※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< 緊急のご意見拝聴 : 究極の選択

オトナなW >>
2006年 06月 30日
Buenos Aires の 3 amigos
a0074049_228255.jpg
           ~写真は Tango Bar "El viejo Almacen"にて~
もう、7年位前のこと。今から13年位前にケニア旅行で知り合ったMちゃんは、結婚して
ブエノスアイレスで暮らしていました。そこで、共通の友人Aちゃんの休暇にあわせて
私達3人、アルゼンチンで再会しようということになったんです。

駐在員夫人としてのMちゃんは、治安の悪いBsAsで 守衛がどど~んとかまえる
すっごい広い高層マンションでお手伝いさんを従えて優雅に暮らしていました。
彼女の、タンゴのレッスンにお邪魔したりもしたんだけど、お教室に行くのではなく
先生をおうちに呼んで何人かで集まってレッスンを受ける方式。
私たちがお伺いしたお宅は、日本のご自宅が高級インテリア雑誌に載ったこともある、
お洒落なマダム(日本人)のおうちで、そのセンスとかにも「ほぉ~」ってひたすら感心。
高級住宅街や、ちょっとウットリしたエリアはヨーロッパのお高級感漂うオサレな町並みで
ステキなレストランも、ランチなら陽射しも差し込んで気持ちい上にすごく安上がり!
*やはり人物中心写真のため写真がUP不可ですみません*

Aちゃんはすごい酒豪で、アルゼンチンってワインがすごく安いから毎日飲み比べ状態。
Mちゃんの旦那さんがタンゴバーに連れて行ってくれた時、すでに酔っ払ってた彼女は
ショーが始まったら一番前の特等席でゆらゆらと船をこぎはじめた!!ヤバイ!
他のお客さんにも出演者にも申し訳ないからとりあえず一番後ろの席に移動させて
放置プレイで寝させておいたんだけど、ショーの途中、1回もおきなかった模様。
せっかく来たんだから、とMちゃんがかろうじて起こすのに成功したのは
すでにカーテンコールの時。そういうわけで、あのすばらしかったショーで、
彼女が唯一見れたのがこの記事のトップの写真の場面だけだった、、というオチ。

ところで、このショーの帰り道ドライブで、Mちゃんの旦那さんが道を間違えて、
ちょっと治安が悪い通りに入っちゃったんです。ヤバイよ~って焦る在住夫婦。
そしたら、なーんか見覚えのある看板とお店と豆電球のネオンが、、、。
「あ!これ映画で見た~!」と、大コーフンのviajera。治安が悪い地域らしいので
翌日の昼間にもう一度つれてってもらう約束をして、おとなしくおうちに帰りました。

a0074049_414250.jpg見覚えのある方、
いらっしゃるでしょうか?
ウォン カーウァイ作品の
「ブエノス アイレス」
トニーレオンとチャンチェンが
仕事の後でよく飲みに行く店
として登場していた
”3 AMIGOS" でした~。
a0074049_422882.jpg
残念ながら、”飲み屋”は
夜のみの営業で
再訪したお昼は
お店に入れませんでしたが
セットだと思っていたので
”3人の友達”
”3 AMIGOS" が見れて
なんだか嬉しかったなぁ。
高級街だけでなく下町に紛れ込めたのもいとうれし。
(歩いてるのは現地のオカマちゃん♡)

一応、そのあと、カミニートにも行ったので写真つけとこう!
お高級な町並みのウットリも捨てがたいが、心惹かれるこの下町のポップさ(笑)
a0074049_442428.jpg





ワタシは気楽な身なので、Aちゃんがアルゼンチン入りする前に一旦BsAsに入り
Mちゃんちに荷物を置いて、パタゴニアやウスアイアの方まで遊びにいってました。
a0074049_45129.jpg
これは、通称ペリトモレノ 
「Los Glaciares」
ちょっと天気が悪くて
美しくないんだけど
”ソーダバー”みたいで
おいしそうでした
でも、
すっげー寒かったよぉ~

a0074049_4104495.jpg
で、これは合流後
3人で訪れた
イグアスの滝

アルゼンチン側の
「悪魔の喉笛」
すごい迫力でした!


この旅で見たイグアスの滝やビーグル海峡やペリトモレノの氷河なんかは
見ておいてよかった~って思うんだけど、どんな観光名所よりも
友達同士で地球の裏側ですごした時間の方がすごく印象に残っているんですよね~。
今はそれぞれの生活があって連絡をとってないけど、、、元気だったらいいなぁ。
[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2006-06-30 00:02 | 過去の道楽(たび) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/3833588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gunungpohon at 2006-06-30 23:09
こんばんはー!映画の『ブエノス アイレス』、観ているとせつなすぎて
つらくなる部分もあるものの、好きな映画ですー!
まさにこれがあの3 AMIGOSなんだーと思うと、何やら胸がキュンとしてきます…。そして最後の2行を読んで、またまたキュンとしてしまいました。
それにしても下町の建物の色使い、可愛いですねー。たまりませんわ!
Commented by la_viajera at 2006-07-01 00:36
>やまさま~!
あの映画ってせつないけど不思議と、前に進む勇気をくれるんですよ。
英語のタイトルが”happy together"だしね。
最後のトニーレオンのナレーション”僕達は会いたくなればいつでも会える”っていうのにまたまたじ~ん(旅人泣かせ)
そして、何故かザッパの曲が妙にツボにはまった若かったあの頃、、、。
Commented at 2006-07-01 01:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2006-07-01 01:37
>鍵コメッコへ
一言 「こら、鬼嫁!」(ワタシにゆわれるとは、、:爆!:)
<< 緊急のご意見拝聴 : 究極の選択 オトナなW >>