸かず 今に至る感じなのです。
で、もちろんええ加減な仕事をする田舎大工のせいで建てつけはサイアク。
それでも、あの田舎ではそこそこ快適に遊べているのでありがたいことなんですけどね。

さて、家具もいれてカーテンもとりつけて休暇が始まったその日
寝室からテラスへ出るガラス扉が、パタンと倒れて ありゃりゃ~。
それからは大工さんがくるまで(これが、数日間来ないんだよ。まったく)
まるでドリフのコントのように1面が客席に見えてるような状態
お庭があってその向こうに塀をつくってたから道路からは見えなくてよかったんですが
扉が直るまでは、つまり「虫が遊ぶ部屋」と化しておりまして 思い出すのもむかつきます。
で、たてつけ悪いし、当初はすぐあちらこちらが壊れるし、まさにコントな家!
(今でもカギがこわれたり、その修理が来ても全然なおってなかったりは日常茶飯事)

~だから、建ったばかりのvillaがいくら南部といえども
ハード面で最初に故障や不備があってそれへの対応が遅い
《対応が早い=そういうトラブルに慣れてるってことだからね》
っていう事情もすごくわかります。
うちは商売じゃないから誰にも迷惑かけないけど
Villaはお客さんに迷惑かけるからお気の毒です。~


いかりや長介に「だめだこりゃ」ってゆわれて家ごとパタンと倒れて 展開の音楽とともに
しもてから岩崎宏美が♪聖母達のららばい♪をスタンバっていようともおかしくない状態。

今では「お楽しみハウス」と割り切って、行く度に庭に変な物体がそびえていようとも
”おーおーまた庭師がやりよったな”とおもしろがれる域にまで達しましたが
(庭は、庭担当におまかせなのでもう、何でもよいのです)
いやほんとに ダメダこりゃ ドリフの家なのであります。




シンプルでシックな方がいいとはわかってるけど白やアイボリー系はすぐ汚れる上に
水が悪くてお洗濯しても汚くなっちゃうのでなるべくカラフルに(陽射しに負けない色で)
メキシコっぽい悪趣味なポップにしたかったんですけど、、、


a0074049_2504335.jpgこれはリビングです。
下の写真は寝室から見た感じ
a0074049_253118.jpg
a0074049_3104294.jpgこちらは殆ど使わないくせに散らかったキッチン
なんとかLDKという概念をわかっていただいたので
一応LDKつながった仕様になってます。

a0074049_3211971.jpg
a0074049_3262147.jpg こちらは2階の踊り場です
2階テラスに置きっぱなしてくたびれた椅子達
     (現在踊り場に避難中)
a0074049_329140.jpg
2階踊り場からの眺め↓(海岸ビュー)と2階・客用寝室南側からの眺め
a0074049_3311618.jpga0074049_333150.jpg
お庭に石造りの”なんちゃってBar”があり、そこから見た夜のお庭&家
a0074049_3593120.jpg家の前から見るサンライズは
右手にリンジャニ山脈が浮かび上がります


a0074049_44830.jpg
ダイニングエリアや主寝室やバスルームや2階の寝室や各テラスの写真が
なぜか見あたらないので今回はこの辺で、、、。
見るまでもないドリフハウスですが次に行ったらもうちょっとマシな写真とってきますわ。
ちなみにここは、過去最高で9人が同時に寝泊りしましたのでviajeraがいるときなら
ご連絡いただければ誰でも歓迎です。ただし、年に4回しかいきませんが、、、。
以前来た友人は1週間くらい泊まっていきましたが
うちの敷地から出たのは、他の友人が南部へ向かうのをお見送りしたときだけでした。
ここへくると何もかもが面倒くさくなってしまって困ってしまひます。
ホント、ダメダ こりゃ

そして今日はセニョ~ルのお誕生日だということを今思い出した
”ダメダこりゃ”な鬼嫁(&毒嫁)のワタクシでした。
あ~セニョ~ルが起きる前に思い出してよかった。
(前から気づいてたふりを装う気満々。)
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-07-22 02:35 | bali & indonesia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/3992097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by balibalichan at 2006-07-22 08:47
隊長ッ、おはよう!
ぎゃはははっ、もう朝から大笑いさせてもらいましたわ!
「ドリフの家」って隊長が言ってたのは知ってたから、なんでかしらん?
とずっと思ってたの。今分かりましたわ。ガラス扉が倒れたり、まさに
ドリフの家状態で(~_~;)
そしていかりや長介に~岩崎宏美が・・・・というくだりがもうツボですッ!
ドリフを毎週楽しみにしてたから。やっぱ同年代だわ~(笑)
でも、↑のドリフの家もお写真、ステキ~♪朝日も海も見えて、いいわ
~。滞在した人が一歩も家を出ないってことは、居心地がとてもイイ
んだわ、きっと・・・また今度ドリフの家の写真、撮ってきてね(^_-)-☆

そして今日はセニョールの誕生日なんですね?おめでとうございまっす。気付いてよかったね(笑)
Commented by pieces-of-bali at 2006-07-22 23:44
あ〜、ドリフの家ってそう言う意味で使ってたんかー。
変な人(失礼)が常にいっぱい出入りしてるから、そう言ってるんやと
思い込んでたわ。
ほほぉーと妙に納得して、おやすみー
Commented by la_viajera at 2006-07-23 00:00
>ばりばりちゃん!
1歩も出なかった人は、9人が食い散らかした後の片付けと洗い物で
つねにキッチンに立っていて外出できなかった、、という噂あり(笑)
かくゆう私も10日間居て2階にさえ上がらないこともあったわ
電話線も通ってなくてネットもできんのに自分の部屋でヒキコモリって
どうなのか?そう思ってPちゃんの偵察依頼を受け始めたんだけどね。
相方のお誕生日なのに夕方から外出してPちゃんとお茶してきたわ。
Commented by la_viajera at 2006-07-23 00:12
>Pちゃん!
ほんまにあの頃は人の出入り激しかったよな~。
つまり、修理しなきゃいけない箇所が多すぎたってことやね。
今はなんとか落ち着いてるわ。修理必要なら私が来る前に直しとけ!
ワタシが居る間は作業員、うろうろするな!ってゆってあるしな(鬼)
っていうか、のっとられもせず大きなトラブルもなく5年になるから、
この辺で元はとったからもうどうでもいいねんけど、、(爆)
Commented at 2006-07-24 00:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2006-07-24 02:09
>鍵コメッティン!
それならハワイの家の方を頼むわ。あそこならちゃんとした管理人も
メンテナンス担当も居るから安心。インテリアの選択肢も広いし。
ドリフは、メンテの手間考えたら、好きなものをそろえればいいっていう
世界とは違うからな~。もったいないだけやわ(笑)
Commented by gunungpohon at 2006-07-24 03:20
バリに家を建てた人のエピソードとして、隊長が書かれているセンスの
違いと勝手にいろいろ変えられちゃう話は聞いたことがあるけれど、
そんなドリフなことまで起きるなんてー!バリだなー(笑)。
でもでも素敵なおうちだわー。インテリアにも惹かれます~。
ぜひぜひまた写真をいっぱい撮ってきて、見せてくださいましー!
Commented by la_viajera at 2006-07-25 02:35
>やまさま!
バリって、笑えないことでも最終的におもしろがれる底力というか
タフさというか開き直る覚悟がないと、関われば関わるほど腹が立つこと
多いんだよね(爆)わたしはここで「人生をおもしろがる」という根性試しを
受けているような気がする~(笑)でもちゃんと意見をはっきり言う根性も
身についたわ。なまっちょろいこと言ってたら調子に乗られるからね。
Commented by AZP at 2006-07-25 14:54 x
ちょっと見ん間に木が育ちすぎちがうか?
しばらく行ってないけど また遊びにいくぞー。
Commented by la_viajera at 2006-07-26 00:31
>AZP!(イニシャル”JT”やんな?)
ちょっとみん間に育ちすぎたんはあんたんとこの長男(JA)やわ!
また遊びに来るのは、バリの家?それとも自宅?
<< フィジーで見た夢 Casa de Sierra ... >>