※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 脱出モード

Oaxaca の しょっぱい思い出 >>
2006年 07月 04日
Ho Chi Minh City の これな~んだ?
a0074049_2031598.jpg
1997年の旧正月前後の約2週間、ホーチミンのチョロンと呼ばれる中華街で過ごした。
ずーっと国外脱出ばかりしてて「そろそろ普通の生活を」って理由で働き始めた職場に
在日ベトナム人の女の子がいた。彼女は中国がルーツだけどベトナム語はもちろん、
私よりちゃんとした日本語を操り、自宅の家族とは広東語で話し、英語も堪能だった。
Gちゃんの兄妹達はみんなカナダやオーストラリアで生活しているのだけど
お姉ちゃん夫妻だけはまだホーチミンに在住なので、彼女が結婚の報告と挨拶などで
ベトナムに2ヶ月程帰国することになり、「おねぇも遊びにおいでよ」の一言に渡航即決。
「うちに泊まれ」と強制的に言われ「じゃーよろしくー」と決定♪~ドンドン・パフパフ~♪
正直言って「ベトナムの下町でローカル生活」という展開に少し不安も抱えながらの
到着だったけどホーチミンの空港でGちゃんの笑顔を見るとそんな不安は ぶっとんだ。
(ていうか、結局 社会復帰してないやん。しかも当時の写真みたら髪型アフロやし、、、)

Gちゃんのお姉さんの夫婦の家は製麺業(中華麺)をやっていて
4階建てのビルで、1階は接客用リビング?2階がキッチンと団欒の部屋&寝室。
3階・4階は商売のためのプチ工場になっていた。

a0074049_2054799.jpg3階で麺を打ち
4階で女性作業員が
ひとつづつ手でくるりと
麺をまとめていく。
トップの写真は、
それらが屋上に
どど~ん
干される姿なのです。
←そしてこれは麺が
運ばれてゆく姿。
ここんちが、ほんとに楽しい家族で。
しかも近所は早朝から深夜までおいしいフォー屋や何がしかの屋台が空いている。
子供達やGちゃんと、ずーっと買い食いしてた。何を食べてもおいしくてとびきり安かった。
そして果物が異常にウマウマだった。ヴースアという果物にハマッタ!!

でも一番おいしいのはお姉さんの作る料理で、ここの中華風ベトナム料理は
ワタシがいままで食べたどんな旨いベトナム料理屋のものにもかなわない。
「おねーちゃーん、バインセオが食べたいからおいしい屋台おしえて~」って言うと
「うちで作るのが一番おいしいから 明日作ってあげるよ」って
翌朝は一緒にシクロに乗って市場へいき、新鮮な海鮮物や野菜をみんなで選んで
おうちへ帰ったらきゃっきゃ言いながらバインセオを焼く。
生春巻きがたべたーい、、というとすぐ作ってくれる。これが、すべて、実においしい!
最初は、大勢の時は床に直において食べる習慣にちょっと引き気味だった私も、
もう、そのウマさに感激して、2日目で全く抵抗がなくなった。

a0074049_2095098.jpgこれ、
ベトナム風しゃぶしゃぶですが
ココナツ(透明)ジュースで
煮てるんです。激ウマ!
ライスペーパーで巻いて
つけだれ?も
蟹とかぶっつぶして
濃厚なお味~

その数年前に旧正月の名物爆竹も禁止されてしまい
派手派手なお正月は見れなかったけど
やっぱり0時過ぎたらお寺に行って、翌日はお年玉配布があったり、獅子舞を呼んだり
「お正月」って気分を味わった。子供たちも朝から花札とかしてた。
中華街でアジアまみれ&須磨みたいな所に海水浴(海水浴場で売ってる蟹、激ウマ)
、、というとてもローカルな滞在だったけど本当に身も心もニコニコで健全な日々だった。

帰国する日、この一家は小型バスを貸しきってくれてて、家族9人はもちろんとなりの人や
仲良くなった近所の子供がぎゅうぎゅうに乗り込んで、空港まで見送ってくれた。
もう、最後は大感激してしまって、、、空港でぐしょぐしょの顔。
「viaje~raさん が ホーチミンで 出会った~」(下条アトムの声でお願いします)の気分。

素敵なリゾート滞在でもなかったし、うっとりする風景なんて全然なかったのに
この旅が何よりもすごくすごく贅沢な休暇だった気がするのは、
やっぱり彼女の家族に最高のホスピタリティを感じたからなんだろうな、と思う。
心から感謝♡

    ※後日追記※
この時のことは 改めて別途 テト(休正月)編居候編 にわけて 記録しております。

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-07-04 23:58 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/3872423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gunungpohon at 2006-07-10 02:35
こんばんは~!
休暇はご満喫されてますかー?
もうこの記事にはまってしまって、何度も読んでいます。
そしてつい自分の記事にも文中リンクさせていただきました。
もし差し支えなどがあったら教えてくださいませ。
いいなぁ、としみじみ思ってます。
Commented by la_viajera at 2006-07-10 05:16
>やまさま~
満喫というか、気の合う仲間とのグダグダの日々(笑)でもそれも良し!
やまさまんとこの記事も読んだよぉ~。ここんちの料理思い出して
そして空港で号泣して、ワタシの服のすそを離さなかった
あの家の一番末っ子のこと思い出してヤヴァイよぉ~!
こりゃぁ、明日の外食はベトナム料理に決定だわ。
文中リンク?もちろん差し支えナッシンよ。
こんなワタシの駄文記事に、リンクつけて戴いてかなり恐縮中。(正座)
Commented by nyaoko_surf at 2006-07-10 14:46
きたー、めちゃめちゃ羨ましい旅ですね~!
特に気になったのは'ベトナム風しゃぶしゃぶ’です。
ココナツジュースでしゃぶしゃぶして、ライスペーパーに巻いて、
濃厚蟹ダレで・・・聞くだけでヨダレが出ます^^;
それから死者の日の詳しい説明ありがとうございました!
勉強になりました。
Commented by la_viajera at 2006-07-11 01:07
>nyaoko_surfさま~
いやぁ~この旅のなりゆき、かなりずうずうしいよね、ワタシ~
でもこの向こう見ずのお蔭で貴重な体験ができたいうことで、、。(笑)

このしゃぶしゃぶ、どっかのお店にないかな~?やまさまが行ってた店
ではこのメニューないのかな~?食べたいよぉ~
もしnyaokoさんがどこかのお店でこのメニュー見つけたら教えてね!

<< 脱出モード Oaxaca の しょっぱい思い出 >>